スポーツ

高梨沙羅が勝てない理由を考察!オリンピックでメダル取れる?

更新日:

女子スキージャンプで、かつては連戦連勝だった高梨沙羅選手。

向かうところ敵なく、どの大会でも出れば即優勝という状態でしたね。

しかしソチオリンピックあたりから、おかしくなってきました。

実は高梨沙羅選手は、ワールドカップでは優勝していても、ノルディックスキー世界選手権やオリンピックでは、

一度も優勝していない

のです。

しかも、無敵だったワールドカップでも、2017-18シーズンでは1勝もしていません。

その容姿も、高校生の頃は素朴なスポーツ少女という感じでしたが、最近は

『ずいぶんきれいになったな』

と、なにか違和感を持ちましたね。

そこで今回は、高梨沙羅選手が最近勝てない理由と、平昌オリンピックではメダルは取れるのかを、考察してみました!

スポンサーリンク

高梨沙羅が勝てない理由とは?

高梨沙羅選手は、2011/12シーズンから2016/17シーズンにかけての6シーズンで、

優勝4回、2位1回、3位1回

と、驚異的な成績を残しています。

しかし、現在の2017/18シーズンに入ると、これまで12戦行われたワールドカップシリーズでは、

一度も優勝していません。

このシーズンでは、ノルウェーのマーレン・ルンビ選手と、ドイツのカタリナ・アルトハウス選手が圧倒的に強いのです。

高梨沙羅選手は2位がようやく1回、後は全て3位以下という残念な結果でした。

また、高梨沙羅選手はオリンピックや世界選手権での優勝もないのです。

  • 2011年 世界選手権(ノルウェー・オスロ)6位
  • 2013年 世界選手権(イタリア・バルディフィエメ) 2位
  • 2014年 ソチ五輪 4位
  • 2015年 世界選手権(スウェーデン・ファルン) 4位
  • 2017年 世界選手権(フィンランド・ラハティ) 3位

このあたりが、高梨沙羅選手は、大試合に弱いと言われる由縁でしょうね。

 

では、一時期はあれほど絶対的な強さを発揮していた高梨沙羅選手が、最近勝てない理由とはなんでしょうか?

これは一つではなく、複合的な理由がありそうですね。

大別すると、

  • 技術・体力的な理由
  • メンタル

です。

 

高梨沙羅が勝てなくなった技術・体力的な理由

技術的、体力的な面では、

  • 踏切が弱くなった
  • 着地でテレマーク姿勢がとれない
  • 他国の選手の体力・技術が向上した

などが挙げられています。

踏切が弱くなった

踏切(ジャンプ競技では『サッツ』と言います)が弱くなったというのは、精神的な部分もあるようです。

ソチオリンピックの時でも、メダルへの期待がかかると、その緊張感のため筋肉が固くなり、踏み切りのタイミングがかなり遅れていたようです。

今回の場合も、

『勝てないことの焦り』

などがあるのかも知れませんね。

着地でテレマーク姿勢がとれない

テレマーク姿勢とは、

着地の時に足を前後に開いて、片膝を曲げる姿勢

のことです。

これができないと、飛型点が減点されます。

このテレマーク姿勢は、元々高梨沙羅選手は苦手としていました。

しかし、最近は重点的にトレーニングした結果、かなり改善されてきています。

他国の選手の体力・技術が向上した

これが最近の試合で成績が悪い、最大の理由かもしれません。

もともと北欧でも女性のジャンプ競技はそれほど盛んではありませんでした。

しかし、2014年のソチオリンピック以来、女子のジャンプがオリンピックの正式種目になりました。

その結果、ヨーロッパの国々も強化に本腰を入れるようになります。

すると、ジャンプの本場ですから、めきめきと実力をつけるようになりました。

そのため、相対的に日本の選手は良い成績をあげることができなくなった、というわけです。

 

