野球

プロ野球ペナントレース2018!セリーグの順位とチーム戦力を考察

更新日:

プロ野球も2018年のキャンプが始まり、ついに球春到来!

これからオープン戦、そしてシーズン開幕と、プロ野球の熱い時期になっていきます。

そこで気になるのが、2018年のペナントレースを制するのはどこのチームか?ということですよね。

個人的に、2位以下の予想がしづらいと感じるのが、セ・リーグです。

2017年の戦いぶりと、ここ数年のチーム傾向を見ていると、2018年はAクラス安泰と言えそうなチームは広島カープだけ…。

それゆえに、順位予想は難しそうです。

そこで、当記事では、筆者が独断で2018年のプロ野球セ・リーグの順位予想をしてみようと思います!

スポンサーリンク

プロ野球2018!セ・リーグの順位予想!

 

ずばり、セ・リーグの2018年は…こうなると予想します!

2018年のセ・リーグ順位予想!

1位:広島東洋カープ

2位:阪神タイガース

3位:横浜DeNAベイスターズ

4位:中日ドラゴンズ

5位:読売巨人ジャイアンツ

6位:東京ヤクルトスワローズ

さて、かなり大胆な予想になったと思います。

そして、予想はしてみたものの、筆者が個人的に思っているのは…

1位広島は固そうだが、2位~6位は正直どのチームもありえる

ということです。

後に詳しい考察をしますが、1位の広島以外は、ほぼ全てと言っていいほど不安要素ばかり…。

その中でも、一番不安要素が少なそうな阪神を2位としましたが、正直なところ、

阪神が6位になることも考えられ、逆にヤクルトが2位になることもありえる

と筆者は考えています。

とくに、チームのイメージカラー?になってしまっている怪我人。

これがいない場合のヤクルトは、破壊力が凄まじいですからね。

まぁ、投手陣が圧倒的に不足しているので、2位は難しそうな気もします…。

 

また、どこも基本的には層が薄く、主力に怪我が出ると、それだけで壊滅してしまうようなチームもあります。

具体的に言えば横浜や巨人ですね。

それでは、各チームの戦力分析も、詳しくおこなっていきます。

 

プロ野球2018!セ・リーグ各チームの戦力分析

それでは、予想した順位とともに、セ・リーグのペナントレースにおいて、そのチームのカギを握る部分、不確定要素が重なれば何位までありえるかなども考察していきたいと思います。

2018年のセ・リーグの戦力分析 広島東洋カープ

まず、1位予想に挙げたのは、広島東洋カープです。

何と言っても、今が黄金期と言えるレベルの

素晴らしい層の厚さ

若手から中堅、そしてベテランまでうまくかみ合っています。

そして何が凄いかというと、今の広島カープの戦力は

スタメンの大半が生え抜きばかりで構成されている

ということなんですよね。

ここに、広島カープの強さがあると思っています。

ただ、1つ不安要素があるとすれば、投手陣でしょうか。

その中でも気になるのは、若い先発陣です。

具体的に気がかりなのが、薮田投手や岡田投手は覚醒し、2桁勝利を挙げましたが、

2018年も同じような活躍ができるか?

という部分ですね。

復活した大瀬良投手や野村投手が経験してきたように、活躍した次の年に一気に大不調へ陥るということもあります。

薮田投手や岡田投手はまだ活躍実績が1年しかない以上、過度な期待ができないことが広島カープの不安要素でしょうか。

岡田投手に至っては、12勝5敗ではあったものの、防御率は4.00とやや不安ですし…。

ただ、薮田投手や岡田投手が2017年通りの活躍をすれば、間違いなく2018年も圧倒的な強さで優勝だと思います。

2017年は9勝止まりだった野村投手も、援護に恵まれなかったことが多かっただけ。

順当に行けば2桁は勝てるはずですからね。

後は、ジョンソン投手の完全復調があれば、もはや向かうところ敵なしです。

しかし、あえて筆者は広島3連覇のキーマンとして、鈴木誠也選手を挙げたいと思います。

骨折からの復帰を目指している鈴木誠也選手。

今のペースだと、開幕には間に合いそうな気はしますが、長い間プレーができていなかったので、実践感覚を取り戻すのが難しそうです。

鈴木誠也選手が最後までいれば、CSもどうなっていたかわからないでしょう。

それだけチームにとって大切なムードメーカーであると言えるのではないでしょうか。

鈴木誠也選手がいかに早く実践感覚を取り戻し、1年間ずっとスタメンでい続けられるか?

