音楽

千住真理子の結婚相手と離婚を調査!凄い実家と実力の評価もチェック

投稿日:

一流の音楽家が持つ楽器も一流のもの。

バイオリンの中で非常に価値があるバイオリンが

『ストラディバリウス』

です。

そんなストラディバリウスを美しく演奏するのが、バイオリニスト千住真理子さん。

彼女の実力はどれほどのものなのでしょうか?

また、バイオリンを習わせてくれるくらいなので、やはり彼女の実家は凄いのだとか。

さらに、彼女については、その私生活も注目されているようです。

なにやら、これまでに

2度の結婚と2度の離婚

を経験しているといい、なかなか波乱万丈な人生を歩んでいるようですよね。

そこで今回は、千住真理子さんの結婚相手と離婚を調査し、凄いと噂の実家や彼女のバイオリンの実力を調べてみました!

アドセンス

スポンサーリンク

バイオリニスト・千住真理子のバイオリンの実力の評価は?

名前:千住 真理子(せんじゅ まりこ)

生年月日:1962年4月3日

出身地:東京都杉並区

血液型:A型

職業:バイオリニスト

千住真理子さんがバイオリンを始めたのは、2歳3ヶ月から。

小学校の頃、数々のコンクールで優秀な成績を修め、1975年の小学校6年生の時に、第1回NHK若い芽のコンサートでNHK交響楽団と共演を果たしています。

12歳でプロデビュー。

1977年の中学校3年生の時には、第46回日本音楽コンクールを

最年少の15歳で優勝!

また、

パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞

を果たし、その他も

数々の賞を獲得しているバイオリニスト

なのです。

現在、日本で活躍しているバイオリニストの中では、

知名度はトップクラス!

しかし、活動の場は日本であり、世界ではないようですね。

 

大学は、慶應義塾大学文学部哲学科を卒業しており、卒業後はロンドンやローマでも演奏するなど華々しい経歴の持ち主です。

 

彼女のバイオリンの実力については、

「まあ一流というくらいで超じゃないよ」

「千住真理子が在京メジャーオケのオーディションを受けても、音程が悪いので、合格することはありません」

「千住真理子は、決定的に音感が悪く、クラシック業界では相手にされていません」

「千住真理子は、クラシック音楽のヴァイオリン演奏家ではなく『ヴァイオリン演奏付トークショー』という独自の分野を開拓した人」

と、ネットユーザーから

厳しい評価

を受けているようですね。

彼女は実力派で世界に通用するようなバイオリニストという評価ではなく、

『バイオリン演奏付トークショー』

を開拓した人なのだそうですよ。

 

バイオリニスト・千住真理子の実家は?

音楽の習い事をさせるのは、とてもお金がかかります。

経済的に余裕がなければ、子供にバイオリンを習わせることは、なかなか難しいでしょう。

千住真理子さんは、数々のコンクールで演奏し、大学にも進学していることから、これらにはかなりお金が必要です。

そこで、実家はお金持ちなのか調査してみたところ、千住真理子さんには両親と2人の兄がいます。

 

父親は、千住鎮雄(せんじゅしずお)さん。

日本の工学者であり、

慶應義塾大学名誉教授、工学博士

というすごい父親。

しかし、2000年に、この世を去っています。

 

母親は、千住文子(せんじゅふみこ)さん。

結婚するまでは、

明治製菓株式会社研究所薬品研究室研究員

として抗生物質開発の研究に従事していたキャリアウーマン。

文子さんは鎮雄さんが亡くなってからは、『千住家の教育白書』を出版して教育評論家、エッセイストとしての活動も開始しています。

ただ、その後、腎臓がんを患い、すでにこの世を去っています。

 

長男は、千住博(せんじゅひろし)さん。

日本画家として活躍しています。

 

次男は、千住明(せんじゅあきら)さん。

作曲家・編曲家・音楽プロデューサーとして活躍しています。

 

このように、家族揃って非の打ち所がない、まさに

エリート一家

と言えるでしょう。

 

父親の千住鎮雄さんが、慶應義塾大学名誉教授、工学博士ということで、とても優秀な父だったと分かります。

いわゆる大学教授の年収は

1000万円以上

なのだそう。

それに加えて、母親もキャリアウーマンですからね。

 

千住真理子さんが小さいころは

とても裕福な家庭で育ってきた

ということで間違いないでしょう。

 

バイオリニスト・千住真理子の年収は?

千住真理子

千住真理子

千住真理子さんの活動は多岐にわたります。

  • バイオリニストとしてコンサートやリサイタルの開催
  • テレビやラジオの出演
  • エッセイの執筆
  • 協奏曲やソロのCD発売

など幅広く活動。

 

著書には母・文子さんと共著した『母と娘の協奏曲』などがあります。

バイオリニストの演奏料は、知名度によっても異なり

平均1回50万円ほど

が相場のようです。

ただ、千住真理子さんは、日本トップクラスの知名度を持つ人気バイオリニストであるため、

出演料が1回100万円ほど

になるのではないでしょうか。

月1回の公演で

年間で1200万円

の収入になります。

 

さらに、不定期ではありますが、テレビやラジオ出演もあります。

著書の印税やCDの売り上げ。

これらを加味すると

年収2000万円

ほどは得ているのではないかと考えられます。

自分の好きなことを仕事にして稼いでいる人には、本当に憧れてしまいますね^^

 

バイオリニスト・千住真理子の性格は?

