フットサルワールドカップ 1

2016年9月10日から、コロンビアにおいてフットサルのワールドカップが行われます。

このフットサルワールドカップは、サッカーのワールドカップと同様に、4年に一度開催されますが、世界各国から地域予選を勝ち抜いてきた24ヵ国が、熾烈な戦いを繰り広げます。

フットサルの2強、ブラジルとスぺインがワールドカップで優勝を勝ち取るのか、それともそれ以外の国が、フットサル界の新たなヒーローとして登場するのか、フットサルのファンは興味津々ですよね。

そこで今回は、フットサルの2016ワールドカップコロンビア大会の日程や出場国、そして優勝候補と日本はどうなっているのか、そのあたりを見ていきましょう!

スポンサーリンク

フットサル日本代表はワールドカップに出場するの?

フットサルワールドカップ 5

フットサルについては、既に別記事で詳しく書いていますので、その説明はここでは概略にとどめます。

フットサルのルールやポジションは?サッカーとの違いをチェック!

少しだけ説明すると、フットサルは、サッカーの一種とも言えるスポーツで、その名称のゆえんは、フットボール(サッカー)の”Fut”と、室内を意味する”Sal”が由来となっています。

選手は、1チーム5名で、競技場は主に室内(体育館など)ですが、野外でする場合もあります。

フットサルの試合場の広さは20m×40mで、試合時間は20分ハーフで行われます。

ルールは、ほぼサッカーと同じですが、サッカーのスローインは、フットサルでは『キックイン』で、つまり蹴り入れるのです。

また、フットサルにはオフサイドもありませんので、バスケットボールのように、相手のゴールの直ぐ近くに選手を配置して、そこにパスを出すことも可能です。

もう一つ、アイスホッケーと同じように、プレー中の選手の交代も認められています

これらのルールの違いにより、フットサルではサッカーよりスピーディな試合展開となり、サッカーとはまた別な面白さがあります。

さて、ここからが本題になりますが、フットサルのワールドカップ2016のアジア予選は、2016年2月にウズベキスタンで行われました。

われらが日本代表チームは、グループDを3戦全勝の首位で突破!決勝トーナメントに進出!

しかし、準々決勝では、ベトナムと4ー4でPK戦となり、PK戦では1ー2で敗れてしまったのです。

この試合でも不可解な判定が相次いだようで、これも『中東の笛』の一種なのかも…

そして敗者復活戦にワールドカップ出場をかけましたが、キルギスタン相手に2ー6で敗れ、ワールドカップ本大会出場は果たせず。

フットサル日本代表選手(敬称略)
監督
ミゲル・ロドリゴ
背番号 選手名 所属チーム
ゴールキーパー
1 関口優志 エスポラーダ北海道
2 田中俊則 府中アスレティックフットボールクラブ
12 藤原潤 バルドラール浦安
フィールドプレーヤー
3 室田祐希 エスポラーダ北海道
4 酒井ラファエル良男 名古屋オーシャンズ
5 吉川智貴 マグナ・グルペア/スペイン
6 小曽戸允哉 シュライカー大阪
7 逸見勝利ラファエル SLベンフィカ/ポルトガル
8 滝田学 ペスカドーラ町田
9 森岡薫 名古屋オーシャンズ
10 仁部屋和弘 バサジィ大分
11 星翔太 バルドラール浦安
13 渡邉知晃 大連元朝足球倶楽部/中国
14 西谷良介 フウガドールすみだ

フットサルワールドカップ2016の日程

フットサルワールドカップ 3

今回のフットサルワールドカップ2016は、南米コロンビアで行われることが決まっています。

日程は以下の通りです。

フットサル2016ワールドカップ日程(現地時間)

