SNSアプリとして有名な「LINE」、この記事を読んでいるほとんどの方が、友達や家族との連絡手段に、このLINEをよく使われているかと思います。

メールよりも気軽に連絡がとれるLINEですが、最近になって、LINEを悪用した詐欺などのトラブルが、若い世代を中心に相次ぐようになってきました。

中でも、先日20日に、ある女子学生が、LINEでの会話を通して、中央大学の男子学生に総額125万円を騙し取られたという事件が報道され、話題になっています。

LINEを使った詐欺とは、一体どのような手口なのでしょうか?

そして、そういったトラブルに巻き込まれることなく、安心してLINEを使うためには、どのような事に気をつければいいのでしょうか?

今回は、先日発生したLINE詐欺事件に関する情報を中心に、安心してLINEを使うための対策などの方法を解説します!

スポンサーリンク

 

LINEを使った詐欺事件が発生!

LINE

国内のユーザー数は5800万人以上とも言われ、今やその名前を知らない人は居ないほどメジャーになった、コミュニケーションアプリの「LINE」。

LINEは、とくに中高生や大学生などの、若い世代を中心に人気が高いアプリで、メールのような感覚で、日ごろの連絡手段として使われています。

一方で、それだけ普及したLINEが悪用され、若い世代の人達が、悪質な詐欺やトラブルに巻き込まれる事件が相次いでいます。

中でも最近話題になったのが、先日20日頃に報道された、女子大生がLINEの会話を通じて、125万円を騙し取られたという詐欺事件です。

しかも、女子学生からお金を騙し取った人物は、同年代の中央大学の男子学生であるとのことで、若い世代同士がトラブルを引き起こした構図となっているのです。

 

LINEで詐欺!事件の概要は?

事件を調べる男性

被害にあった女子大生が男子学生と出会ったのは、学外で開催されていた、学生向けのイベントでした。

男子学生は、『1年で7億円稼いだ会社の経営者と仲が良い』などの話をして、女子学生と仲良くなり、LINEの連絡先を交換したようです。

その後日、男子学生はLINEにて

「月に25万円ほど稼げるビジネスがある、投資してみないか」

と女子学生に持ちかけ、5万円の振り込みを強要しました。

その後、女子学生は、消費者金融での借り入れや、クレジットカードの作成も強いられ、最終的には125万円もの資金を男子学生に渡しました。

しかし、カードの不正利用に気付いた女子学生が、男子学生に返金を求めたものの、それに応じてもらえなかったことから、女子学生がこれを詐欺だと考え、警視庁へ被害相談をするに至ったのです。

くわえて、慶応義塾大学の男子学生も、同一人物から同様の被害を受けており、

「父は外交官、おじは警視総監だ。知人の会社の資金繰りが厳しくなり、お金を貸してほしい」

と言われ、30万円をだまし取られたとのことです。

お金をだまし取った男子学生は、詐欺であることを否定していますが、女子大生は刑事告訴を検討しているとのことなので、じきに警察の介入があることでしょう。

 

若い人にもLINEで「詐欺」が身近なものに!

今回の事件で注目すべきことは、詐欺を実行した人物も、被害にあった人物も、どちらも20代の大学生であるということですね。

みなさんが「詐欺」と聞くと、たとえば「オレオレ詐欺」など、高齢の方が電話口で騙される、といったイメージが強いかもしれません。

しかし、それは誤った認識であり、電話であっても若い世代をターゲットにした詐欺事件は増えてきており、実際にお金を騙し取られた事例も少なくないのです!

とくに、LINEのような若い世代に連絡を取りやすい手段を使って、詐欺をおこなう事例も多発しています。

たとえば、2013年には以下のような詐欺事件がありました。

  • 20代の女性が、LINEで連絡を取り合っていた21歳男性から160万円を騙し取った
  • 19歳の無職少年が女性になりすまし、22歳の男性から104万円を騙し取った
  • 架空の会社の社長になりすまし、男女11人から40万円を騙し取った

 

LINEでトラブルに巻き込まれる原因とは?

スマホをいじる女性

LINEで発生した、これらのトラブルの話を見てみると、

「どうして、そんな簡単に相手を信用してしまうの?」

と疑問に思う方も居るかもしれません。

おそらく、これらのトラブルが発生する原因は、やはりLINEの『手軽さ』に有るのではないでしょうか?

