歴史

鎌倉幕府は何年?1192年から1185年に変わった理由と覚え方を紹介

投稿日:

『1192(いいくに)作ろう鎌倉幕府』…

そんな風に言われたのも、もはや過去の話。

実は今、鎌倉幕府は1192年成立ではなく、1185年成立説が一般的になっています。

つまり、もはや

『いい国作ろう鎌倉幕府』

とは覚えられないわけですね。

では、なぜ鎌倉幕府成立年は1185年に変わったのでしょう?

そもそも鎌倉幕府は成立年にさまざまな説があるため、もしかしたらそのうち1185年説も一般的ではなくなるかもしれません。

当記事で、成立年が未だに確定しない鎌倉幕府について、1192年から1185年に変わった理由や、覚え方などを紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

鎌倉幕府の成立年が1192年から1185年に変わった理由とは

歴史の研究は日々続けられていて、常に解釈が変わります。

たとえば『士農工商』という制度について。

これは、江戸時代の身分を上から順に示したものになっていましたが、最近では

士農工商という制度はなく、上下関係を示すものではなかった

と研究され、教科書から消えたのです。

また、645年で覚えた大化の改新も、実はなくなっています。

645年に起きたのは、蘇我氏を滅亡させた乙巳の変。

その乙巳の変だけを取り上げ、大化の改新は、年号としてはその翌年になっているのです。

このように、歴史は研究が進み、新たな史料が見つかるに連れ、解釈は変わっていくもの。

現代の人間が歴史上の出来事を直接見たわけではないので、歴史は史料から判断するしかないのです。

となると、新しい史料が見つかる度に、

『実はこの事件はこうだった…』

と真相が変化するのも当然といえるでしょう。

そのうちの1つで、日本史が好きな人にとっても解釈が一致せず、バラけているものが…

鎌倉幕府の成立年

昔は、

『1192(いい国)作ろう鎌倉幕府』

という語呂合わせで覚えた、1192年成立説が主流でしたよね。

しかし、今では

1185年成立説

が採用されていて、鎌倉幕府の成立年は1185年だとされています。

筆者は中学生くらいまでは1192年だったと思いますが、高校では違ったような気がします。

日本史が好きで、勝手に教科書でやらなくていい深い部分まで勉強している生徒だったので、それで1185年説などもあると覚えただけかもしれません。

 

では、なぜ鎌倉幕府の成立年が1192年から1185年に変わったのでしょうか?

1192年は、いわゆる源頼朝が征夷大将軍に任命された年ですよね。

過去は、これを幕府の成立年としていました。

しかし、そもそも当時の征夷大将軍というのは幕府を開くために必要な役職ではなく、その認識になったのは、江戸時代以降と言われています。

 

また、当時の幕府は、武家政権を表すものではありませんでした。

鎌倉幕府の歴史書である『吾妻鏡』にも、幕府とは征夷大将軍の居館としか定義されておらず、

幕府とは将軍の居館・政庁のこと

を指す、いわゆる場所を意味するものだったわけです。

イメージとしては、ちょっと違うかもしれませんが、総理大臣官邸みたいなものでしょうか。

朝廷や公家は、当時鎌倉幕府のことを『関東』と呼んでいて、武士からは武士の棟梁である頼朝を『鎌倉殿』と呼んでいました。

つまり、

当時は征夷大将軍になることが武家政権を開く条件ではなかった

のです。

そもそも、頼朝の征夷大将軍には政治的意味合いがありません。

政治的実権を持つようになったのは摂家将軍以降とも言われています。

また、源頼朝が将軍職を辞してから、2代将軍頼家が就任するまでの間に、3年の空白があります。

となると、この3年間、幕府はなかったということになってしまうわけですが、そうではありませんでした。

また、3代将軍の実朝が落命して源治将軍が途絶え、4代将軍の藤原頼経が就任するまでも、空白の期間がありましたよね。

しかし、この間も幕府は機能していたわけです。

鎌倉幕府が続いていたということは、征夷大将軍の任命が幕府成立の条件ではないとみることができます。

 

ということで、1192年説よりも1185年説が有力な考え方になったのです。

この1185年は何が起きた年かというと、源頼朝が守護・地頭の設置権限を許された『文治の勅許』が発せられた年。

つまり、

各地にいわゆる行政官の守護・地頭が設置できるようになったことで、実質的な支配権を得た

これを武家政権である鎌倉幕府の成立だと考えることにしたため、鎌倉幕府の成立が1185年とされたのです。

 

鎌倉幕府の成立年である1185年の覚え方は?

昔は『1192(いい国)作ろう鎌倉幕府』で語呂合わせして覚えていた鎌倉幕府の成立年。

では、今の1185年説の場合、覚え方はどうすればいいのでしょうか?

こちらも語呂合わせが可能で、

『1185(いい箱)作ろう鎌倉幕府』

となっているみたいです。

『いい国を作ろう』ということならば、歴史的にも関係があるので語呂合わせも自然でした。

これが『いい箱』では何の関係もなく思えて微妙に聞こえます…。

 

ただ、この『1185(いい箱)作ろう鎌倉幕府』も、もしかすると数十年後には変わっている可能性があります。

なぜかというと、そもそも何を持って幕府の成立と考えるのかで大きく解釈が異なるので、

6つの鎌倉幕府の成立年説がある

というのが現状だからです。

統一された考えはまだ確定していません。

あくまでも、現段階で有力な説を教科書に載せているだけ。

では、6つの鎌倉幕府の成立年説とは一体何なのか?

最後に、鎌倉幕府の成立年として候補に上がっている、6つの説についても解説します。

 

鎌倉幕府の成立年の6説を紹介!

