雑学

富士山の日(2月23日)の由来をチェック!天皇誕生日で消えるかも?

投稿日:

2月23日…普通の人にとっては、日曜日などでもない限り、学生でも休みではない日ですよね。

しかし、とある県の人にとっては、この日は休み。

その県が、静岡県です。

2月23日は、『富士山の日』となっていて、

静岡県ではほとんどの学校が休みになる

というのです。

そんな静岡県の人にとっては優越感に浸れる休日だった富士山の日。

だったのですが…

もしかしたら、天皇誕生日で富士山の日は、全国共通の休みの日になってしまうかもしれないのです。

当記事では、そんな富士山の日について、由来や天皇誕生日との関係について調べてみました。

スポンサーリンク

2月23日は富士山の日?由来をチェック

そもそも、富士山の日とは一体何なのでしょうか?

正直なところ、富士山のある静岡県や山梨県以外では、全く関係のない、ただの2月23日ですよね。

その2月23日は、

富士山の日

となっています。

『NIFTY-Serve』内のフォーラムの1つが制定したのに加え、山梨県や静岡県でも、富士山の日と定めているみたいです。

この2県は、『富士山の日条例』を制定しているそうですよ。

富士山の日になると、富士山関連のイベントが2県合同開催されるなど、静岡県と山梨県では、かなりの盛り上がりを見せています。

さらに、2016年の世界遺産登録からは、協賛事業がますます増加!

関連イベントもさらに増えることとなりました。

イベント以外だと、山梨県では、2月23日の富士山の日になると、一部の施設での割引といった特典があるのだとか。

静岡県はそれ以上にすごいことになっていて、

一部の公立小中学校や県立高校は休日

となっているのです。

一部としているのは、自治体によって対応が異なるため。

地域によっては休みではないところもあったりするみたいですね。

静岡県の教育委員会は、富士山の日に関連するイベントがおこなわれるため、休みにしていない公立小中学校や、私立学校にも休校への協力を呼び掛けてはいるみたいですが…。

現状は、あまり休日化が進んでいないどころか、年々協力する市町が減少…。

そのため、休みになっているのは全体の15%ほどなのだとか。

まぁ、そもそも学生が休みなだけで、社会人は普通に出勤です。

富士山の日イベントを行っても、学生が増えるだけ。

 

さて、そんな富士山の日、そもそもどういう由来から、2月23日となったのでしょうか?

2月23日でなければいけない理由はあるのでしょうか?

なぜ2月23日が富士山の日なのか…。

由来として、一番思いつきやすいのは、語呂合わせですよね。

『2(ふ)2(じ)3(さん)』

と読めるので、富士山の日になったのだろう…。

筆者もそう考えていたのですが、どうも、富士山の語呂合わせ以外にも、富士山の日の由来があるということがわかりました。

富士山の日について、静岡県の富士山世界遺産課は、

2(ふ)2(じ)3(み)の日ということもあり、時期的にも空が澄み渡っている。

富士山に思いを寄せ、後世に引き継ぐことを期する日として、この日を選んだ。

と語っています。

つまり、富士山の日は、普通に考えれば富士山の語呂合わせ…なのですが、

『2(ふ)2(じ)3(み)』

で、富士見の語呂合わせとしての意味合いのほうが強いのかもしれないわけですね。

実際、2月は富士山がよく見える季節となっていて、富士見には最適な時期なのです。

それにしても、静岡県では一部の学校が休みになるのに、山梨県は何もないとは、学生にとっては格差を感じる対応ですよね。

ある意味で静岡県の学生の特権とも言える2月23日の休日。

なんと2020年からは、富士山の日が消える…。

というと言い方はおかしいですが、上書きするように、全国でも休日になることが決まったのです。

 

2月23日が2020年から天皇誕生日で休日に!

静岡県の学生からしたらショックですが、静岡県としては、まさにラッキーというべきでしょうか。

先ほど、年々静岡県の富士山の日を休みにする学校が減っている話をしました。

静岡県としては、関連イベントを盛り上げるために、富士山の日の休日をどんどん推し進めたいものの、苦戦する結果になってしまっています。

そんな静岡県に、2月23日の祝日化が思わぬ助け舟になるみたいですよ。

なぜ、全国で2月23日が休日になるのか?

それは、富士山の日が全国に適用されるからではありません。

それに関係しているのは、天皇陛下の代替わりです。

2016年8月に、今上天皇陛下が生前退位のご意向を示され、それから生前退位についての議論が加速。

2019年4月に退位され、新たに皇太子殿下(徳仁親王)が新たな天皇として即位されます。

そして、皇太子殿下の生年月日はというと…

1960年2月23日

そうです、2月23日なのです。

これを踏まえ、政府は2017年6月の譲位特例法によって、

  • 祝日法で定められている天皇誕生日を、2020年からは12月23日から2月23日へ変更
  • 12月23日は平日にする
  • 2019年は、天皇誕生日を設定しない(皇太子殿下の即位後は誕生日を過ぎてしまっているため)

ことを取り決めました。

つまり、

2020年からは、2月23日は天皇誕生日となり国民の祝日

になるので、全国で2月23日は休みとなるわけです。

学生はもちろん、一部の企業も休みになるため、社会人でも休日になる人が増えますよね。

静岡県の一部学生の特権は失われることとなったのですが、その分、社会人で休める人も増え、富士山の日関連イベントの参加者も増えると見込まれます。

そのため、静岡県からしたらまさに好機!

富士山の日は、天皇誕生日が2月23日になることによって消えるのかと思われていましたが、実際は真逆。

静岡県の川勝知事は、

休みてもよし 休みざりてもよし 富士の山 富士山の日に変わらざりけり

と、山岡鉄舟の俳句をアレンジした俳句を詠み、富士山の日はこれまで通り2月23日のままにして、変更することはない考えを示しました。

ただ、優越感を覚えていた静岡県の一部学生はかなりショックなようで、

「富士山の日の意味がないじゃん」

「レア感あった休みなのに、天皇変わったら誕生日で2月23日皆休みじゃん!」

とのショックを覚える声が…

こればかりは仕方ないと思います。

静岡県側からしたら、関連イベントが盛り上がり嬉しく、学生からしたらレア感が失われショック…。

まさに悲喜こもごもといった感じですが、天皇誕生日といっても、休みではない企業も多いですよね。

そのため、

「どっちにしても休みじゃないわ…」

と、富士山の日であろうと、天皇誕生日になろうと関係なく仕事…

休日議論とは無関係ば社会人の方が多いかもしれないですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

2月23日は富士山の日として、静岡県と山梨県は条例でこの日を定め、両県合同のイベントが開催されたり、富士山に関するイベントが多くおこなわれます。

また、静岡県は、一部小中高の学校で休みとなっていて、優越感を覚えている学生も多かったかもしれません。

しかし、2020年から富士山の日という静岡県学生の特権が失われます。

2月23日が現皇太子殿下の誕生日なので、即位後は天皇誕生日となり、全国で休みになるからです。

ただ、富士山関連イベントが気になっていたものの、仕事で行けない人からしたら嬉しいかもしれませんね。

全国的な休みになることで、他県から富士山の日におこなわれるイベントの参加者が増え、観光的には盛り上がりそうな予感がします。

2020年以降、気になっていても参加できなかったという人は、ぜひ富士山関連イベントに参加してみてはいかがですか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.