9月10日 グループリーグ開始
9月20日 決勝トーナメント開始
9月27日 準決勝
9月28日 準決勝
10月1日 決勝

グループステージの組み合わせですが、1グループ4ヵ国で6グループ、24ヵ国となっています。 

次に時間をご紹介しますが、以下の日時は現地時間です。

グループステージ組み合わせ

試合日:2016年9月10日

グループA コロンビア・ポルトガル・ウズベキスタン・パナマ
グループB ロシア・タイ・キューバ・エジプト

試合日:2016年9月11日

グループC イタリア・パラグアイ・ベトナム・グアテマラ
グループD ブラジル・ウクライナ・モザンビーク・オーストラリア

試合日:2016年9月12日

グループE アルゼンチン・カザフスタン・ソロモン諸島・コスタリカ
グループFスペイン・イラン・モロッコ・アゼルバイジャン

日本でのテレビ中継も、フジテレビNEXTから放映されることになっています。

日本でのテレビ中継(日本時間)

開幕戦

コロンビア対ポルトガル 9/11(日)14:40~16:40

準決勝

9月28日(水) 15:00~17:30
9月28日(水) 23:20~25:50
9月29日(木) 15:00~17:30
9月29日(木) 23:30~26:00

3位決定戦

10月2日(日) 23:00~25:30

決勝

10月2日(日) 25:30~28:30

フットサルワールドカップ2016の優勝候補

フットサルワールドカップ 2

フットサルのワールドカップ2016の優勝候補としては、やはり

ブラジルとスペイン

が挙げられます。

というか、これまでのフットサルワールドカップでは、このブラジルとスペイン以外の優勝国というものは、存在しないのです。

そのくらい、ブラジルとスペインの両国は、とび抜けた存在ということですね。

次に、これまでのフットサルワールドカップの優勝国を並べておきます。

1989年 ブラジル
1992年 ブラジル
1996年 ブラジル

2000年 スペイン
2004年 スペイン
2008年 ブラジル
2012年 ブラジル

とくにブラジルは、7回のワールドカップで5回優勝という、桁外れの強さですね。

優勝候補の筆頭であるブラジルには、15名のメンバーのうち2012年ワールドカップでの優勝メンバーが4人います。

しかも、サッカーのワールドカップ同様に、海外のチーム所属の選手も召集し、万全を期しているのです。

今回もブラジルがワールドカップ2016での優勝候補のナンバーワンでしょう。

そして、対抗馬がスぺインでしょう。

スぺインは、1996年から5大会連続で決勝戦に進出していますが、ブラジルとの対戦は、2勝3敗という結果が残っています。

しかし、今回のワールドカップでは、これ以前にワールドカップ出場経験をもつ選手は、1名だけで、このところ若手が伸び悩んでいると言われています。

経験+若手の伸びが、スぺインとブラジルの争いに、どのような影響を与えるのか、そのあたりが見物ですね。

もう一つ、今回のコロンビアでのフットサルワールドカップでは、このブラジルとスペイン2ヵ国だけの優勝争いが、終わりを告げるのではないかと、言われています。

というのも、イタリア、ロシア、アルゼンチン、ポルトガルなどの各国の実力が、ブラジルとスぺイン両国に迫ってきているのです。

なので、これら力を伸ばしてきている国々のいずれかが、ブラジル・スぺインの覇権に引導を渡すということも、ありえる話でしょう。

各国のブラジル、スペインのジャイアントキリング。

これが、今回のフットサルワールドカップ2016での見所のひとつでしょう。

 

まとめ

南米コロンビアで行われる、フットサルの2016ワールドカップ。

この大会は2016年9月10日から10月2日にかけて行われます。

この記事では、フットサルワールドカップ2016の日程や出場国、そして優勝候補と日本はどうなっているのかなどを見てきました。

フットサル日本代表は、残念ながらアジア予選で敗退し、このフットサルワールドカップ2016には、出場できません。

しかし、2020年の次回フットサルワールドカップには、開催国として日本が立候補していますので、東京オリンピックと前後して、日本でフットサルワールドカップが開催されるかも知れませんよ!

今回のコロンビア大会での優勝候補は、やはりブラジルとスぺインですが、みどころとしては、ブラジルとスペインが独占してきた優勝国という栄誉に、成長著しいイタリア、ロシア、アルゼンチン、ポルトガルなどの各国が王手をかけるのか、そのあたりでしょうね!