鎌倉幕府の成立年は、何をもって幕府の成立とするのかが曖昧なため、6つの説に分かれています。

6つの説について、1つずつ筆者なりの考えとともに紹介します。

鎌倉幕府の成立年説1 1180年説

6つの説の中で、一番年号が古いのが、1180年説です。

1180年には、鎌倉幕府にかんする出来事では何があったのでしょうか?

この年は、まず、以仁王の令旨によって、源義仲や頼朝が挙兵を始めました。

その後、頼朝はこの年には南関東を平定。

鎌倉に頼朝の御所である大倉御所が建てられ、さらには幕府の統治機構の原型となる

侍所

が設置され、初代別当に和田義盛が任ぜられています。

鎌倉幕府では警察や軍事を担う組織である侍所が設置されたこと、頼朝からすれば、武家政権の中心である鎌倉入りし、『鎌倉殿』の御所である大倉御所を建てた…

これが幕府基盤の樹立と考え、1180年説になったと言われています。

大倉御所は、当時の幕府の意味から大倉幕府とも言われているため、確かに、場所としての幕府はこの年に誕生したと言っていいでしょう。

鎌倉幕府の成立年説2 1183年説

6つの説の中でも、さらに有力な説を3つにした場合、そのうちの1つに該当するのがこの1183年です。

1183年にあった出来事は、ずばり、

寿永二年十月宣旨(寿永の宣旨)

です。

これによって、頼朝は東国における荘園・公領からの官物・年貢納入を保証してもらい、頼朝の東国支配権を公認しました。

これを、鎌倉幕府の成立として見る人もいるみたいです。

まぁそもそも、鎌倉幕府が実質的な全国支配をできるようになったのは承久の乱以降と言われています。

鎌倉幕府の成立当時は、まだ西国には朝廷派国司などがいたわけですし、朝廷の影響力はかなり強かったのです。

承久の乱以降、幕府の方が力が強いと示されたことで、パワーバランスがひっくり返ったわけですしね。

そう考えると、発足当初の鎌倉幕府は東国の運営を任せる組織だったと言ってもよく、頼朝からすれば、朝廷から独立した政権の1つとしての鎌倉幕府だったと思います。

鎌倉幕府の成立年説3 1184年説

1184年は、頼朝が公文所、問注所を設置した年。

この年が、政務の仕組みが整ったとして、幕府の成立年説の1つとして挙げられることもあります。

1180年の侍所に続き、公文所問注所が設置されたことで、鎌倉幕府そのものの主要機関が揃った年とも言えます。

これも、鎌倉幕府を全国支配した武家政権ではなく、東国の1つの独立政権と定義した場合に考えられる説ですね。

鎌倉幕府の成立年説4 1185年説

これが今の通説。

先ほども紹介したように、守護・地頭を設置する権利が与えられました。

これによって、

「国司と同じくらいの権限を持つ守護の任命権を得たことで、実質的な支配権を得たのではないか?」

と考えることができ、征夷大将軍任命前に、頼朝による支配体制が確立できていたということも可能ですよね。

いわゆる、幕府システムが完成した年と言えます。

なので、現代の幕府とよばれるシステムが完成したのが、この1185年にあるのではないかと考えられるのです。

鎌倉幕府の成立年説5 1190年説

自身で歴史を調べている人は、まだ1192年説が通説だった頃から、

「あれ?1190年の方がふさわしいんじゃない?」

と思った人もいたのではないでしょうか。

それが、1190年説です。

1190年に、源頼朝は右近衛大将兼権大納言に任命されていて、ポストとしては征夷大将軍より上です。

また、これによって3位相当の官位を得たため、政所の設置も可能になり、統治機構としては合法的になりました。

こうして、頼朝は公文所の役割を政所に移行させるなどして、設置した期間を政庁として運用できるようにしてしまったのです。

つまり、1185年に完成した幕府システムを公的なものになった…。

これが、1190年説になるというわけですね。

鎌倉幕府の成立年説6 1192年説

多くの人が知っている、『いい国作ろう鎌倉幕府』、その1192年説です。

1192年は、源頼朝が征夷大将軍に任命された年です。

これまでの流れからすると、頼朝が征夷大将軍に任命されたのは、幕府の始まりではなく、

鎌倉幕府がこの征夷大将軍の任命をもって完成した

という方が正しいのではないでしょうか。

この征夷大将軍の任命についても諸説あり、

  • 頼朝は奥州征伐のための大義名分として征夷大将軍のポストが欲しかった(出征先で軍政がおこなえる)
  • 頼朝は『大将軍』という名前にこだわっただけで、朝廷が吉例から征夷大将軍を選んだだけ

など諸説あって、なぜ征夷大将軍を朝廷が選んだのか、なぜ頼朝が望んだのかはっきりしていません。

後白河法皇が頑なに征夷大将軍のポストを与えなかったのは、政治的にかなり影響力を持っていた後白河法皇が、

「頼朝は征夷大将軍になって、朝廷から独立しようとしているんじゃないか?」

と考えたかもしれません。

つまり、1192年を解釈しようとすると、

1185年に完成した幕府システムを1190年に公的化。

公的にしたシステムを1192年に独立して鎌倉から運用できるようにした。

とするのがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

鎌倉幕府の成立年は、いまだはっきりと確定したわけではありません。

そもそも、鎌倉時代における幕府は、

遠の朝廷→将軍の居館

と移り変わってきていて、もとは場所を意味する言葉でした。

そのため、今の幕府の定義と当時の幕府の定義が違うため、何をもって鎌倉幕府の成立とするのか難しいのです。

当時なかった概念を、今の概念に当てはめるのは非常に難しいこと。

もしかしたら、数十年後には、鎌倉幕府の成立年は1185年ではなくなっているかもしれませんよ。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-歴史

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.