LINEは、メールのように、受信と送信を繰り返すような手間がかからない上に、文章であっても、電話のようにフランクに会話ができることが、大きな魅力です。

また、文章以外にも、絵文字や可愛いキャラクターの「スタンプ」などで、感情を表現できることも、LINEでの会話が楽しくなる要素の一つですよね。

たとえば、メールでいきなり

「急きょ500万円が必要です。連絡してください」

なんて無愛想なメールが来ても、誰も信用する人は居ないでしょう。

一方で、LINEや関連アプリで知り合って、お互い楽しくLINEで対話している中で、

「実は今、すごいお金に困っていて……」

と、相手から言われたら……。

実際、最初に述べた被害者の男子学生も、イベントで知り合ってから、LINEで数か月ほど交流して加害者と仲良くなり、被害にあうまでは心から信頼していたとのこと。

LINEという身近なツールを用いることで、相手の警戒心を解いて、その心のスキにつけ込む手口が多い、というわけですね。

 

LINEでトラブルに巻き込まれないための対策は?

とは言え、LINEであろうとメールであろうと、トラブルに巻き込まれないために気を付けることは同じです。

  • 親しくない人や見知らぬ人に、安易にLINEの連絡先を教えない
  • どれだけ仲が良い人であっても、暗証番号や口座番号などの重要情報を教えない
  • 少しでも怪しいと感じたら、警察に相談する

ただし、前述したように、LINEはやはり『気軽』にコミュニケーションが取れるので、大切な情報であっても、ついつい『気軽』に教えてしまいがちです。

また、中高生の方など、まだ成人していない人であれば、LINEに触れる機会が多い一方で、『相手に何を教えたらいけないのか』、という善悪の判断も難しいことでしょう。

これまでのLINEを用いた犯罪や、どんなケースでトラブルに巻き込まれるのかをよく学び、『LINEで何をしてはいけないのか』、ということを、しっかり学ぶのも大切ですね!

 

LINEの「既読スルー」を気にしない!

止める男性

また、今回のLINE詐欺事件でもう一つ指摘されているのが、LINEに搭載されている、相手がメッセージを見たという、『既読』が通知される機能の存在です。

先ほどのLINE詐欺事件で、被害にあった女子大生は、

「自分のLINEメッセージに既読(相手が読んだ)がついてすぐ返事があった。レスポンスが早かったので、考える余裕がなかった」

と証言しています。

つまり、

相手のLINEメッセージを見る=相手に既読が伝わる

返事が遅くなると、「LINEメッセージを見たのに返事が遅い!」と思われてしまう

早く返事を書かないと!

という心理がはたらくのです。

この、LINEメッセージを見たのに返事をしない、という行為は、LINEユーザーのあいだで「既読スルー」と呼ばれており、気に入らない人に対する行為などと考えられています。

しかし、トラブルから自分の身を守るためには、この『既読スルー』を気にしない心も必要です!

「あれ?なんか変だな?」

と少しでも思ったら、たとえLINEメッセージに『既読』を付けてしまったとしても、どう返信するべきか、よく考えるようにしましょう。

もし、どうしても『既読スルー』が気になる!というのであれば、正直に

「考える時間が欲しい、返事はもう少し待ってくれない?」

と返信すれば良いのです!

いずれにしても、怪しい『ウマい話』に安易にのらないよう、少しでも気になることがあれば、家族や警察とよく相談して、トラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐようにしましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、LINEをめぐる詐欺などのトラブルについて、その事例と対策について解説しました。

LINEで気をつけるべきことは、電話での詐欺などと同じなのですが、それがLINEとなると、その手軽さから、ついつい相手を信用してしまいがちです。

また、LINEを主に使用している、中高生などの若い人たちは、詐欺などのトラブルに対する意識が低いことも、トラブルに巻き込まれる原因となっています。

高齢者に限らず、どのような年代であったとしても、LINEで他人と対話するということは、詐欺などのトラブルに巻き込まれる可能性が十分ある、ということです。

LINEはたしかに便利なツールですが、どのようなトラブルが発生しうるのかをよく心得た上で、十分注意しながら活用していきたいですね!