ネット上のサービス

YouTube規約の変更点をチェック!ユーチューバーはもう稼げない?

投稿日:

日本でもかなり増えてきたYoutuber(ユーチューバー)。

しかし、Youtubeの規約変更によって、Youtuber(ユーチューバー)はもう稼げないのではないか?と言われるようになりました。

今回、Youtubeが規約変更したことで、収益を得るための条件がかなり厳格化!

これによって、Youtuber(ユーチューバー)難民が登場するといわれるようになったのです。

Youtubeの規約変更は、一体どんな内容だったのか?

そして、この規約変更で、Youtuber(ユーチューバー)は稼げなくなってしまうのか?

当記事で、Youtubeの規約変更によるYoutuber(ユーチューバー)への影響を調査してみました!

スポンサーリンク

アドセンス

Youtubeが収益の評価方法で規約変更!

Youtubeは、『Youtubeパートナープログラム』によって、動画再生の収益を得ることができます。

これで生計を立てている人を、いわゆるYoutuber(ユーチューバー)というわけですね。

日本でも、ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなど有名な人気Youtuber(ユーチューバー)が増えてきました。

また、日本と関連したYoutuber(ユーチューバー)の出来事だと、最近では、富士の樹海で亡くなった人を撮影してそれを茶化したりしたローガン・ポール氏が大炎上!

さらにローガン・ポール氏は、日本滞在中、高級ホテルの壁にトマトを投げつけたり、浅草寺の池に水中カメラを入れたり、築地で購入した魚とタコを振り回しながら歩き回るなど迷惑行為ばかりをしていました。

Youtubeは、最終的にローガン・ポール氏と契約解除という形をとることになりました。

このような動画に広告がつけば、動画主だけでなく、Youtubeや広告を出した企業にまで悪影響を及ぼしますからね。

この措置は当然のものと言えるでしょう。

また、ローガン・ポール氏の件にかかわらず、炎上動画で稼いでいるYoutuber(ユーチューバー)がいるのも事実。

Youtubeは、炎上動画の対策として、最近、

暴力的、差別的な動画には広告をつけないようにした

のは記憶に新しい出来事ですよね。

しかし、これだけでなく、Youtubeはさらに新たな規約変更を加えることを発表しました。

これにより、Youtuber(ユーチューバー)のハードルはさらに上がり、難民が増えるのではないかと言われています。

というのも、今回の規約変更の中には、

広告掲載基準の変更

という部分も含まれているからです。

今までは、視聴回数10,000回に達すると、広告が掲載されるようになっていましたよね。

しかし、これではいわゆる炎上ネタ動画や、ただニュースサイトの記事をコピペして、それを垂れ流すだけのいわゆる文字だけ動画という、スパムに等しい邪魔な動画が横行するなどの不便な点もありました。

今回の規約変更では、広告掲載基準が動画ではなく、チャンネル単位での基準が設けられることになったのです。

その規約変更によって設けられた広告掲載基準というのが…

  • 過去12か月の総再生時間が4000時間以上
  • チャンネル登録者数が1000人以上

という2つ。

チャンネル登録者数も難しいですが、過去12か月の層再生時間が4000時間以上というのは、かなりハードルが上がったように思えます。

逆に言えば、Youtube利用ユーザーとしては、

「うっとうしいニュースコピペの文字だけスパム動画が消えるのはいいことだな!」

と思うでしょうが…。

なぜ消えるかは、後ほど説明しますね。

この新規約は、基本的にはYoutuber(ユーチューバー)向けの規約というよりは、視聴者や広告主が得をするような規約変更だと思います。

ローガン・ポール氏のような迷惑Youtuber(ユーチューバー)を減らし、より視聴者や広告主に快適な環境を提供したいというYoutubeの意思が感じ取れますね。

この新規約は、2018年2月20日から開始となり、今この条件に届いていない場合は、今後30日間でこの上限を超えなければなりません。

ちなみに、再生数10,000回以上の規約が追加されたのは2017年4月のこと。

それから約10か月ほどで、新しい規約変更がおこなわれるととなったのです。

Youtubeが今回おこなう規約変更により、ネット上では、

「Youtuber(ユーチューバー)は稼げなくなりそう」

と言われるようになりました。

では、このYoutubeの規約変更は、Youtuber(ユーチューバー)にどんな影響をもたらすのでしょうか?

 

Youtubeの規約変更の影響でユーチューバーは稼げない?

Youtuber(ユーチューバー)が稼げない…

ネット上のいたるところでそう言われるようになったYoutubeの規約変更。

今回の規約変更で、本当にYoutuberは稼げなくなってしまうのでしょうか?

結果から言えば、

中堅・小規模Youtuberはほぼ壊滅的状況に陥る

と言うことができると筆者は思いました。

なぜ、"ほぼ"としたのかは後ほど紹介します。

まず、いわゆる上位層の有名Youtuber(ユーチューバー)、ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんのような人たちは、今回の規約変更の影響は何の問題もないと見ていいでしょう。

しかし、今回の規約変更が一番大打撃となるYoutuber(ユーチューバー)がいます。

それが、月に数万~数十万円程度のお小遣いとして稼いでいたレベルの中堅・小規模Youtuber(ユーチューバー)です。

ちなみに、2018年1月18日現在には、日本のYoutubeには6592のチャンネルがあるようです。

その中で、登録者数1000人を超えるものは4417あります。

この時点でも、3分の1のチャンネルはふるい落とされていきます。

 

そして次が問題です。

かなりハードルが高いのは、12か月間で総再生時間4000時間以上という条件!

