意味の違い

湯布院と由布院の違い!言葉の由来(語源)と温泉で使うのはどっち?

更新日:

冬の寒いときには、『温泉』と耳にしただけで心が和みますよね。

日本は世界有数の温泉大国なので、北は北海道から南は鹿児島まで、至る所に温泉があります。

由布院温泉もその中の一つなのですが、この温泉には2つの表記があります。

『由布院』と『湯布院』

そこで、今回は湯布院と由布院の違いとはなにか。

またその言葉の由来(語源)と由布院(湯布院)の魅力などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

湯布院と由布院の違いとは?その言葉の由来(語源)は?

湯布院と由布院はどちらが正しい?

まず最初に、『由布院』と『湯布院』はどちらが正しい表記なのでしょうか?

これは

どちらも正しい

のです。

由布院は大分県の中部にある温泉地の総称です。

元々の地名は

『由布院町』

だったのですが、財政危機のため1955年(昭和30年)に湯平村と合併し、両方の地名を合わせて

『湯布院町』

という地名になりました。

その後さらに、2005年(平成17年)に近隣の挾間町・庄内町と合併し、

『由布市』

となったのです。

ですので、地名として正しいのは由布院ということになります。

ただ、

  • 湯平町を含む場合は湯布院
  • 湯平町を含まない場合は由布院

と表記する場合もあるようですね。

なんとも紛らわしい話ですが、現在の由布院温泉の住所は、

大分県由布市湯布院町

なのです。

なのに、高速道路のインターチェンジは『湯布院』、JRの駅は『由布院』と、交通の表記でさえ、異なるのです。

さらには、地元の観光ガイドでさえ、『由布院温泉』と『湯布院温泉』の両方が使われているというありさまです。

 

これは誰でも混乱しますよね。

そのためか、最近は

ゆふいん

というひらがな表記も増えているようですよ。

湯布院と由布院の由来(語源)とは?

『ゆふいん』という地名は、ちょっと変わった響きがしますね。

では、その由来(語源)はどんなものなのでしょうか?

由布院温泉にほど近い由布岳は、別名『豊後富士(ぶんごふじ)』という活火山です。

その名の通り、富士山に似た円錐形の美しい山ですね。

この由布岳は、古来地元の人々の信仰の対象となってきました。

奈良時代の初期に書かれた、『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』という古書でも、『柚冨峯(ゆふのみね)』として紹介されています。

この『柚冨』とは木綿(ゆう)のことだそうです。

浜木綿(はまゆう)という植物でも、木綿を『ゆう』と読んでいますね。

豊後国風土記には、当時の住民は山里の木の皮を取り、木綿(ゆう)を作っていたとあります。

『万葉集』の中にも由布岳を『木綿山』と詠んだ歌があるそうです。

後に律令時代(大化の改新後の7世紀後半から10世紀ごろ)になると、

『ゆう』には『柚冨』

という縁起の良い文字が当てられるようになりました。

さらにその後、平安時代になって、

『ゆう』には『由布』

という字が使われるようになりました。

由布院の『院』ですが、

正倉『院』などの官倉(おおやけの倉庫)が、この地にもあったからではないか?

と考えられています。

また、由布院をめぐる伝説には、なかなかロマンティックなものがあります。

湯布院と由布院の伝説

太古、由布院盆地は周囲を山に囲まれた大きな湖だったのです。

ある日、由布岳の化神・宇奈岐日女(うなぎひめ)が力自慢の権現と共に、山の上からこの広大な湖を眺めていました。

そして宇奈岐日女が権現に向って、

「この湖を干せば、肥沃なる土地現れ、多くの民が豊かに暮らせよう。

お前の力でこの湖の堤を蹴り裂いてみよ!」

と命じたのです。

権現は、

「あらん限りの力にてお言葉のとおりにいたしましょう!」

と答えました。

そして、湖の一番薄いところを見付け、満身の力をふりしぼってそこを蹴り開いたのです。

湖水は怒涛となって奔流し、やがて湖底から現在の盆地が現れました。

村人達はこれをあがめ、宇奈岐日女を由布院の開祖として大きな社を建て、そこに祀りました。

これが現在の宇奈岐日女神社なのです。

堤を蹴り裂いた権現は、川西地区の蹴裂権現社に祀られているそうです。

なお、この御神体は大きな石とのことです。

さらには、この時には湖の底に一匹の竜が棲んでいました。

急に湖水がなくなったので神通力を失い、苦しみながら由布山麓の岳本の地で、そこの天祖神に訴えたのです。

「湖のすべてとは望みませんが、この地に少しばかりの安住の地を与えて下さい。

さすれば永くこの地を護りましょう!」

こうして竜の願いは聞き入れられ、岳本の池となりました。

そして、竜は再び神通力を得て、雲を巻いて昇天していったとのことです。

よくある話といえばその通りなのですが、なかなかよい伝説ですね。

 

