2016年8月にまさかの暴行による逮捕となった俳優の高畑裕太さん!

やった本人は自業自得としても、母の高畑淳子さん、姉の高畑こと美さんはとんだ災難でしたね……。

一説によれば、

『起訴されて、裁判で執行猶予なしの実刑か?』

ともいわれていました。

ところが、ふたを開けてみれば、まさかの釈放!

お母さん(高畑淳子)の力?といったことはさておき、ここでは、なんと高畑裕太さんの弁護士が話題なのだとか。

というのも、高畑裕太さんの弁護士が女性で、しかも美人だったということのようで……。

スポンサーリンク

高畑裕太の弁護士が話題に!

高畑裕太と弁護士
高畑裕太と弁護士

高畑裕太逮捕!の報道を初めてみたときは、筆者もショックでしたね……。

特別ファンでなくても、今年どういうわけか流行っているク◯リならまだしも(これも当然いけません!)、女性への暴行は、あまりにも衝撃が強すぎました。

高畑裕太さんは、高畑淳子さんとソックリの2世俳優としてデビュー。

少々性格の変わったキャラがウケる一方、女性を見るとすぐ好きになる、という女好きの性格が話題にもなりました。

以後、女好きタレントとしてブレイク、2016年に入ってからは仕事も増えました。

24時間テレビでも特別ドラマに出演する予定でしたが、まさかの放送日直前での逮捕劇!

しかも、逮捕の原因である事件の現場は、撮影中の映画のため宿泊していたビジネスホテルときたものです。

お母さんである高畑淳子さんの謝罪は気の毒でしたし、

『(高畑裕太を)甘やかしすぎた』

といった高畑淳子さんの教育へのバッシングも、それが事実だとしても可哀そうでしたよね。

今回の突然の釈放ということで、世間がざわつく中、高畑裕太さんのおかげ(?)で一躍脚光を浴びた人物がいました。

それは、高畑裕太さんを釈放させることに成功した弁護士だったのです。

 

高畑裕太の弁護士の名前は?

高畑裕太の弁護士
高畑裕太の弁護士

弁護士がネットの話題になるなんてことは、タレントをしている人を除けば、普通は見かけません。

では、どうしてこの高畑裕太さんの弁護士が話題に?ということですが、女性で

美人だったから

です。

女性が暴行された事件の加害者の弁護士が女性ということで、違和感を覚えた人も案の定いたようですね。

しかし、刑事弁護とは、こういうものです……。

高畑裕太さん側も、男性よりは女性の弁護士のほうが印象が良くなる、という計算があったのでしょうか……?

さて、この高畑裕太さんの美人弁護士ですが、髪は肩につくくらい、年齢的にも若い方と見えますし、たしかにルックスも美人と言えるでしょう。

ネットでは、さっそく、事件が事件だけに、弁護士が美人女性ということに対し、不謹慎なネタも出ています。

こういうことはいかがなものかと思いますが、美人弁護士にとっては有名税ですかね?

気になるこの美人女性弁護士のプロフィール!

彼女の名前なのですが、

渥美陽子さん

というそうです。

これが、なぜ判明したのかと言うと、この渥美陽子弁護士がマスコミ宛に送ったFAXからでした。

で、この渥美陽子弁護士とは、どういう人なのか調べましたが、かなりのやり手の弁護士だったようですよ!

 

高畑裕太の弁護士の経歴や実績は?

まずは高畑裕太さんの美人弁護士・渥美陽子さんの学歴を見てまいりましょう。

渥美陽子弁護士は、早稲田大学法学部を経て、東京大学法科大学院修了の法務博士取得という

超高学歴

の持ち主!

司法研修所のほうは、2009年に修了しています。

所属する弁護士会は、第二東京弁護士会。

東京には、東京弁護士会、第一東京弁護士会、この第二東京弁護士会と、弁護士会が3つもあります。

渥美陽子弁護士の勤務する弁護士事務所ですが、なんと、4大法律事務所という、日本でも弁護士数が屈指の事務所のひとつである、

西村あさひ法律事務所

にかつて所属していました!

現在、渥美陽子弁護士が勤務している弁護士事務所はというと、ここも弁護士業界では有名だという、

法律事務所ヒロナカ。

この弁護士事務所は、小沢一郎氏の事件も担当した実績のある、弘中惇一郎弁護士がボス弁という、かなりの有力事務所だそうです。

 

…なるほど、こんな経歴の弁護士ならば、高畑裕太さんを釈放させたのも納得ですね。

ここで注目を浴びましたから、そのうち渥美陽子弁護士にも『行列のできる法律相談所』からオファーが来るかも……?

 

まとめ

まさか渥美陽子弁護士も、こんな有名人の弁護を担当して、こんな形で世間の注目を集めるとは、想定外だったでしょう。

もし、高畑裕太さんが起訴されていれば、渥美陽子弁護士がFAXで言っていたように、裁判で無罪を主張となっていたでしょうから、さらに活躍していくことが予想されました。

それにしても、いくら仕事とはいえ、女性として被害を受けた女性側と交渉していくというのは、相当にメンタルが強くないとできませんよね。

心より、こういった事件がなくなることを願うばかりです。