eスポーツ iemscena-1024x642

最近『eスポーツ』とか『eスポーツリーグ』という言葉を、しばしば耳にするようになりました。

今まではあまり耳になじみのなかった、このeスポーツあるいはeスポーツリーグとは、いったい何のことなのでしょうか?

eスポーツとは、コンピューターゲームを「スポーツ」あるいは「競技」としてみる場合の名称で、参加したプレイヤーが「競技者」として成績を競うものです。

これまでも『ハイスコア』や『実績』など、コンピューターゲームには競技性のある用語はありましたが、この「eスポーツ」は、それをさらに、完全にプロの競技として捉えるものなのです。

そこで今回は、その『eスポーツ』や『eスポーツリーグ』と、そこでの賞金はいくらくらいなのか、また出場者についても、調べてみました。

スポンサーリンク

 

eスポーツとeスポーツリーグとは?

eスポーツ shutterstock_182839463

eスポーツとは、

  • FPS(ファーストパーソンシューティング)
  • アクション
  • リアルタイムストラテジー
  • 格闘
  • その他のコンピューターゲーム

で、単に楽しみとしてではなく、競技として真剣勝負をし、順位や賞金などをきめる室内スポーツの1つです。

他のジャンルにたとえれば、将棋や囲碁の大会と似ていますね。

参加者は、賞金とは関係ないアマチュアから、年間数億円の賞金を稼ぐトッププロまで、さまざまですが、共通する点として、

『遊びではなく、真剣勝負で順位を決める』

という点です。

このeスポーツの定義としては、エウレカコンピューターの犬飼博士は、以下のようにeスポーツを定義しています。

「プレイヤーの行動をデジタル化し、コンピューター上で競技するスポーツ」

「工業社会に生まれたモータースポーツのように、情報社会に生まれた新しいスポーツ」

eスポーツリーグとは、そのeスポーツをプレイする大会(リーグ)で、サッカーでいえばJリーグや大学リーグのようなものです。

国内の例を挙げると、「ストリートファイター5」の国内リーグ、「RAGEリーグ for ストリートファイターV」、モバイルeスポーツ「ワンダーリーグ」、などなど多数のリーグがあります。

競技種目も数多くあり、以前はFPSなどメインでしたが、最近は格闘ゲームなどのコンソール機の種目やパズルゲームまであり、非常に多彩になってきています。

そんなeスポーツリーグの一部を、ご紹介します。

eスポーツ FPS(ファーストパーソンシューティング)

Counter-Strike シリーズ
Unreal Tournament シリーズ
ペインキラー
Quake シリーズ
バトルフィールド
Call of Duty シリーズ
Alliance of Valiant Arms
SPECIAL FORCE シリーズ
Sudden Attack

eスポーツ RTS(リアルタイムストラテジー)

Age of Empires シリーズ
Warcraft III The Frozen Throne
Starcraft II

eスポーツ MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)

Dota 2
League of Legends
CHAOS HEROES ONLINE

eスポーツ 格闘

ストリートファイター シリーズ
デッド オア アライブ シリーズ
鉄拳 シリーズ
バーチャファイター シリーズ
ソウルキャリバー シリーズ
GUILTY GEAR シリーズ
ザ・キング・オブ・ファイターズ シリーズ
ヴァンパイア シリーズ
モータルコンバット シリーズ
MARVEL VS CAPCOM シリーズ
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

eスポーツ スポーツ

NBA シリーズ – バスケットボールゲーム
FIFA シリーズ – サッカーゲーム

eスポーツ レーシング

Project Gotham Racing シリーズ
Need for Speed シリーズ
GRAN TURISMO シリーズ

eスポーツ パズルゲーム

TETRiS シリーズ
ぷよぷよ シリーズ

実に様々なジャンルのゲームが揃っていますね。

観戦者の人数も年々増え、2013年には世界で7100万人の人が、2500万ドル(約300億円)の賞金額のeスポーツリーグを観戦したそうです。

 

eスポーツリーグの賞金はいくらくらい?

eスポーツ league_of_legends-1024x576

eスポーツリーグの賞金はいくらくらいなのか?

これは気になりますよね。

賞金額は、大会によってさまざまですが、STEAMの親会社Valveのeスポーツトーナメントは、1000万ドル(約12億円)の賞金となっています。

これに優勝すれば、一躍アメリカンドリームが実現しますね。

『Pro Gaming Tours』の発表では、2013年に主要なeスポーツリーグでの賞金総額は1千5百万ドル以上(約180億円)にもなるとのことです。

このデータは世界中の全てのeスポーツリーグではないので、実際の総額はさらに大きくなるでしょう。

賞金額のランキングについても、まとめてみたので、ご覧ください。

1位 League of Legends 527万ドル (約6億3千万円)

2位 DOTA2 400万ドル (約4億8千万円)