4000時間というのは、わかりやすくすると、

166日と16時間

という膨大な時間になります。

たとえば、1万人の登録者数がいるチャンネルで、ある動画を投稿したとしましょう。

登録者が全員見たとしても、その内容があまりにもつまらないと思ったため、10秒でみるのをやめてしまったとします。

すると、10秒×1万人で10万秒になり、10万秒は約27時間。

これでは、週1回程度の投稿間隔では4000時間に全く届きません。

基本的に、有名Youtuberのマネをして商品レビューなどをしていたような動画スタイルのYoutuber(ユーチューバー)はすぐに脱落していくでしょう。

また、この再生時間が、先述した文字だけ動画が消滅する理由になります。

Youtuberには現在、タイトルで釣って、ニュースサイトのコピペをそのままテロップにして流すだけという内容の収益目的のためのスパムに近い動画を作成している人が結構な数存在しています。

皆さんも、Youtubeでそのような動画に出会ってしまい、

「うわ、騙しかよ…」

と思ったことはないでしょうか?

そうです、某有名映画のOPのような文字テロップが出てくるだけで終わるという、何の工夫もない低質動画です。

この釣りに近い動画が騙し動画だと気づけば、利用者は開始1、2秒ですぐにブラウザバックしたりして、動画から離れることができますよね。

今までの再生回数が収益につながるシステムでは、騙されたと思ってすぐにページ移動しても、再生したことになってしまうので、こういった動画のように再生数だけ増やせば簡単に収益が得られてしまうという状態でした。

しかし、今回の規約変更で再生時間が追加されたため、つまらないと思ってすぐにページ移動する人ばかりだった場合…

たとえば、10000人が100本の動画を1秒でページ移動した場合、約100万秒になります。

そして100万秒は時間にして約11日半。

つまり4000時間の10分の1以下であり、遠く届きませんよね。

これにより、あの鬱陶しかった文字だけ動画は収益にならない!ということで、だんだん姿を消していくことになるのです。

 

こういったスパム系の動画主が消滅するのは大賛成なのでどうでもいいとして、困ってしまうのは中堅・小規模Youtuber(ユーチューバー)ですよね。

彼らが生き残るためにしてくると思われる方法は…

  • 動画のどこかに入れたキーワードをTwitterでDMした人に、抽選で○○をプレゼント
  • 動画で「○○」と何回言ったかをDMで答えると、抽選で○○をプレゼント

というような、時間稼ぎ動画を定期的に投稿することでしょうか。

しかし、これらはコメント欄で回答となる部分を書かれればそれで終わりですし、そもそもプレゼントするものは希少性のあるものや高価なものでないと、自分で買った方が早いとなるでしょう。

中堅Youtuber(ユーチューバー)程度だと、逆にプレゼントの調達コストの方がかかってしまい、最終的に費用と収益がトントンレベルになってしまうこともあります。

となると、

「これじゃ稼げない!」

と嘆くしかなさそうですよね。

一方で、中堅Youtuber(ユーチューバー)でも、今までと変わらず何の問題もなくやっていけるジャンルの人たちがいます。

そう、それが…

ゲーム実況者

です。

ゲーム実況動画をメインにしているYoutuber(ユーチューバー)は、今回の規約の影響をほとんど受けないと言っていいでしょう。

なぜなら、ゲーム実況は実況ももちろんですが、その人のプレイ内容も見ることが楽しみの1つです。

なので、視聴層はゲーム好きな人が集まり、基本的にその人のプレイングを見たりしたい!と思ってみるわけです。

そしてゲーム実況の場合、基本的には大体1本10分以上の動画になり、短くても6、7分です。

10分の動画を、仮に1000人が最後まで見てくれたとしたら、600万秒。

これなら、たとえ1000人しか最後まで見てくれる人がいなくても、週1回ペースの投稿をすれば、余裕で4000時間を超えることが可能なのです。

中堅Youtuber(ユーチューバー)がほぼ、と言ったのは例外としてゲーム実況者メインの人たちがいるからでした。

となると、今後ゲーム実況をするYoutuber(ユーチューバー)が増えそうですが…

ゲーム実況もある程度プレイングの上手い人だったり、ネタプレイに振り切れているような人でないと、そうそう人気は出てきません。

今後はゲーム実況動画が増えそうな気もしますが、途中で挫折していく人も多そう…

結局、ゲーム実況者を除いた中堅Youtuber(ユーチューバー)以下は、ふるい落とされていきそうな予感がした、Youtubeの規約変更でしたね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

Youtubeが規約変更を2018年2月20日から適用し、

  • 過去12か月の総再生時間が4000時間以上
  • チャンネル登録者数が1000人以上

という広告掲載基準を新たに追加。

これが影響し、ゲーム実況者を除いた中堅Youtuber(ユーチューバー)はかなり脱落していくのではないかと思われます。

いまや小中学生の将来の夢にもなるようなYoutuber(ユーチューバー)ですが、彼らが本格的にやりたいと思う頃には、もうすでに収益化は困難になっていそうですね。

また、既存の中でもかなり多くの人がYoutuber(ユーチューバー)を諦めていくと思います。

Youtuber(ユーチューバー)になるのは決して簡単な道ではないということを、覚えておいてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-ネット上のサービス

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.