毎年、夏は暑いので、

「ラフな服装でもいいかな~」

などと思ってしまいますよね。

しかし、普段からそうやって気を抜いていると、いざという時のファッションになかなか良いアイディアが浮かんできません。

ラフな格好が基本になってしまうと、突然のデートや、お祭りなどのイベントの時に、『どうすれば良いのかわからない』ということもあるのではないでしょうか。

そこで今日は、夏にぜひ挑戦して欲しい、オススメのメンズファッションを紹介していきます!

スポンサーリンク

 

おすすめメンズファッションその1 白シャツは上着で爽やかに

シャツ

公私問わず男性向けファッションで活躍するのがシャツです。

半袖のタイプもありますし、素材の薄さは夏にもってこいですよね。

色や柄付きのタイプもありますが、白シャツは爽やかさ、清潔さの面で他より優れています。

コーディネートを考えるなら、インナーとボトムを黒系にして、対比させるようにすっきりとみせると素敵です。

インナーはボーダーなどの模様を取り入れて、すこしカジュアルさを出すのも良いでしょう。

足元は『革靴』だとシックに、『スニーカー』だとカジュアルになりますから、ただ靴を変えるだけでも印象がガラリと変わりますから、使い分けると便利です。

 

おすすめメンズファッションその2 海をイメージした組み合わせ

続いては、色シャツを用いたコーディネートです。

上着には濃い青のシャツ、インナーとボトムは白で統一します。

青と白の組み合わせは海を想起させるため、夏でも涼しいイメージを与えてくれます。

ボトムはショートパンツにするとより夏っぽさを感じさせるかもしれません。

足元はスニーカーで、遊び心も出すと元気なイメージになります。

 

おすすめメンズファッションその3 ジャケットで温暖調節

ジャケット

ショッピングモールなど屋内施設は、冷房が効きすぎてしまって『寒い!』ってこともありますよね。

そんな時に役立つのが、ジャケットです。

屋外では脱いで腰巻や肩掛けにすると、ファッション上級者に見えたりもします。

カラーは、ジャケットが暗めであれば、それ以外を明るめにし、できれば同じ系統の色で統一すると、バチッと決まって見えます。

例えば、ジャケットは『黒』にして、残りの部位の色は『白』という感じですね。

ジャケットは何枚も買い揃えるということが、コスト的に難しい衣服なので、持っているジャケットにあわせて、インナーなど他のアイテムを買い揃える方が簡単ですよ。

今回は、例として黒を挙げましたが、もしジャケットを購入する場合は、ネイビーやベージュなどモノトーン以外の色味のあるカラーの方が、私服としては向いています。

 

おすすめメンズファッションその4 ダサく見えないモノトーンコーデ

モノトーン

続いては、モノトーンで構成したファッションです。

グレーのテーラードジャケットに薄めのグレーのインナー、黒のハーフパンツという組み合わせなどです。

一見して少し堅そうにも見えますが、インナーにボーダーを取り入れて、グレーのグラデーションを見せて柔らかさを加えています。

ボトムは全部隠すと暑苦しくなってしまうので、最低でも足元は露出して涼しさを演出しましょう。

黒白だけが気になる人は、インナーのボーダーや靴の色をモノトーン以外にしてアクセントを付けると良いですよ。

ただし、あまり派手な色にして、シックなイメージを壊さないように注意してくださいね。

 

おすすめメンズファッションその5 カットソーとデニムで簡単コーデ

最後のおすすめは、カットソーにデニムというシンプルなスタイルです。

カットソーは、レイヤードにして重ね着しているように見せるとおしゃれですね。

青やネイビー系で、統一するとスタイリッシュな構成になりますが、よほどのことがない限り、どんな色でもミスマッチになりにくいのがポイントです。

色や柄もそうですが、UネックやVネックといった首元の形が異なるものを揃えておくとより組み合わせに幅が出ますよ。

足元はスニーカーで軽快に。

ネイビーのコーディネートにするなら足元も青系にすると爽やかですね。

 

まとめ

いかがでしょうか?

振り返ってみると、夏のポイントは白と青のマリンカラーが定番ですね。

一方で、モノクロトーンでもコーディネートできるなど、あまり派手にしない方向性が、メンズファッションの特徴といえます。

ジャケットとシャツが、数枚持っているだけでも、きちっとしたスタイルに仕上がりますから、まだ持っていない場合は、一度購入してみることをおすすめします。