これが広島カープの3連覇、そして日本一に必要なポイントだと思います。

ただ、

不調や怪我が続出すると、3位くらいまで落ちることもある

かもしれません。

2018年のセ・リーグの戦力分析 阪神タイガース

ペナントレースで2位予想をした阪神タイガースですが、実は阪神にも不確定要素が多数あります。

一応、金本監督の掲げる『超改革』が功を奏し、若手陣が大きく成長した2017年ではあったのですが…。

2位予想にはしたものの、正直なところ、阪神においては

優勝争いもあり得れば、最下位争いも考えられる一番不確定要素が多いチーム

と思っています。

なぜそう思ったのかというと、今の阪神、2017年に活躍した主戦力を見ると。

2年以上いい成績を残した選手が全くいない

隔年選手の多さが、2018年の順位予想が全くできない不確定要素になっています。

2017年に対右投手で活躍した俊介選手も隔年での活躍が多いですし、上本選手もそうです。

また、2年以上いい成績を残した選手がいない意味だと、2年目のジンクスに陥った高山選手や、2016年は10勝を挙げながら、2017年は5勝10敗と大きく負け越した岩貞投手…。

さらには、ブレイクを果たしたものの絶不調で低迷した原口選手、北條選手は不振のシーズンとなりましたね。

こういった、若手の主戦力が多いゆえの問題点も抱えているのが阪神です。

そのため、2017年に大飛躍を果たした秋山投手や中谷選手も、同様の活躍が継続できるかなかなか怪しいところです。

逆に言えば、

飛びぬけた選手がいないので仮に誰かが離脱しても、似たような戦力の選手が多く替えが利く

やりくりをすれば急失速が起きにくいということもできます。

2017年にイマイチだった選手が代わりに活躍するということが考えられますしね。

そこが筆者が阪神より下に予想した4チームとは違う阪神の強みかな、と感じた次第です。

では、2位より上…阪神が優勝するためのカギとなりそうな選手は誰か?

やはり、新加入したウィリン・ロサリオ選手でしょう。

候補はたくさんいるものの、現状だと大砲不足の阪神。

一発で勝てる試合を増やすためには、ロサリオ選手の活躍は欠かせません。

ロサリオ選手が当たり選手になるか、それとも外れるか…

阪神の優勝を占ううえでは、彼の活躍にかかっていると言っても、過言ではありません。

ただ、この小粒の選手たち全員が覚醒した場合は、もうとんでもないことになります。

そのため、

1位~6位までありうる

2018年の阪神はそんなチームだと思います。

2018年のセ・リーグの戦力分析 横浜DeNAベイスターズ

次に、3位予想とした横浜DeNAベイスターズの戦力分析です。

ペナントレースを占ううえで、横浜DeNAベイスターズについては、

主戦力に何の問題も起きなければ、2位もありえるのではないか?

