芸能人

岩井志麻子の若すぎる旦那の年齢はいくつ?結婚は年収(印税)目的の噂

更新日:

バラエティ番組『有吉反省会』などで、トレードマークでもある派手なヒョウ柄で、顔も服も含めた

全身ヒョウ柄コーデ

で登場し、一躍有名となった、作家・タレントの岩井志麻子先生。

岩井志麻子

岩井志麻子

これで世間に、ヒョウ柄コーデが強烈なインパクトを与えてしまい、

『ヒョウ柄おばさん』

として知っている人が多いでしょう。

実際のところ、作家としての彼女の功績や、結婚した旦那のことなどは、知らない人が多いですよね。

そこで本記事では、岩井志麻子先生の年収・印税から、旦那や結婚の話を調査し、まとめていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

岩井志麻子の年収・印税はいくら?

名前:岩井志麻子

生年月日:1964年12月5日

出身地:岡山県

職業:作家・タレント

岩井志麻子先生は、冒頭でもお話したように、『ヒョウ柄おばさん』として、奇抜なスタイルが世間にウケて、ブレイクしていますよね。

『有吉反省会』で初めて見た時、筆者は、

「またおかしな人が出てきた…」

と、ただ衝撃を受けてしまったのですが、実は、ただのヒョウ柄おばさんではないことが判明。

 

高校時代に、

第3回小説ジュニア短編小説新人賞で佳作入選

し、その4年後には、

『夢みるうさぎとポリスボーイ』

で作家デビューも果たしている作家さんだったのです。

そう言われてみれば、作家の中には、奇抜な人もいますよね。

志茂田景樹さんもその一人で、初めてテレビで見かけたときは、

「また変なオジサンがテレビに登場してきた」

と思うほど奇抜な衣装だけが印象に残りました。

ただ、そんな志茂田景樹先生は、直木賞作家なんですよね。

本来なら作家として、威厳を持っていてもおかしくない立場なのに、素顔をのぞいてみると、ユニークな一面を持っている…

それも、一般人にはとても理解できないような奇抜なもので、だからこそ作家としてのセンスも持ち合わせているのでしょう。

 

さて、ヒョウ柄おばさんと異名を持つほど奇抜なルックスをしている、作家・岩井志麻子先生ですが、ホラー小説でも、

『ぼっけえ、きょうてえ』

で、1999年に第6回日本ホラー小説大賞を受賞。

間違いなく作家としての実績(功績)がある人なのです。

 

それでは、実際のところ、岩井志麻子先生の年収はいくらあるのでしょうか?

また印税額も気になりますよね。

なので、岩井志麻子先生の年収・印税額を調べてみました。

岩井志麻子の年収

岩井志麻子先生の年収について、散々調べてみたのですが、どこにも年収に対するコメント・公表はおろか、情報がありません。

彼女が発したコメントとして関連付けられる情報を挙げるならば、

『作家としての収入(印税)とタレントとしての収入割合が3:7である』

ということ。

そして、彼女の自宅が、

6500万円

したことくらい。

本当に、情報が少なく、これらの情報をヒントに推測するしかないのが正直なところです。

 

まぁ岩井志麻子先生の場合、

『お金で男性と繋がっていた』

という話もあるくらいですから、年収数百万レベルではないことだけは確か…

さらに、タレントとして、『5時に夢中』をはじめとする番組に出演しているわけですから、

どう考えても年収1000万円以上

はあるでしょう。

それなら、6500万円の自宅を購入したのも納得できますしね。

ただ、どこまでいっても推測上の話なので、それなりに儲かっているということだけしか断言は出来ません。

それにしても、

『お金で関係が構築できる』

というのも、実に羨ましい話ですよね。

ごく普通の一般人には、そんなセリフを相手に向かって吐くことすら出来ないわけですから…

岩井志麻子の印税額は?

岩井志麻子先生の印税額についても、単純に総額いくらか公表されていません。

さらには、本の売上部数さえ、どこにも記載されていませんでした。

なので、はっきりしたことは言えません。

ただ、仮に年収1000万円とするなら、その3割が印税によるものなので、

印税は300万円

ということにはなります。

そもそも1000万円以上あると推測した中での計算なので、全く当てにはなりませんが…。

少なくとも、印税でもそれなりに稼いでいるとは言えそうです。

 

岩井志麻子の旦那は誰?

