秀吉 PnNAvkR1

天下人

関白

太政大臣

太閤

など、いくつもの異名を持つ豊臣秀吉。

豊臣秀吉の出自は、尾張の国の農民、あるいはそれよりさらに下の階層と言われています。

そんな下層階級出身の男が、一代にして天下を取ったのです。

そのため、小説や講談などに、豊臣秀吉が多く取り上げられ、戦国時代の英雄として日本人に親しまれています。

秀吉の若い頃は、「人たらし」などと呼ばれるほど、戦国の武将たちを魅了する性格・人柄であったとされています。

しかし、豊臣秀吉の真実の性格は、そのような甘いものではなく、史上最悪の極悪人だったという伝説もあります。

それが今回ご紹介する、豊臣秀吉の性格が悪い説ですが、その理由と豊臣秀吉の伝説エピソードもあわせて見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

豊臣秀吉の性格が悪い?その理由は?

秀吉 osaka1

まず、豊臣秀吉の性格が悪いという説を、ざっとご紹介いたしましょう。

目をかけてくれた(サルサルと呼ばれはしたが)主君である信長の一族に対しては、信長の没後には、手のひらを返すように、切腹、追放と冷遇しました。

更には、股肱の臣である脇坂安治への手紙では、大恩ある主君・信長を呼び捨てにし、

「私(秀吉)の意思に背く者は、信長の時代のように、許されると思い込んでいると処分するぞ」

とあります。

秀吉の意志に背くものが、多数いたということは、秀吉の織田家に対する仕打ちに不満や憤りを持っていた家臣が多数いたということになります。

また脇坂安治が配置換えを願い出ると、そのようなこと、まかりならんと叱ったのです。

そこまでならまだよいのですが、その後、何回も何回も1日おきくらいの頻度で、同様の手紙を出し続けたというしつこさなのです。

あまりに長くなるので、かなり省略しましたが、まあ、豊臣秀吉の性格が悪い説はこのようなものです。

この説には、うなずけるところも多々ありますが、必ずしも筆者として、これが全て同意見というわけでもありません。

しかし、豊臣秀吉の性格が、天下を取る前と取った後では大きく変わったという点は、多くの人が認めているところです。

豊臣秀吉の性格などの人物像の資料には、確実で実証的なものが少ないと言われています。

その理由は、戦国時代の武将に関する資料は、江戸時代に書かれたものが多いのですが、江戸時代には豊臣秀吉は旧敵だった、ということからでしょうか。

それはともかく、天下を取る前と後の、豊臣秀吉の性格の比較をしてみましょう。

天下を取る前の豊臣秀吉の性格

  • 人なつこく陽気
  • 主君や同僚友人にはよく尽くす
  • 人の命を奪うことは好かない
  • 人たらしの名人

いずれも他人から見て、好もしいと思われる性格ですね。

とくに『人たらし』というのは、秀吉の特技ともいうべきもので、よくいえば他人から好意を持たれる、悪くいえば人をたらしこむというもので、これで秀吉は、ずいぶんと味方やファンを作ったようです。

ところが天下を取る前後から、豊臣秀吉の性格は激変します。

天下を取った後の豊臣秀吉の性格

  • 判断能力の衰えと行動の正当性が失われた
  • 冷酷残虐となった

この二つが最も大きい変化です。

二度にわたる朝鮮出兵、甥の秀次の切腹命令や、幼児を含む家族の命を奪うなど、これまでの豊臣秀吉では考えられないような、愚挙・暴挙を何度もしています。

このような変化の理由はどういうことなのでしょうか。

主に考えられる原因は二つほどです。

1 元々そのような冷酷な性格を隠し、陽気で人なつこいようにみせかけていた。天下をとったことで、そのような見せかけが必要でなくなった。

2 なにかの病気又は加齢による。例えば統合失調症、あるいはやアルツハイマーなどの認知症。

判断能力の衰えと、行動の正当性が失われたことからは、加齢による認知症が疑われます。

朝鮮出兵はその代表的なものでしょう。

冷酷残虐となったことは、認知症説では説明が難しそうです。

こちらはやはり、元々そのような冷酷な性格を隠していた、と考えた方がよさそうですね。

こうして見てみますと、豊富秀吉晩年の異常な行動は、単一の理由からではなく、加齢による認知症、その他の病気によるものと、元々の冷酷な性格を隠していたことの、両方によるものと思われます。

それにしても、認知症や統合失調症などの病気はともかく、元々の冷酷無惨な性格を、数十年も隠し通したというあたり、豊臣秀吉という人物の複雑さを感じてしまいます。

普通の人なら、数十年の間には、どこかで地の性格がポロリと現れてしまうのではないでしょうか。

それを一度も公の場では表さず、天下を取るまでは隠し通したというところなど、性格の複雑さを通り越して、豊臣秀吉の怖さを感じてしまいますね。

 

