2016年9月1日に行われた、ハリルジャパンのロシアワールドカップ最終予選の初戦、対UAE戦はまことに意外な、しかも残念な結果に終わってしまいました。

筆者も、最悪でも引き分け!という結果は予想の中にいれていたのですが、はっきり言って日本の敗戦ということは、全く想定外でした。

ワールドカップ予選のデータとして、またジンクスとして、

『初戦で負けたチームが勝ち抜いた例はない』

というものがあります。

残念ながらこれは、『これまでの所は』事実なのですが、そのデータを覆す結果をハリルジャパンには期待しています。

といわけで、今回はハリルジャパン(サッカー日本代表)が、UAE戦で負けた理由を主に見ていきます。

はたして、あの疑惑の審判は誰なのか、また、審判の名前はなんというのか、ルール上ではどうなっているのか、そのあたりも調べてみました!

スポンサーリンク

ハリルジャパン(日本代表)がUAE戦で負けた理由

今回のロシアワールドカップアジア最終予選のUAE戦ですが、冒頭でも触れたように、日本は大変残念な結果に終わりました。

日本 1~2 UAE

この試合の直前には、長友選手と槇野選手が負傷離脱となり、代わりにFC東京の丸山選手と浦和の遠藤選手が急遽召集されたのです。

長友選手の欠場は、今回の試合にも大きく影響したと思われます。

長友選手のスピードとスタミナ、それに対人戦の強さは、日本代表に取っては大きな武器の一つで、それを失ったとなると戦力的には相当なマイナスになるでしょう。

それでは、ハリルジャパン(日本代表)は、何故UAEに負けたのか、その理由を見てみましょう。

まずUAE戦の試合の経過ですが、前半11分には相手ゴール近くで酒井宏選手が倒されて、日本がフリーキックを獲得。

このフリーキックは、清武弘嗣選手が蹴りましたが、これに本田圭佑選手が頭で見事に合わせて、日本が先制点を獲得するのです。

そう、ここまでは良かったのですが・・・

その直後の前半19分には、ハリル監督に抜擢されて今回A代表初出場となった大島選手が、痛恨のパスミス、相手にボールを渡してしまいました。

その後のUAEの速攻で、吉田麻也選手がペナルティエリア外でUAEのフォワード、アリ・マブフート選手を倒したとして、UAEにフリーキックを取られてしまいました

筆者が見た限りでは、この反則は非常に微妙な判定で、『通常の審判』ならフリーキックは与えないものと思えました。

このゴール正面からのフリーキックを、UAEのフォワード、アハメド・ハリル選手が直接決めて、1ー1の同点となり、そのまま前半は終了しました。

後半に入り、4分には要注意選手のオマル選手からパスが出て、イスマイール・アルハマディ選手に渡り、大島選手がペナルティエリア内で倒したとして、痛恨のペナルティキックを与えてしまうのです。

このPKは、ハリル選手に決められて、1ー2とついに逆転されたのです。

これまた微妙というより、『故意』としか思えません。

もちろん『審判の故意』です。

この程度で、いちいちPKを取っていたら、10点くらい取れるPK戦になってしまいます

しかも、逆転された後の日本の猛攻では、ペナルティエリア内で何度か日本の選手が倒されているのですが、それはまったくノーファールとされています。

通常、片方のチームからPKを取ると、バランス的に反対のチームにもPKを与える場合が多いのですが、この試合では全く一方的にUAEのみに与えられていたのです。

さらには、後半32分の浅野選手のシュートは、リプレイで見ると、ボール全体が完全にゴール内に入っています。

にも関わらず、主審はノーゴールとしてしまったのです。

こうして日本とUAEの試合は終わり、ハリルジャパンは大事な大事な初戦を、それもホームで落とすという、最悪の結果になってしまいました。

それでは、本題の、『ハリルジャパンがUAE戦で負けた理由』とはなんでしょうか?

以降は、完全に筆者の独断と偏見で書いていますので、そのおつもりで・・・

ハリルジャパンがUAE戦で負けた理由1

もう毎回言われていることですが、

『肝腎な所で決めきれない』

という、日本代表の良からぬ特徴(体質?)があります。

とくに後半では何度も決定的な場面があったのですが、全て僅かなところでゴールを外してしまいました。

この内、1度でもきちんと決めていれば、その後の展開もずいぶんと違っていただろうと思われます。

ハリルジャパンがUAE戦で負けた理由2

『ハリル監督の選手起用の失敗』

これも大きいですね。

ハリル監督自身も

「私のチョイスが悪かった」

と試合後に語っています。

これは大島選手のことを指しているのですが、大島選手のプレー自体はそれほど悪くはなかったと思います。

しかし、肝腎な所でのパスミスや、判断ミスがあり、これが試合として致命傷になってしまいました。

ハリルジャパンがUAE戦で負けた理由3

戦術面では、UAEにリードされた後半でも、日本は

パス回しに固執し、相手からボールを奪った後の速攻カウンターが、あまり見られなかった

ことです。

相手の選手が前に出ている間に、素早くボールを動かして、相手の数が少ない内に、相手陣深く入っていれば、シュートに余裕ができて、ゴールを決めることができたかも知れません。

この点は、先発メンバーにスピード型の選手、例えば武藤選手や浅野選手、宇佐美選手が入っていなかった、ということもあります。

浅野選手や宇佐美選手は、後半投入されましたが、この時、既に遅しという感がありました。

以上が、ハリルジャパンのワールドカップ最終予選の初戦・UAE戦で負けた主な理由なのですが、実は蔭の理由というか、最大のそして真の理由は、別の所にあるのです。

 

ハリルジャパンのUAE戦の審判は誰?その名前は?

