サッカー

香川真司の評判や評価とプレースタイル!海外の反応もチェック!

更新日:

香川真司選手は、ドイツのブンデスリーガのドルトムントで大活躍し、その後、名将ファーガソン監督の招聘で、

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍

しました。

しかし、マンUでの香川真司選手は、期待を裏切る成績で、再びドルトムントに戻ってくることになったのです。

ただ、現在は香川真司選手が一時代を築いた

ドルトムントでも、時によい動きを見せるものの、それを常に出し続けることができない

ようです。

また、

香川真司選手は、日本代表の試合でも、良い時と悪い時のパフォーマンスの差が大きい

のです。

良い時には、信じられないような軽やかな動きを見せるのですが、調子が悪い時には、すこし大げさにいうと何もしないで立っている有様。

今回は、そんな香川真司選手の、プレースタイルと評価を紹介し、あわせて海外の反応なども見ていきましょう!

スポンサーリンク

336x280




香川真司のプレースタイルとは?

香川 2 Manchester-United-v-Tottenham-Shinji-Kagawa-c_2836483-8368a
香川真司選手のプレースタイルは、アタッカーというより、周りの選手を生かしながら、チャンスがあれば自分もゴールを狙う

司令塔的な役目

が得意という印象を受けます。

プレミアリーグでは香川真司選手は、よい結果を残せませんでした。

それは、

ハイボールを上げてラッシュ

という、イングランドスタイルには合わなかったためでしょう。

ハイボールでラッシュのスタイルでは、個人技や体力に優れた選手の個人的能力に左右されます。

選手が連携して動く組織的なプレースタイルが得意な香川真司選手には、あまり適していません。

 

もし、香川真司選手を招いたファーガソン監督が、

そのままマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたなら

マンUでも良い結果を残せたかも知れません。

しかし、あいにくファーガソン監督は退任してしまいました。

後任のモイーズ監督は、ハイボールでラッシュタイプのプレースタイルを好むので、プレーに関する考え方がまるで違いました。

そのあたりは運というか、巡り合わせを感じますね。

 

香川真司選手の技術的な能力は、日本人選手の中でも最高クラスでしょう。

ボールを受ける時のトラップや、その後の処理などは天才的です。

しかし、ドイツ時代初期の頃の、香川真司選手の速いドリブルは次第に姿を見せなくなっていきました。

パスを受けても自分のドリブルやフェイントで敵を抜くより、周囲の選手との連携をまず優先的に見るようになったのです。

ただ、これは決して悪いことではないでしょう。

しかし、以前の強引さというか貪欲さが、最近の香川真司選手には見られなくなったことは、やはり残念ですね。

どうしてそのようなスタイルに変わったのか。

その理由までは、わかりません。

香川真司選手もすでに20代後半です。

年齢的なことが、その理由にあるのかもしれません。

 

もう1つ、香川真司選手のプレーで感じることは、

好不調の波が激しい

ことですね。

サッカーに限らず、スポーツ選手には好不調はつきものですが、香川真司選手はとくに激しいように見えるのです。

ドイツ・ドルトムント時代の初期の頃だったと思います。

当時の監督が

シンジはできれば日本代表の試合には出したくない。

日本代表の試合が終わってドイツに帰ってくると、必ず不調になっているからだ。

ということを語っていました。

確かに、日本代表の試合が終わった直後の香川真司選手のドイツでのプレーは、調子が良くないことが多かったのです。

冒頭に書いたように、日本代表での試合でも、香川真司選手の好不調の波は大きく、良い時には妖精が舞うように軽やかなプレーを見せるのです。

しかし悪い時には、

ただ立っているだけ

の印象を受けることが、たびたびありました。

このような香川真司選手の好不調の波が激しい理由の本当のところ、よくわかっていません。

ただ、この香川真司選手の波の大きさは、

精神面の原因

があるように感じられます。

香川真司選手の精神力というか、心の強さは、決して強い方には入らない

と思うのです。

このあたりは中田英寿選手や長谷部誠選手とは、まるで違いますね。

 

日本代表の試合後の香川真司選手のドイツでのプレーは、大きな仕事が終わって安心した気の緩みもあるのでしょうか。

日本代表の試合の場合は、周りとの連携がうまくいっているのか、得意なポジションでプレーができているのか、そこも影響しているように思えます。

なにか気が乗らないというか、うまくはまっていない感じを受ける時が、不調時の香川真司選手にはあるのです。

最高の環境でなくても、ある程度の結果は残せる、心の強いタイプの選手ではないことは間違いないでしょうね。

 

香川真司の評判や評価を紹介

香川 2 maxresdefault

香川真司選手への評判や評価ですが、これは最初にドイツへ渡ったときのドルトムントが最高潮だったように思います。

それを示すのが、以下の評価です。

ドイツ紙「香川は最高の状態だ!」

 

この小さな日本人は現在最高の状態だ。

 

そしてヴォルフスブルクに対しては、非常に印象深いスタートダッシュで、その状態を知らしめた。

 