3位 StarCraft II 300万ドル (約3億6千万円)

4位 Call of Duty: Black Ops 2 120万ドル (約1億4千万円)

5位 Counter-Strike 70万ドル (約8千万円)

6位 World of Tanks 31万ドル (約4千万円)

7位 Halo4 31万ドル (約4千万円)

8位 SMITE 5万ドル (約6百万円)

9位 Call of Duty Ghosts 5万ドル (約6百万円)

10位 Quake Live 3万8千ドル (約450万円)

この賞金額リストの上位は、MOBA、RTS、FPSが主流となっています。

日本では、2015年のカプコンカップでの賞金総額は5000万円となっています。

このeスポーツのアジアでの市場規模は、なんと、約450億円もあるそうです。

しかし、日本ではeスポーツとeスポーツリーグに関して言えば、完全に世界から立ち後れているとしか言えません。

参加者の数も賞金額も、そしてなによりeスポーツとeスポーツリーグに関する考え方が、欧米とは随分差があるようなのです。

それではなぜ日本はeスポーツリーグに立ち後れているのか、その理由を考えてみましょう。

eスポーツが遅れている理由1 考え方が違う

日本では

「コンピューターゲームは子供のもの」

という考えが、長年にわたって根強く続いています。

なので

「ゲームに入れ込むのは、大人として恥ずかしいこと」

という考え方が、ごく一般的です。

したがって、ゲームのプレーヤーも、子供が大多数なのです。

しかし欧米では、コンピューターゲームのプレーヤーの大半は、大人です。

この違いの原因は、欧米諸国では、ゲームという言葉は「スポーツ試合」・「競技」・「勝負」などの意味合いが強く、コンピューターゲームの場合も同様です。

つまり、大人がゲームに入れ込む理由が整っているのです。

eスポーツが遅れている理由2 コンソール機がゲームの主流

欧米、特にヨーロッパでは、ゲームプレイヤーの大半(7-80%程度)は、PCでゲームをしています。

アメリカではPC、ゲーム機が半々くらいの比率のようですが、最近はPCの比率が高くなってきています。

これは上の1と重なりますが、要するに、大人がゲームに入れ込む要件が整っていないということですね。

コンピューターゲームに対する一般的な認識が、

「大人として恥ずかしいことをしている」

というものでは、eスポーツリーグもへったくれもありません。

これでeスポーツリーグが盛んになったら、それこそ驚天動地でしょう。

このようなガラケーならぬ「ガラゲー(ガラパゴス ゲーム)」状態が、日本でeスポーツリーグが振るわない理由でしょう。

 

eスポーツリーグの出場者や観戦者はどんな人?

eスポーツ 6b43cd33

それでは、そのeスポーツリーグの出場者や観戦者とは、どんな人たちなのでしょうか。

人気ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」のeスポーツ日本一を決める大会が、先日、代々木第二体育館で開かれました。

当日はその大会を観戦する人たちが、体育館前に長蛇の列となり、1500人以上の人たちで会場は満員となりました。

この「リーグ・オブ・レジェンド」の日本でのプレーヤーは、既に10万人を越しているそうです。

最近は「若者の○○離れ」という言葉をよく耳にします。

「若者の車離れ」、「若者のテレビ離れ」などなどですが、その「○○離れ」をした若者達が、今やeスポーツリーグなどに入ってきているのかもしれませんね。

少なくとも、車やテレビよりは、ゲームは能動的に行動できますし、事故の危険もありませんからね。

出場者の方ですが、日本でも一部ではありますが、同年代の平均より上の所得を得ている選手も出てきました。

そして、日本でも、最近になってフルタイムのeスポーツ競技者が登場するようになってきたのです。

『DetonatioN Gaming』というチームがその最たる例でしょう。

選手は18~25歳の年齢層が中心で、マンションで共同生活をしながら競技に専念しているとのことです。

ここでは、食事は専属の調理スタッフがキッチンで作るので、選手は競技のトレーニングに集中できるという、非常に恵まれた環境にあると言えるでしょう。

現在の日本のトップリーグは、6チームで2シーズン制でリーグ戦を戦っていますが、これに優勝して10月上旬のワールドチャンピオンシップに参加することが、最高の目標ということです。

 

おわりに

eスポーツでは、日本より韓国の方が大分先に進んでいるようです。

韓国では『リーグ・オブ・レジェンド』のeスポーツリーグ世界大会も、既に開催していますし、子どもの『将来なりたい職業』の第2位に、eスポーツプレイヤーが入ったりしています。

「ゲームは子供のするもの」

「ゲームに入れ込むのは、大人として恥ずかしいこと」

という、日本のガラケーならぬ「ガラゲー(ガラパゴス ゲーム)」状態はいつまで続くのでしょうか。

日本でのeスポーツリーグが、できるだけはやく社会的認識を得られるよう、期待しています。