由布院(湯布院)の魅力

由布院の歴史

この由布院は、少し前までは九州では有名であっても、全国区での有名温泉地ではありませんでした。

その名が全国的に知られるようになったのは、比較的最近で、平成に入る前後からです。

とくに女性の間では、有名観光温泉地でありながら、自然が一杯でのどかな情緒あふれる温泉地として、

一度は行ってみたい観光地

として、上位にランキングされ続けています。

由布院の場所

由布院は、『豊後富士』由布岳の麓に広がる温泉地です。

九州の北東部、阿蘇山と別府湾の中程に近い位置にあります。

交通は、

JRゆふ高原線(久大本線)のJR由布院駅

が玄関となりますが、博多からの特急列車も停車しますので、近くには阿蘇や別府などの著名観光地もあり、それらを巡る旅も楽しそうですね。

航空機と高速バス利用

羽田空港 → 大分空港

所要時間:1時間45分

大分空港 → JR由布院駅前

所要時間:55分

鉄道利用 ゆふいんの森号でJR由布院駅へ

JR博多駅 → JR由布院駅

所要時間:2時間8分

フェリー利用

本州からは大阪・神戸・山口から、四国からは愛媛と高知からの便があり、いづれも大分県の港に到着します。

夜行便が大半ですが、車での旅行にはお勧めできます。

 

JR由布院駅で列車を降りると、目の前に『豊後富士』由布岳が秀麗な山容を見せて出迎えてくれるという、豪勢な歓迎ぶりなのです。

JR由布院駅からの道路は、『湯の坪街道』と名付けられていて、由布院の目抜き通りとなっています。

そこには、

行列のできる人気のスイーツショップやカフェ、湯布院の野菜を使ったおしゃれなレストラン、お土産屋など

が建ち並び、古き良き温泉街の情緒を醸し出しています。

散歩するに良し、デートスポットに良し、食べ歩きにも良し。

なにをしても十分楽しめる、とくに女性には絶大な人気の場所です。

由布院温泉は湧出量・源泉数共に全国第2位。

由布院の温泉の泉質は、無色透明の単純温泉です。

神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復などの効能があるそうですよ。

しかし、温泉としてはローカルな存在のままで、別府のように大型ホテルが進出してきたり、歓楽街ができたりすることはありませんでした。

これが逆に由布院の人気の元になったのですね。

飲み屋街も派手なネオンもなく、豊かな自然に包まれた静かな温泉街として、女性を中心に人気が集まり、やがて全国的な人気温泉町となっていきます。

これが昭和の終わり頃から現在までの、由布院の姿なのです。

この由布院でも、ダムやゴルフ場の建設計画もあったそうです。

しかし、地元住民の尽力により、温かく静かにくつろげる古き良き情緒と景観は、現在も守られ続けているのです。

温泉の楽しみ方

湯布院温泉には、温泉宿が多数ありますが、ほとんどの宿には内風呂と露天風呂の両方があります。

現在はお部屋にも専用の露天風呂がある宿も多く、子供連れのファミリーにも好適ですね。

しかもほとんどの宿は日帰り入浴も可能で、宿の料理を出してくれる所もあるそうです。

宿泊しなくても、温泉と料理が楽しめるというのは、素晴らしいですよね。

この日帰り入浴+料理のセットプランには、こんなものがあります。

  • ミニ懐石付き立ち寄り入浴プラン
  • バイキング付きの日帰りプラン
  • 温泉弁当プラン

などですが、安いものでは1,000円台、高いものでも4,000円どまりですので、まずはリーズナブルな料金ですね。

さらには足湯まであるのです。

この魅力溢れる湯布院温泉の旅、一度はお試しあれ!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

湯布院と由布院の違いは、実際にはほとんどなく、同じ意味です。

どちらも正しいということですね。

地名として正しいのは由布院です。

ただ、住所表記としては、大分県由布市湯布院町というややこしさ。

この地名の由来は、木綿(ゆう)の産地だったことから、ゆうに由布を当て、由布院になった…。

現在は華美でない静かな温泉地として、女性には絶大な人気があります。

一度は行ってみたほうが良い温泉地ですよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.