と考えています。

しかし、逆に言えば、今の横浜DeNAベイスターズはスタメン依存をしているため、

主戦力の離脱があれば、それだけで一気にBクラスの恐れがある

チーム壊滅のリスクを孕んでいるのも、危ういところでしょう。

野手陣も投手陣も、今の横浜DeNAベイスターズはレギュラーメンバーだけで戦っているイメージがあります。

そのため層が薄く、レギュラー不在となった時に替えが利かない選手ばかりなのです。

ここが阪神や広島と大きく違うポイントでしょうね。

レギュラーが優秀なだけに、控えのレベルはガクンと落ちる…というのが難しいポイント。

仮に筒香選手とロペス選手が長期離脱なんてことが起きれば、他のチームの調子次第で最下位転落だってありえる…

それを考え、また守備で負けた試合も考えてか、横浜はFAで大和選手を獲得しました。

内外野を守れ、守備力にも定評のある大和選手がいれば、それだけで層は厚くなりますからね。

ただ、大和選手だけで層が一気に厚くなったかというと、そんなことはありません。

まだ層の薄さを感じます。

優勝もあれば最下位もある

そんなチームが、今の横浜DeNAベイスターズだと思わされました。

2018年のセ・リーグの戦力分析 中日ドラゴンズ

4位には中日を挙げました。

中日ファンである筆者としては、希望的観測で3位にしたかったのですが…。

今の中日がAクラス入りとなると、今ある戦力全てが最大の力を発揮できた場合。

もしくは、他チームの主戦力が壊滅するかのどちらかしかないだろうと思わされたからです。

一応、中日ファンとして試合を見てきた筆者としては、Aクラス入りできるポテンシャル自体は持っていると思っています。

どういうわけかリリーフ陣がかなり層が厚くなり、セ・リーグでも上位のリリーフ陣が仕上がりました。

又吉、田島の勝利の方程式に加え、ツーシームを覚え、回の頭からなら、安定して活躍できるようになった伊藤準規投手、さらには1度の2軍落ち以降、安定するようになった祖父江投手。

前半の酷使が祟って、後半戦は勢いを落としてしまいましたが、三ツ間投手の台頭も大きかったですね。

そして、投手陣をリードする大切な大黒柱…その正捕手候補として、日本ハムからFAで大野奨太選手が加入しました。

こうしてみると、かなり戦力アップしたように見えますが…

しかし中日には、大きく欠けてしまった要素もあります。

それが、

ゲレーロ選手が巨人に移籍したことによる大砲不足

です。

もともと中日ではゲレーロ選手はソロホームランばかりの

ソローロ選手

だったのですが、それでも30本以上のホームランが欠けるのは、大きな痛手です。

そこで、筆者が2018年の中日を占うキーマンとして名を挙げたいのが…

平田良介選手

です。

ホームラン不足については、順調に1年ずつ成績を伸ばし、2018年の4番候補である新選手会長・福田選手、そして怪我や住民権関連の問題でフル活躍できなかったビシエド選手がいます。

この2人がいれば、一応ホームラン不足は補えるでしょう。

では、さらに打点やホームランを伸ばすにはどうすればいいか?

そこで期待されるのが、怪我などで成績の振るわなかった平田選手の復調です。

平田選手がいるかいないかでは、得点力に大きな差が出ます。

平田選手の活躍が、中日浮上のきっかけになる

と言っては過言ではないのです。

…まぁまだ中継ぎに左投手が全くいないという大きな欠点もあるのですが…。

2018年の中日は、主力が一度も欠けることがなければAクラスの可能性もあり、1度でも欠ければ6年連続Bクラス…

順位だとどのくらいまで行けるかを考えると、

3位~6位はありえる範囲

そんなシーズンになりそうです。

2018年のセ・リーグの戦力分析 読売巨人ジャイアンツ

筆者は5位に、まさかの巨人を選びました。

個人的な感情が含まれている部分もあるのですが、やはり今の巨人だとAクラスは厳しいのではないか?と思う部分も多いのです。

まず、巨人の大きな戦力の移動としては、

マイコラス投手、高木勇人投手、村田修一選手の退団

そして、

ゲレーロ選手、野上投手の加入

でしょうか。

野上投手は、西武で2017年に11勝10敗の成績を収めた右腕。

しかし、貯金のできた年が9年間でたった3年、さらには2桁勝利は2回だけという、貯金の作れない投手…。

1年間ローテを守れるのは大きいですが、役に言えばそれだけと言えます。

打撃陣としては、ゲレーロ選手の加入で大砲が増えたので、得点力は増したように思えます。

しかし、打率には結構シーズン中にムラがあり、後は非常に痛がりで打撃フォームの関係上、すぐデッドボールになってしまうのが問題点。

ソロホームランも多いので、巨人のようにランナーが出ずに苦しんだチームだと、ゲレーロ選手1人では思った以上の飛躍は期待できなさそうです。

また、ゲレーロ選手は本塁打王を取ったとはいえ、まだ1年しかNPBに所属していないというのが不確定要素の1つ。

結局、まだ実績が1年しかないとなると、2年目の活躍がどうなるか想像もつかないのが難点ですね。

まぁ、セペダ以降、巨人は日本未経験の外国人で相当ひどい目に遭っています。

1年でも日本で実績を残したゲレーロ選手を獲った方がいいと見たのでしょう。

中日ファンの筆者からゲレーロ選手について1つ言うならば、長打力はあるものの、

実は狭い球場ではあまりホームランを打っていない

というポイントがあります。

 

また、巨人のもう1つの弱点として、

中継ぎ投手の不足

があります。

巨人の中継ぎは、もはや壊滅的と言っていい状況にあります。

マシソン投手以外誰がいるの?

