skyrim-378

2016年9月のことですが、ゲーム機でのRPG・FPSゲームファンには衝撃的なニュースがありました。

アメリカのゲームソフト製作会社の大手、『ベセスダ・ソフトワークス』から

『FO4やスカイリムなどの人気ゲームは、PS4版についてはMODに対応できない』

という発表があったのです。

FO4は『Falloutシリーズ』の最新作、スカイリムは『ザ エルダースクロールシリーズ』の最新作で、共に全世界では千万本単位の売上げを誇る、大人気ゲームです。

そして、ベセスダやS.T.A.L.K.E.R.のGSC、Half LifeのValveなど、欧米で圧倒的な人気があるゲームには、MOD(Modification)という、有志のユーザー製作の改造や追加データなどが、数多く発表されています。

これらのMODの中には、オリジナルゲーム(『バニラ』と呼ばれています)同様、あるいはそれ以上の人気のあるMODさえあるのです

しかし、ベセスダ・ソフトワークスのFO4やスカイリムなどでは、それらのMODの全てが、PS4ではプレイできないということになりました。

今回はPS4版FO4、スカイリムのMOD対応が行われない理由原因や、それに対するネットでの反応などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゲームにおけるMODとは?

fo4154

まず最初に『MOD』とは、どんなものなのか、簡単にご説明いたしましょう。

MODとは、改造・修正を意味する『Modification』という言葉から発生したものです。

その名の通り、有志のユーザーが完全な無償で製作発表した、ゲームの改造やデータの追加をしたファイル(データ)を指して言われています。

MODの例をあげますと、

  • 特製のマップ
  • アイテムの追加や差し替え、あるいは調整
  • ゲームバランスの調整や、環境(天候や季節など)の追加や変更
  • NPC(主人公以外の登場人物)の新規作成や内容の変更
  • ゲームデータの翻訳
  • 新規グラフィック要素の追加

など、およそゲームの要素の全てに渡っています。

MODの中には、バニラと呼ばれるオリジナルのゲームとは、主人公やストーリーが全く異なる、いわば『新作ゲーム』に近いようなものさえ、かなりの数で存在するのです。

MODの追加により、これまで何度かプレーしたゲームでも、全く新鮮な感覚でプレーすることができ、いわば『一粒で何度でもおいしい』ゲームプレーが期待できるわけです。

MODのとりわけ多いゲームは、

  • GSCのS.T.A.L.K.E.R.
  • ベセスダ・ソフトワークスのFalloutやザエルダースクロール
  • ValveのHalf Life

などです。

その他にも、

グランド・セフト・オートシリーズ

バトルフィールドシリーズ

シムシティシリーズ

などなど、FTPに限らずMODのあるゲームは非常に多数あります。

MODが全て使えないとなりますと、ゲームプレーの面白さは、半減どころか1/10以下になってしまうこともありうるのです。

(MOD有りきでゲームの面白さが成り立っている面が多分にあります)

少なくとも筆者は、そのようなゲーム環境でゲームをプレーしようとは、全く思っていません。

また、MODの入れられないS.T.A.L.K.E.R.やFallout、TES(ザエルダースクロール)には、何の興味もわきません。

他にいくらでもMODを使用できる環境(PCゲーム)があるのですから・・・

私事ですが、筆者もS.T.A.L.K.E.R.というゲームのMODを、いくつか作ったりしています。

護衛任務で、護衛の対象人物が簡単に倒れないようにしたり、マップのコンパスを見やすくしたり、ロシア語や英語のメッセージを日本語に翻訳したり、そんな他愛のないものばかりですが。

 