千住真理子

千住真理子

音楽科と言えば、神経が研ぎ澄まされていて情熱的な人が多い気がします。

では、千住真理子さんの性格はどうでしょうか。

 

調べてみると、千住真理子さんは、

超せっかち時短生活

を送っているそうです。

 

千住真理子さんのストラディバリウスの取り扱い方法をみても

しっかりきっちり

している人だとよく分かります。

 

ストラディバリウスの取り扱い方法は

  • ケースに入れ、温度計を3つ置いて徹底した温度管理(自宅での保管方法)
  • 飛行機の座席を1人分用意し、クッションでカバーした上シートベルト着用

この通りです。

非常にデリケートな楽器なので、取り扱いには十分に注意が必要なのです!

日常生活では、超が付くほどの"せっかち"なようですが、バイオリンの管理はしっかり丁寧にしているようです。

 

バイオリニスト・千住真理子のバイオリンの値段は?

クラシックに詳しくない人でも知っている

『ストラディバリウス』

という名のバイオリン。

これは、イタリア北部クレモナの弦楽器製作者アントニオ・ストラディヴァリが製作したバイオリンです。

ストラディバリウスは数百本ありますが、その中でも

「傑作と言われる楽器は、十本程度に過ぎない」

といわれています。

そんなストラディバリウスの最高傑作のひとつ

『デュランティ』

こそ、千住真理子さんの愛器なのです。

2002年に、前の持ち主であったスイスの富豪が手放すことになった『デュランティ』 は、

「博物館などではなく実際に演奏してくれる人へ」

という条件があったのです。

そこで選ばれたのが、千住真理子さんでした。

すごいですよね!

これほどの価値のあるバイオリン、一体値段はいくらするのでしょうか。

 

その値段、なんと

時価3億円

と言われています。

正確な金額は公表されていません。

 

この『デュランティ』を手に入れるために、

千住家一同が協力して資金調達

をしてくれたようです。

普通に考えて、資金調達をして、こんな大金を集められた千住家は、やはりすごい一族です。

 

バイオリニスト・千住真理子の結婚相手と離婚を調査!

千住真理子さんは、2019年現在までに

2度の結婚と2度の離婚

を経験しています。

1度目の結婚は千住真理子さんが

20代のころ

でした。

1度目の結婚相手は

4歳年上の医師

だったそうです。

この男性との結婚は、

『千住真理子さんの母親からのすすめだった』

と言われています。

しかし、なぜうまくいかなかったのでしょう。

驚きの離婚理由は、

なんと挙式の前日に結婚相手の”何か”の現場を見てしまった

からだというのです!

その内容については語られていませんが、千住真理子さんにとって

一生立ち上がれないというほどの現場だった

そうですよ。

それほどの衝撃を受けたということは、

  • 不貞関係を知った
  • 変わった趣味があった
  • 暴力的だった
  • マザコンだった

など、到底受け入れることができない何かがあったのでしょうね。

彼女は、傷つきながらも籍を入れたそうですが、

結婚してから1年後に離婚

することとなりました。

なぜ1年間も夫婦関係を続けられたのかというと、結婚直後に受けたNHKのキャスターの仕事をする際に、NHKから

「1年間は離婚をしないでくれ」

と言われたからなんですって。

イメージなどの関係があったのでしょうね。

 

2度目の結婚は、千住真理子さんが

30歳のとき

だったそうです。

2度目の結婚も

『千住真理子さんの母親からのすすめ』

だったそうですよ。

彼女の母親は、娘のことが心配だったのでしょうね。

2度目の結婚相手は、

真面目で穏やかな一般人男性

ということでした。

しかし、千住真理子さんは

  • 結婚相手の男性が望むような穏やかな生活は自分にはできない
  • この先の人生をバイオリンにだけ注ぎたい

という強い思いから

離婚することになった

そうです。

彼女の将来の伴侶は、バイオリンと言えるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

まとめ

千住真理子さんの父親は、大学名誉教授だったことから、

裕福な家庭

だったと推測できます。

彼女は

  • 12歳でプロデビュー
  • 日本音楽コンクールを最年少の15歳で優勝
  • パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞

など、数々の賞を獲得していると判明。

しかし、ネットユーザーからは

世界に通用する実力はない

と厳しい評価がされていました。

結婚と離婚を2度経験しており、

  • 1度目は20代のころ4歳年上の医師の男性
  • 2度目は30歳のころ真面目で穏やかな一般人男性

でしたが、結局は離婚となり、彼女はこの先

バイオリン一筋で生きていく

ことを決意しているようです。

ぜひ一度くらいは、彼女の演奏を生で聴いてみたいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-音楽

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.