美容・健康

花粉症対策や予防にヨーグルトなど発酵食品を食べても効果ゼロ?

投稿日:

花粉症は鼻がつまる、鼻水が出る、くしゃみが出る、目がかゆいなど、不快な症状が出て嫌ですよね。

花粉症対策や予防としてよく行われるのは、手洗いやうがい、マスクをするなど直接花粉を防ぐ方法です。

それ以外にも、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べて、身体の内側から対策・予防する方法もあります。

直接、花粉を身体に入れないことが花粉症を防ぐことに効果があることは分かります。

しかし食品を食べることで花粉症を防ぐ方法は、本当に効果があるのでしょうか?

そこで今回は、身体の内側からの花粉症対策やその効果についてお伝えします。

スポンサーリンク

アドセンス

花粉症対策のために『花粉症とは何か』を知ろう

日本人の約25%が発症しているという花粉症ですが、そもそも花粉症とは何なのでしょうか?

花粉症は鼻や目の粘膜に植物の花粉が触れることによって起きる『症候群』のことです。

病気としては『Ⅰ型アレルギー』に分類されています。

アレルギーは人間の免疫がアレルギーの原因となる物質である『抗原』に反応して発症するものです。

日本で花粉症の抗原として多いのは『スギ花粉』です。

他にもヒノキやブタクサ、シラカバなどの花粉も抗原となります。

花粉症の症状としては、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙が出る、くしゃみなどです。

鼻水や鼻づまりは、好きな食べ物の味も分からなくなります。

それに加えて、目がかゆいと、物事に集中できなくなるので困りますね。

花粉症のメカニズム

なぜ花粉でアレルギーが起きるのでしょうか?

花粉で、アレルギーが起きるのは次のようなメカニズムです。

まず、ウイルスや細菌などの外敵や異物を攻撃する『リンパ球』が花粉を外敵だと判断して『IgE抗体』を作り、IgE抗体は『肥満細胞』と結びつきます。

この段階ではまだアレルギー症状は現れません。

一度IgE抗体と肥満細胞が結びついた後、

再び花粉が身体に侵入した時

に身体を守ろうとしてヒスタミンなどの科学物質が分泌されるのです。

その結果、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの困った症状が現れることになります。

あなたの免疫(リンパ球)が身体を守るための症状だと考えると嬉しい反面、迷惑でもありますね。

ちなみに『肥満細胞』は、哺乳類の皮下組織にある細胞で、人間も皆が持っている細胞です。

見た目が膨らんでいるために肥満細胞と呼ばれています。

肥満とは直接の関係はないので心配はいりませんよ。

 

ヨーグルトのような発酵食品は花粉症に効果ゼロ?

 

ヨーグルトや納豆などの発酵食品、乳酸菌など腸内環境を整える効果のある食べ物を口にすることで、花粉症対策・予防する方法が最近よく行われていますよね。

他には甜茶(てんちゃ)やハーブティーなども人気です。

これらの方法は『民間療法』と呼ばれ、

『医師が指導する医療以外のもの』

として扱われています。

しかし民間療法は、科学的にまだ実証されていない方法なのです。

実際の医療で花粉症対策にヨーグルトや乳酸菌などをオススメできるように研究も行われていますが、今の段階では

『プラセボ効果』

があるため、本当に花粉症に効果があるとは言えません。

 

研究では花粉症の患者に乳酸菌を使って実験が行われました。

被験者に乳酸菌の入ったカプセルと、何も入っていないカプセルを飲んでもらうことで行われたものです。

この実験の結果、何も入っていないカプセルでも花粉症の症状が軽くなったのです。

この『何も入っていないカプセルでも症状が軽くなった』というのがプラセボ効果です。

『偽薬効果』とも言います。

『病は気から』ということわざがあるように、薬を飲んだ気になって、その思い込みが身体に影響を及ぼしているわけです。

偽物の薬でも症状がよくなるということは、この段階では乳酸菌が花粉症に効果があるとは言えません。

このことから、現在の研究ではヨーグルトのような発酵食品は花粉症に対して科学的には『効果ゼロ』と言えます。

 

発酵食品は腸内環境と免疫力に効果的

ヨーグルトや納豆のような発酵食品を口にすることで直接花粉症に効果がないとするなら、他の視点から発酵食品が花粉症対策に効果的かを考えてみましょう。

腸は便を作るためだけの臓器ではありません。

腸には『免疫細胞』という細胞があり、身体全体の7割も占めています。

免疫のほとんどを腸が担っていると言ってもよいでしょう。

腸には免疫細胞がある他にも腸内細菌が100種類以上、100兆個ほどがいます。

腸内細菌の集まりや様子のことを『腸内フローラ』と言い、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)のバランスが免疫には大切です。

腸内フローラの理想のバランスは、

善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割

だと言われています。

善玉菌が減ったり、悪玉菌が増えたりすると、腸内フローラのバランスを保てません。

体調を崩す、病気になる、アレルギー症状が出るなどといった身体の異変が現れやすくなってしまうのです。

ヨーグルトや納豆といった発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。

これらの菌は善玉菌です。

食べ物から善玉菌を身体の中に入れることで増やし、免疫力を正常に戻したり、より免疫力を高めることができます。

免疫力が高くなると花粉症をはじめとしたアレルギー症状が緩和され、上手く行けば改善することも可能でしょうね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今の段階では発酵食品を食べることは、花粉症を確実に改善させる医療法としては確立されていません。

しかし、たとえプラセボ効果だとしても少しでも花粉症の症状が緩和するのなら、少しでも取り入れたいですね。

発酵食品は腸内環境にとってもよい影響があるので、花粉症以外の普段の健康にも役立ちます。

ただし、揚げ物や肉料理ばかり食べ、野菜を食べる量が少ないと悪玉菌が増えてしまうので注意が必要です。

睡眠不足や運動不足も腸内環境に悪影響なので気をつけていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.