PS4版(FO4など)がMOD対応しない理由原因

fo4331

今回のFO4とスカイリムのPS4版には、『MOD対応しない』というニュースは、ベセスダ側からの発表です。

これまでにベセスダとソニーは、Fallout4とスカイリムのMOD対応について、かなり長期にわたって協議していました。

しかし、ソニーからは、MODについては承認しないという決定をし、それをベセスダに通知したということなのです。

ベセスダによりますと、

『長い間PS4向けのMODサポートを実現する準備ができていると、ソニーに伝えてきたが、この経緯を後悔している。』

『この計画には膨大な労力と時間をついやした。ソニー側の決定には大いに失望している』

と語っています。

どうみてもPS4版FO4とスカイリムの『MOD対応しない』という決定は、ベセスダの本意によるものではなく、

完全にソニー側の意志

であることは、明白ですね。

ただし、ベセスダ側としては、何らかの別の方法で、ユーザーMODをPlayStationのユーザーに提供したいという意志は、今でも持っているようです。

『我々は状況が変りさえすれば、ただちにModサポートを提供できるようにする、アップデートを提供するつもりでいる。』

とのことなのです。

とはいえ、ベセスダは、『ソニーが、MOD対応を許可しない限り、不可能と思われる』とも言っていますので、現況ではMOD対応は、まず無理と思った方がよいでしょう。

それでは、ソニーがここまでかたくなに、MOD対応を拒絶する理由や原因とはなんでしょうか。

その真実の理由は、ソニーの公式発表にはまるで書かれていませんが、筆者としては以下のように推測しています。

FO4やスカイリムがMOD対応しない最大の理由は、MOD対応したことによる、どこの馬の骨ともしれない、ユーザーの製作したMODで、なにかの予期せぬトラブル(ウイルスやバグ)が発生することを、恐れたのでしょう。

予期せぬトラブルとは、主としてウイルスや、あるいはMODの不具合によるバグなどへの対応が、メインではないかと思います。

しかし、筆者はこの10年ほどの間に、S.T.A.L.K.E.Rシリーズ、Falloutシリーズ、Skyrim、Half Lifeなどのゲームで、総計千に近い数のMODをプレイしていますが、一度たりともウイルスの入ったMODに遭遇したことはありません。

たまたまでしょうか?

MODの導入でウイルスに感染する確率より、通常のPC使用で感染(怪しいサイトなどで)する確率の方が、遙かに高いのではないかと思いますね。

 

ただ、バグの問題は、ウイルスの件より遙かに発生する確率が高いでしょうね。

もともと、MODの製作は、アマチュアの有志による無償の行為ですから、ゲーム開発会社と同一レベルの対応を求めることは、無理があります。

技術的には、MOD制作者がアマチュアといっても、もともとゲーム製作会社のスタッフだったり、元スタッフだったりする場合が、多々ありますし、それ以外でも非常に高度な技術をもっているMOD制作者も多かったりします。

しかし、プロと違うのは、製作及び製作後の確認(テストプレーやデバッグ)にかけられる時間と労力が、決定的に少ないということです。

これらの理由により、MODでバグが発生する確率は、製品版よりは桁違いに多いのです。

MODを導入したことによるバグでユーザーとのトラブルを、ソニーは最も恐れていると思われます。

もう一つの理由としては、いわゆる『割れ厨』が入ってくる確率が高くなりそう、というものもあります。

割れというのは、要するにクラック、つまりプロテクトを外したりして、ネットにばらまく行為です。

これによる被害は、とくにPCゲームでは甚大な被害があり、もしこの割れがなければ、ゲーム制作会社の大半は、赤字から黒字に変わるのではないか、と言われているほど大きな金額と言われています。

ソニーとしては、これらのデメリットを、MOD対応によるメリットと比較し、『MOD対応しない』を選択したのだろうと、筆者は考えています。

ちなみに、PS4のライバルといえるXbox Oneでは既にMODに対応しています。

スポンサーリンク

ベセスダの『MOD対応しない』にネットの反応は?

skyrim-38

以下は、今回のソニーによるFO4やスカイリムのMOD対応なしに対する、ネットでの反応です。

うわ……クソニーめ……

 

セキュリティの穴になるのが嫌だったんだろうけど、ベセスダゲーで唯一、modが使えない仕様になった以上は、もはやPSを買う意味は完全に消えた

 

ソニーには悪いが、他の全てをあわせてもベセスダゲーのが上だよ

それがソニーの方針なら、最初からムリって言うべきだったな

 

ノーマンズスカイも、ソニーが詐欺プロモ作らせて100万本詐欺で売り抜いたからね

詐欺が特技のソニー

 

期待していたユーザーがたくさんいたのに、この行動はソニーの裏切りでしかないな

これならベセスダもマイクロソフト優遇を続けるだろうね

 

FO4でもPS4版のMOD非対応なのに、箱版は対応で荒れたのに発売前にこれが露見したら、マジでPS4版が全然売れなくなるからね

そして国内でも結構な知名度のベセスダゲーで、それはPS4にとって相当な痛手になるわけで・・・・・(FO4がなまじ売れてしまっただけに)

 

この対応するって宣伝して、買わせた後でしないってのは悪どいよなぁ

 

これ未来永劫PSではMOD無理てことよね

 

SIEに技術力ないから、HDDやUSB外付禁止するしMODもNG。

 

ライバル企業Microsoftが出来てることが出来ないんだから、単に技術がないだけだろ。

 

ハードの技術でなく、ソフトの技術力がかなり低いんじゃないの?SIEって。

 

リスクがリスクがって言ってるけど、箱版はとっくにMOD対応しているけど、何かリスクはありましたか?

