高速 f0076731_23163769
世の中にはありえないことが起きるものですね。

まさか高速道路の制限速度が、いまさらアップするなんてことはありえない、と誰もが考えていたでしょう。

ところが、その高速道路の制限速度アップが、実現しそうなのです。

まだ先のことではあるのですが、実現すれば、日本では初めてのこととなります。

そこで今回は、高速道路の制限速度が120キロになるのはいつからなのか、また、場所と引き上げ理由などを、調べてみました!

スポンサーリンク

 

高速道路はいつから120キロになるの?

高速 03_043-1024x683

高速道路の速度制限が120キロにアップする時期ですが、2017年以降と言われています。

ただ、高速道路の速度制限アップの適用開始の具体的な日時は発表されていない状況です。

実際の施行時期などは、適用地の公安委員会が決めるとのことです。

しかも、当初は最高速度110キロで開始し、段階的に引き上げていくようですね。

また、トラックなどの大型貨物は、現行と同じ80キロのままとなります。

正直なところ、高速道路を走る大型トラックで、時速80キロのトラックなど、ほとんど見あたりません。

これも、現実の高速道路の速度と、規則がかけ離れている実態でしょうね。

車両タイプ別の具体的な最高速度は、これも発表されていません。

毎度のことではありますが、この秘密主義というか事大主義というか、このあたりには、筆者としてはかなり疑問がありますね。

 

高速道路が120キロで走れる場所はどこ?

高速 maxresdefault

高速道路の最高速度が最初に120キロにアップされる場所は、静岡県と岩手県です。

静岡県では、新東名高速道路の御殿場-浜松いなさジャンクション間の約145キロの予定です。

岩手県では、東北自動車道の花巻南-盛岡南インターチェンジ間の約31キロで適用されます。

先ほども触れましたが、初めは最高速度110キロで試行されるようなので、いきなり120キロで走行してしまうと、警察の御用となってしまうこととなる可能性大です。

これには、ご注意を!まずは110キロからなのです!

具体的な日時や区間などは、今後各地の公安委員会により2017年以降に決定され、発表されることになっているようです。

 

高速道路の速度制限が120キロまで引き上げの理由は?

高速 8dbe74d7

それでは、今まで速度制限には厳しかった、公安委員会や警察が、なぜ今回は、高速道路の速度引き上げに踏み切ったのでしょうか?

その理由ですが、いくつか挙げられています。

1963年の日本初の高速道路、名神高速道路の開通以後、道路の整備や自動車の性能、安全性の向上により、高速道路での安全性が高まったということが、速度制限アップの理由の1つです。

また、実勢速度と規制速度に隔たりがありすぎるので、そのギャップを埋め、利便性の向上を計ることなども、理由の1つとなっているみたいですね。

このような理由の元で、警察庁と国土交通省大学教授らの調査委員会が組織されました。

それで7箇所の高速道路で事故発生状況など分析した結果、設計、道路状況、混雑度、事故発生率などの条件が満たされれば、最高速度が100キロ超でも安全性は保たれる、という結論に達したそうです。

ただし、最高速度120キロが適用されるには、いくつかの条件があるようです。

・見通しが良く、設計上の想定速度が120キロまたはそれ以上であること

・事故の発生率が低いこと

・実勢速度(これは実際に走っている車の速度なのでしょうね でもそうすると大半の高速道路がそれに相当してしまいますが?)が100キロ以上であること

・渋滞の発生が少ないこと

公安委員会や警察では、今後は、これらの条件を満たしている高速道路では、順次120キロの速度制限とすることを、考えているようです。

120キロの速度制限が適用される条件というのは、高規格高速道路ということのようです。

高規格高速道路とは、自動車が高速でも安全に走行をすることが出来る構造の道路だそうです、

例えば、新東名高速道路は、高規格高速道路とされています。

これはトンネルは多いもののカーブが少なく、直線が多いという所からだそうです。

警察庁は最高速度120キロへの引き上げと共に、違反取り締まりの厳格化や安全教育の徹底を図るとしているそうです。

これは

「120キロにアップしてやる代わりに、取り締まりはビシバシやるし、関係各所に予算をばらまくけど、おまいら文句言うなよ!」

という意味でしょうね。

皆様も安全運転にご留意を!

 

世界の高速道路の最高速度はどのくらい?

高速 2-35-2-01-07

こうして日本の高速道路では、50年以上も続いた100キロの速度制限が緩和されることとなりました。

では、世界各国の速度制限は、どのようになっているのでしょうか?

世界各国の速度制限について、まとめてみました。

  生活道路 市街地 郊外 高速道路
日本 60キロ 60キロ 60キロ 100キロ
アメリカ 30キロ 50キロ 120キロ 128キロ
フランス 30キロ 50キロ 90キロ 130キロ
ドイツ 30キロ 50キロ 100キロ 無制限 (但し130キロ制限の所多し)
イギリス 30キロ 50キロ 112キロ 128キロ
スペイン 30キロ 50キロ 90キロ 120キロ
ホーランド       140キロ
オランダ 30キロ 50キロ 100キロ 120キロ
ベルギー 30キロ 50キロ 90キロ 120キロ
スイス 30キロ 50キロ 90キロ 120キロ
中国       120キロ
韓国 30キロ 50キロ 80キロ 120キロ

もともと、ヨーロッパ各国では数十年前には、市街地以外の郊外や高速道路では、速度制限はほとんどありませんでした。

この速度規制なしというのは、ヨーロッパでは

「あなたが安全と思う速度で走りなさい。なので速度は規制しません。ただし、スピードの出し過ぎで事故を起こした場合は、大変なことになることを覚えておいてください」

というような、個人主義的考えからだったようです。

それが近年になって交通事故の増加により、高速道路でも速度制限をする国が大半となりましたが、ドイツでは未だに原則では高速道路の速度は無制限となっています。

しかし、そのドイツのアウトバーンでも、最近は130キロ程度の制限をしている所が多くなってきたようです。

こうして見ると、日本の高速道路が最高100キロまでというのは、随分と時代遅れだったのかもしれませんね。

携帯電話だけでなく、道路まで時代遅れとは、少し情けない感じがします。

 

まとめ

車で走る時には、よく

「流れに乗った方が安全」

などと言います。

確かに、高速道路で回りの車が115キロ程度で走っている場合に、自分だけ100キロ厳守という時には、かなり怖い思いをします。

そのような意味でも、実勢速度に法定速度を合わせる、近づけるという今回の速度制限の改正は、意義のあることだと思いますね。

ただ、この120キロにアップとなった場合には、各車種による速度の違いが、前より大きくなりますから、そのあたりが今後は、心配になりそうです。