野球

プロ野球の2018年の試合日程紹介!ペナントレース/交流戦/CSなど

投稿日:

2018年もキャンプインのシーズンになり、いよいよ2018年のペナントレースが近づいてきました。

2017年は、WBCもあり、野球ファンの球春はいつもより早かったのですが、2018年はどんなスケジュールになっているのでしょう?

どうやら2018年も、日本代表関連の試合も、春に行われていくようです。

当記事で、交流戦やCS、日本シリーズを含めた、2018年のプロ野球の日程を紹介します!

スポンサーリンク

プロ野球2018!注目ポイントは?

さて、2月に入り、プロ野球はキャンプが始まりました。

ついに球春到来、熱い野球のシーズンが始まろうとしています。

なんといっても、セ・リーグのポイントは、

広島カープが3連覇なるか

ということですよね。

そして、広島以外の5チームは非常に戦力が拮抗しているため、大混戦になり、Aクラス争いが面白くなりそうなところも注目ポイントの1つ。

一方のパ・リーグは、圧倒的な強さを誇ったソフトバンク。

それに対し、怪我人続出によって後半勢いを落とした楽天がどこまで迫れるか?

また、その他のチームもソフトバンクをマークしながら戦う…。

そんなペナントレースになると予想されます。

2016年の時のようなソフトバンクマークになると思うので、逆に言えば、ソフトバンクにエース級がぶつかるため、裏ローテで当たるところで勝ち星を拾い優勝する…。

2016年の日本ハムのようなケースで優勝するチームが現れることもありえます。

また、選手個人だと、日本ハムに入った大物ルーキー、清宮幸太郎選手にも注目が集まりそうですね。

中日ファンの筆者としては、松坂大輔投手の存在も気になります。

気になる要素の多い2018年のプロ野球、さっそく日程をチェックしていきましょう。

 

プロ野球2018!全試合日程を紹介!

次は、プロ野球の2018年の日程を紹介していきます。

現在のキャンプは各チームによって日程が異なるので、各チームの情報をチェックしてください。

オープン戦

2018年2月24日(土) ~ 3月25日(日)

 

まずは、オープン戦が開催されます。

このオープン戦はNPBでは、

『春季非公式試合』

と呼んでいます。

両リーグのチームが交流試合をおこなうので、ある意味で交流戦みたいな感じですね。

地方球場での開催も多く、地方のファンも野球を見に行ける数少ないチャンスです。

また、オープン戦の一環ではあるものの、少し変わった試合もおこなわれます。

それが、

  • 2018年プロ野球プレシーズンマッチ
  • 2018球春みやざきベースボールゲームズ

です。

この2つは、どちらも入場料無料で観戦が可能な試合となっています。

2018年プロ野球プレシーズンマッチは、

  • 2018年2月24日(土)
  • 2018年2月25日(日)

の2日間。

西武とロッテの試合がおこなわれ、春野総合運動公園野球場が球場となります。

2018球春みやざきベースボールゲームズは、

2月27日(火)~3月1日(木)

の3日間開催されます。

それぞれ3試合が、

  • アイビースタジアム(宮崎市生目の杜運動公園)
  • SOKKENスタジアム(宮崎市清武総合運動公園)
  • サンマリンスタジアム宮崎(宮崎県総合運動公園)

でおこなわれますよ。

参加チームは、日本ハムを除いたパ・リーグ5球団と、韓国の斗山ベアーズです。

ファーム春季教育リーグ

イースタン・リーグ:2018年3月2日(金) ~ 3月15日(木) 

ウエスタン・リーグ:2018年3月3日(土) ~ 3月14日(水) 

 

ファーム春季教育リーグとは、いわゆる2軍のオープン戦のようなものです。

この教育リーグは秋にもおこなわれ、今では名前も良く知っているであろう、みやざきフェニックス・リーグがそうです。

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018『日本 vs オーストラリア』

2018年も日本代表の試合があるといったのは、これのことを指します。

侍ジャパンシリーズ2018と称して、開幕戦より早く、日本代表がオーストラリア代表との強化試合をおこなうのです。

開催日程はというと、

  • 2018年3月3日(土)ナゴヤドーム
  • 2018年3月4日(日)京セラドーム大阪 

この2日間です。

オープン戦中におこなわれるのですが、WBC後遺症に悩まされた選手も多いです。

こんな試合をやる必要があるのかと筆者は思ってしまいますが…。

ファーム2018 開幕戦

ウエスタン・リーグ開幕戦:2018年3月16日(金) 

イースタン・リーグ開幕戦:2018年3月17日(土)

 