実は岩井志麻子先生は、2度結婚した経歴があり、現在の旦那が

18歳年下・年齢36歳の韓国人・ジョンウォン氏。

現在、旦那が何の仕事をしているのか、詳細は明らかになっていません。

一部では『ヒモ』という噂さえあります。

もし、ヒモという噂が事実ならば、前夫とは全く違うタイプの人物ですよね。

ちなみに岩井志麻子先生の1人目の旦那は、

地元で代々続く会社の社長

とのことで、立派な肩書を持つ男性。

残念ながら、それ以上のことは分かりませんでしたが、2人の子供が生まれ、子供は元旦那が引き取っています。

そして、2008年に、今の旦那(ジョンウォン氏)と岩井志麻子先生が再婚。

岩井志麻子・ジョンウォン

岩井志麻子とジョンウォン

それにしても、18歳も年下の相手(36歳)と結婚する心境は、どんな感じなのでしょうか。

まぁ人それぞれの人生ですし、年の離れた人と結婚するのが良しと考えて、岩井志麻子先生も結婚したのでしょう。

ただ、この結婚相手であるジョンウォン氏が相当なクズみたい…

そもそも金持ちであることを岩井志麻子先生にアピールしていたかと思えば、いざ交際すると、

「お金を貸してくれ」

と打診してきて、結局、借りっぱなしでお金を返す気すら見せていないのです。

しかも、浮気が見つかり、岩井志麻子先生に別れを切り出されたら、逆ギレして、

「変に疑った分の謝罪と賠償金を払え!」

と要求する始末…

本当にどこまでいってもクズそのものですよね。

現在、仕事をしているかどうかも分かりませんし、完全に岩井志麻子先生の年収(印税)だけが目的で結婚したとさえ言えそうです。

ただ、岩井志麻子先生は、

「金で繋がる関係のどこが悪い!」

と堂々としていて、今の関係性に納得している様子。

まぁ、本人がそれで良いと言っているのであれば、それ以上、他人がとやかく言うことはありませんが…

 

岩井志麻子と旦那の馴れ初めは?

岩井志麻子・ジョンウォン

旦那のジョンウォン、36歳の韓国人男性と結婚している岩井志麻子先生。

それにしても、こんなに年齢が離れた外国人と、どのように出会ったのか…

首をかしげたくなるような話ですよね。

実は、岩井志麻子先生は、

ホストクラブに何度か通っていたらしく、ジョンウォン氏はその時にボーイ

として働いていたそうです。

そして、ジョンウォン氏が、

「自分は金持ちだ」

とアピールしたところから、次第に触れ合うようになり、二人は交際スタートさせたとか…

ただし、先程もお話したように、『金持ち』という話は真っ赤な嘘で、最初から岩井志麻子先生のお金が目的だったところが伺えます。

 

ちなみに、ジョンウォン氏は、かつて浮気相手のお金を奪って失踪したこともあるようです。

ただ、いろいろ話を聞いてみると、どうやら失踪は嘘。

その女性とグルになって、岩井志麻子先生からお金を巻き上げようとしていたみたいですね。

浮気相手が、金を持ち逃げされたと岩井志麻子先生に連絡してきたのに、韓国の警察に事情を話して再度連絡してみると、

「新しい生活を始めているのに連絡してくるな」

と怒ってきたと言うんですから、本当にビックリです。

こんな発言、被害にあっている女性の発言ではありませんよね。

 

このような、ダメンズを愛してしまったわけですし、こんなにクズでも許しているわけですから…

岩井志麻子先生が幸せなら、それで良いと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

まとめ

作家・岩井志麻子先生は、『ヒョウ柄おばさん』と世間に認知されている一方、作家・タレントとしても活躍している女性でした。

年収・印税に関しては、ほとんど情報が流れていませんでしたが、

少なくともタレント業で稼ぎ、1000万円以上はある

と思われます。

だからこそ、

18歳年下

の韓国人男性が、カネ目当てで岩井志麻子先生に近づき、結婚にまでこぎつけたのでしょう。

結婚の経緯や馴れ初めを聞く限り、

年収(印税)目当て

なのは明らか!

ただ、岩井志麻子先生が、納得して結婚生活を続けているわけですから、他人がとやかく言うのは野暮です。

このまま、彼女にとっての幸せな結婚生活を続け、一方で作家・タレントとして活躍し続けてくれることを願うばかりです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-芸能人

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.