レスター premier_league_trophy-1024x703
祝! レスターFC ブレミアリーグ優勝!

2015-16シーズンの英・プレミアリーグで、創設以来132年間、毎年のように最下位候補だったレスターが、奇跡の優勝を成し遂げました。

イングランドのプレミアリーグといえば、世界最高峰のリーグという声が高い中、そこで優勝するというのは並大抵のことではありません。

「究極の弱小チーム」

「万年最下位候補」

「132年間下位リーグとプレミアをいったりきたり」

「永遠の一部リーグ(他の国の二部リーグ)入り候補」

などと、散々言われてきたレスターが、なぜ、2015-16シーズンは優勝できたのでしょうか?

筆者としては、

「そりゃ、岡崎選手が入ったからさ!」

と言いたいところですが、いくら岡崎選手贔屓の筆者でも、さすがにそこまでは言えません。

無論、岡崎選手の加入は、レスターにとって大きな戦力アップに繋がってはいますが、それ以外にも戦法・戦術その他、強くなった理由には重要な何かがあったはずです。

そこで、当記事で、奇跡のレスター優勝について、レスターが強くなった理由と戦法・戦術の変化や、海外の反応などを調べてみました。

スポンサーリンク

レスターの優勝!強くなった理由と戦法・戦術の変化

レスター img_9ddb0e0b2de1a21549b5f0a74c493278228788

レスターという町は、これまで日本人には全くなじみのない町でした。

レスター市はロンドンから北へ電車で約1時間ほどのところにあり、レスター市の人口は約29万人、日本でいえば盛岡や那覇などと、ほぼ同じ規模ですね。

産業はとくに大企業などはありませんが、ザッチェルという革製品のメーカーは有名で、英国王室のアン王女なども訪れているほど

さすがに親子だけあって、エリザベス女王陛下とアン王女は、よく似ていらっしゃいますね。

レスター アン王女 ザッチェル Fox_Princess_Anne-2323-1024x683

また別の一面では、レスターは、教育の町と評判で、レスター大学は、英国で最も優れた大学の一つとして有名な、名門国立大学です。

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが、このレスター大学の大学院に入学されたことが、日本では一番有名なのではないでしょうか。

このレスターで盛んなスポーツは、実はサッカーではなくラグビーで、レスター・タイガースは過去にリーグタイトルを9度も獲得した強豪です。

それに比べてサッカーのレスターFCは…

「究極の弱小チーム」

「万年最下位候補」

「132年間下位リーグとプレミアをいったりきたり」

「永遠の一部リーグ(他の国の二部リーグ)入り候補」

という、不名誉な言われっぷり。

あくまで、これまではですが。

そうです。

今回のプレミアリーグのレスター優勝の快挙で、もうそんな看板は不要となりました。

それもそのはずで、世界最高峰のサッカーリーグで優勝したのですからね。

では、そのレスターが、急激に強くなった理由と戦法・戦術の変化はあったのでしょうか?

実は、これまでの20年ほどで、プレミアリーグで優勝したチームは、5つしかありません。

マンチェスター・ユナイテッド(マンU) 13回
チェルシー 4回
アーセナル 3回
マンチェスター・シティー(マンC) 2回
ブラックバーン 1回

これに今回、レスターが加わって、計6チームになったわけです。

今季のレスターのメインの戦法・戦術はずばり、

「固く守ってカウンター」

です。

2015-16シーズンのレスターは、ウノゼロ(1-0)で勝利した試合が、13回以上もあります。

レスターの指揮官は、イタリア人のラニエリ監督なのです。

いかにもイタリア的な戦法・戦術ですね。

随分と昔のことですが、かつてFC東京が弱小チームの代表格だった頃、大熊監督が指揮をとることになりました。

当時のFC東京には、日本代表選手など皆無で、要するに、弱いチームだったわけです。

そこで大熊監督は、

「固く守ってカウンター一発」

という戦術をとりました。

これが当たってFC東京は勝ち星を稼ぎ、上位にくいこむことになりましたが、後に大熊監督は、

「このチームの戦力では、まともに戦っては勝ち目がない。なので固く守ってカウンターという戦法を、取らざるを得なかったのだ」

と発言しています。

要するに、カウンター戦術を好きでやっているわけではなかった、ということですね。

『固く守ってカウンター』という戦術は、弱小チームが強豪チームと当たる時の定番ともいえる戦術なのです。

2015-16シーズンのレスター躍進の理由は、怪我人が少なく退場者も少ないこと、スケジュール的にも有利だったなどが挙げられていますが、それに加えて、守備の安定という点も大きな要因でしょう。

クリーンスコア(失点ゼロ)が多いというのは、すなわち守備が良いということになります。

それに加えて、攻撃陣も好調で、とくにバーディーとマフレズの両エースは大活躍し、日本の岡崎慎司選手の大健闘も光りますね。

次にレスターのスタメンと基本的なフォーメーションです。

レスターのフォーメーションは、

4-4-2

が基本で、スタメンもほぼ固定されています。

FW ヴァーディ(9番) 岡崎慎司(20番)

MF オルブライトン(11番) カンテ(14番) ドリンクウォーター(4番) マフレズ(26番)

DF フックス(28番) フート(4番) モーガン(5番) シンプソン(17番) 

GK シュマイケル(1番)

レスターがプレミアリーグで優勝し、強くなった理由を要約すると、

  • カウンター戦術がツボにはまったこと
  • 守備の安定
  • 攻撃陣も好調
  • 怪我人が少なく退場者も少ない
  • スケジュール的にもレスターに有利

だったことでしょうか。

ここで重要なことは、これらの強くなった理由が、1つ2つでなく、全て揃ったということでしょう。

1つや2つの強くなった理由だけでは、今回のプレミアリーグでのレスター大躍進は不可能です。

1つずつ取り上げれば、何ということのないものでも、それが全て、しかも同時期に揃ったということが、今回のレスター優勝に繋がったのだと思います。

そのため、2016-17シーズンのレスターは、かなり厳しい状況になるかも知れません。

今回の強くなった理由が、同時に全て揃うことは、そう滅多にはないからです。

 

レスター優勝に対する海外の反応は?