開始7分には1-0となるゴールを決め、2-0はアシストのものだ。

 

香川 2.0 香川が攻撃陣の中でも一番良かった。

 

素晴らしいボールを数多く出し、守備でも負けなかった。何回かフリーキックも得ていたし、ミスもほとんどなかった。

 

続いては、香川真司選手の2度目のドルトムントでの評判や評価を紹介しましょう。

ドルトムントのファンからは、香川真司選手の復帰には大きな喜びの声が挙がっているようですね。

香川真司選手自身が得点を挙げなくても、アシストや好配球により、高い評価を得ています。

ドルトムントの全試合に出場した前半戦では、4ゴール6アシストを記録し、ドイツ誌からも高い評価を受けました。

また、香川真司選手は

ブンデスリーガ前半戦のベストイレブン

にも選ばれています。

ただ、後半戦に入ると、突如として香川真司選手が先発に起用されなくなったのです。

この理由については、 監督との確執がある、香川真司選手のコンディション不良などと言われていました。

なぜ理由がはっきりしないかというと、監督は、

「パフォーマンス上の選択だ」

としか言わないからです。

これには、地元誌の記者も疑問を呈しています。

ドイツ・ビルト紙のヴァイラ―記者からは、

多くの人が疑問を感じたと同様に、私も香川が外される理由が分からない。

トュヘル監督は香川のことをより理解しようと、新たな方向を考えているのだろうか。

と言われています。

負傷により、後半戦に出場できなかった時には、最終試合の残り数分のところで登場したのですが、この時のドルトムントサポーターは、

総立ちで

「カガワ、カガワ」

の大歓声で、香川真司選手を迎えました。

このサポーターの声こそが、ドルトムントでの香川真司選手への評判や評価を知るのに、一番わかりやすいものでしょうね。

追記 2017年7月8日

独紙ビルトの記事によると、どうやら

香川真司選手はドルトムント残留が決まった

ようですね。

現在は、2018年までの契約を、2020年まで契約延長するようです。

ここまでドルトムントで公式戦184試合に出場、43得点54アシストの成果をあげています。

これは1試合あたり、0.53の得点/アシストということになり、相当高い貢献度でしょう。

プレミアではよい結果は残せませんでしたが、ドイツ・ドルトムントに復帰してからは見違えるような素晴らしいプレーを連発したのです。

これはひとつには、イングランドスタイルには不適でも、ドイツ式のプレースタイルには香川真司選手が合っていた証明ですね。

もう一つは、古巣復帰での精神面の安定化があったと思われます。

ドルトムントのチームマネジャーであるミヒャエル・ツォルク氏は

もちろん我々としてはシンジとの契約を延長する意図がある。

非常に印象深い数字を残しているし、いつでも違いを生み出すことができる。

それにプレッシャーの中でも彼の持つパフォーマンスを披露できることを示してくれた。

と語っています。

もちろん、香川真司選手の残留にドイツのサポーターたちは大喜び。

ドルトムントのフォーラムより

・やった!やった!やった!まじかよ!  これで・・ツォルクSD・・真司・・やるんだ!

・夏の中でも最高の知らせだ

・なにかにサインをしてくれよ!

・これは素晴らしい、彼はチームの貴重なメンバーだ

・唯一の問題はうちにはMFがたくさんいるということだ。誰かが悲しむことになるだろう。

・彼は本物のドルトムントの男だ

「香川はもう契約更新した?」というスレより

・彼にとって去る理由がない

・シーズンの最後の4分の1は好調で、うちの中盤にとって不可欠だった。正直、俺はカストロよりもずっと気に入っていた。

・きっと真司はドルトムントでキャリアを終えるだろう。

・ボス監督も日本語を話すので、初めて香川に話し掛けられる監督になるだろう。

・ああ、だから彼がちょっと日本語が話せるのか?とても素晴らしい!

・彼は2期に渡ってJEF千葉(俺の地元のチーム)でプレーしていた。

・彼がフィテッセで監督していた時、きっと日本人選手がいただろう。2013年に安田理大、2016年に太田宏介。

 

このドルトムント残留については、香川真司選手自身も

「来シーズンもドルトムントでプレーすると思います。まだサインはしてませんけど」

と、残留を認めていますので、残留はほぼ間違いなさそうですね。

また、ワールドカップ最終予選についても、オーストラリア代表との試合に向けて、

「チームでいいスタートを切って、日本代表もW杯出場を決めたいと思います。」

と言っていました。

ただ、悔しがっているのはイングランドで、英紙デイリー・スターは

「マンUは売るのが早すぎた」

と嘆いていました。

スポンサーリンク

336x280




香川真司への海外の反応は?

香川 2 Dortmund-17

香川真司選手への海外の反応は、どうなっているのでしょう?

さっそく、海外のネットの声をまとめてみました。

「素晴らしい香川のリアクション!