UAE 8B

今回のロシアワールドカップアジア最終予選のUAE戦ですが、この試合の審判団は、カタール人で構成されています。

ワールドカップアジア最終予選 UAE戦審判

主審 アブドゥルラフマン・アルジャシム

副審 タレブ・アルマッリ

副審 サウードアハメド・アルマカーレハ

第4の審判 アルクワリ

以上、4名ともカタール人なのです。

カタールとUAE(アラブ首長国連合)は、サウジアラビアを挟んで、ほぼ隣国という関係にあります。

サッカーでは、公式試合(大会など)では、試合当事国の審判はありません。

サッカーのルールブックには、『(審判は)明確な第3国が行うものとする』という一項があります。

このように、通常は第3国の審判によって行われるのですが、時々試合当事国ではありませんが、その隣国の審判で構成される場合があります。

そしてそのような時は、大半の場合は、その審判の隣国(試合当事国)に対して有利な笛が吹かれることが多いのです。

今回の試合はその典型でした。

大島選手のPKの判定や、浅野選手のシュートが、ゴールラインを割ったか割らないかの判定、さらには特に後半は日本が猛攻をしかけたので、何度かUAEの選手によって、日本の選手がペナルティエリア内で倒されても、全くファールを取らないなど、あまりにも妙な判定が多すぎます。

これらは『誤審』というより、『故意』としか見えないのです。

一度なら『誤審』もあり得ますが、これだけ何回もUAEに対して有利な判定がありますと、これはミスなどではなく『故意』としか受け取れません。

そこで、『ハリルジャパンのUAE戦で負けた理由とは?』、これに対する最大にして真の答えは、

『審判に負けた!』

というものです。

これに尽きます。

“たられば”の話になりますが、今回の試合は、もし公平な審判の元で試合が行われたら、明らかに日本が勝っていたという試合内容なのです。

そして、極めつけのトンデモ情報があります。

それは・・・

ハリルジャパンがUAE戦で負けた真の理由

『主審のアブドゥルラフマン・アルジャシム氏と、UAEの主力選手オマル・アブドゥルラフマン選手は、親子だった!』

という話です。

当然、なんの裏付け証拠もないので、これは名前からこじつけたものと思われますが、それにしても・・・(笑)

このトンデモ情報はともかくとして、冗談抜きで、今回の日本とUAEの試合は、『UAEの審判によるUAEのための試合』でしたね。

 

ハリルジャパンのUAE戦!ルール上はどうなってる?

UAE 7

ところで、問題の浅野選手のゴールですが、サッカーのルールではこのようになっています。

『ボール全体がゴールの中(ゴールポストの間とクロスバーの下でゴールラインの外の空間)に入れば得点』

この場合、ボールの一部だけ、あるいは大半がゴールに入っただけでは、得点と認められません。

あくまでも、『ボールの全部』が、完全にゴール内に入っていることが必要なのです。

上の画像を見てください。 

これが浅野選手のシュートシーンですが、ボールの全てが、完全にラインを超えて、内部に入っています。

これが得点として認められないのなら、サッカーにおいて得点は存在しません。

『UAEの審判によるUAEのための試合』と、書いた理由が納得いただけましたか?

なお、この試合について、JFAは

田嶋幸三会長(日本サッカー協会) 「しっかりAFCとFIFAに抗議する」

とのことでした。

しかし、この抗議が認められても、審判に対する制裁(資格停止など)はあっても、『試合の結果そのもの』は覆りません。

もはや日本の負けは、そのまま負けのままなのです・・・

 

まとめ

2016年9月1日のハリルジャパンのワールドカップ最終予選初戦のUAE戦は、想定外の敗戦という結果に終わりました。

今回は、ハリルジャパンがUAE戦で負けた理由や、疑惑の審判の名前やサッカーのルールなどを見てきました。

この試合の内容については、

『UAEの審判によるUAEのための試合』

という印象しか持てません。

こんな試合が常時行われるようになったら、サッカーそのものに対する、人々の関心も薄れて行くのではないかと、危惧するほどです。

過去のワールドカップ予選でのデータから、ジンクスとして『初戦で負けたチームが、予選を突破した例はない』がありますが、それでも今後心機一転、アウェーでの試合で敵を倒していけば、そのジンクスを打ち砕くことも、決して不可能ではありません。

ハリルジャパンが今後の試合を勝ち抜き、そのデータを覆してくれることを、切に期待しております。