スポーツ

本郷理華のリバーダンスの振付コーチは誰?鈴木明子の評判を考察!

更新日:

2016年のフィギュアスケート期待の星、本郷理華選手の演技に大きな注目が集まっています。

本郷理華選手は、宮原知子選手と並んで、次世代の日本フィギュアスケートのエースとして、

『ポスト浅田真央』

などと言われています。

そんな本郷理華選手は、フリーの使用曲として、アイルランド民族音楽風の名曲『リバーダンス』を選曲。

その『リバーダンス』を使用した本郷理華選手の新プログラムが

「かわいい!」

と、大変な騒ぎなのです。

そこで今回は、本郷理華選手のことや、注目の『リバーダンス』のこと、そして彼女の振り付けとコーチのことなどを紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

336x280




本郷理華のリバーダンス

本郷理華選手の2016年のフリーFSの曲は、『リバーダンス』を使用しています。

それでは『リバーダンス』という曲は、どんな音楽なのかお話していきましょう。

 

リバーダンスは、ユーロビジョン・ソング・コンテストの幕間に行われた、一種のパフォーマンスがオリジナルとなっています。

この時のパフォーマンスメンバーは、

作曲:ビル・ウィーラン

ダンサー:マイケル・フラットレーと、ジーン・バトラー

シンガー:ケルト系コーラスグループのアヌーナ

という顔ぶれでした。

『リバーダンス』は、本来はこの舞台作品全体をさす言葉なのです。

しかし現在では、とくにフィギュアスケートの場合は、舞台で使われるメインの曲をさすことが多いようです。

この曲は、今ではアイルランドのケルト音楽の代表的な曲となっています。

日本人が聞くと、曲自体は明るくテンポの良い曲ですが、アイルランド人、とくにケルト系の人にとっては、郷愁を誘う懐かしい曲なのでしょうね。

そのテンポの良さがフィギュアスケートにはうってつけなので、今回も本郷理華選手のテーマ曲として使われたのではないかと思います。

 

本郷理華のリバーダンスがかわいい

それではそんなアイルランドの人々には、郷愁漂う曲となっている『リバーダンス』で演技する、本郷理華選手の簡単なプロフィールです。

本郷理華(ほんごう りか)

本郷理華

生年月日 1996年9月6日

出身 宮城県仙台市

身長 166cm

体重 ?

コーチ 長久保裕

リバーダンス振り付け 宮本賢二

キダム振り付け 鈴木明子

今シーズンの本郷理華選手は、これまで最大の弱点とされていたジャンプが、ずいぶんと改善されたようです。

これまではジャンプでの失敗が多く、その失敗でかなりの減点がありましたが、今回はほとんどエラーなしという、見事な進歩を遂げています。

もう一つ、本郷理華選手には、

『猫背』

という欠点もよく指摘されていました。

フィギュアスケートのような採点競技では、姿勢の善し悪しは採点に大きく影響します。

それでこれまで本郷理華選手は、ずいぶん損をしていたと思います。

今回の『リバーダンス』では、その猫背もほとんど目立たず、見事な演技となっているのが印象的です。

プログラム自体の完成度も高く、本郷理華選手が着る衣装も好評のようです。

短い期間でこれだけ欠点を修正できる能力は、さらなる飛躍への期待を膨らませてくれます。

そのようなわけで、本郷理華選手の今回の『リバーダンス』は、会心の出来といえるでしょう。

当然、海外から本郷理華選手への賞賛の声が高くなっています。

本郷理華選手の『リバーダンス』への海外の声

「なんとまあ!最高の演技だった!」

「リカはずいぶん良くなったね。彼女のチームは本当に選曲が良かったと思う」

「凄いエネルギーを感じた。夏のショーで見た時よりもずいぶん良くなっているよ」

「素晴らしい安定性だ。彼女は闘志と決断力を備えている。そういう所が好きだ」

「リカの演技はキラキラと輝いていた!良い演技だった。音楽もとても良かったね」

「美しい衣装と素晴らしいスケーティング、そしてエネルギー溢れるパフォーマンス。あなたの大ファンになりそうだ!」

「緑色はきっと、彼女のラッキーカラーなんだろうな」

「いくつかの抜けもあったけど、凄く楽しそうだったね」

本郷理華選手は、イギリス人の父と、日本人の母の間に生まれたハーフで、目鼻立ちがくっきりとしていて、しかも166センチと長身です。

手足が長く、彫りの深い容貌ですので、

「本郷理華かわいい!」

という声も当然多いのです。

しかも演技では、ダイナミックではあってもコミカルなところも多く、そこもまた「かわいい」と言われる理由のようですね。

髪飾りはバレエ衣装で有名なチャコット製のもので、これも『かわいい』と評判でした。

ロシアの選手も、おそろいのものをつけていましたが、二人ともお似合いの髪飾りだと思いました。

 

本郷理華のリバーダンスの振り付けとコーチは鈴木明子?

