女性の” 美 “への探求心は留まることを知らず、毎年多くの女性の美容にかける金額が増加しているようです。

さらに、最近では美容のあり方も少しずつ進化しており、今までは美顔エステマッサージなど、外側からケアする美容方法が一般的でした。

現在では美容ドリンクや食品、サプリメントなどを摂取することで、『身体の内側から美しくしていこう』という美容方法にも、注目が集まっています。

内側と外側、双方からさらなる美を追求、維持する女性が急増しています。

美を追い求める女性が摂取したい美容成分には、有名なところでヒアルロン酸やビタミンCなどが挙げられますが、その中でも特に積極的に摂取したいと言われているのがコラーゲンです。

しかし現在、

「コラーゲンによる美肌効果は嘘」

という噂が、インターネット上で流れており、当記事ではその真相を探ってみることにします!

スポンサーリンク

 

美肌の美容成分と呼ばれる『コラーゲン』とは?

コラーゲン

コラーゲンを摂取することよる美肌効果の真実をご紹介する前に、コラーゲンとは何か?ということをご説明させて頂きます。

まず、人間の身体はタンパク質で構成されています。

そのタンパク質の約3分の1を美容成分と呼ばれるコラーゲンが占めています。

体内に存在するコラーゲンのうち、約40%ほどが皮膚に使用され、10%から20%ほどが骨や内臓、血管の造成に使用されています。

『コラーゲンには美肌効果がある』と言われる通り、コラーゲン同士が結合することによって優れた弾力性と伸縮性が誕生し、若々しいお肌の弾力やハリが得られます。

そんなコラーゲンですが、20歳で最高潮を迎えるのを期に、以降は歳を重ねるにつれて徐々に減少してゆきます。

それにより、徐々にお肌の弾力が失われ、さらにお肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、顔のたるみやシミ、くすみを引き起こす原因となっています。

また、コラーゲンのは、加齢や紫外線、過度なストレスなどによって悪化するといわれています。

の悪くなったコラーゲンは硬くなり、分解されにくくなるため、体内に変質したコラーゲンが蓄積され、新たなコラーゲンが生成されにくくなり、お肌の弾力やハリが失われていくのです。

さらに血管に使用されているコラーゲンまでも変質することによって、伸縮性を失った血管が動脈硬化を引き起こし、生活習慣病などの原因となる可能性があります。

以上のことから、『コラーゲン』であれば、「何でも良い」というわけではないのです。

 

加齢によるコラーゲンの減少を食い止めるには?

肌の加齢

若さの象徴と言われるお肌の弾力ハリ、そしては、年齢と共に失われてゆきます。

その原因は、お肌の弾力やハリを維持するために必要不可欠なコラーゲンは年齢と共に減少していくからです。

そこで、若々しく瑞々しい弾力とハリを持ったお肌をいつまでも手に入れるためにも、コラーゲンを体内に取り入れると良いのです。

コラーゲンの取り入れ方は、食事サプリメントコラーゲン生成点滴などありますが、最近ではコラーゲンが含有された美容液や化粧水なども用いられており、内側と外側の双方からコラーゲンで補うことも出来ます。

 

『コラーゲンには美肌効果がある』は嘘?

コラーゲン嘘

コラーゲンは、多くの女性から注目を集める美容成分です。

そのため、美を追い求める女性たちはコラーゲンが含まれる化粧品や食品を積極的に摂取していると思います。

しかし、美肌効果を求めて摂取しているはずのコラーゲンには、ある噂が囁かれているのです。

それは『コラーゲン=美肌効果は嘘』という情報です。

なぜこのような噂が出回っているのでしょうか?

コラーゲンは硬タンパク質です。

そのため、軟骨や腱などを形成するためには必要不可欠な成分には変わりないのですが、必須アミノ酸のトルプトファンを含有しておらず、アミノ酸スコアでは、ゼロになります。

また、

「コラーゲンはゼラチン質だからゼラチンを食べているのと変わらないので、美肌効果を得ることが出来ない」

「胃や腸で分解されて吸収されてしまうから美肌効果は得られない」

などという噂も広まっています。

では、本当にコラーゲンには美肌効果は無いのでしょうか?

