スポーツ

野村克也元監督の年収や総資産はいくら?現役時代の年棒もチェック!

投稿日:

『ノムさん』の愛称で親しまれてきた、名監督の野村克也さん。

監督を辞めてからも、野村克也さんの活躍や名言は今でも輝き続けていますね。

 

最愛の妻・野村沙知代さんを亡くし、日本中に悲しみが広がりましたが

「(沙知代さんは)幸せな人生だったと思います」

と野村克也さんは語りました。

野村克也さんと沙知代さんは本当におしどり夫婦でしたよね。

 

野村克也さんの野球人生、その活躍は素晴らしいものでした。

そんな野村克也さんの収入としての稼ぎが、どのくらいなものなのか、とても気になりますよね。

今回は、野村克也元監督の年収や総資産についてや現役時代の年棒もチェックしていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

野村克也元監督の現役時代の年棒は?

野村克也

野村克也

まず、野村克也さんの現役選手時代の年棒をチェックしていきます。

 

1953年、南海ホークスにテスト入団⇒契約金は無し。

1954年に8万円だった年棒は、9年後の1962年で100倍の800万円に。

1973年には1億円になりました。

その後、1年ごとに1億円ずつ増え1977年には

5億円に!

このときが現役選手としての年俸のピークとなります。

1978年にロッテオリオンズに移籍し、年棒は2億円に減少。

1年後の1979年に西部ライオンズへ移籍し、年棒は1億円と、さらに下がりました。

1980年には、億を超えていた年棒が5,000万円までに。

そして野村克也さんは現役引退を発表。

 

次に、監督時代の年棒をチェックしていきます!

ヤクルトスワローズの監督に就任します。

1990年、年棒は8,000万円に。

1993年には1億3,000万円になりました。

1999年に阪神タイガースの監督に就任し、

年棒2億円に!

このときが、監督としての年俸のピークみたいですね。

そして2006年に

「マー君、神の子、不思議な子」

の名言が生まれた球団、東北楽天ゴールデンイーグルス監督に就任します。

年棒は1億5,000万円でした。

 

野村克也さんの選手・監督時代の年棒総額はなんと

44億6316万円

です!

大変な仕事だとは思いますが、ここまで長く活躍できるスポーツ選手・監督の年棒はすごい金額ですよね。

 

野村克也元監督の年収はいくら?

野村克也

野村克也

野村克也さんは、野球選手の現役時代と監督時代にとても稼いでいますね。

野球界を退いた後も、タレントとしてテレビ番組に数多く出演しています。

なので、テレビ番組の収入もあるかと。

テレビ番組の他にもイベント講演などもあり、収入源がたくさんあります。

 

そして野球の経験で得た知識でたくさんの著書を執筆。

その数は、Amazonで調べただけでも、

なんと24冊。

これらの著書の印税だけでも

収入は10億円ほど

あるのではないかと推測できます。

 

これらを年収にすると、

プロ野球監督時代と変わらないくらい

もしくは、

それ以上

の年収だと考えられます。

 

野村克也の総資産はいくら?

野村克也

野村克也

野球選手時代、野球監督時代もかなり稼いでいた野村克己さん。

総資産はとんでもないことになっていそうですよね。

総資産額については、推測になりますが

10億円ほど

あるのではないかと。

 

現役選手時代、監督時代に得た年俸の全ては残っていないでしょう。

しかし、家や持ち物、現在の年収も『億を超えている』と推測すると、もっとあるかもしれません。

 

しかし、そんなお金をたくさん持っている野村克也さんには

ある問題も浮上。

 

野村克也さんは、

資産を含めお金の管理を全て

妻・野村沙知代さんに

全てまかせていた

とのこと。

 

野村沙知代さんが亡くなった今、実際に

どこにどれくらいのお金があるのか

が、分からない状態なのだそうです。

 

たとえ、野村克己さんの名義の銀行預金だとしても、野村沙知代さんが管理していた場合、その預金の通帳や印鑑が分からなければ

名義人本人であっても払戻に応じない

可能性が。

銀行は、真の預金権利者が名義人以外にいるのではないか?ということから、名義人本人であってもこのような対応をとることもあるそうです。

通帳や印鑑が、きちんと管理されていれば何も問題はないですが、通帳や印鑑が全く見当たらない場合…。

自分のお金なのに自由に使えない

という最悪な事態になる可能性があるのです。

 

野村克也さんが、お金の管理の仕方についてきちんと把握しているかどうか不安の声が挙がっています。

人生をかけて一生懸命に稼いできた自分のお金が払い戻せない可能性があるんですね。

だから、なんでも妻に任せている人は同じようなことが起こる可能性があるということ。

このように通帳や印鑑は本当に大事なものです。

お金の管理は、お願いしていも、きちんと把握しておく必要がありますね。

野村克也さんは、最愛の妻を亡くしたばかり。

これ以上の心労は身体に良いはずがありません。

問題なく資産問題もクリアできることを願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、野村克也元監督の年収や総資産についてや現役時代の年棒もチェックしていきました。

野村克也さんは野球選手として活躍し、監督としても大活躍されましたね。

その活躍に比例して、やっぱりかなり稼いでいました!

現役野球選手・監督時代の年棒総額は

44億6316万円!

本の印税だけでも

10億円ほど

かと。

年収は監督時代と同じくらいかそれ以上で

1億~2億円

はある可能性も。

総資産は推定で

10億円ほど

あるかなといった感じです。

野村克也さんは、それほどの功績を残していますから、この資産も当然かもしれません。

今後も野村克也さんの活躍に期待です!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.