野球

プロ野球ペナントレース2019!セリーグの順位や優勝予想と戦力を考察

投稿日:

プロ野球もキャンプが始まり、ついに球春到来!

これからオープン戦、そしてシーズン開幕と、プロ野球の熱い時期になっていきます。

現在広島が3連覇中のセ・リーグは、多くのチームが補強をおこない、戦力がガラッと変わりました。

果たして、広島が4連覇を果たすのか?

それとも他のチームがそれを阻止して優勝するのか?

当記事で、セ・リーグ各チームの戦力を分析しながら、ペナントレース2019の順位予想をしてみたいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

プロ野球2018!セ・リーグの順位予想!

 

筆者の2018年のペナントレースの順位予想は、広島優勝という部分は的中しましたが、その他はことごとく外れました。

ヤクルトは2位が難しそうな気がしますなどと言っていたら2位になりましたし、阪神を2位にしたら最下位でしたからね。

ただ、実際のところ、筆者は、

「2~6位にどのチームがくるかわからないくらい実力が拮抗していて、阪神が6位になることも考えられ、逆にヤクルトが2位になることもありえる

と予想していて、実際にコメント通りの順位になりましたから、この部分は見事に的中したと言ってもいいのではないでしょうか。

 

では、2019年のペナントレースはどのチームが優勝するのか?

さっそく、2019年のペナントレースの順位予想をしてみた結果がこちらです!

2019年のペナントレースのセ・リーグ順位予想!

1位:広島東洋カープ

2位:読売ジャイアンツ

3位:東京ヤクルトスワローズ

4位:横浜DeNAベイスターズ

5位:中日ドラゴンズ

6位:阪神タイガース

筆者の予想はこうなりました。

正直、5位と6位は入れ替えでもよかったんですが、なぜこうなったかというと、中日ファンとしては少しでも上にいってほしかったというただの感情論です。

実際は、3位以降の4チームは拮抗しすぎていてほぼイコールで並ぶ状態なので、正直どこに何を置いてもいいと思っています。

投げやり感がありますが、本当に拮抗していると思うので、3位横浜、6位ヤクルトもあり得ると思います。

なので、曖昧な予想でよいのであれば、正しくは

1位:広島

2位:巨人

3位~6位:ヤクルト、阪神、中日、横浜

という感じですね。

順位予想するにあたって、一番困る要素というのはヤクルトなんですよね。

前年最下位の戦力に青木選手が加わっただけで2位になりますし、そもそもヤクルトは怪我人がいるかどうかでも戦力が変わります。

2018年は奇跡的に主戦力に怪我人が少なかったこと、投手陣がふんばったことが結果に繋がりました。

しかし、逆に言えばヤクルトは投手陣が常に不安定な状態なので、打撃の主軸に怪我人が出てしまえばそれだけで最下位まっしぐらな、あまりに極端すぎるチームゆえに、順位予想を困難にしているのです。

順位予想がしにくいチームランキング1位は、間違いなくヤクルトだと思います(笑

 

結局、広島の4連覇で終わるのではないかなと予想しました。

確かに丸選手が広島から巨人に移籍したのは大きいのですが、最終的には

育成力の差

が勝負を分けるのではないかと。

10年に1度、いい野手が育つかどうかの巨人と、育成に成功して比較的若めの主戦力が多い広島では、育成力に雲泥の差があります。

育てる力が壊滅している巨人が、若手の力の差で一歩及ばず…

というシーズンになるのではないかなとみて、この予想となりました。

 

プロ野球2019!セ・リーグ各チームの戦力分析

それでは、予想した順位とともに、セ・リーグのペナントレース2019において、そのチームの抜けた戦力や加わった戦力、キーマンとなる選手を挙げていこうと思います。

2019年のセ・リーグ戦力分析 広島東洋カープ

まず、1位予想に挙げたのは、広島東洋カープです。

広島については2018年シーズン開始前の予想で、

『岡田投手や薮田投手が2018年も同じような活躍ができるか?』

というのが不安要素であると考えていましたが、この部分は見事に的中してしまいましたね。

それでも、大瀬良投手の復活、何とか投手陣をやりくりして乗り越えたイメージがありました。

 