というレベルで不足していて、勝利の方程式などないも同然。

カミネロ投手は頑張っている方ですが…。

そこまでを繋ぐ中継ぎがいてほしいところですね。

せっかく先発は菅野・田口両投手に加え、畠投手や野上投手、期待できるかは不明ですが事件を起こした山口俊投手もいて、頭数だけは揃っています。

これで中継ぎが揃えば、巨人の弱点は打線くらいになります。

クリーンアップ以外が全く期待できないのが今の巨人なので、打線だと、チャンスメーカーの登場がとくに必要ですね。

打線か中継ぎ、せめてどちらかが克服されれば、守り勝てるもしくは打ち勝てることもあり、勝ち数が伸びます。

そうすれば、巨人がAクラスに返り咲くのは間違いないと言えるでしょう。

しかし、未だに高齢化するベテランと不確定要素の多い外国人に頼っている部分も多いです。

もしかしたら計算していたベテランや外国人の成績下落でチーム成績低迷もありえそう…。

やはり巨人も、

2位から6位までありえそう

だと言えそうです。

2018年のセ・リーグの戦力分析 東京ヤクルトスワローズ

6位にヤクルトを選びましたが、ヤクルトもベストメンバーなら、3位の可能性はあるのではないか?と思っています。

ただ、ベストメンバーでも投手陣が厳しい状況なので、2位以上は難しそう…。

そんな印象を受けました。

ヤクルトの新戦力として大きな期待がかかるのは、やはり、メジャーから復帰した青木宣親選手、そして中日から移籍したジョーダン投手だと思います。

青木宣親選手の加入によって、スタメン争いはさらに過熱することとなるでしょう。

バレンティン選手が1塁へのコンバートも希望していることなどもあり、怪我でいつもいない畠山選手が追いやられることも考えられます。

おそらく、今でも青木宣親選手は、.280くらいの成績は残せるでしょうし。

そして、ジョーダン投手は、先発・中継ぎもできる貴重な左腕。

今のヤクルトには、またとない逸材だったと思います。

…が、中日ファンの筆者からすると、気になる点は2つ。

1つは、

1年間ローテを守るのは難しい

ということ。

そしてもう1つは…

ナゴヤドーム以外の弱さ

ですね。

ジョーダン投手は中日のホーム・ナゴヤドームでは無類の強さを見せてくれました。

でもビジターの成績、とくに屋外球場にめっぽう弱く、

ヤクルトのホームである神宮球場は一番炎上しやすく、相性が悪い

という、ヤクルトからすると致命的な欠点を持っています。

休み休み使うと、ちょうどいいことを考えると、ハフ投手かブキャナン投手どちらかの調子の悪い時に上がってくる…。

というような起用法かもしれません。

良くて5勝くらいを想定しておいた方が、ショックを受けなくて済むと思います。

投手陣はハフ投手、そして守護神候補のカラシティ投手の方が期待したほうがよさそうだと思いますね。

まぁそれよりも、2018年のヤクルトを占ううえで一番大事なのは、山田哲人選手の復調、そして何より…

ヤクルト恒例のヤ戦病院となってしまうか否か

もうこれ次第だと思います。

一時期は怪我人があまりにも多く、2軍の人数が不足してしまい、

引退した選手を復帰させなければならないほど

でしたしね。

その年を特別だとしても、毎年のように怪我人が多いので、正直、ヤクルトは怪我があるかないか、これが全てだと思います…。

怪我要素を抜きにすると、一年間使い続けた星投手、原樹里投手が覚醒し、さらなる飛躍をすることでしょうか。

ベストメンバーならば、打線は十分に機能するので、後は若い先発陣がどれほど伸びるかだと思いますね。

ヤクルトも、

3位~6位までがありえる

と思いますよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、2018年のプロ野球セ・リーグの順位予想をしました。

しかし、2018年のセ・リーグは、広島以外に不確定要素があまりにも多すぎ、非常に混沌としたシーズンになりそうです。

そのため、筆者は最終的な結論として

広島:1位~3位

阪神:1位~6位

横浜:1位~6位

中日:3位~6位

巨人:2位~6位

ヤクルト:3位~6位

の可能性がありそうだと考えました。

ただ、おそらくは広島カープが優勝するような気がしますね。

混沌として最後まで目が離せなさそうなセ・リーグ、2018年の開幕が楽しみです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.