田中亜土夢(たなかあとむ)という、変わった名前のサッカー選手がいます。

この田中亜土夢選手の現在は、フィンランド1部リーグのHJKヘルシンキというチームに所属しており、2015年にアルビレックス新潟から移籍しました。

田中亜土夢選手の所属するHJKヘルシンキは、フィンランド一の名門チームで、1部リーグでは2015年は惜しくも優勝を逃しましたが、2016年は田中亜土夢選手の4試合で4得点の大活躍もあり、優勝が期待されています。

田中亜土夢選手は、そのHJKヘルシンキではエースナンバーの10番を与えられ、チームの主力選手として活躍中。

そこで今回は、その田中亜土夢選手のその珍しい名前の由来や、出身高校とお嫁さんのことなどを調べてみました。

スポンサーリンク

 

田中亜土夢のプロフィール!

田中亜土夢 hjk_0210

それではまず田中亜土夢選手とは、どんな選手なのか、プロフィールを簡単にご紹介しましょう。

田中亜土夢(たなかあとむ)

愛称 アトム
1987年10月4日生まれ
新潟県新潟市東区出身
身長 167センチ
体重 65キロ

2005年 アルビレックス新潟に加入
2015年 HJKヘルシンキ (フィンランド) 所属
ポジション MF
背番号 10
右利き

田中亜土夢選手の日本代表歴を見てみると、フル代表の経験はありませんが、2006年と2007年には、U-19とU-20の日本代表に選ばれ、2007年のFIFA U-20ワールドカップでは、3試合に出場して1得点をあげています。

ハリルホジッチ監督は、「隠し玉」として、この田中亜土夢選手を高く評価しているようです。

田中亜土夢選手のプレースタイルは、豊富な運動量が最大の特徴で、攻守の切り替えが速く、攻撃のスイッチを入れる選手と評価されています。

ただし、技術的にはプロで最高クラスというわけではなく、時に相手にボールを取られたりすることもあります。

HJKヘルシンキには、2015年に移籍し、初出場の試合でいきなり得点を決めて、注目されました。

このシーズン、チームは優勝を逃しましたが、田中亜土夢選手は攻撃的MFとして、33戦中31試合に出場し、8ゴールをあげています。

エースナンバーである10番の背番号は、伊達ではないことを、田中亜土夢選手は成績で示したわけです。

田中亜土夢選手が所属しているHJKヘルシンキには、長身フォワードとして注目されている、ハーフナー・マイク選手も2015年に加入し、田中亜土夢選手のアシストでゴールをあげています。

ゴール時のパフォーマンスは、長友選手のマネをしたわけでもないのでしょうが、ヨーロッパのチーム在籍の日本人選手の得意技、「お辞儀パフォーマンス」です。

この時は、フィンランドの選手も、一緒にお辞儀していましたよ。

 

田中亜土夢の名前の由来は?

亜土夢 astro-boy

田中亜土夢選手は、アルビレックス新潟時代には、地元出身の生え抜き選手でもあり、チームの中心選手として絶大な人気がありました。

新潟のローカル放送では、なんどもCMに登場したり、地元の自治体の広報にも起用されるなど、チームの、いや、新潟の顔となっていました。

そのため、サポ(熱心なファンのことを、サッカーではこのように呼びます。サポーターの略です)の間では、田中亜土夢選手の海外移籍を惜しむあまりか、

「二度と新潟の敷居はまたがせねえ」

などと、恐ろしいことを言う人もいるくらいです。

それほど、アルビレックス新潟に不可欠な存在で、ずっとチームに残ってほしかったのでしょう。

特に、地元出身ということであれば、サポーターの田中亜土夢選手への想いも、他の選手以上に強いでしょうからね。

田中亜土夢選手の特技は、けん玉と、スノーボード(自称)だそうですが、サッカーからかけ離れていることもあって、イメージ的にあまりピンと来ませんね。

そして、「亜土夢」という名前の由来について。

とても変わった名前で、どう考えても当て字ですよね。

もちろん、亜土夢という名前は、言うまでもなく、あの「鉄腕アトム」からの命名されたものです。

鉄腕アトムのように、世界に平和をもたらすように」

と、いう思いを込められて、名付けられたそうですよ。

 その名の通り、田中亜土夢選手は、空をこえて星のかなたまで、走れ亜土夢ジェットの限り、10万馬力でピッチを駆け巡ったわけですね。

ご両親が名前に込めた想いは、田中亜土夢選手に伝わり、見事、日本から飛び出し世界で大活躍しているのです。

 

田中亜土夢の出身高校と嫁は?

田中亜土夢

田中亜土夢選手の出身高校は、前橋育英高等学校で、2003年から2005年にかけて在学していました。

田中亜土夢選手が在学していた当時の前橋育英高等学校は、前橋商業と並んで群馬県のサッカーの両雄と呼ばれるほど強かったのです。

しかし、群馬県大会の決勝試合、でそのライバル・前橋商業に破れ、全日本高校サッカー選手権大会には出場できませんでした。

そして、卒業後、田中亜土夢選手は直ちにアルビレックス新潟に加入したわけです。

続いて、田中亜土夢選手のお嫁さんについてですが、これが情報があまりないのです。

移籍直後に田中亜土夢選手と結婚したのですが、そのお嫁さんは一般人ということで、現在のところ、写真も名前も公表されていません。

ただ、タレントのローラさん似のハーフ美人という噂もありますが、その真偽は不明です。

しかし、フィンランドでのインタビューで田中亜土夢選手は、

「食事面は妻が新潟のお米を炊いてくれたので、それを食べて頑張ってました」

という、田中亜土夢選手自身の言葉もありますので、実在するお嫁さんと結婚していること自体は、間違いないようですね。

はたして、どのようなお嫁さんなのか、ファンとしては非常に気になるところでしょう。

やはり、ローラさん似ということは、目鼻立ちがはっきりした相当な美人だったりするのでしょうか?

 

まとめ

田中亜土夢選手というと、まず頭に浮かぶのは、その名前です。

これは誰もが一度は思うことなのではないでしょうか?

そう、漫画の神様・手塚治虫さんの、あの「鉄腕アトム」からのものですね。

残念ながら、妹さんの名前は「ウラン」ちゃんではないようで、と言うより、そもそも、田中亜土夢選手に妹さんはいないらしいのです。

出身高校は群馬県の前橋育英高等学校ですが、田中亜土夢選手は、高校の全国大会には出場の経験はありません。

また、田中亜土夢選手のお嫁さんについても、結婚していること自体は間違いないのですが、お嫁さんは一般人のため名前などは不詳のままです。

ともあれ、ハリルホジッチ監督も注目しているようですし、この先の田中亜土夢選手の活躍に期待していきましょう!