スポーツ フィギュアスケート選手

羽生結弦の2018年のフィギュアスケート出場試合の日程をチェック

投稿日:

日本中が沸きに沸き、興奮のるつぼ状態となった平昌オリンピックも、閉幕となりました。

日本は過去最高の13個のメダルを取りました。

  • 金 4
  • 銀 5
  • 銅 4

しかし、話題の中心はなんといっても、

羽生結弦選手のオリンピック二連覇

でしょうね。

これはフィギュアスケートでは1948年、1952年のディック・バトン氏(アメリカ)以来、66年ぶりのことなのです。

怪我を克服して五輪二連覇の羽生結弦選手。

いまだ怪我の状態も心配ですし、この後の出場予定はどうなっているのでしょうか。

そこで今回は、羽生結弦選手の2018年のフィギュアスケート出場試合の日程などを、見てみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

羽生結弦の怪我とその影響は?

羽生結弦選手の今後の試合出場予定を見るまえに、

『怪我は本当に完治したのか?』

という点を考えてみましょう。

この怪我は、2017年11月9日に、

GPのNHK杯公式練習の時、4回転ルッツで転倒し、右足首を痛めた

のです。

右足関節外側靱帯(じんたい)損傷で全治3~4週間という、かなりの重傷でした。

靱帯の怪我は、サッカーなどでもよくある怪我ですが、治りにくく、しかも予後が悪いという、非常に怖い怪我なのです。

サッカー選手でも、この靱帯損傷のために引退に追い込まれた選手は数多くいます。

FC東京の石川直宏選手などもその一人ですね。

 

筆者はそのような事情を知っていましたので、羽生結弦選手の靱帯損傷と聞いた途端、

「これはまずいっ!」

と強く感じました。

平昌オリンピックは2018年2月開幕です。

11月からわずか3ヶ月しか時間的余裕はないのです。

3ヶ月で靱帯損傷を完治させ、しかも充分な練習もするというのは、通常はまず不可能です。

損傷の程度にもよりますが、早くても4ヶ月、遅ければ6ヶ月以上はかかりますし、1年たっても試合に出られないというケースも多いのです。

靱帯損傷をやった選手は、

完全に復調するより、引退またはパフォーマンスが大幅に落ちた選手の方が多い

のです。

そのくらい、靱帯損傷は怖い怪我。

これは平昌オリンピックは絶望的かな、という感が強かったですね。

 

ところが、その後に平昌オリンピックでのフィギュアスケート公式練習で、羽生結弦選手の演技を見て驚嘆しました。

3ヶ月前に靱帯損傷をした選手の演技とは思えない、

一つのミスもなくパーフェクト

な演技なのです。

結果は、みなさん見た通り、

66年ぶりのオリンピック二連覇

でした。

そしてこれなら怪我は完治、今後も怪我の影響はないだろうと思っていたのです。

ところが違いました。

オリンピックでの競技終了後の羽生結弦選手の言葉では、

開き直るしかないと思っていました。

けがが思ったよりひどくて、練習ができなかったのです。

 

また、演技終了直後には、右足を触るというシーンがあったのですが、それについては、

右足が頑張ってくれました。

ケガのせいで練習できないのも含めて心配かけましたが、今まで以上の強い応援サポートがあり、恵まれていましたね。

(右足を触ったのは)感謝です。

右足に感謝しかないです!

と、語っていました。

やはり右足は完調ではなかったのです。

演技の前には痛み止めの薬を飲んでから、演技に入る状態

だったようなのです。

しかし、それを全く感じさせない羽生結弦選手の演技!

これはもうスタンディングオベーションして賛嘆するより、他にはありません。

本当に凄い選手だと思いますよ。

 

羽生結弦の2018年のフィギュアスケート出場試合と日程は?