さて、2019年の広島はどうなるのでしょうか。

選手の移り変わりを確認してみましょう。

広島の加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • 丸佳浩
  • 福井優也
  • 新井貴浩
  • ジェイ・ジャクソン
  • ブラッド・エルドレッド
  • 天谷宗一郎

主な加わった戦力

  • 長野久義
  • 菊池保則
  • カイル・レグナル
  • ケーシー・ローレンス

まず、丸佳浩選手が同じリーグの巨人に移籍したことが一番痛手だと思います。

…が、しかし、移籍した途端に劣化することもなくはないです。

それに、いなくなってしまった選手のことをあれこれ言っても何も変わりません。

空いたポジションに誰が入ってくれるかだと思います。

そして、精神的支柱だった新井貴浩選手の引退がどう響くかですね…。

ベテランとして新井貴浩選手から後を任された石原慶幸選手、そして新加入した長野久義選手が若手たちの支えとなれるかに注目が集まります。

 

2019年の広島のキーマンとして名前を挙げたいのが…

  • 野間峻祥選手
  • 西川龍馬選手

この2人です。

まず、野間選手は4年目の2018年、課題だった打撃を克服し覚醒、不調の田中広輔選手に変わって1番を打つこともありましたね。

その野間選手の打撃が2019年のポイントとなってきます。

2018年の結果がただの確変で終わってしまわず、2019年も維持できるかということ、2018年は息切れしてしまった教訓を生かし、3割到達できるかということ…

この2点が果たされるかどうかで、広島の打撃事情は大きく変わってくると思います。

そしてもう1人のキーマンとして挙げたのが、4年目を迎える西川龍馬選手。

2018年はサードのレギュラーを掴み、規定打席は足りなかったものの3割超えの打率を残した期待の若手です。

2019年は、出場機会を増やすため、レフトへのコンバートに挑戦しています。

西川龍馬選手が2019年は規定打席に到達できるか。

そして守備で手いっぱいにならずに打撃で結果を残し続けられるかに期待がかかります。

2019年のセ・リーグ戦力分析 読売ジャイアンツ

ペナントレースで2位予想となったのは、読売ジャイアンツです。

2018年オフに原辰徳体制が再びスタートしました。

しかし、フロントは積極的な補強をおこなった一方、FAの人的補償でちょっと痛手を負うという事件もありました。

その大きく動いた補強事情が、以下の通り。

巨人の加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • 内海哲也
  • 長野久義
  • 橋本到
  • 西村健太朗
  • 山口鉄也
  • アルキメデス・カミネロ
  • ケーシー・マギー

主な加わった戦力

  • 丸佳浩
  • 岩隈久志
  • 中島宏之
  • ライアン・クック
  • クリスチャン・ビヤヌエバ

岩隈久志投手と中島宏之選手については、正直なところ年齢と前年の成績から、戦力として計算できません。

痛手だったのは、炭谷銀仁朗選手の獲得です。

炭谷銀仁朗選手の成績を見ればわかるのですが、年齢を重ねた小林誠司選手が1人増えたようなものです。

その代わりに、内海哲也投手を失ったのは弱体化と言えるでしょう。

FAで弱体化するチームなんて、初めての事例ではないでしょうか。

さらに長野久義選手が広島へ移籍してしまったのも痛手ですね。

さすがに、丸佳浩選手の代償と考えれば弱体化ではなく、このくらいの犠牲は仕方ないと割り切れるとは思いますが…

マギー選手が退団となったことも併せて考えると、丸佳浩選手の補強だけでは、心もとないというのが実情ではないでしょうか。

丸佳浩選手の加入は確かに大きいです。

が、しかし、『2018年の打撃陣+丸-マギー、長野』と考えた場合、どうしても打線は手薄になった感が否めません。

 

そこで、筆者が2019年のキーマンとして挙げるのが、

  • 岡本和真選手
  • ビヤヌエバ選手

の2人です。

4年目にして打撃が一気に覚醒し、史上最年少での3割・30本塁打・100打点を記録した岡本和真選手。

しかし、本当に岡本和真選手が覚醒しきったと言えるのか?