 

ソニーの公式ファームが一番危険なのはみんな知ってる

 

箱でできてPS4でできないっておかしくない?

 

MODもゲームの面白さの一部に、まちがいなくなってきているから、いずれはSteamみたいに公式でMOD管理するようなシステムにはなるとおもう

次世代ぐらいには

 

どうすんのよ、この公式トレーラーwwww

 

発売前にさんざん告知されたmod対応予定のソフトが、ハード会社の都合で発売後にキャンセルって前代未聞だよねえ

 

ライバルと差を付けられたくないソニーが、うやむやに話出してきたから、ある意味、こういう結末もソニーらしいって話

 

スカイリムのリマスターは、ソニーのカンファレンスで大々的に発表させといて、今さらMOD対応させないってのは、さすがに酷すぎる話じゃねえか?

 

ベセスダだって道楽でやってるわけじゃないし、これに関わった人の給料もタダじゃねぇぞ?

元々対応してないのと、対応してると客騙して買わせといて、後から対応できませんって言うのは、まるで訳が違うからな?

 

その点の論点、ちゃんと分かってんのかよ?

任天堂Disることしか能ねぇのか?

 

ソニー側からしたら、最初からダメだと決まってたんだろうに、それ自体はともかくとしても、何で可能性が有るかのように期待させたのか謎

ちゃんとした理由早く公表しないと、騙し売りするためだったと勘ぐられるぞ

 

当然のことですが、ソニーの決定に対するユーザーの非難の声は、もの凄いものがありますね。

上に挙げた声は、紹介したかった中での1/50以下程度なのです。

 

PS4版MOD対応なし!への対策は?

ws000589

今回の、ベセスダゲームでMOD対応なしという決定には、当然ですがごうごうたる非難の声が上がっています。

当然、ベセスダ・ソフトワークスに対してではなく、SIE(Sony Interactive Entertainment)に対してです。

とても残念ではありますが、これらの非難の声にソニーが対応し、『MOD対応OK!』と言う可能性は、限りなくゼロです。

ソニーにしてみれば、MOD対応したためのトラブルの方が、これらの非難より遙かに怖いのですから、当然でしょう。

そこで筆者からの提案をしておきます。

PS4でのMOD対応なしに対する、根本的な解決案は、非常に単純です。

『スペックを満たしたPCをお持ちのユーザは、PCでプレイしてください!』

これだけです。

これで『MOD対応なし』などという、アホな事態は一発で解決します。

そもそもFPSやFPSに近いRPGを、ゲーム機でプレーする理由がありません。

ゲーム機のコントローラーでは、エイム(狙いを定めること)が非常にやりにくいのです。

そのため『エイムアシスト』などという、機能があるゲームさえあります。

そのエイムアシストがあっても、マウスによるエイムとでは、正確さや速さなど

桁違いの差

があります。

しかも、マウスによっては、操作できるボタンの数が多く、ジャンプやしゃがみ、あるいはライトのオンオフなどの操作を、そのボタンに割り振ることができます。

マウスによる快適さは、一度経験すれば、ゲームコントローラーなどまっぴらという気になりますよ。

筆者は、以前から持っていたFPS系のゲーム機用ソフトは、数年前に全てPC版に買い換えました。

ただし、PCの場合は、グラボひとつとっても、中級品でも1枚でゲーム機一台分、ハイエンドグラボでは数台分の出費になります。

その出費さえ覚悟すれば、ゲーム機でのFPSプレーとは天と地の差がある、楽しいプレーを断言できます!

PCのゲームソフト自体は、PS4と比較して安いので、すでにPC環境がある人には絶対おすすめです!

まとめ

今回は、FO4とスカイリムのPS4版は『MOD対応なし』になった理由原因と、それに対するネットの反応などを中心に見てきました。

ソニーが、FO4、スカイリムの『MOD対応なし』とした理由原因は、MODのバグ、割れ厨の件、ウイルスの心配などが、主なものでしょう。

それにしても当初は『MOD対応!』と謳っていたのに、発売後に対応しないというのは、詐欺に等しい行為ですよね。

当然のことですが、今回のソニーの『MOD対応なし』の決定に対する、ネットでの声は凄まじいものがあります。

なお、今回掲載した画像は、筆者のPC版MOD入りプレーでのものです。

PS4によるMOD入り画像は存在しませんので…