イベント

武蔵村山花火大会2017!穴場鑑賞スポットと会場アクセスをチェック

更新日:

2017年も武蔵村山市商工会/青年部が主催、武蔵村山市が共催する

第39回武蔵村山市観光納涼花火大会

が開催される予定です。

2016年には、6万人もの人々が花火大会を盛り上げてくれました。

2017年も大勢の人が、参加して夏の一時に色を添えることでしょう。

この武蔵村山の花火大会は、人出数ランキングの人気度では、

東京都内で8位

と、中々の人気を誇っています。

今回当記事では、武蔵村山市観光納涼花火大会について、その日程や目玉となる花火、鑑賞スポットの穴場などを紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

300×250




2017年の武蔵村山花火大会の日程とアクセス

武蔵村山の花火大会の動画がコチラ。

武蔵村山市観光納涼花火大会は、例年8月の第4土曜日に行われています。

なので2017年は、

2017年8月26日(土)

に開催予定です。

小雨程度であれば、花火大会はそのまま決行されるようですが、あまりの悪天候の場合には翌日の

8月27日(日)に開催

されることになります。

このあたりの判断は、難しいところですが、花火大会の事前の情報を注意深くみて判断しましょう!

 

花火大会は子供のための夏休み最後の思い出としてもいい機会です。

小雨とはいえ、雨の中での花火は、誰も望みませんからね。

当日は、良い天気になってほしいものです。

武蔵村山市観光納涼花火大会の開催時間は、例年

14:00~21:30

となっており、イベント名では『花火大会』と銘打っていますが、実は花火だけが催されるわけではありません。

開始直後の14:00からは、

バンドの生演奏や、ダンスを楽しむことができ、たくさんの屋台や露店が並ぶ

ので、早い時間から武蔵村山花火大会に来場することで、花火以外の催し物を楽しむことができます。

そして、メインイベントとなる花火が打ち上げられる時間は、

19:45~20:30

の45分間です。

号数は、4号玉が主体で小玉花火が中心ですが、その内容は濃いと評判です。

花火だけを観たい方は、この時間帯に武蔵村山花火大会に来場することで、花火だけを見ることも可能です。

 

それでは次に武蔵村山花火大会のアクセス方法について紹介していきますね。

会場周辺のマップ

武蔵村山花火大会の会場は、

村山温泉かたくりの湯近くの野山北公園運動場

です。

この場所にアクセスするには、2つの方法があります。

それぞれご紹介していきましょう。

野山北公園運動場へのアクセス

1つ目のアクセス方法

西武鉄道の東大和駅から、西武バスの『イオンモール』行きに乗車。

30分ほどで到着する『武蔵村山市役所』停留所で下車し、そこから徒歩15分ほど

で会場に到着します。

2つ目のアクセス方法

JR立川駅より、立川バスの『箱根ヶ崎駅』行き、または『三ツ藤』行きに乗車します。

40分ほどで到着する『横田』停留所で下車し、そこから徒歩15分ほど

で会場に到着します。

 

武蔵村山花火大会に、『自家用車で来場したい!』という人もいると思いますが、

会場付近に駐車場がない

ことから、自家用車は絶対にさけた方が良いでしょう。

筆者としては、バスでの来場を強くおすすめします。

また、当日は花火大会の会場付近に関して、大変な人混みが予想されます。

事故の危険を考えても、自家用車での来場はおすすめできません。

 

なお、武蔵村山花火大会へのお問い合わせは、

042-560-1327

武蔵村山市商工会へどうぞ。

 

武蔵村山花火大会の鑑賞穴場スポット

この武蔵村山市観光納涼花火大会では、

その年の西暦と同じ発数の花火を打ち上げる

という面白い花火の上げ方をしています。

なので、2017年の武蔵村山花火大会では、『2017年』にちなんだ、2017発のスターマイン、メッセージ花火などが夏の夜空を彩ることでしょう。

 

花火鑑賞の穴場スポットを紹介する前に、ちょっと残念な点をお知らせすると、さきほどお話しましたが、そもそも武蔵村山花火大会の会場へのアクセスがスムーズには行きません。

ただ花火を鑑賞したいのであれば、野山北公園運動場、つまり会場内でも十分に花火を楽しむことができます。

しかし、ここでは会場内の騒がしい環境ではなく、できるだけ静かな環境で武蔵村山花火大会の花火を楽しみたい!という人のための穴場スポットをいくつか紹介していきます。

武蔵村山市観光納涼花火大会花火の穴場

1. 野山北公園(運動場ではない)

野山北公園運動場の西側に位置しています。

ここなら運動場よりは、少ない人出だと予想されます。

2. 七所神社

野山北公園運動場の西側に位置しています。

境内は、それほど広くありませんが、神社内でしたら静かな雰囲気で花火を鑑賞することができるでしょう。

3. 市役所近くの、お墓とガソリンスタンドの間の道

この道には、いつも車が数台停まってますが、ここからも武蔵村山花火大会は、よく見えます。

ただし、場所がお墓なので、恐がりさんには向かないかも・・・

4. 新青梅街道沿い

少し遠目ですが、建物をさければ、まずまずよく見えます。

とくに、かたくりの湯に抜ける『さと』の近くからはかなりよく見えます。

そこの少し東側にある横断歩道橋からもよく見えますが、人出が多いようですね。

武蔵村山花火大会の目玉

最後に、武蔵村山市観光納涼花火大会の目玉イベントについて、紹介したいと思います。

それは

『メッセージ花火』

です!

メッセージ花火とは、花火という公共性の強いものを、なんと私的に利用できてしまうのです。

例えば、

  • 震災復興のために
  • 結婚祝いに
  • 大切な友人のために

このような特別な想いをのせて、

あなただけのメッセージ花火

を打ち上げることができるのです。

『メッセージ花火』の申込期日は、例年7月中旬です。

 

『メッセージ花火』を打ち上げたい人は、忘れずに申し込みましょう!

この『メッセージ花火』にかかる料金は、花火4号玉1発につき

5,000円

となっています。

こちらは、毎年公式ページに申込書が用意されるはずです。

申込書にメッセージと金額を添えて『武蔵村山市商工会メッセージ花火係り』まで送ってくださいね。

電話番号:042-560-1327

FAX:042-560-6232

また、当然『メッセージ花火』には、数に限りがあります。

早めの問い合わせと申し込みをしましょう!

 

当日、『メッセージ花火』は、おおむね20:00頃から打ち上げられるそうですよ。

すぐにわかるように『メッセージ花火』ごとに会場内に放送もあります。

その場にいれば、自分が依頼した『メッセージ花火』が、いつ打ち上げられるのか?と不安に思うこともないでしょう。

『メッセージ花火』の打ち上げ後は、記念として、メッセージ花火を打ち上げた証明書が送られてくるそうです。

この証明書も良いアイデアですね。

瞬時に消えてしまう花火だけでなく、後々ちゃんと形に残りますからね。

証明を見るたびに、その時の『メッセージ花火』を思い出すことでしょう!

 

まとめ

2017年も東京都内では様々な場所で、花火大会が予定されています。

武蔵村山市観光納涼花火大会では、『メッセージ花火』というユニークなイベントが行われます。

花火を利用して、特別な想いをのせた応援メッセージを贈ったり、大切な人に感謝の気持ち、想いを秘めていて、なかなか面と向かって言えないことを、ここで思い切って打ち明けることができます。

いい機会だと思いませんか?

日程もちょうど夏休みの最後の週末ですね。

ここを2017年の夏休み最後のイベントとして、参加してみるのはいかがでしょう?

300×250




300×250




\ シェアしてください /

-イベント

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.