時事

安倍晋三首相と韓国の関係!オリンピックに出席したがる理由とは?

投稿日:

安倍晋三首相が、2018年2月9日の平昌オリンピック開会式に出席することが決まったようですね。

日本と韓国の関係は、以前からギクシャクした動きが多いのです。

今回の平昌オリンピック開会式にも、安倍晋三首相は当初は不参加の意向を示していました。

ところが、一転して平昌オリンピック開会式に出席することになったのです。

オリンピックの開会式には、各国の要人が数多く出席しますが、今回の平昌オリンピック開会式には、トランプアメリカ大統領は出席しません。

なのに、なぜ安倍晋三首相は開会式に出席するのか、なにか不自然な感もあります。

そこで今回は、安倍晋三首相が平昌オリンピック開会式に出する理由と、韓国の思惑と関係について調べてみました!

スポンサーリンク

安倍晋三首相が平昌オリンピックに出席したがる理由とは?

元々安倍晋三首相は、平昌オリンピック開会式への参加には、乗り気ではなかったようです。

その理由は種々ありますが、一つは

諸外国でも最高クラスの要人は出席しない人が多い

ことから、首脳会談などもできにくいことがあります。

さらには、懸案事項である慰安婦問題にしても、出席すると韓国側の主張に同意したことになりかねない心配もあります。

慰安婦問題は、日本政府がいくら調査しても、絶対的な証拠はみつかりませんでした。

しかし、韓国側は、

「慰安婦問題を認めてくれれば、今後この件は二度と持ちださない。」

と言ったそうです。(1993年の河野談話より)

それをお人好しの日本政府は頭から信じ込んだため、結果として従軍慰安婦の存在を認めたことになってしまいました。

この強制的な従軍慰安婦については、当時(1930-40年代)似たような立場だった台湾や満州国では、あまり聞いたことがありません。

それがなぜ韓国だけに存在するのでしょうか?

これはどう考えてもおかしなことに見えます。

 

なお、(強制的でない自発的な)慰安婦については、公にされているかいないかの違いだけで、どの国にも存在したと思われます。

その合意は、日韓両国の間で

『最終的かつ不可逆的な解決』

とされているのです。

しかし、二国間の合意にも関わらず、韓国側はこの合意に基づいて設立された『和解・癒し財団』の年内解散決定など、

国際的な合意を反故にする動き

を見せています。

国家間の約束も守らないのでは、国際的な信義などないも同然です。

なのに、2017年11月29日には、北朝鮮の弾道ミサイル発射についての電話会談で、文在寅大統領は安倍晋三首相に、

「平昌五輪には是非来てくださいね。」

と懇願したそうです。

安倍晋三首相は後に、

「慰安婦合意とか、国家間の約束も守らないのに、厚かましいよね。」

と側近に漏らしたそうです。

2017年2月19日には、韓国の康京和外相が来日し、

「安倍首相を平昌で歓迎したい。」

という文大統領のメッセージが伝えられたそうです。

しかし、河野外相は

「合意を履行しない現状では、それは難しい。」

と突っぱねたとのことです。

 

このような状況であったのに、

安倍晋三首相は一転して平昌オリンピック開会式に出席すること

を決断しました。

では、なぜ安倍晋三首相はこれまでの考えを飜して、開会式出席を決意したのでしょうか?

安倍晋三首相が平昌オリンピック開会式に出席を決意した理由

その理由は、

  • アメリカ側からの要請
  • 与党の幹事長会談での意向
  • 慰安婦問題などで、日本の立場を明確に主張するため

などが考えられます。

アメリカ側からの要請

安倍晋三首相の平昌オリンピック開会式出席の理由としては、これが最大の理由でしょうね。

「実は米ホワイトハウスからも、安倍首相に五輪開会式に出席してもらいたいという強い要請があったのです。」

というのは、ある日本政府高官の非公式発言です。

この開会式には、米国のペンス副大統領も出席が予定されています。

アメリカにとって、

現時点での最大の関心事は、北朝鮮の核の脅威

です。

ところが、せっかく北朝鮮に対する国際的包囲網が完成しつつあるのに、最近の韓国はそれに水をさすような動きばかりなのです。

開会式の前後には、安倍晋三首相とペンス副大統領の会談が予定されています。

韓国に対しては、行き過ぎた北朝鮮融和政策を取らないように、日米協調して迫りたいというのが、アメリカ側の目論見でしょう。

日本側にとっても、その件と合わせて二国間合意の誠実な履行を迫れれば、一石二鳥です。

しかも、その際にアメリカ側からも、韓国に対して二国間合意についての言及があれば、さらに効果は大きくなります。

このように日米の思惑が合致したための、開会式出席となったのではないでしょうか。

与党の幹事長会談での意向

平昌オリンピック開会式出席の理由としては、もうひとつ、与党の幹事長会談での意向もあるようです。

自民党の二階俊博幹事長と公明党の井上義久幹事長は、安倍晋三首相はオリンピック開会式に出席すべきだという意見で一致しました。

内閣総理大臣といえども、出身母体の幹事長の意向は、頭から無視するというわけにはいかないでしょう。

出席の決定的な理由ではありませんが、副次的理由としてはありうると思います。

慰安婦問題などで、日本の立場を明確に主張するため

これはアメリカ側からの要請とも関連しています。

同じ主張であっても、アメリカと同時に、しかも同じ内容の主張であれば、他国に対する影響力も格段に強いと思われます。

そのあたりを考慮して、韓国に対して強く迫れるのではないかという思惑もあり、オリンピック出席に踏み切ったということでしょう。

 