さらに調査を進めてみると、コラーゲンは、『状況によっては美肌効果を発揮しない場合がある』という事がわかってきました。

最もポピュラーなコラーゲン取り入れ方の1つとして、化粧品からのコラーゲン摂取する方法がありますが、コラーゲンが配合された美容液や化粧水など、お肌にとって直接的に作用するように感じます。

しかし、コラーゲンは上皮細胞の下に存在する真皮質を構成する成分のため、表皮にコラーゲンが配合された美容液や化粧水を使用しても、角質層の更に奥に存在する真皮層まで届かないのです。

その理由は、コラーゲンの分子のサイズが大きいため真皮層まで浸透させることができないということ。

美容液や化粧水などに含有されているコラーゲンは、あくまでも保湿効果を維持するために配合されていると捉えた方が良いでしょう。

次にコラーゲンの取り入れ方として、コラーゲンを食べて摂取する方法があります。

鶏皮や豚足、フカヒレ料理などコラーゲンがたっぷり含まれる料理を摂取することで、美肌効果が得られると考えられてきました。

もちろん食事によるコラーゲンの摂り方は、一概に嘘とは言えません。

その理由は、体内に入ったコラーゲンは分解され、そして体内で吸収されるからです。

しかし、お肌の弾力やハリを維持するためのコラーゲンとして働くかどうかは別ということです。

コラーゲンはタンパク質ですので、分解されればアミノ酸に変化して、真皮質は血液内の栄養素を受け取って新たな皮膚を生成します。

ですので、皮膚を作るために必要なのは、あくまでタンパク質の摂取であり、炭水化物などでは美肌効果は得られないことがわかるかと思いますし、逆にいえば、タンパク質をコラーゲンで摂取しなくても良いのです。

では、サプリメントなどの補助食品によるコラーゲンの摂り方はどうなのでしょうか。

補助食品によるコラーゲンの摂り方は意外にも効果があるようです。

それは、サプリメントの場合、コラーゲンペプチドという成分が腸内で吸収され、血管内に入り込みます。そして、それが真皮質に届けられるからなのです。

コラーゲンをサプリメントで摂取した場合に得られる効果や効能は、以下の通りです。

  • 正常に皮脂が分泌されるため、保湿効果が得られる
  • 真皮層にコラーゲンが増加する
  • お肌のきめ整う
  • 皮膚以外にも優れた効果を発揮する

 

コラーゲン=美肌効果の真相まとめ

美肌効果

「コラーゲンには美肌効果あるというのは嘘」

というのは半分正解で半分不正解でした。

コラーゲンは、その摂り方次第で美肌効果を発揮するタンパク質の1つだったのです。

コラーゲンで美肌効果を得たい場合は、低分子コラーゲンが5000mg以上含まれた高配合のコラーゲンドリンクを飲用する、もしくはサプリメントを摂取するのがオススメです。

また、コラーゲンによる美肌効果を得る場合は、摂取するのタイミングや他の成分との相乗効果を知っておく事が必要だと分かりました。

コラーゲンドリンクの摂取するタイミングとして効果的なのは、就寝前の1時間から2時間前と言われています。

コラーゲンが血液中に存在する最も最高潮のタイミングで、その時間に合わせて摂取する方が吸収されやすいから!という理由です。

また、摂取するコラーゲンは「コラーゲンペプチド」と表記されたものを摂取するとさらに効果的です。

そして、コラーゲンとの食べ合わせ相性の良い成分として、ビタミンCやプラセンタ、ヒアルロン酸があげられます。

『コラーゲンの美容効果は嘘』

と言われる由来は、誤ったコラーゲンの摂取方法に原因があって、それで生まれた噂だったようです。

正しい知識をもって、食べ合わせを考慮して、積極的にコラーゲンを摂取する方が、やはり「美肌」に近づけそうですね。