レスター 20160404-00010016-soccermzw-000-1-view

レスターの選手全員の総年俸は、日本円にして約81億円です。

プレミアリーグで、一番高いチェルシーの1/4ですから、随分と安いですよね。

このレスターの年棒は、恐らくはプレミアリーグで最低ではないでしょうか。

そして、レスター優勝への海外の反応です。

・レスターシティサポ「レスターは相手ディフェンダーに勝るスピードを持っているので、ただカウンターをするだけではなく、信じられないぐらい効率的になる」

・「どうして首位なのか….レスターのパス成功率はプレミア最低だったのに!」

・アイルランド「物凄いスタッツだな、ポゼッションなど何も意味しない」

・フルハムサポ「監督は考えなおす時だ!」

・オーストラリア「岡崎の献身度はとんでもないな。なんてエンジンを搭載しているんだ・走るのを一度もやめていない 献身性と共に技術もあるしね」

・「最近のオカは大好きだ、物凄くよくなって自分の仕事をうまくこなしている」

・ロンドン「ポゼッションとパス成功率が酷いのに完全に首位」

・リバプールサポ「思い知ったか、ペップ!」

・フェイエノールトサポ「やべぇ!一方でマンシティの守備は不安定だな」

・ACミランサポ「レスターはゴールへ一直線に向かうサッカーをしている」

・バイエルンサポ「俺は楽しんでみているよ。最近のスタイルはあまりにもみな同じだから」

・チェルシーサポ「レスターシティがうちをボコった試合でも、ポゼッションもパス成功率もうちよりずっと低いのに、試合を通してうちよりもずっと優れたチームに見えた」

・「ほとんど俺のFIFA16のやり方だな」(ゲームのFIFA16です)

・シンガポール「ハイリスク・ハイリターン!」

・ドルトムントサポ「このゴール前の攻防は見ていて素晴らしいよ」

・ニューカッスルサポ「最近は皆ポゼッションにとらわれ過ぎている。レスターは速いテンポと攻撃的なスタイルで成功した、クロップ・ドルトムントが思い起こさせる」

・「ああ、呼吸さえできない!」

・「これは現実?」

・シドニーFCサポ「おお!レスターはカウンターが速いなぁ!」

・「誰か俺をつねってくれ。俺は夢を見ているに違いない」

・「これはまじでとんでもないことだ。うちはリーグ優勝するぞ」(実際にそうなりました!)

このように、全世界でレスターに対して、驚きの声が上がっています。

驚いたのは、英国内だけでなく、ドイツやイタリア、オーストラリアやシンガポールのファンまで、プレミアリーグを見ているということです。

もちろん、日本でも見ていますが(笑)

 

レスター優勝と岡崎慎司の関係性

レスター 20160426-01626753-gekisaka-000-9-view

レスターでの岡崎慎司選手の評価は、得点そのものよりも

「献身的に守備をする」

とか、

「倒れるまで走る」

というようなものが多く、いかにも、岡崎慎司選手の真摯で実直な性格を表していると思います。

レスター市では、これまでサッカーチームは弱小、ラグビーチームは強豪という状態が続いていました。

このような状況にあると、レスター市ではサッカーとラグビーと、どちらが人気があるかという点にも興味が湧きますね。

レスター市だけの状況はわかりませんが、英国では一般的に、上流・貴族階級はラグビーを好み、庶民階級はサッカーが好きというパターンがありますから、レスター市でも同じかもしれません。

これは英国だけに限らず、フランスなどヨーロッパ各地でも似たような現象があるようです。

レスター f_09048965

レスター市では、レスターがプレミアリーグで優勝したことで、市内の各道路に選手の名前をつけようという動きまであり、とても活発になっているようです。

となれば、目抜き道路の名前が、もしかしたら「オカザキ・ロード」となることも、大いにありえますね。

このような人たちの心意気は、

「100年だろうが300年だろうが、関係ない」

などと言うあの人には、きっと理解できないでしょうね。

まとめ

こうして、当記事では、奇跡とも言える、レスターのプレミアリーグ優勝の軌跡をご紹介しました

レスターが強くなった理由も筆者なりに考察してみましたが、はっきりいって、レスターが優勝できたのも「運」という要素もかなり強いと思います。

しかし1試合や2試合ならともかく、長いシーズンを通して運だけで、プレミアリーグを勝てるものではありません。

レスター優勝には、戦法・戦術、その他、優勝するだけの理由も、しっかりと揃っていたのです。

そして、海外の反応も、英国のみならず、英国以外の数多くの国から、賞賛や驚きの声が上がっています。

願わくば、来年もまたこのレスターの奇跡が、再び起こってほしい…

筆者としては、そう思っています!