2014年のPS4発売からおよそ1年が経ち、徐々に人気タイトルを含むラインナップも充実しはじめ、PlayStationが再び盛り上がりを見せています。

そんな中、従来のPS4を改良した新型PS4の販売を開始すると、先日22日にSCEが発表しました!

新型PS4の噂は以前からありましたが、早くも発表から2日目である24日に出荷が開始されるとのことで、ネット上で大きな話題となっています。

いきなりの新型PS4の発売に、ユーザーのみなさんは、

「従来のPS4と何が違うの?」

「新しく買い直した方が良いの?」

といった、様々な疑問をお持ちかと思います。

そこで今回は、新型PS4と旧型PS4の違いをまとめながら、新型PS4に関する最新情報をお届けします!

スポンサーリンク

 

新型PlayStation4発売!現行モデルとの違いは?

PS4

PlayStation3の後継機として、2014年の2月に発売された『PlayStation4』。

進化を続ける次世代ゲームをプレイするために、PS3から性能が大幅にアップグレードしているほか、マルチプレイのためのネットワーク機能も充実しています。

くわえて、PS3ではソフト開発者が扱いづらかったメインプロセッサーを、PS4では開発者に扱いやすい別のものに変更した、というのも大きな特徴ですね。

代表的なPS4向けソフトとしては、『龍が如く』や『無双シリーズ』がすでに発売されているほか、今後『METAL GEAR SOLID 5』や『GOD OF WAR 3』などの人気タイトルが発売される予定です。

そんな人気タイトルの発売に先駆けて、従来のPS4をリニューアルした、新型PS4の発売が決定しました!

新型PS4では、本体の省電力化軽量化がはかられているとのことですが、具体的には旧型PS4 とどのような違いがあるのでしょうか?

 

新型&旧型PS4のスペックの違いを比較!

まずは、新型PS4と旧型PS4のスペックを、比べてみることにしましょう。

メインプロセッサー

新型PS4:Single-chip custom processor CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine

旧型PS4:Single-chip custom processor CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine

※同一

メモリ

新型PS4:GDDR5 8GB

旧型PS4:GDDR5 8GB

※同一

HDD

新型PS4:500GB

旧型PS4:500GB

※同一

外形寸法

新型PS4:約275mm×53mm×305 mm

旧型PS4:約275mm×53mm×305 mm

※同一

重量

新型PS4:約2.5kg

旧型PS4:約2.8kg

消費電力

新型PS4:最大230W

旧型PS4:最大250W


 

以上を比較して見てみると、ゲームプレイに関わる性能は旧型PS4も新型PS4も同じであり、機能面での大きな変更は無いように思われます。

大きく異なるのは本体重量で、新型PS4の重量は、旧型PS4から約10%ほど軽量化されています。

たかが300グラム……と思われるかもしれませんが、高性能を維持したまま、部品点数を減らすだけで300グラム軽くなったと考えると、大幅に軽量化されたと言えるのではないでしょうか?

また、消費電力についても、従来機から約8%の省電力化が実現しています。

最近では、関西電力をはじめ、多くの電力会社で電気料金の値上げが続いていますので、こういった大型電気製品の省電力化は、少しでも嬉しい改良ですよね!

実際に計算してみると、一日2時間PS4を使うとして、一年間PS4を使用した場合の電気料金は、

旧型PS4:最大4700円

新型PS4:最大4300円

となり、約400円の差額が出ることになります。

もっとも、あくまで概算ですので、そこまで目に見えた節電効果は現れないかもしれませんが、最大消費電力は少ないに越したことはありません。

ちなみに、消費電力が少なくなっているということは、本体の発熱量も減少していると考えられます。

本体の発熱量が減れば、それだけファンなどで冷却をおこなう必要性が減るため、本体の静音化にもつながります。

いずれにしても、新型PS4については、性能面で大きな改善があったわけではないものの、重量や消費電力など、細かい部分がより洗練された、ということですね。

 

新型PS4の狙いは製造コストダウン!