韓国の思惑と安倍晋三首相との関係

これはある韓国人記者の言葉です。

今、文在寅大統領の頭の中は、とにかく平昌オリンピックしかありません。

ただでさえ、平昌は韓国人も知らないマイナーな都市なうえに、ドーピング問題でロシア選手団の参加が認められていません。

しかも北朝鮮情勢は依然不透明なままで、諸国の中にはオリンピック参加を再考慮する国さえ出始めています。

このままでは平昌オリンピックは大失敗となり、国際社会に恥をさらすことになりかねません。

オリンピックのための南北融和とは、なんとも妙な話ですが、文在寅大統領にとってはそんなものなのかも知れませんね。

文在寅大統領は、米テレビのインタビューで、

オリンピック大会期間中の米韓合同軍事演習の延期

を言い出しました。

それも、アメリカへの事前の根回しもなく、一方的に発表したのです。

これにアメリカが不信感と嫌悪感を抱かないわけがありません。

この件が、アメリカによる日本への開会式出席要請の一つの理由でしょう。

オリンピックそのもの、それへの北朝鮮の参加そのものは、なんの不都合もありません。

しかし、結果として韓国は北朝鮮の罠にすっぽりはまってしまった、という感はどうしても強くなりますね。

北朝鮮にとっては、

核弾頭と戦略ミサイルが実戦配備されれば、アメリカとの交渉には非常に強い武器

になります。

それまでの期間は、おそらくは

最短数ヵ月、最長でも1年半程度

かと思われます。

北朝鮮から見れば、その時間を稼ぐための最善の方法として、平昌オリンピック参加に踏み切ったのでしょう。

文在寅大統領は足元を見られたというか、見事に手玉に取られた印象さえ受けます。

そしてさらに、安倍晋三首相が開会式に参加すれば、文在寅大統領の立場はさらに強くなります。

ただでさえ、韓国では冬期スポーツに関心が高くありません。

人気のあった女子フィギュアスケートでさえ、金妍兒選手の有力な後継者が現れないため、金妍兒選手の現役時代と比べて大幅に関心が落ちています。

チケットは大量に売れ残り、そのためソウル市などの自治体がチケットを買い上げ、

低所得者層に無料で配布

することにしたそうですよ。

平昌オリンピックに関しては、文在寅大統領はいわば四面楚歌の状態なのです。

その人気挽回のためにも、北朝鮮への大会参加要請と、安倍晋三首相にも度重なる開会式出席要請が行われたわけです。

しかし、その動きは諸刃の剣です。

北朝鮮には核弾頭と戦略ミサイルが実戦配備されるまでの時間稼ぎ、安倍晋三首相には日米揃っての二国間合意履行要求

と、鋭い刃があります。

韓国の思惑どうりにことが運ぶという保証など、どこにもないのです。

今回の安倍晋三首相のオリンピック開会式出席や、北朝鮮のオリンピック参加などの一連の動きが、

文在寅大統領や韓国にとって、大きなデメリットになる可能性

は相当高いと考えられます。

スポンサーリンク

 

まとめ

安倍晋三首相は、2018年2月9日の平昌オリンピック開会式に出席することを決意したようです。

この決意は、

アメリカ側からの要請や、与党の幹事長会談での意向、慰安婦問題などで、日本の立場を明確に主張するため

など、種々の理由からと考えられます。

日米韓それぞれの思惑が入り乱れたこの平昌オリンピック開会式、はたして笑うのはどの国でしょうか。

笑うのはこの三ヶ国以外、という可能性が一番高そうですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

halx

記事書きのhalxです。 好きなもの: 犬(特にゴールデンレトリバー)/S.T.A.L.K.E.R.などゲーム/サッカー/ボクシング/SF/不思議感覚/超常現象/ワグナー/シベリウス/ブルーグラス などなど。 欲しいもの: 不老不死若返りの薬(切実に欲しい)/ハイエンドゲームマシン/高性能自動翻訳ツール などなど。 良い記事を書くためには、例えそれが国際情勢や遺伝子の記事でも、ハイエンドゲームマシンが絶対に必要なのです。 GTX1080Tiがなければ、国際情勢や遺伝子の記事が書けるわけがないじゃないですか!

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.