ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、新型PS4

『PS4 Pro』

『PS4 Slim』

を発売することを2016年9月8日に発表いたしました。

この『PS4 Pro』は、以前『PlayStation 4.5 / 4K 通称Neo』として、近々発売すると言われていた新製品です。

PS4 Proは、ソニーのPS4シリーズのハイエンドマシンという、位置づけのようです。

同時に発表されたPS4 Slimは、これまでのPS4の新型機種ということになります。

というわけで、今回は、2つの新PS4のうち、PS4 Proのスペック、それに気になる価格や発売日なども調べてみました。

スポンサーリンク

PS4のハイエンドマシン!PS4Proとは?

それでは、PS4 Proとはどんなゲーム機なのか、その概略を見てみましょう。

冒頭で書いたように、PS4 Proはしばらく前に噂されていた、『PlayStation 4.5 / 4K 通称Neo』が、『PSVR完全対応』の現実のハードウェアとして実現したものです。

このPS4 Proは、4K解像度のディスプレイに対応し、HDR、HDTV(高精細テレビ)にも対応していることが大きな特徴です。

PS4 Proの概略

総合的な性能は現行PS4の約2.5倍

CPU速度は現行PS4の2倍以上

4K、HDR出力に対応

PSVRに完全対応

4Kブルーレイ(Ultra HD Blu-ray)の再生機能には非対応

全タイトルが1080pで表示される

1TBハードディスクを搭載

質感や精細度などの、画像面でのクォリティアップは、我々の想像以上のものになりそうですね。

また、ゲーム内での現実感という点から見ても、今回のPS4 Proはかなり画期的な製品といえるでしょう。

ゲームでの現実感は、任天堂は『ポケモンGO』など、主としてアイデアとソフトウェアで対応しています。

これは、

手軽に安価に、誰でもいつでも使える

をコンセプトにしていますが、これはこれで存在価値はあると思います。

ただし、どうしても手軽というか、お子様向きというか、大人の求める現実感とは、ずいぶんと相違がありますよね。

これに対して、ソニーはPSVRなど、ハードウェアによる本格的な現実感(virtual Reality)を目指して、開発を続けていました。

このハードウェアによる現実感は、技術的にも困難ですし、開発費も膨大なものになってしまいます。

また、ユーザー側からみても、遊ぶためにハードウェア面で相当高額な出費が必要になってしまいます。

しかし、アイデアだけの仮想現実と比較すれば、ハードウェアによるvirtualReality(VR)は、格段に体験できる現実感が違います。

PS4 Pro本体の外観ですが、フォルムは従来のPS4とはそれ程変わりません。

ただ、縦の溝(縦置きの場合)が、これまで1層から2層になったので、一見してかなりごつく見えます。

これまでの2層ブロックから3層ブロックに変わったわけです。

また、同時に発表されたPS4 Slimと並べてみると、相当巨大ですが、初期モデルと比較すると、僅かに大きい程度で、特に巨大という感じはしないでしょう。

重量は、PS4 Proが3.3kg、PS4 Slimが2.1kgとなっています。

USBポートは、新たに背面に1つ装備、前面の2つに加えて計3つと増えました。

これはPSVRなどのサードパーティ製品の接続が、さらに必要になってくるのかもしれませんね。

また、これまでに発売済みや発売予定の全てのPS4用ゲームは、PS4 Proでも使用可能となっています。

ソフトの互換性には問題なさそうです。

 

PS4Proのスペックはどのくらい?

以下は、今回発表されたPS4の新機種の概要比較表です。

PS4新機種概要
機種 PS4pro PS4Slim
グラフィック性能(解像度) 3840×2160まで(4k) 1920×1080まで(fullHD)
4kビデオ/ゲーム 視聴・プレイ可能 視聴・プレイ不可
消費電力 310W 165W
重量 3.1kg 2.1kg
HDD 1TB 500GB/1TB
HDR対応 対応済み ソフトウェアアップデートで対応
Wi-fi 2.4GHz/5GHz 2.4GHz/5GHz
カラー ジェットブラック ジェットブラック

注 同一機種での価格の違いは、HDD容量その他によるものです。

PS4 Proは、やはりソニーのハイエンドゲーム機だけあって、かなりのハイスペックになっています。

さらに、以下にPS4 Proの詳細スペックをご紹介します。

プレイステーション 4 Pro(CUH-7000シリーズ)の詳細スペック

商品名 プレイステーション 4 Pro
色 ジェット・ブラック

型番 CUH-7000シリーズ

メインプロセッサー Single-chip custom processor
CPU x86-64 AMD “Jaguar” 8 cores
GPU 4.20 TFLOPS, AMD Radeon? based graphics engine

メモリ GDDR5 8GB
ハードディスク 1TB
光学ドライブ (読み出し専用) Blu-ray Disc 6倍速CAV DVD 8倍速CAV

入出力 Super-Speed USB (USB 3.1 Gen.1)ポート×3 AUXポート×1
通信 Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)×1
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth v4.0

AV出力 HDMI出力端子(4K / HDR出力対応)
光デジタル出力端子

電源 AC 100-240 V 50/60Hz
消費電力最大310W
動作環境温度 5℃ – 35℃

外形寸法 約295mm×55mm×327mm(幅×高さ×奥行き)
重量 約3.3kg

以上のPS4 Proの性能やスペック、価格などについては、『全て発表時のもの』です。

これまでの例から見ても、

発売時にはスペックの変更がある可能性もあります

ので、この先、発表される情報に注意してくださいね。

 

PS4Proの価格はいくら?発売日はいつ?

まずPS4Proの発売日ですが、

2016年11月10日

が公式アナウンスされています。

PS4Proの価格は、

45,000円

です。

この発売日や価格については、いずれも『PS4Pro発表時の予定』で、今後変更が行われる場合もあります。

PS4Proの購入を検討されている方は、ご注意くださいね。

それでは、このPS4 Proは、どのような方に向いている、ターゲットにしているのでしょうか?

考察してみると、

  1. PSVRをやって見たい方
  2. とにかく高画質の画像を望まれる方
  3. 臨場感、現実感を求める方
  4. なんでも新型が好きな方

以上の4つが挙げられると思います。

1のPSVRをやりたい方には、PS4Proを絶対おすすめしておきます!

PS VR が発売される前(2016年10月予定)のモデルでは、PSVR自体には対応していますが、システムソフトウェアが PSVR に未対応のため、対応するシステムソフトウェアへアップデートする必要があります。

PS4 ProではPSVRに対応するための、特別な準備などは必要ないようです。

(筆者もぜひやってみたいのですが、先立つものが・・・)

2と3の高画質や現実感を望まれる方にも、PS4Proは、おすすめでしょう。

PS4Proは現時点での最高クラスの高画質を表現可能なゲーム機なので、臨場感、現実感は大いにアップすると思われます。

4は・・・ これはまあ、好みということで・・・(笑)

まとめ

今回、ソニーから発表された『PS4Pro』は、『PlayStation 4.5 / 4K 通称Neo』として発売予定だったものが、実際の製品となったものです。

記事では、PS4Proの内容やスペック、それに気になる価格や発売日などを見てきました。

PS4Proは、仮想現実(virtual Reality)製品である『PSVR』に対応した、待望の新製品です。

PSVRだけでなく、高画質高速度のソニーのハイエンドマシンなのです。

それだけに2016年11月10日の発売日が待ち遠しいですね!

PS4についてはコチラの記事もよく読まれています!

PS4スリム(Slim)のスペックと価格はいくら?大きさと重さが改善!

PS4スリム(Slim)とProの違いを比較検証!口コミとネット評判も紹介