以上のように公式発表された変更点以外にも、本体の細かい部分に対しても、変更がおこなわれているようです。

一つは、HDDベイカバーの表面が光沢加工されていたのが、本体と同様のつやけしの表面に変更されているとのこと。

これはおそらく、製造工程や運搬などで傷がつきやすいため、出荷までの段階で少しでも扱いやすくするために変更されたものと思われます。

また、旧型PS4の電源ボタンは、指で触れることで起動する『静電式タッチボタン』でしたが、新型PS4では『押し込み式のボタン』に変更されているそうです。

これも、本体の作りを簡単にすることで、製造工程を減らすためのものなのでしょう。

以上のように、軽量化から内部部品の変更まで、そのほとんどが、どうやら製造におけるコストダウンを狙って施された変更のようです。

したがって、今回の新型PS4の変更点は、直接ユーザーのゲームプレイに影響するものではなく、あくまで『マイナーチェンジ』にすぎない、と考えるのがよさそうです。

 

新型PS4の価格は安くなるの?

安くなるの?という女性

新しいPS4が発売されるとなると、気になるのは、やはり販売価格ですよね。

一般的に、ゲーム機本体の新しい型番が発売される場合は、発売当初よりは安い価格で提供されることが多いものです。

しかし、残念ながら今回の新型PS4は、従来のPS4と同じ販売価格で発売されるようです。

具体的には、500GBモデルが税込43,178円で、1TBモデルが日本で販売される予定は、今のところありません。

価格については、あくまで本体のマイナーチェンジだけということもあり、大きな値下げ競争に踏み込むことはしなかったようですね。

くわえて、現在のPS4ほど高性能なゲーム機を、4万円前後より安く提供するのは困難、という事情もうかがえます。

とは言え、ネット上の反応を見てみると、この販売価格はおおむね予想通りだったようで、ユーザーからの大きな反発はありません。

「去年の終わりに買ったばかりだから、値下げされるまで待とうかな」

「まだ持ってないし、良い機会だから買おうかな」

というように、PS4を持ってないユーザーは、価格に関わらず、いい機会だから今回の新型PS4を購入してみよう、という考えの人が多いようです。

 

新型PS4の発売日は?

そんな新型PS4ですが、本日24日から順次出荷されるとのことで、実質24日が発売日ということになります。

しかし、新型PS4が発表されたのが、直前の22日だったため、事前予約などは受け付けておらず、Amazonなど大手通販サイトでは、まだ販売準備が進んでいないようです。

すぐにでも新型PS4を手に入れたい!という人は、まずはゲーム量販店などを探してみる方が、早く新型PS4を見つけられるかもしれません。

とは言え、ネット上の反応を見た限りでは、「並んででも絶対に買う!」というほどの人気ぶりでもないので、新型PS4が品薄になる可能性は低いかと思います。

おそらく今週中には、通販サイトでも取扱いが開始されると思いますので、本体を持って帰るのが面倒だという方は、通販サイトでの発売を待っても良いかもしれませんね。

 

MGS5限定版も新型PS4に変更!

メタルギアソリッド5

ちなみに、9月1日に『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』が発売されるのに合わせて、MGS5スペシャルエディションのPS4が、9月2日に発売される予定です。

こちらのスペシャルエディションには、限定仕様のPS4本体と『MGS5:TPP』ソフト本体にくわえて、特典映像やフィールドマップなどの豪華特典がセットになっています。

メタルギアシリーズのファンであれば、この機会にぜひ手に入れておきたいですよね!

先日まで、この限定版に含まれているPS4の型番は「CUHJ-10009」となっており、そのスペックは旧型PS4と同一のものでした。

「新型PS4より後に発売されるのに、旧型PS4のセットなの……?」

と不安に思っていた方、ご安心ください!

本日、メタルギアシリーズの公式twitterにて、

「MGS5エディションのオリジナルデザインPS4は、新型PS4で発売される」

との発表がありました。

ですから、もし新型PS4とMGS5:TPPを同時に手に入れたいのであれば、このスペシャルエディションを予約しておくのもオススメです!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、24日から発売が開始される新型PS4について、従来機からの変更点や、最新情報をまとめました。

新型PS4での変更は、生産時のコストダウンを狙った改善のようで、ユーザーにとっては『マイナーチェンジ』と言うべき小さな変更が多い印象です。

価格もこれまでと同じですから、今回の新型PS4発売で、

「今まで興味無かったけど、やっぱりPS4を買いたい!」

となった人は、あまり居ないようです。

とは言え、これまでPS4の購入を検討していたユーザーのほとんどは、今回の新型PS4を購入するつもりのようなので、さらにPS4の普及は進むことでしょう。

もしPS4購入を迷っているのであれば、これから人気タイトルがどんどん発売されることですし、今回の新型PS4発売を機に、本体購入に踏み切るのもありかもしれませんね!