その真価が問われる1年であり、巨人の2019年の打撃を語る上で、もっとも重要になる要素でもあります。

当然ながら、前年に凄まじい成績を残した選手というのは、その後のマークが激しくなります。

研究されまくり、徹底マークされるのは必然!

さらに、あれだけの成績を残してしまうと、2019年も戦力としているのが当然の存在と考えられるようになります。

ここで岡本和真選手が徹底マークに対応しきれず不振に陥ってしまっては、計算していた戦力が消えることになります。

せっかくの丸佳浩選手の加入が戦力的にプラマイゼロになってしまいますよね。

2018年の岡本和真選手+丸佳浩選手という、巨人にとってプラスとなる状況を作り出すためには、2018年の水準の成績を、岡本和真選手が維持できるかどうか…

仮に落ちたとしても、.290、25本以上くらいで終われるかどうかがポイントだと思います。

 

もう1人、マギー選手の抜けた穴を埋められるかどうか、期待がかかるのが…

新助っ人外国人の、ビヤヌエバ選手です。

2018年はパドレスの三塁手として110試合に出場、351打数83安打の打率.236、本塁打20本、打点は46という成績でした。

マイナーではなくメジャーでこれだけ実績を残していると、なかなか期待できそうではありますが…

問題は、

  • 最終的には打率が.236程度しかなかったこと
  • 三振数が104と多いこと(4打席に1回は三振している)
  • 得点圏打率はたったの.197しかないこと
  • 右投手が苦手で.189しか打てていないこと

など、クリーンアップを任せるには不安なポイントが多すぎることです。

なんというか、正直なところあまりに微妙すぎるため、活躍は期待できなさそうですね…。

マギー選手の穴埋めにはなりそうにもないので、不安要素が残ってしまいました。

後は、壊滅中の中継ぎ陣がどう生まれ変わるか?も大切なポイントだと思います。

2019年のセ・リーグ戦力分析 東京ヤクルトスワローズ

3位以降はもはや順位予想が困難なので、戦力の移り変わりとキーマンだけを紹介します。

ヤクルトは投手陣が壊滅していますが、それを克服するべく補強を積極的におこないました。

ヤクルトの加わった・抜けた戦力

抜けた主な戦力

  • 秋吉亮
  • マット・カラシティー
  • 谷内亮太
  • 松岡健一
  • 比屋根渉

加わった主な戦力

  • 高梨裕稔
  • 太田賢吾
  • 五十嵐亮太
  • 寺原隼人
  • アルバート・スアレス
  • スコット・マクガフ

投手力が手薄な中、秋吉亮投手を失ったのは厳しいですね。

その代わり、高梨投手、五十嵐投手、寺原投手といった新戦力が加わり、投手力は少し層が厚くなったような気がします。

(五十嵐投手は別メニュー調整中ですが。)

個人的に活躍に期待したいのは、新外国人のスコット・マクガフ投手ですね。

三振を取れるリリーフでコントロールもまずまず。

日本の打者の選球眼に対応しきれるようになれば、いいセットアッパーとして活躍してくれそうです。

もう1人のアルバート・スアレス投手は、実はソフトバンクのスアレス投手のお兄さんなんですよ。

 

ここまでは、各チームのキーマンを挙げてきていますが、ヤクルトに関して言えば…

怪我人が出ないかどうか

毎年のように言っていますが、これに尽きます。

ヤクルトは怪我人が大量に出るか全く出ないかと、これまた両極端な傾向にあります。

シーズン序盤に怪我人が1人でも出たら連鎖的に続き、最下位となるでしょう。

逆に、主戦力に怪我人が出なければAクラスは確実だと思います。

後は、投手陣がどれだけ踏ん張れるかですね。

打線は、"セ界の火ヤク庫"なので存分に燃え上がってほしいところですが、投手陣は燃えたら焼け野原なので、踏ん張ってほしいところです。

2019年のセ・リーグ戦力分析 横浜DeNAベイスターズ

実はヤクルトの部分を書いている時まで、4位予想は阪神でした。

が、直前になってやっぱり横浜がくるな、と思い4位にしました。

投手陣自体は、

  • 2018年に成長の兆しが見え、2019年の伸び具合次第では安定した先発ローテとなる阪神の若手先発陣
  • 1年しか活躍できていない若手左腕たちが復活できれば、安定した先発ローテとなる横浜の若手先発陣

と似たような状態です。

阪神と迷った末、横浜を4位に挙げたのは何故か?

