野球選手

プロ野球選手年俸ランキング!2019最新と歴代最高を比較してみた!

投稿日:

プロ野球選手といえば、一流の選手にもなると、年俸もすさまじいことになり、お金の面でも夢のある職業と言えますよね。

そんなプロ野球選手の中でも、年俸1億円プレーヤーはまたワンランク上の存在…。

本当に限られた選手しか、年俸1億円を超えることはできないのです。

ここで気になるのが、2019年のプロ野球選手の最高年俸は、一体誰なのでしょうか?

また、歴代最高年俸も気になります。

当記事では、プロ野球選手の年俸について、2019年の最新ランキングと、歴代最高年俸を調べてみました!

アドセンス

スポンサーリンク

プロ野球選手の最新年俸ランキング2019!

お金

プロ野球選手の年俸となると、非常に夢がありますよね。

一流の選手になると、億という大金をもらえたりもします。

しかし、そんな選手はほんの一握り。

2軍暮らしの選手なんて、年俸300万円程度です。

1軍出場ができていても、レギュラー定着ができなければ、多くても2~3000万円程度。

仮にレギュラーで活躍していても、1億円を超えるのはなかなか難しいもの。

キャリアを積んで、毎年レギュラーとしてチームに貢献していないと億超えは達成できません。

さらに、何らかのタイトルを獲るとか、タイトル争いをするような目立った成績が残せないと難しいです。

また、チームによって査定が異なるのも、ややこしいポイントですね。

1億円プレーヤーがどれほどすごい存在なのか…。

 

では、2019年にプロ野球で一番年俸をもらっている人は誰なのでしょうか?

2018年の段階では、ソフトバンクの柳田悠岐選手が5億5000万円でトップでしたが、順位の変動はあったのか!?

プロ野球の年俸ランキング2019、そのトップ10を紹介しましょう!

プロ野球年俸ランキング2019!

1位:菅野智之(6億5000万円)

2位:柳田悠岐(5億7000万円)

3位:坂本勇人、デニス・サファテ、エルネスト・メヒア(5億円)

6位:丸佳浩(4億5000万円)

7位:ウラディミール・バレンティン(4億4000万円)

8位:山田哲人(4億3000万円)

9~16位:筒香嘉智、鳥谷敬、糸井嘉男、内川聖一、松田宣浩、リック・バンデンハーク、アレックス・ゲレーロ、アルフレド・デスパイネ(4億円)

トップ10にしたかったのですが、同率順位の関係で実質的に16人になってしまいました。

2019年の最新年俸ランキングは、ちょうどトップ10(人数は16人)で4億円以上になるんですね。

 

2019年の年俸ランキング1位となったのが、巨人の菅野智之投手です。

その年俸額は6億5000万円!

この年俸、実は…

佐々木主浩さんに並ぶ、歴代日本人最高年俸

なんですよ!

歴代日本人最高となる年俸に、菅野智之投手は29歳という若さで到達したのです!

今の巨人にとって、菅野智之投手がいなければ投手陣は壊滅しているようなものです。

まさに救世主のような存在です。

替えの利かない絶対的エースですし、さらに何でもかんでもお金で解決するチームである巨人ですから、思い切った年俸を出すのも頷けます。

 

2位の柳田悠岐選手は、2018年の年俸ランキング1位の選手でした。

複数年契約なのですが、首位打者を獲ったことなどが評価され、2000万円アップの5億7000万円になりました。

これで、自身のもつソフトバンク最高年俸をまたもや更新したこととなります。

 

3位は、巨人の坂本勇人選手、そして複数年契約となっているメヒア選手、サファテ投手です。

坂本勇人選手は2018年から1.5億円増の5億円となりました。

2018年だけを見れば、この年俸は

「ちょっと上がり過ぎなのではないか?」

とも感じるのですが、逆に言えば、今までが安すぎます。

毎年のように素晴らしい成績を残し、坂本勇人選手が離脱した時は、それだけでチームの打撃成績に影響する…

まさに巨人打線に欠かせない存在だったわけです。

ようやく適正年俸になったと言えるでしょう。

もう1つ、外様で移籍してくる丸佳浩選手より安くするわけにもいかないでしょう。

丸佳浩選手との帳尻合わせの意味合いもあった可能性は考えられます。

坂本勇人選手は今や巨人の顔とも言える存在です。

ミーハー人気があり、客も呼べ、さらに成績まで超一流のスターなのです。

そのスターが3.5億円では格好がつきませんよね。

 

メヒア選手は、ただの給料泥棒。

サファテ投手は怪我によって長期離脱という不本意な成績で終わっています。

この2人には、2019年に年俸分の働きができるか注目が集まります。

 

6位は、広島から巨人へFA移籍した丸佳浩選手の4億5000万円です。

FA移籍で年俸が上がるのは基本的なことです。

しかし、丸佳浩選手の場合は、移籍前に所属していたのが、あまりお金を出さない広島。

そんなわけで年俸は、2018年の倍以上になっています。

まぁ、前田智徳さんタイプの選手かと思っていたら、実は山本浩二さんタイプの三冠王が取れるクラスの選手だった…

となれば、どの球団も欲しがるでしょうし、4億5000万円くらい出すのも頷ける話ではありますね。

 

そして7位にランクインしたのが、ヤクルトのバレンティン選手です。

「シーズンをフルに出られる時のバレンティンは恐ろしい!」

という評判をよく聞きますが、バレンティン選手の2018年シーズンはまさに言った通りの年になりました。

怪我で離脱することが多かった近年とは違い、2018年のバレンティン選手は目立った故障もなく、来日1年目以来の140試合超えの試合に出場。

.268、38本、131打点

という素晴らしい成績を残し、自身初となる打点王のタイトルも獲得しました。

その活躍が認められ、1億600万円アップの4億4000万円となり、2019年も、球団1位の年俸となります。

 

同じヤクルトのバレンティン選手に続いて8位にランクインしたのが、山田哲人選手です。

2017年に大不振に陥ったものの、2018年には見事復活。

15年、16年に続く3度目のトリプルスリーを記録!