香川のキャリアにとっては良かったんだろうけど、今でも彼がマンチェスターを去ったのは悲しいよ」

「おれもサッカーをやってるけど、なんであんなに素早い反応ができるんだ?自分ならとっくにこけているよ」

「香川がいる時のドルトムントはゲームを支配しているが、いない時には平均的なチームにしかみえない。」

それなのに香川を試合に出さないことには、みんなはどう思ってる?」

「香川がイケメンに見えるのは俺だけかい?」

「彼は現代的日本人の魅力的な男って感じだね。」

マンUサポ「シンジが恋しいよ。素晴らしいゴールだシンジ!」

スペイン「今日のベストプレーヤーは香川真司とマルコ・ロイスだな。日本人は試合中ずっと高いレベルでプレーしていたぞ」

「ヘルタ戦、ドルトムントはスーパーな試合をした。香川とムヒタリアンはとくに際立っていたな」

「最近のドルトムントの6ゴール全てに、香川が絡んでいる」

「香川の調子が戻ってきて嬉しいよ。これでゲームのパフォーマンスも上がるね。」

「香川が素晴らしい動きで、シュートミスをゴールにしちゃったって感じだね」

以下は、日本代表が5-0で勝利した、シリア戦での香川真司選手への海外の反応です。

アーセナルサポ「香川ヤベェ!」

ブラジル記者「SHINJI KAGAWA !!!ゴラッソ!!!」

スペイン「香川 ゴラッソだー!」

ドイツ「オー!なんて美しいボレーだ」

ドイツ「さすが香川」

ドルトムントサポ「シンジ、なぜうちでコレができないんだ?」

ドルトムントサポ「これがうちが必要としているシンジなんだ」

マンチェスターユナイテッドサポ「なんてゴールだよ、香川!」

マンチェスターユナイテッドサポ「香川がとてつもないテクニックを魅せたぞ」

オーストラリア「KAGAWAAAAAAAAAA!」

やはりと言うべきか、香川真司選手が海外でも高評価なのは変わりないようです。

それだけに、現在のドルトムントでの起用法には、疑問を抱く方が多いことなのでしょうね。

追記 2017年7月8日

香川真司選手への海外の反応の追記です。

アレックス・ファーガソン(元マンチェスター・ユナイテッド監督)

アレックス・ファーガソン氏は、香川真司選手をマンUに加入させるのに貢献したマンUの元監督です。

彼は当初から香川真司選手選手を高く評価していました。

入団が決まった際には直接電話をして、

「会えるのを楽しみにしている。一緒に成功しよう」

と言ったそうです。

そしてマンUでの2年目に、監督がモイーズ氏に代わったことで香川真司選手の出場機会が減りました。

ドルトムントへ戻った時には、

彼(香川)が活躍できるように導けなかったのは残念なことだ。

私は1年目については満足していた。

香川真司選手を成功させるべきだった。

もったいないことだった。

と語っていたそうです。

ジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・ユナイテッド監督)

当時、レアル・マドリーの監督であったジョゼ・モウリーニョ氏も香川真司選手に声をかけていたそうなのです。

結果的にカガワはマンチェスター・ユナイテッドを選んだ。

彼がマドリーに来ることはなかったが、私はできることをトライした。

彼のプレースタイルが好きなんだ。

そしてマンUがモイーズ監督になり、香川真司選手の出場機会が激減した際には、

たしかに今、カガワのプレー時間は限られているかもしれない。

ただ、それは彼だけの責任じゃない。

クラブにはモイーズという新監督がやってきて、いま新たなチームを作っている段階だ。

ベースを作っている時期なんだ。

チーム自体も苦しんでいる。カガワの苦境も一時的なものだよ。

とのコメントを残しています。

元ドルトムントのユルゲン・クロップ監督

ユルゲン・クロップ元監督は、いわば香川真司選手の恩人のような存在です。

名将と謳われ、香川真司選手はじめ数多くの優秀な選手を育てています。

その彼はモイーズ監督の下での香川真司選手について、こんなことを言っていました。

香川真司は世界で最高の選手の一人だが、マンチェスター・ユナイテッドでは20分間しかプレーしていない、しかも左ウイングで!

心が痛むよ。本当に涙が出そうだ。

セントラルMF(コントロールタワー)こそがシンジのベストポジションだ。

彼は攻撃的MFとして、私が今まで見てきた中でも最も優れた得点嗅覚を持った選手の一人だ。

だが日本の人々の多くにとって、マンチェスター・ユナイテッドでプレーすることにはドルトムント以上に意味があるようだ。

彼が去る時には、お互いの腕の中で20分間泣いたよ。

とくにユルゲン・クロップ元監督の言葉は、泣けるコメントですね。

 

まとめ

香川真司選手のプレースタイルや評価、それに海外の反応などを見てきました。

やはり香川真司選手は、その時の好不調の差が、非常に大きい印象を受けましたね。

その理由は、精神的なところが大きいと思います。

色々なことを考えすぎているのかも…。

それはともかくとして、香川真司選手は現在の日本代表にとって、いやこの先の日本代表にとっても、重要な選手です。

そのためにも、ワールドカップの最終予選や本大会までに、香川真司選手の早期の完全復調を期待したいですね。

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-サッカー

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.