羽生結弦選手の2018年のフィギュアスケート出場予定試合ですが、フィギュアスケートの2017-2018シーズンは、

平昌オリンピックで事実上終了したも同然

です。

オリンピック後の大きな大会は、世界選手権のみなのです。

そのように2017-2018シーズンは、オリンピックの比重が大きいのですね。

以下は2017-2018シーズンの、主なフィギュアスケート大会です。

  • GP大会シリーズ (終了)
  • 平昌オリンピック (終了)
  • チャレンジカップ2018 (不出場)
  • 世界ジュニア選手権2018 (不出場)
  • 世界選手権2018 (未定)
  • チームチャレンジカップ2018 (未定)

ということで、もし羽生結弦選手が出場すると仮定しますと、

  • 世界選手権2018(2018/3/21-25)
  • チームチャレンジカップ2018(2018/4/13-15)

の2大会のみとなります。

チームチャレンジカップ2018については、現時点では全く未定ですし、不出場の可能性も高いです。

ですので、ここでは世界選手権2018を中心に見ていきましょう。

 

フィギュアスケート世界選手権は、国際スケート連盟ISUが主宰するフィギュアスケートのみの大会です。

男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの4種目が行われ、フィギュアスケート単体の大会では世界最大規模の大会です。

出場枠は各国各種目、最大で3名までとなっています。

その年の世界選手権の成績で、翌年の世界選手権への出場枠数が決まります。

フィギュアスケート世界選手権2018要項

開催期間 2018年3月21日から3月25日まで

開催地 イタリア・ミラノ

会場 メディオラヌム・フォーラム

詳細日程

なお、時間はいずれも日本時間で、現地時間とは6時間の時差があります。

3月19日 公式練習

3月20日 公式練習

3月21日18:45〜 女子シングルSP

3月22日02:00〜 氷上オープニングセレモニー

3月22日02:45〜 ペアSP

3月22日18:00〜 男子シングルSP

3月23日02:55〜 ペアFS

3月23日19:00〜 アイスダンスSD

3月24日02:30〜 女子シングルFS

3月24日18:00〜 男子シングルFS

3月24日23:20〜 アイスダンスFD

3月25日22:30〜 エキシビジョン

3月26日04:00〜 バンケット

注 バンケットとは試合後に開催される、クローズドなお疲れさまパーティのような催しです。

この世界選手権2018への羽生結弦選手の出場は、現時点では非常に微妙です。

もちろん、それまでに怪我が完治していれば、間違いなく出場するでしょう。

しかし後1ヶ月で、痛み止めを飲みながら演技する状態から、完治するものでしょうか?

どうしても、かなりの疑問が残ってしまいますね。

では、世界選手権2018の出場予定の日本選手一覧です。

世界選手権2018の出場予定の日本選手

男子シングル 日本(3枠)

羽生結弦選手(?)

宇野昌磨選手

田中刑事選手

女子シングル 日本(2枠)

宮原知子選手

樋口新葉選手

ペア 日本(1枠)

須崎海羽選手 木原龍一選手

アイスダンス 日本(1枠)

村本哉中選手 クリス・リード選手

こうして見ますと、ほぼ平昌オリンピックと同じ顔ぶれですね。

ちなみに、2017年シーズンの成績は、このようになりました。

2017年世界フィギュアスケート選手権(ヘルシンキ大会)の成績

男子シングル

金メダル:羽生結弦選手

銀メダル:宇野昌磨選手

銅メダル:金博洋選手(中国)

女子シングル

金メダル:エフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)

銀メダル:ケイトリン・オズモンド選手(カナダ)

銅メダル:ガブリエル・デールマン選手(カナダ)

ペア

金メダル:隋文静選手・韓聰選手(中国)

銀メダル:アリオナ・サフチェンコ選手 ブリュノ・マッソ選手(ドイツ)

銅メダル:エフゲーニア・タラソワ選手 ウラジミール・モロゾフ選手(ロシア)

アイスダンス

金メダル:テッサ・ヴァーチュ選手・スコット・モイア選手(カナダ)

銀メダル:ガブリエラ・パパダキス選手 ギヨーム・シゼロン選手(フランス)

銅メダル:マイア・シブタニ選手 アレックス・シブタニ選手(アメリカ)

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

羽生結弦選手の怪我の状態は、かなり微妙なようで、オリンピック優勝演技の後も、右足を触っていましたね。

2018年3月には、イタリア・ミラノで世界選手権が行われますが、はたしてそれまでに完調に戻れるのでしょうか。

靱帯損傷は治りにくい厄介な怪我。

羽生結弦選手の状態が心配になってしまいます。

1日も早い怪我の完治と完調復帰を祈るばかりですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-スポーツ, フィギュアスケート選手

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.