という部分には、

打撃力の違い

が挙げられます。

横浜DeNAの加わった・抜けた戦力

抜けた主な戦力

  • ジョー・ウィーランド
  • 須田幸太
  • 田中浩康
  • 荒波翔
  • 加賀繁

加わった主な戦力

  • 中井大介
  • 古村徹

横浜はオフシーズンにとくに目立った補強はおこなっていません。

巨人を戦力外になった中井大介選手と、横浜を戦力外になった後、独立リーグで覚醒した古村徹投手と再び契約したくらいです。

しかし、打撃陣はソト、宮崎、ロペス、筒香と、とてつもない破壊力を持ったセ・リーグ屈指の主軸がいます。

この中で1つ気がかりなのは、研究されたNPB2年目のソト選手がどこまで結果を残せるか、ですね。

ですが打撃陣は不安要素ばかりではありません。

2018年は怪我の影響で41試合の出場に終わった梶谷隆幸選手が帰ってきます。

この梶谷選手の帰還は、2019年の横浜の打線に大きく影響してくるでしょう。

多少シーズン最初は出遅れてもいいので、万全の状態で梶谷選手が戻ってきてくれれば、これ以上ない補強となるはず…。

なので、横浜のキーマンとして、筆者は梶谷選手を挙げたいです。

問題は投手陣ですが…

先発投手は、今永投手については問題なく復活してくれると思います。

問題は、石田投手、濱口投手ですね…。

とくにチェンジアップだけに頼りがちな濱口投手は不安です。

チェンジアップピッチャーというのは、チェンジアップ以外のしっかりした変化球を持っていればいいのですが、チェンジアップだけに頼り過ぎる投手は活躍した次の年以降成績が落ち、短命に終わりがちです。

左右の違いこそあれど、金子弌大投手のように、チェンジアップ以外でもストライクを取れる多彩な変化球を投げられるよう、変化球を磨いていくしかなさそうです。

2019年のセ・リーグ戦力分析 中日ドラゴンズ

5位に、中日を選びました。

正直、13勝で勝ち頭のガルシア投手が抜けてしまったため、ごっそり白星がなくなるわけですし、最下位でも仕方ないかなと思いましたが…

希望を込めての順位繰り上げです。

2019年の中日は補強をほとんどおこないませんでした。

中日の加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • オネルキ・ガルシア
  • 荒木雅博
  • 岩瀬仁紀
  • 工藤隆人

主な加わった戦力

  • エンニー・ロメロ

世間は根尾フィーバーで浮かれていますが、個人的にはドラフト指名ルーキーで1年目からの活躍が見込めそうなのは、勝野投手くらいではないかなぁと見ています。

根尾投手には、1年目はプロの体作りに専念して欲しいものですね。

2019年の中日に加わった戦力は、ドラフト指名ルーキーを除けば、加わった新戦力は新助っ人外国人のロメロ投手のみです。

ロメロ投手はストレートが自慢のサウスポーで、ストレート、スライダー、カットの3種類しか球種がないのが気になります。

ただ、リリーフならいいのかもしれません。

コントロールはまずまずで、ストレートの威力、三振を取れる投手というだけでも魅力はあります。

直近では2017年にメジャーリーグでそれなりの成績を残しているので、リリーフならいい活躍ができそう。

一方、何の補強もなかった野手ですが、ビシエド選手とアルモンテ選手の残留が何よりの補強!