豊臣秀吉の伝説エピソード

秀吉 h1

豊臣秀吉の伝説エピソードは多数あります。

しかし、事実であるかは、かなり疑問なものも多く、大半のものは後世の作り話かと思われます。

これらのエピソードの中で、もっとも有名ものは、主君・信長の草履に関するものです。

ある寒い日に信長が草履を履こうとすると、草履は暖かくなっていました。

短気な信長は、

「サル、その方草履に腰掛けていたな!」

と激怒しますと、豊臣秀吉は

「寒い日なので、草履を腹に入れて温めておりました」

と答えました。

豊臣秀吉の腹には、草履の跡が残されていた、というものですが、この話も真偽は、そうとう怪しい部類に入るようですね。

ある戦いで豊臣秀吉は、降伏した敵の武将を味方にする、という話をつけ、信長の所に連れてきたのですが、疑り深い信長は、

「心変わりしやすい者のようだから、切腹させろ」

と命じました。

豊臣秀吉は、

「降伏した者に腹を切らせては、今後は降伏して味方になる者いなくなります」

と進言したのですが、 信長は、それを聞こうともしませんでした。

そこで秀吉は、その武将に、刀を渡し、

「お逃げなさい」

と話しました。

その武将は、豊臣秀吉の意に大いに感謝し、無事に信長のもとから脱出しました。

そしてこの一件以来、豊臣秀吉の配下に加わりたい、と思う武将が増えたという話です。

後々のことですが、豊臣秀吉が、かつての主君・信長に対する評価を語ったことがあります。

「信長公は勇将ではあるが、良将とはいえない。一度背いた者へは決して許そうとせず、その一族まで根絶やしにしなければ気が済まなかった。この器量の狭さでは、人から恐れられることはあっても、敬愛されることはない。」

かなり辛辣な意見ですが、当然信長の没後の話でしょうね。

信長の生前に、こんな話をして、もし信長の耳に入ったら、命がいくつあっても足りません。

さらに驚きの伝説エピソードには、豊臣秀吉の指は6本あった、という話もあります。

右手の親指が一本多かったとのことですが、どうもこれは事実のようです。

ルイス・フロイスの『日本史』にも、豊臣秀吉について、

「片手には六本の指があった」

などと書いてあるのです。 

主君・信長も、豊臣秀吉のことを「六ツめ」と呼ぶこともあったとのことてす。

同僚で親友の前田利家も豊臣秀吉のことを同様に呼んでいたので、とくに隠すこともしなかったようですね。

また、ひとつの眼球にふたつの瞳があったという説もありますが、こちらはあまりあてにならないようです。

もう一つ、豊臣秀吉に関する面白い伝説エピソードです。

信長が光秀に討たれた後、いわゆる「中国大返し」という、電撃戦(正しくは、電撃逃げ帰り)をするのです。

これは高松から京都府の山崎まで200キロの道のりを、10日足らずで走破したというものですが、1日20キロ強なら、たいしたことはないじゃないかと、思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、当時の「道」というのは、山また山の中を走る、今でいえば踏み跡程度のものですし、将兵は重い甲冑や武器を帯びています。

これで10日足らずで200キロを駆け通すのは、さぞ大変だったでしょう。

ところがその中国大返しの出発の間際に、一人の坊主が現れて、

「今日は運気が悪いので、この城には戻れない。出陣は控えるべきでしょう。」

などというのです。

当然将兵の士気は下がります。

しかし豊臣秀吉は、

「ここに戻れないという事は良いことではないか。なぜなら天下をとれば、どこにでも城をおけるようになり、ここに戻る必要はないからだ。」

と言いました。

それで兵士の士気は一挙に高まり、勇躍山崎の合戦目指して、出発したと言われています。

このあたり豊臣秀吉の「人たらし」の面目躍如というところですね。

豊臣秀吉の名前ですが、もちろん最初から”豊臣秀吉”だったわけではありません。

“木下藤吉郎”からはじまって、”羽柴筑前守秀吉”、”豊臣秀吉”と変わっていきます。

魚には、出世魚というものがあります。

「ぶり」は、「はまち」、「めじ」、「ぶり」と、成長するにつれて名前が変わって行きますが、豊臣秀吉も出世魚ならぬ、まさしく『出世人』というところてすね。

もっとも戦国時代には、出世につれて名前が変わるのは、とくに珍しいことではなかったようですよ。

 

まとめ

今回は、豊臣秀吉の性格が悪いという説から、彼の伝説エピソードなどを調べてみました。

天下を取る前と後では、豊臣秀吉の性格と、所行がガラリと変わったところをみても、豊臣秀吉の性格は、善人ばかりとは言えないようです。

その性格の変化の理由などを見ても、豊臣秀吉という人は、かなり複雑な性格の持ち主のようで、そのためか色々な伝説エピソードも豊富にあります。

豊臣秀吉は、戦国最大の英雄で、日本人、特に関西の人には大変人気のある武将ですが、人質にしていた諸将の嫁をいたぶったという話もあり、逆に親孝行とか子供を大事にしたという伝説エピソードもあります。

このあたりの矛盾は、豊臣秀吉の真の人間像をますます掴みにくくしているところですね。