時事

やなか健真堂(谷中銀座の水あんみつ)の場所や営業時間をチェック!

更新日:

数々の名優がナレーションを務めたことでも一躍有名な日テレ系の旅番組『ぶらりと中下車の旅』。

現在は、俳優・小日向文世さんがナレーターを務めていますが、かつては声優・滝口順平さんも務め、

『おやおや、阿藤(阿藤快さんのこと)さん…』

という独特の言い回しが実にユニークで定評でしたよね。

そんな思い深い『途中下車の旅』ですが、そこに今度、やなか健真堂(谷中銀座の水あんみつ)が登場するんだとか…。

それも、新名物として水あんみつが紹介されるらしく、場所・アクセス・営業時間・味・評判・値段などを気にしてネット検索している人も…。

なので、本記事にて、やなか健真堂の情報をまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅にも登場する『やなか健真堂』

『ぶらり途中下車の旅』で、やなか健真堂を旅人が訪れ、紹介されるそうです。

この店のフォルムが独特で、『亻』『廴』『真』を組み合わせたロゴマークといい、かなり謎めいているので、旅人も興味を持ったのだと思いますよ。

そして、実際に店に入ってみると、水あんみつという聞きなれない食べ物を販売されていた…。

だからこそ、ますます興味津々となって旅人が取材したのではないかと思います。

水あんみつに関しては、後ほど詳しく紹介していくとして、この『やなか健真堂(谷中銀座)』は、どんなお店なのでしょうか?

 

そこで、やなか健真堂の公式サイトを調べてみることに…。

この店を一言で言うなら、都会の中に和(雅)の世界を提供してくれるオアシスのような喫茶・雑貨店というべきでしょうか。

どうしても東京と言われると、都市という印象が強いですよね。

それも谷中銀座のように、銀座というネーミングがついていると、それだけで現代風の銀座のイメージが思い浮かびます。

だからこそ、かなりギャップを感じてしまうのですが、元々、谷中銀座は、浅草のような下町ならではの親しみやすい歴史ある場所だそうです。

その商店街にある各店舗は、それぞれの個性を主張し、都会でありながら、モダンでどこか懐かしみも感じられる魅力ある商店街となっている…。

それは、谷中銀座商店街にある『やなか健真堂』も同じ…。

公式サイトで、店内の様子を見てみましたが、和(雅)というかモダンアートの世界が強いです。

おそらく、このモダンアートの装いの店内の中で、時代感や、和洋折衷を取り入れたサービスを施してくれるのだと思います。

この現代社会の中で、なかなかユニークで魅力的なお店なので、『ぶらり途中下車の旅』でも存分に満喫したいものですね。

 

やなか健真堂の水あんみつとは?値段もチェック!

水あんみつ

水あんみつ

みなさんは、水あんみつという食べ物を知っていますか?

くず餅や、水まんじゅうなどのように、

透明感の高いスイーツとしてあんみつをゼリーで覆ったようなスイーツ

が『水あんみつ』と呼ばれています。

実際に水あんみつというスイーツは珍しいのですが、やなか健真堂以外にも鎌倉でも発売されているみたいですよ。

 

さて、気になるやなか健真堂の水あんみつ(正式には、白玉みずあんみつ『抹茶蜜』)ですが、主な具材は、

  • 白玉
  • みつ(抹茶)

の3つ。

これらを

尾瀬の天然水を使った水ゼリー

で包み込んでいるのです。

なんとも風流で、どちらかと言うと夏におすすめしたいスイーツ…。

ただ、冬でもアイスを食べる人もいますし、これもまた一興といえるのかもしれませんね。

見た目も楽しめ、味もシンプルでスッキリしている水あんみつは、スイーツ好きにはたまらない一品であることに違いありません。

なお、味そのものは、抹茶と餡がコラボされているだけに、甘い味にまとまっています。

ただ、口の中が甘くなりすぎないように、緑茶・塩昆布もセットで販売されているそうですよ。

 

この水あんみつの値段は、2017年9月9日当時、

税抜880円(税込950円)

とのこと。

1000円以内で、この水あんみつを味わえるなら、それほど高くはない気はします。

そういった部分も含めて、やなか健真堂の売上全体の多くを占めている人気メニューとして、評判も良い話も聞きます。

和菓子が好きで、見た目も楽しみたい人には、非常におすすめのスイーツです。

ぜひ、近くにお住まいであれば、一度食べてみてください。

 

やなか健真堂の営業時間や場所・アクセスは?

やなか健真堂

やなか健真堂

さて、やなか健真堂の営業時間と場所・アクセスを紹介していきますね。

まず営業時間は、

午前11時~午後7時(ラストオーダーは午後6時半)

となっています。

なお、休業日は、

祝日を除く毎週木曜

が休業日となっています。

土日でも営業しているので、旅行のついでに、やなか健真堂で水あんみつを食べてみるのは、おすすめですよ

 

さて、次にやなか健真堂への場所・アクセスですが、場所はコチラ。

アクセスとしては、主なルートは2パターン。

やなか健真堂へのアクセスその1

JR『日暮里駅』の西口から徒歩4分。

夕焼けだんだん階段を下に降りて『谷中銀座商店街』ゲート横の角へ進んでいくルート。

やなか健真堂へのアクセスその2

東京メトロ千代田線『千駄木駅』の2番出口から徒歩5分。

よみせ通りから『谷中銀座商店街』を抜けた右手角に進むルート。

どちらかと言うと、日暮里駅からのルートのほうが、ほぼ真っすぐで分かりやすく、おすすめ。

それぞれの状況に合わせたアクセスを取ってください。

 

やなか健真堂の水あんみつは、谷中銀座商店街では一つの名物になりつつあるそうです。

鎌倉でも水あんみつそのものは食べられますが、谷中銀座で味わえる水あんみつは、やなか健真堂だけ…。

スポンサーリンク

 

まとめ

『ぶらり途中下車の旅』でも取り上げられる、やなか健真堂は、モダンなイメージの店内で和テイストの雑貨やスイーツを提供してくれる店…。

そして、その中でも大人気商品として、売上の多くを占めている水あんみつは、非常に評判も良いようです。

今後、この水あんみつの人気から、ますます谷中銀座が活発になっていくことと思います。

やなか健真堂の公式サイトでも、営業時間やアクセス、店内の様子など、実に分かりやすく紹介してくれています。

もし、気になる方は、一度、やなか健真堂でネット検索し、公式サイトを覗いてみてください。

そして、機会があれば一度、やなか健真堂の水あんみつを食べてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.