今の打線については、中日にしては珍しく破壊力があるため、後は福田選手が覚醒してくれるか。

高橋周平選手が去年以上の成績、とくに打率を残せるか、京田選手の打率向上に期待です。

では、中日の2019年のキーマンとして挙げるのは誰なのかというと…

大野雄大投手

です。

エースとして活躍していたはずの大野雄大投手。

しかし、2018年はまさかの未勝利に終わり、コントロールも散々というあまりにひどすぎる結果でした。

復活をかけた2019年は、キャンプからかなり飛ばしていますね。

球の力も戻ってきているように見えます。

後はコントロールさえ本調子に戻れば、復活も夢ではないでしょう。

というよりも、ガルシア投手がいなくなり、2ケタ勝てる計算のできる投手がゼロになってしまった以上、大野雄大投手には何としても復活してもらわなければなりません。

大野雄大投手の成績が、2019年の中日の全てを決めると言っても過言ではありません。

それぐらい、2019年の中日にとって、大野雄大投手は重要な存在だと思っています。

後は又吉、田島といったブルペンを支えてきた投手たちが復活してくれれば、もう何も言うことはありません。

2019年のセ・リーグ戦力分析 阪神タイガース

結局、悩みに悩んだ結果、阪神を最下位に選びました。

なぜ阪神を最下位に選んだかというと、

手薄な打撃面を、全く補強しなかった

という点に尽きます。

阪神の加わった・抜けた戦力

主な抜けた戦力

  • 竹安大知
  • 西岡剛
  • マルコス・マテオ
  • ウィリン・ロサリオ

主な加わった戦力

  • 西勇輝
  • オネルキ・ガルシア
  • ピアース・ジョンソン
  • ジェフリー・マルテ

ご覧の通り、投手陣だけはさらに厚くなりました。

先発候補の西勇輝投手にガルシア投手、そしてセットアッパー、抑えとして期待のかかるジョンソン投手…

1つ気がかりなのは、

ガルシア投手が2年目になるとどのくらいの成績が残せるか?

という部分ですね。

2018年は疲れ、さらに研究されてきたこともあって、9勝4敗と前半戦は素晴らしかったガルシア投手も、後半戦は4勝5敗と不安定になりました。

月別の防御率や被安打数を見ても、その差は歴然です。

あと、中日の外国人はとくにそうなのですが、気性が荒く、森繁和さんでないとコントロールしきれず腐る外国人が非常に多いです。

あまり期待しすぎず、7勝7敗くらいだと思っておいた方がいいかもしれないですね。

 

一方で、西勇輝投手の加入は非常に大きいと思います。

ただ今の西勇輝投手は、昔ほど貯金が作れる投手ではありません。

よくて12勝10敗とかになりがちで、とくに貧打の阪神では成績が振るわないような気もします…

それでも大きな存在となるはずです。

今の阪神の先発ローテは、メッセンジャー投手を除くと非常に若いメンツばかりなので、1年間安定してローテを守れるかどうか不安な投手ばかり…

そんな中、メッセンジャー投手の他にもう1人、1年間確実にローテを守れ、さらに長いイニングを投げられるイニングイーターが増えるのは、

  • 若手をやりくりできる
  • 中継ぎの負担を減らす

という意味でもチームにとって大助かりです。

 

しかし、どれだけ守れても、点が取れなければ、野球で勝つことは絶対にできません。

打線は去年と何も変わる部分が、全く駄目だったロサリオ選手から未知数のマルテ選手に変わるだけなので、若手の進化に期待するしかありません。

そこで、筆者がキーマンに挙げたいのが…

大山悠輔選手

です。

マルテ選手が中距離砲でホームラン量産…というわけにはいかない以上、4番として定着して欲しいのは、大山悠輔選手しかいません。

後半戦に何かコツをつかんだみたいですし、ホームランも9月で9本という数を記録しました。

2019年はさらなる成長を遂げ、20本、いや25本以上はホームランを打って、阪神の主砲として覚醒しなければなりません。

2018年に得た経験値がリセットされないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、2019年のプロ野球セ・リーグの順位予想をしました。

2019年のペナントレースは巨人が強そうに見えて、育成力の差で広島が制する結果になるのでは?と予想しました。

3位以下は拮抗しすぎて何位にどこが入ってもおかしくなく、予想が難しいので、半分予想放棄のお手上げ状態です。

2018年は広島以外の順位をことごとく外しましたが、

「このポイントが良ければ上がる、ダメだと落ちる」

と分析した部分は割と当たったので、2019年のペナントレースは重要ポイントだけでなく、順位も当たっていて欲しいですね…。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.