野球選手

松坂大輔の2018年の成績を考察!年俸は妥当で給料泥棒の汚名返上?

更新日:

中日に入団した松坂大輔投手は、成績面でも、そして興行面でも活躍し、カムバック賞を受賞しました。

ソフトバンク時代に給料泥棒などと言われていた時とは大違いな成績で、中日ファンの筆者としても喜んだものです。

その活躍が認められ、わずか1500万円だった年俸は、契約更改で8000万円にアップ!

8000万円という年俸は、2018年の成績から見て妥当なのでしょうか?

当記事では、松坂大輔投手の2018年の成績を振り返りながら、年俸が妥当なのかどうかを考察してみます。

アドセンス

スポンサーリンク

松坂大輔の2018年の成績をチェック!

松坂大輔投手が中日に入団する…

中日ファンである筆者は、それを知った時かなり驚いたのと同時に、少しワクワクしました。

かつてのスター選手がベテランとなって行き場を失ってからやってくる…

というのは、中村紀洋さんや、小笠原道大2軍監督で経験していたので珍しいことではありませんが、あの松坂大輔投手ですよ。

"平成の怪物"と呼ばれ、高校時代からその名を轟かせていた、スターの中のスターが松坂大輔投手です。

西武入団後はエースとして活躍、そしてWBCでは、第1回、第2回に出場し、いずれも日本のエースとして活躍しましたね。

そんな松坂大輔投手が、近年実力人気ともに低迷していた中日にやって来るというのですから、歓迎以外の言葉がありません。

松坂大輔投手はメジャーリーグで最初は活躍していましたが、怪我をして以降、不本意なシーズン続きでしたよね。

日本復帰した後も、全く投げられず、ソフトバンクでは3年で登板はわずか1試合という不名誉な成績…

そのような事情があったので、中日入団後も、筆者は

「年俸も1500万と安いし、松坂大輔投手の人気からすれば、興行的な活躍が期待できる。1、2勝してくれればいいだろう…」

などと、非常に失礼なことを考えていました。

実際に2018年のシーズンが終わってみると…

11試合 55.1回  6勝4敗 3.74 奪三振51

という数字を残し、あらゆる面で中日の救世主となりました。

また、奪三振率は8.30であり、これはかなり高い水準です。

しかし、三振だけでなく四球が多かったのは残念なところでした。

こういった数字が出ているものの、2018年の松坂大輔投手は、四球を多く出している日は、なんとか粘りながら試合を作っていたので、それほどひどいようには感じませんでした。

四球数が少なければ、もっと長いイニングを投げられていたと思うと、惜しく感じましたけどね。

クオリティスタート率は5割に惜しくも届かず、先発としてそれはどうなのかと思いますが、ローテの谷間を守るベテラン投手という意味では上出来だったと筆者は感じます。

それに、6勝というと味気ない数字に見えますが、中日にとってはかなり大きな数字で、松坂大輔投手がいなければ、中日は最下位だったと思います。

実は、投壊していた中日投手陣の中では、笠原投手に並ぶ2位タイの勝利数です。

しかも、1位だったオネルキ・ガルシア投手は阪神へ移籍してしまったので、現在、中日にいる投手の中では勝ち頭ということにもなります。

そう考えると、救世主であるのは間違いないと思うんですよね。

ただ、1つ気になった点を挙げると、中日の宿敵である巨人に対して0勝3敗、防御率はなんと12.54という散々な結果になってしまっていることです。

逆に言えば巨人戦がなければ、松坂大輔投手は6勝1敗で防御率は1.96になっていたので、巨人戦の弱さを克服できるか次第で、2019年の松坂大輔投手は、さらなる活躍が期待できるでしょう!

 

また、興行的な意味でも松坂大輔投手は結果を残しました。

噂では、グッズなどの売上で、シーズン開始前に年俸の数倍の興行効果があったとも言われていますし、弱くなって客足も伸び悩んでいた中日にとって、松坂大輔投手は成績面でも、興行面でも大活躍をしてくれた選手なのです。

なんと、松坂大輔投手のグッズ売り上げは…

中日の中で一番グッズが売れていた、ドアラのグッズ売り上げ合計金額を上回った

というのです!

あの全国の人気者のドアラよりも売上金額を上回るとは…松坂フィーバーおそるべしですね。

ドアラ自身も、

「松ざかのフィーバーにやられた1年」

とフリップに書いて振り返っていましたよ。

 

松坂大輔の年俸は適正?

松坂大輔投手の年俸は、2018年は1500万円でした。

それが、なんと契約更改で6500万円アップの8000万円の単年契約に大幅アップ!

上り幅は、433%です。

正直なところ、6勝4敗では、査定としてそんなに年俸がアップするはずはないのですが…

球団としては、

『営業面での効果』

ということでの433%アップだったようです。

そもそも、2018年の時点では1500万円だったわけですし、1500万円の選手が6勝も挙げてくれたのであれば妥当な年俸ですよね。

松坂大輔投手がいなければ、最下位になっていたかもしれないほど、中日の投手陣は崩壊していたわけですし…

また、松坂大輔投手はもうベテランということもあり、若手たちへの指導面という意味でも、力になったと思います。

メジャーリーガーでもあるわけですから、その経験はきっと、多くの若手の糧になったことでしょう!

そして、先述した通り、松坂大輔投手は興行効果で非常に貢献をしました。

背番号も18に変わり、松坂大輔投手と言えば!な数字になったことで、また新たなグッズ需要などが出てくるでしょう。

となると、億単位の興行効果が期待でき、年俸8000万円でも、十分な対価を得られるというわけです。

そして、仮に松坂大輔投手が引退まで中日に在籍したとすると…

引退試合だけで3億円の興行収入が得られる

とも言われています。

そう考えると、年俸は8000万円に上がった今でも、妥当と言えるでしょうね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

あの平成の怪物・松坂大輔投手が、まさかの中日入団、しかもチーム2位タイの6勝を挙げる活躍で中日を支えてくれました。

年俸1500万円だった選手とは思えない働きで、年俸以上の活躍をしてくれたといっても過言ではありません。

2019年は、見慣れた背番号『18』に変わり、さらなる活躍が期待されます。

中日での背番号18を背負った松坂大輔投手の活躍を、ファンたちに見せてほしいと思います!!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-野球選手

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.