テレビ

ソフトバンクの白戸家が嫌いなCM2017で1位になった理由原因を考察

投稿日:

一時は、CM打ち切り終了という噂も聞かれた、ソフトバンク(白戸家)のテレビCM。

正直なところ、白戸家は完全に終了し、全く別の家族に変わると思っていたのですが、その予想を大きく裏切る結果に…。

しかも、古田新太さんが、上戸彩さんの夫役で、竹内涼真さん・杉咲花さんが子供役で出演とは、本当にビックリですよね。

そんなCMですから人気も上がっていくのかと思いきや、

嫌いなCM2017で1位

になってしまった模様…

では、なぜ、あの有名なソフトバンク(白戸家)のテレビCMがこのような不名誉を得てしまったのか…。

本記事では、ネット上での評判を探りながら、その理由・原因を探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

嫌いなCM2017の1位はソフトバンク(白戸家)

白戸家

白戸家

『犬がお父さん』

という型破りな設定がコミカルで面白いと注目された、ソフトバンク(白戸家)のテレビCM。

気がつけば10年もの間、様々なシュチュエーションでCM放送され、そのコミカルな設定が人気を博してきた白戸家…。

そもそも犬が父親で、兄が外人というのはコミカル過ぎる設定です。

これもテレビCMだから、あり得る話だと思うのですが、なぜか白戸家のテレビCMが、嫌いなCM2017で1位になってしまうのです。

ちなみに、好きなCM2017の1位はAUの三太郎CMシリーズ。

完全にライバルに大差を突きつけられる結果となってしまいましたね。

その理由については、後ほど見解も交えながら語っていきますが、少なくとも評判が悪いことは間違いない模様…。

実際にネット上での評判を探ってみても、

白戸家のテレビCMが飽きられかけている様子

が伺えます。

果たして、このまま白戸家のテレビCMは不人気になってしまうのでしょうか…。

今後の動向にも注目していきたいものですね。

 

白戸家のテレビCMの評判が嫌われている・不人気の理由

ソフトバンク(白戸家)のテレビCMが不人気で、嫌いなCM2017の1位という不名誉を得てしまいました。

そのことは、先ほどお話したとおりですが、それにしても、なぜこんなにも嫌われてしまったのでしょうか?

その大きな要因として考えられるのが、

意味不明なリニューアル

にあるように思われます。

そもそも、この白戸家は、10年という月日を一つの区切りにして終わるものと、誰もが感じていました。

その表れとして、過去のCMをを流しつつ、

「10年間ありがとう」

「お疲れ様」

といったようなメッセージが次々流れていたのです。

そんなCMが流れて、しかも古田新太さん・竹内涼真さん・杉咲花さんが突如現れ始めた…。

こんなCMをみれば、誰がどう見ても新たな家族へとバトンタッチするものと考えるはず…。

ところが、フタを開けてみれば、白戸家は続行。

上戸彩さんの夫として古田新太さんが、そしてその子供として竹内涼真さん・杉咲花さんが出演…。

この設定に多くの人が激怒…。

「だったら最初から紛らわしいCMを流すな…」

「むりくり白戸家を引っ張ったところで、もう飽きた…」

なんて辛辣な意見も飛び交っているようです。

やはり、一度大団円をCM中に展開されたわけですから、観る側としては一種の裏切り行為という印象も受けますよね。

もちろん、

「白戸家が終わらなくてよかった」

と、胸をなでおろしたという意見も聞きますが、どうしても全体的な印象は悪いものに…。

そのことが直接の要因として、嫌いなCM2017の1位になったのだと思いますよ。

まぁ、好きなCMランキング2017でも、白戸家は5位にはランクインしていますし、極端に気にすることはないでしょう。

実際に、AU三太郎シリーズも、嫌いなCM2017の3位にランクインしているわけですし、両者に極端な差はない見方もできます。

あくまで、好きなCM、嫌いなCMのランキング、それぞれの1位になっただけというのが筆者の正直な見解です。

ただ、いずれにしても、ソフトバンク白戸家のCMが、一部から嫌われ、不評だったことには違いなく、裏切られたという意見が出たことも事実。

それだけに、新たなキャストの一件も含めて、今後、どのように白戸家のCMとして、まとめていくのか注目していきたいものです。

 

ソフトバンク白戸家を襲う2018年の珍事

ソフトバンク(白戸家)のテレビCMで新キャストが加わってから、正直、おかしな方向に向かっているような印象を受けますよね。

なぜか父(犬)が、スキージャンプしてみたり、いきなり猫になると言い出したり…。

まさに奇妙な展開が見られています。

挙句の果てに、映画『君の名は』とコラボして、キャラクターの声が入れ替わってしまうなど、一貫性のない展開ばかりが見られています。

このことが、今後、さらなる不評のきっかけとなってしまうような気がしてなりません。

 

実際に、評判を調べてみると、

「もう白戸家はいいよ…」

と、否定的な意見と、

「白戸家はどうなってしまうんだろうか?」

と心配する意見が見られます。

賛否分かれるのは自然の流れだとしても、肯定派の人までも、首を傾げ、心配してしまうくらいですから、深刻な状況ですよね。

やはり、いろいろ無理しすぎている感は否めないだけに、今一度、原点に戻って白戸家本来の楽しいCMを放送してほしいものです。

そして、2018年は、嫌いなCMの1位を汚名を挽回してくれることを願っています。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ソフトバンク(白戸家)のテレビCMが、嫌いなCM2017ランキングで1位になってしまった…。

その大きな要因が、

「10年間ありがとう…」

と、まるで今までの白戸家が終わってしまうかのような演出が、一つの裏切り行為として反感を買ったようです。

そして、2018年…。

ますます白戸家のCMが、おかしな方向に向かおうとしています。

果たして、今後どのような運命を辿っていくのか、非常に心配なだけに、本来の白戸家を取り戻して欲しい…。

そして、2018年こそは、嫌いなCMランキングで1位になる不名誉な記録だけは残さないようにしてほしいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.