1軍に先駆けて、2軍の公式戦が3月中旬から開幕します。

ウエスタンの開幕が、イースタンより1日早くおこなわれるんですね。

最近は、セ・パ同時開幕が恒例になりましたが、昔はセとパで開幕日が違うこともありましたし、2軍はまだその頃のままなのかもしれません。

プロ野球2018 開幕戦

2018年3月30日(金)

 

そして、ついに3月30日に、プロ野球が開幕します。

2018年も、セ・パ同時開幕です。

というよりも、もう今後はずっとセ・パ同時開幕になっていくのだと思います。

先述しましたが、昔は同時開幕ではありませんでした。

まぁ、交流戦やクライマックスシリーズの導入で、どちらも日程を合わせられるようになったからなのではないかと思っていますが…

 

余談になりますが、メジャーリーグ…MLBの2018年のペナントレースも、

2018年3月29日に、メジャーリーグ30球団が同時開幕

という、実に50年ぶりの同時開幕という日程に決まったみたいですね。

しかも、3月29日の開幕は、アメリカでの開幕戦となると、MLB史上最も早い開幕日程になるのだとか。

(アメリカ国外での開幕シリーズとなると、もっと早かった日程もあります)

基本的に、アメリカは広い地域で試合が行われます。

できるだけ多くの人に開幕戦を見てもらおうと、開幕時期を地域によってずらすことが多いです。

それが日米ともに全球団が同時開幕を迎えるとは…。

中々珍しい年になりそうですね。

さらに余談ですが、2019年のメジャーリーグ開幕シリーズは、2012年以来、日本でおこなう可能性があるらしいですよ。

日本生命セ・パ交流戦

2018年5月29日(火) ~ 6月17日(日)

 

恒例行事となったセ・パ交流戦は、2018年もおこなわれます。

2018年も、交流戦は18試合の開催になります。

フレッシュオールスター

2018年7月12日(木) はるか夢球場(弘前市運動公園野球場)

2018年7月13日(金) (予備日)

マイナビオールスターゲーム2018

第1戦:2018年7月13日(金) 京セラドーム大阪

第2戦:2018年7月14日(土) 熊本・藤崎台県営野球場

2018年7月15日(日) (予備日)

 

2018年のオールスターゲームは、京セラドーム大阪と、熊本の藤崎台県営野球場でおこなわれます。

これまでは、セ・パのホーム球場でオールスターゲームがおこなわれていましたが、2018年からは制度が変更!

2018年に追加されたルールとして、

4年に1度、地方球場でのオールスター開催をおこなう

ということになったのです。

その最初の地方球場として選ばれたのが、藤崎台県営野球場。

熊本地震からの復興を応援する意味も込め、熊本が選ばれたみたいですね。

ファーム日本選手権

2018年10月6日(土) (宮崎県内)

2018年10月7日(日) (予備日)

みやざきフェニックス・リーグ

2018年10月8日(月) ~ 10月29日(月)

クライマックスシリーズ

セ・リーグ

ファーストステージ:2018年10月13日(土) ~ 

ファイナルステージ:2018年10月17日(水) ~ 

 

クライマックスシリーズについては、NPBの公式サイトを見ても、セ・リーグの日程しか載っていません。

ここがリーグによって異なっているところで、実は、

  • セ・リーグは1月下旬にCSの日程を発表
  • パ・リーグはシーズン終盤の10月頃にCS日程を発表

しているんですね。

この辺りは、パ・リーグはプレーオフの頃の名残なのでしょうか。

なぜセとパでCSの日程を発表する時期が違うのか、それは調べてもわかりませんでした…。

ドラフト会議2018

2018年10月25日(木)

日本シリーズ

第1戦:10月27日(土)セ・リーグ出場チーム本拠地

第2戦:10月28日(日) セ・リーグ出場チーム本拠地

第3戦:10月30日(火) パ・リーグ出場チーム本拠地

第4戦:10月31日(水)パ・リーグ出場チーム本拠地

第5戦:11月1日(木) パ・リーグ出場チーム本拠地

第6戦:11月3日(土) セ・リーグ出場チーム本拠地

第7戦:11月4日(日) セ・リーグ出場チーム本拠地

 

以上が、2018年のプロ野球の日程です。

2018年はどんな戦いが見られるのか?

非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

2018年のプロ野球の日程を紹介しました。

2018年から変わったことは、オールスターゲームの球場が、

4年に1度、地方球場で開催されるようになる

ということですね。

2018年は熊本。

そして次に地方球場で開催されるのは、4年後の2022年ということになります。

地方の人も見に行くことができるようになるので、これは非常にありがたい制度ですよね。

とはいえ、チケットの倍率は高いので、近いからと言って見に行けるとは限りませんが…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.