トリプルスリーは歴代でも2回以上達成した人が山田哲人選手しかおらず、自身の持つ回数記録を更新…

これが何を意味するのかは、もうわかりますよね。

つまり、歴史に名が残るほどの名選手です。

そんな山田哲人選手は、1億5000万円増の4億3000万円で契約を結びました。

この年俸は、ヤクルトの日本人選手史上最高額なんですよ。

しかも出来高まで契約についているので、2019年の成績次第では、年俸5億円になることも十分ありえると言えますね!

 

9位以下は、全員が4億円で並んでいます。

筒香嘉智選手、鳥谷敬選手、糸井嘉男選手、内川聖一選手、松田宣浩選手、デスパイネ選手、バンデンハーク投手、ゲレーロ選手…

なんと総勢8人の4億円プレーヤーです。

 

しかし、年俸アップで4億円となった筒香嘉智選手以外は全員が複数年契約。

2018年と変わった部分はほとんどないと言っていいですね。

8人もいるので、トップ10でランキングを作るつもりが、結果的に16人の紹介になってしまいました。

 

日本プロ野球の歴代最高年俸は誰?

さて、2019年のプロ野球選手最高年俸は、巨人の菅野智之投手であることがわかりました。

6億5000万円という数字は、ここ10年で目にしたことのない高額年俸、それも歴代日本人最高ときました。

…が、歴代日本人最高ということは、プロ野球史上最高額というわけではなく、助っ人外国人に6億5000万円を超える年俸を貰った人がいるということも意味するわけで…

 

プロ野球歴代最高年俸だった人は一体誰で、何億円なのでしょうか?

15、6年くらい前のプロ野球をよく見ていた人だと、当時話題になりましたし、知っている人も多いかもしれませんね。

プロ野球の歴代最高年俸だったのは…

ロベルト・ペタジーニさんの7億2000万円

です!

今のところ、

プロ野球選手唯一の7億円プレーヤー

のペタジーニさんは、ヤクルト、巨人、ソフトバンクに在籍した助っ人外国人。

主にゼロ年代前半に活躍しました。

2010年にソフトバンクに在籍していたこともありましたが、その時はもう完全にピークを過ぎ、衰えていたので見る影もなく、ちょっと寂しく感じたのを覚えています。

なので、最近の野球ファンからすると、ソフトバンクにいたショボい助っ人…

みたいなイメージがあるかもしれませんね。

しかし、ヤクルトに加入した時のペタジーニさんの成績は恐ろしいものでした。

「ヤバい外国人が来た!」

と当時の筆者は思いましたよ。

ヤクルトに入団後から巨人1年目まで、5年連続3割30本という爆発的な打撃力。

その次の年は惜しくも.290、29本で6年連続とはなりませんでしたが、恐ろしい数字ですよね。

 

当時28歳とバリバリだった1年目は44本塁打を量産し、松井秀喜選手とのホームランキング争いに勝利をしました。

2001年には本塁打王、打点王の2冠を獲得しているという、強烈な助っ人外国人選手だったのです。

中日ファンの筆者としては、なぜペタジーニさん獲得を検討していながら、李鍾範なんていう平凡だった選手に切り替えてしまったのかと、残念でなりませんでしたね。

そして巨人移籍1年目で、プロ野球歴代最高年俸である7億2000万円を手にしたのです。

次に高いのが、先ほども触れた6億5000万円の菅野智之投手、大魔神こと佐々木主浩さん、4位に6億1000万円の松井秀喜さんが続きます。

ちなみに年俸6億円となると歴代には結構いて、先述の黒田博樹さんもそうですし、阿部慎之助選手もそうですね。

助っ人だと、タイロン・ウッズさんやアレックス・カブレラさん、李承燁さんなど…

こうして最高年俸を調べてみると、外国人助っ人はマネーゲームになりやすいなと考えさせられます。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

プロ野球の2019年の最高年俸選手は、巨人の菅野智之投手でした。

その額は、なんと6億5000万円で、佐々木主浩さんに並ぶ歴代日本人最高年俸です。

しかし、これだけ年俸をもらっていると、もし何かしらのアクシデントで年俸が大幅下落した場合、税金が大変そうですね。

杉内俊哉さんは9割ほどの大減俸で、税金問題が話題になったこともありましたし…。

また、このような億超えの年俸には夢もありますが、大半のプロ野球選手は年俸数百万円で終わってしまうのもまた現実。

1億、ましてや5億などという数字は、日本プロ野球界を代表するような選手にならないと、まず無理ですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球選手

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.