清武弘嗣

ドイツブンデスリーガ(1部リーグ)のハノーファーは、2部への降格が決定しました。

このハノーファーには清武弘嗣選手が所属しており、チームの降格に伴って、にわかに清武弘嗣選手の移籍問題が表面化してきました。

清武弘嗣選手には、既に2015年からヨーロッパのビッグチームが興味を示しており、清武弘嗣選手自身もクラブチーム降格の際は、移籍と考えていたようです。

そこで今回は、その清武弘嗣選手の移籍問題として、移籍はいつなのか、移籍先のチームはどこなのか、また移籍の理由などを見ていくことにしました。

スポンサーリンク

 

清武弘嗣の移籍先はどこでいつ?移籍の理由とは?

清武弘嗣
清武弘嗣

清武弘嗣選手の移籍問題ですが、ここにきてにわかに現実味をおびてきました。

無論、それはハノーファーの2部降格が決定したからです。

そこで、これまで清武弘嗣選手に興味を示しているチームなどを、調べてみました。

まず最初に、清武弘嗣選手への興味を示しているチームを、順不同で上げて見ましょう。

なお、これらのチームは、正式に清武弘嗣選手にオファーを出しているというものではなく、単に噂の段階のものです。

レスター(イングランド・プレミアリーグ)

アストンビラ(イングランド・プレミアリーグ)

セビージャ(スぺイン・リーガエスパニョーラ)

レバークーゼン(ドイツ・ブンデスリーガ)

シュツットガルト(ドイツ・ブンデスリーガ)

ケルン(ドイツ・ブンデスリーガ)

以上のチームですが、イングランドのレスターとアストンビラには、清武弘嗣選手への労働許可証がおりるかどうかという問題があります。

レスターは、今シーズンの優勝により、清武弘嗣選手獲得への資金面では問題なさそうですし、岡崎選手の活躍で日本人選手に対する印象もよさそうです。

しかし、レスターが、はたしてどこまで本気で清武弘嗣選手の獲得を考えているのか、そのあたりについては、現在の所不明です。

アストンビラはニュルンベルク時代の清武弘嗣選手に、2013年と2014年に続けてオファーを出しているので、こちらはかなり強い興味を持っているようです

ただ、この数年はレスター同様に、降格争いの常連なので、8億円もの移籍金がまかなえるのか、資金面はどうでしょうか。

スぺインのセビージャは、これまでにも何度か清武弘嗣選手の移籍先として、噂に挙がっていますので、こちらもかなり強い興味を持っていることは確かでしょう。

セビージャは、清武弘嗣選手の配球能力やプレースキックの精度の高さに、期待しているようです。

主力のアルゼンチン代表のミッドフィルダー、エベル・バネガが、今シーズン終了後に移籍するのではないか、という噂が流れていますので、その代役として、配球能力やキックの精度に定評のある、清武弘嗣選手の移籍・獲得を狙っているらしいのです。

ただ、スぺインリーグのプレースタイルに、清武弘嗣選手がマッチするかは、若干の疑問があります。

となりますと、現時点で有力なのは、やはりドイツの3チームということになります。

まず清武弘嗣選手の移籍金、650万ユーロ(約8億円)を用意できるチームでないと、話になりません。

この3チームの資金状況ですが、シュツットガルトは基本的な財政は悪くないものの、移籍金まで手が回るかどうか。

1.FCケルンは、かつて奥寺さんが在籍したことで、日本でも知られていますが、こちらも現在の財政状態は、あまり芳しくないようです。

レバークーゼンは、バイエル・レバークーゼンというチーム名が示すように、世界的な大製薬会社バイエルの社員によって設立されました。

そのためか、財政的には、かなり安定しているようで、資金面では3チーム中、もっともゆとりがありそうです。

そして、もう一つの選択肢としては、清武弘嗣選手のハノーファー残留というものもあります。

責任感の強い清武弘嗣選手は、エースナンバーの10番まで貰っていますし、チーム愛もありますので、挙がってきた移籍先との話が不調に終われば、ハノーファー残留という可能性も、僅かにせよ、あるにはあります。

もうひとつ、隠し球的な話では、Jリーグ復帰という話もありますが、これは可能性としては、残留以上に少ないでしょう。

筆者としては、可能性がもっとも高いのは、バイエル・レバークーゼンではないかと考えています。

しかし、これは清武弘嗣選手本人の意志と、相手チームの状況と、必要度にもよりますので、判断は難しいところですね。

清武弘嗣選手の移籍の時期はいつ?という問題ですが、移籍があるとすれば、今シーズンの終わる6月7月あたりには、決まるのではないでしょうか

清武弘嗣選手の移籍の理由としては、日本代表選手への選出のことも考えると、海外でも2部リーグのチームは、やはり敬遠したい、というところでしょうね。

 

おわりに

所属するハノーファーの2部陥落により、清武弘嗣選手の移籍問題が、話題になっています。

清武弘嗣選手は日本代表に対する思い入れが強いようで、所属チームが2部陥落となりますと、代表選出にも影響が出るという理由で、移籍を考えているようです。

そこで、清武弘嗣選手はどのチームに移籍するのか、それはいつなのか、移籍の理由など、清武弘嗣選手の移籍問題を見てきました。

清武弘嗣選手に興味を示している海外チームはかなりありますが、資金面や労働許可証など難しい問題もあり、決定的に有力な移籍チーム候補というものは、今の所なさそうです。

ハリルホジッチ監督の好む「縦への速い攻撃」には、清武弘嗣選手の優れたパスワークは最適と思いますので、移籍問題とは別に、日本代表での活躍も大いに期待したいところですね。

清武弘嗣の記事はコチラもよく読まれています!

清武弘嗣の海外の反応とプレースタイルをチェック!怪我は大丈夫?