嫌な臭いというと、あなたは何を想像しますか?

傷んでしまった食材、トイレ、廃墟などなど、いろいろなモノが思い浮かぶと思います。

一方で、人体の臭いに関して、例を挙げる人もいるでしょう。

その中でも多いのは、ワキガと口臭ではないでしょうか。

特に口臭の場合、誰かと話す時には必ず口を使いますから、周囲の人に気がつかれやすい臭いでもありますね。

さて、そんな嫌な口臭ですが、きちんと臭いを取り除く方法はあるのでしょうか?

今日は、口臭の発生する原因や仕組み、効果的な対応の仕方を紹介していきます!

スポンサーリンク

 

口臭には2種類のタイプがある!

口臭

ひとくちに『口臭』とまとめてしまいがちですが、実は嫌な口臭の原因には、2種類あって、それぞれ対処法も変わってきます。

まず一つ目は、『生理的口臭』と呼ばれるタイプです。

こちらは元々ある口の臭いが、寝起きの直後など一時的に強まったものです。

他にもお腹が空いている時や、緊張している時に強くなったりします。

ある場面に限っての口臭が起こりやすい人は、それは生理的口臭の可能性が高いですね。

そして、もう一つは『病的口臭』。

文字通り病気によって発生する口臭で、特に歯周病や虫歯が原因となっています。

歯周病や虫歯の菌が、唾液や食べカスなどを分解する過程で臭いが発生します。

以前の健康診断などの結果を振り返ってみて、これらの病気に覚えがある人は、もしかしたら病的口臭の可能性がありますね。

 

生理的口臭の対処方法とは?

口臭

それでは、それぞれの口臭に対する対処方法を見ていきましょう。

まず生理的口臭ですが、手軽にできる方法として『唾液を出す』ことが挙げられます。

臭いの元となる菌は、唾液が少ないと繁殖しやすいので、口の中にある程度の唾液があるだけでも臭いを防ぐことができるのです。

唾液を出しやすくするには、『ガムを噛む』『よく噛んで食事をする』などが効果的ですね。

また臭いは、舌の上に発生することから、『舌磨き』を行ったり、洗口液で口の中の除菌を行うことも、口臭の対処方法として有効です。

 

病的口臭の対処方法

匂いが気になる女性

続いて、病的口臭の対処方法です。

病的口臭の場合は、簡単に言ってしまえば、『病気を治すこと』です。

病原菌が臭いを生み出しているのですから、治療をして菌を無くしてしまえばいいわけですね。

口内の病気に限らず、肝臓や腎臓が悪い場合も、口臭の原因となりますので、口内を治療したのに臭いが減らない場合は、内蔵の検査を受けるなどして、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

口をきれいにするなら歯磨きは?

疑問に思う女性

さて、ここで疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

「口をきれいに保てば良いのなら、そもそも歯磨きすればいいんじゃないの?」

と。

歯磨きは口の中を刺激しますから唾液も出ますし、きちんと正しく磨けば虫歯にもなりません。

それを考えると歯磨きは口臭対策として効果的なように感じますね。

では実際のところはどうなのでしょうか?

 

どちらかといえば口臭予防!?

歯磨きをする男性

結論から言うと、『歯磨き』をすることによって臭いが消えるというより、歯磨きをすることで、今後臭いを発生させないという予防の面が強いです。

もちろん歯磨きを行った直後は臭いも収まりますが、原因が改善されなければ、またすぐに口臭が出てきてしまいます。

まさに病的口臭がいい例ですね。

歯磨きをすることによって虫歯を予防し、臭いの予防にもつながっているという仕組みというわけです。

今発生している臭いの除去そのものはできませんが、新たに臭いを作るかもしれない原因を防ぐことができますから、歯磨きを口臭のためにもやっておいて損はないでしょう。

 

歯磨きのやりすぎは意味ない?

ポイントを話す女性

口臭の除去目的だけで考えるなら、歯磨きのしすぎには注意しましょう。

ちょっと食べ物を食べたら、すぐ歯を磨きたくなる人もいますが、基本的には起床直後と就寝直前に行えば十分なのです。

生理的口臭のところでも述べたように、起きた直後は口臭が強くなっているので、その予防を兼ねて就寝の前後に行うと効果的というわけですね。

食事の直後は

『お茶でのうがい』

『水でうがいし、その水を飲む』

などの方法でも対処できます。

水を飲む方法には、食べかすとともに唾液を飲み込むことで、抗菌作用を体内に取り入れ、口臭を抑える目的があるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

生理的口臭であれば、唾液の分泌をメインに、とても簡単な行為で解決できることが良いですね。

一方で病的口臭も、それなりにコストはかかりますが、きちんと病気を治すという行為だけ見ると解りやすいです。

歯磨きに関しては、食べかすを口に残さない、歯を白くしたい、爽快な気分でいたい、などの理由で1日のうちに回数を重ねる人もいますが、口臭の問題を解決したいだけなら、あまり意味のないことのようです。

もちろん、全く歯磨きを行わないと、虫歯になって病的口臭に発展してしまいますから、1日0回というのはダメですよ!

あなたの口臭原因に対応した対処法で、あなたの話し相手を不快にさせないお口を取り戻しましょう!