高梨沙羅が勝てなくなったメンタル的な理由

メンタルな部分では、

  • 本番に弱い精神的弱さ
  • スキージャンプに集中できていない

などがあります。

本番に弱い精神的弱さ

これは確かに高梨沙羅選手にはあるようです。

なまじワールドカップシリーズで良い成績を上げているために、過度の期待がかかり、そのため普段の実力が発揮できないのでしょう。

この『本番に弱い』選手は、ジャンプ競技に限らず、どのスポーツでもあるようです。

これを克服するのは、精神面の強化しかなく、実際にはなかなか困難なようですね。

スキージャンプに集中できていない

これが問題です。

ジャンプ競技での賞金は、

ワールドカップの1勝でもわずか35万円程度

と、ずいぶん安いのです。

高梨沙羅選手の獲得賞金は、良い時でも1年で約350万円程度。

しかし、高梨沙羅選手クラスの知名度のある選手では、CM出演料とスポンサー契約料が凄い金額になります。

一説ではそれが、

年間4000万~5000万円

と、本業のジャンプ競技での賞金の10倍以上なのです。

高梨沙羅選手の愛車は、

メルセデスベンツ AMG G63

で、価格は約2000万円です。

とうぜん、ジャンプの賞金で賄えるはずがありません。

すべてCM出演料とスポンサー契約料によるものでしょう。

こうなると、競技よりもCM出演料とスポンサー契約料に目が行くのは、当然かも知れません。

最近は、高校生の頃のとっぽさがなくなり、きれいになってきました。

そのメイクへのこだわりも、ジャンプの成績には、マイナスに働いていることも、考えられます。

さらには、ついに整形疑惑まで噂されるようになってしまいました。

スポーツ選手の整形は、一部の競技ではあるようですが、スキーのジャンプ競技ではあまり聞いた事がありません。

単なる噂でしょうが、やはり気になりますね

また、これは高梨沙羅選手自身の問題ではなく、父親の問題ですが、ある時メディアを集めたのです。

メディアは、娘の高梨沙羅選手についての緊急会見かと思ったようで、みなさん期待して集まりました。

しかし、この会見は高梨沙羅選手とはまるで関係なく、

母親の高梨千景さんが焼肉店をオープンした

という内容でした。

その上、会費として金5000円を要求したのです。

これはメディアも怒りますよね。

いずれにしても、スポーツ選手が競技以外のことを重要視するようになると、かならず成績は落ち、良いプレーができなくなります。

これは数十年に渡ってスポーツを見続けてきた筆者として、断言できます。

高梨沙羅選手のケースが、それに該当していなければよいと、案じてしまうばかりです。

 

高梨沙羅は平昌オリンピックではメダルは取れるの?

平昌オリンピックでの高梨沙羅選手のメダルですが、どの色のメダルでも良いのなら、とれる確率は高いと思います。

現時点での高梨沙羅選手の実力は、世界で3位あたりでしょう。

その実力が発揮できれば、茶色い色のメダルなら取れそうですね。

しかし、金色のメダルとなりますと、現在の高梨沙羅選手の実力と精神面を考えますと、かなり難しそうです。

もちろん、平昌オリンピックの開幕までに、不完全な部分を修正し、最高の状態までもっていくことができれば、金メダルも夢ではありません。

とはいえ、とくに精神面をみていると、その最高の状態にもって行くのは、かなり困難なように思えます。

スポンサーリンク

 

まとめ

平昌オリンピックの開幕まで後わずかです。

高梨沙羅選手はワールドカップでは常勝を誇ってきましたが、オリンピックと世界選手権では優勝経験がありません。

大試合に弱い

というメンタル面があるようですが、それ以外にもいろいろと問題があるようですね。

2000万円もするベンツを購入したり、メイクがうまくなったり、ジャンプ以外で噂を賑わせています。

どうもジャンプ競技以外に目線が行っているような気さえしてしまうのです。

高梨沙羅選手は、これらの無責任な噂を打ち破って、平昌オリンピックでメダルを取ることができるでしょうか。

期待が半分、不安が半分の複雑な気持ちで注視しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.