宮本憲二 f47e1601

リバーダンスはフィギュアスケートの世界では、よく使われる曲なので、他の選手による名演技も数多くあるようです。

今回のリバーダンスの振り付けは、日本の振り付け界の第一人者である宮本賢二さんです。

元フィギュアスケーターの鈴木明子さんではありません。

 

リバーダンスの独特なステップと、軽くテンポのよい曲には、ぴったりあった見事な振り付けだと思います。

宮本賢二さんは、2010年のバンクーバーオリンピックでも、安藤美姫、浅田真央、高橋大輔、鈴木明子などの各選手の振付を担当した人です。

その振り付けは、選手をより魅力的に見せるための独特のもので、海外からも高い評価を得ていて、いまや世界的な名振り付け師といえるでしょう。

日本だけなく海外の選手も含めて、年間およそ50人のスケーターの振り付けをしているそうです。

それで一年の大半がホテル暮らしという、超多忙な振り付け師が宮本賢二さんなのです。

 

宮本賢二さんは、元はアイスダンスの選手出身で、かつてはアイスダンスの日本代表になったこともあるそうですよ。

その振り付けのアイデアの思いつき方が、非常にユニークです。

水族館で軟体動物の動きから、スケートの動きのヒントを見つけたりすることもあるとか。

実際の振り付けも、あらかじめ曲に合わせた振付を考えておいて、選手に振り付けるのではありません。

実際にリンクで選手と一緒に滑りながら、徐々にイメージを作り上げていく、独特の方法だといいます。

選手の良い所はさらによく見えるように、欠点は特徴に見えるように、選手がより輝いて見えるように

頭を絞り抜いて、振り付けを決めていくそうなのです。

今回のリバーダンスは、その宮本賢二さんの振り付けの中でも、本郷理華選手の特徴を生かし切った傑作ということで、評価が高いようですね。

 

なお、ショートでの振り付けをした鈴木明子さんが、バンクーバーオリンピックのショートの演技をした時にも、この宮本賢二さんの振り付けだったそうです。

本郷理華さんのコスチュームのデザイナーは、仙台のスタジオルーシーのコスチュームデザイナー、土門真理子さんという人です。

種々の舞台衣装や競技用衣装の製作を数十年もやっているという、経験豊富な人です。

本郷理華選手は小さい頃から、衣装のデザインは土門真理子さんにお願いしていたとのことです。

コーチは長久保裕コーチですが、振り付けの指導を受けている鈴木明子さんとは、その長久保裕コーチの元で練習をしたそうです。

 

鈴木明子さんは、本郷理華選手のことは子供の頃から知っているだけに、

ショートのキダムでも本郷理華選手の美点をよりよく見せる振り付け

などを、常に考えていたそうです。

『キダム』の振付は好評で、それを聞いた鈴木明子さんは、

「嬉しくて泣きそうになった」

と言っていたそうですよ。

リバーダンスの振付は、ある程度は鈴木明子さんも関わっているようですが、大半は宮本賢二さんの振付・コーチらしいですね。

それに対する評価は、

鈴木明子さんへの評価

宮本賢二にはまだまだおよばないな

キダムはなかなか良かった

宮本賢二とはキャリアの差を感じる

チアリーダーには未だ少し距離がありそう

(ある振付け師の言葉では、「振付け師はチアリーダーのような存在」というものがあります)

鈴木明子さんは、2年前の2015年までは選手でしたから、振付・コーチのキャリアはまだ2年足らずです。

いきなり多くを望むのは無理というものでしょう。

 

まとめ

今期は大躍進の兆候を見せている、フィギュアスケートの本郷理華選手。

とくに本郷理華選手のリバーダンスは大好評で、近い将来には歴史的名演技、名振り付けと言われそうな状態です。

あるいは浅田真央選手の後継者は、宮原知子選手ではなく、この本郷理華選手になるのかも知れません。

スポーツの世界では、近いライバルがいると、お互いに切磋琢磨してさらに力が伸びていくと、よく言われます。

本郷理華選手と宮原知子選手の二人が、果たしてどのくらい競り合って、どのくらい成長するのか、楽しみにしたいところですね!

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.