浅田 2 asadamao_a01

日本のスポーツ選手で、もっとも人気のある選手のランキングでは、浅田真央選手は常に上位に入っています。

オリコンの「好きなスポーツ選手ランキング」の女性部門では、5回も1位となっているのです。

その浅田真央選手の、2008年の世界フィギュア優勝から続く、長いフィギュアスケート歴も、次の世界フィギュアで終わりとなるかも知れません。

最近はコンディション不良や、モチベーションの低下など、決して好調とは思えない浅田真央選手。

その浅田真央選手の浅田真央の引退はいつになるのか、また世界フィギュア出場の曲何になるのかについて、当記事で探ってみようと思います。

スポンサーリンク

 

浅田真央の現役引退はいつ?

浅田真央選手の引退説は、以前にもありました。

それは2015年あたりの事ですが、その時、浅田真央選手は

「ハーフハーフ」

と答えましたね。

つまり、気持ちは半々に割れているということです。

その時は、結局、現役続行となりましたが、その後の戦績はあまり芳しくありません。

中国杯で優勝して以後は、NHK杯では3位、グランプリファイナルでは6位と低迷しております。

そして、昨年末の全日本選手権では3位となり、2016世界フィギュアの代表には選出されましたが、その世界フィギュアを最後に引退という声が、日増しに高くなってきているのです。

浅田真央選手の引退の理由については、以下の3つの理由が有力のようです。

1 世界フィギュアスケートで優勝し、有終の美を飾って引退したい

2 とにかく疲れたから休みたい

3 引退したいのだが、種々の事情で引退できなかったので、これで最後にしたい

1の世界フィギュアスケートで優勝し、有終の美を飾って引退したいについては、これは頷けます。

姉の浅田舞さんと対談した時にも、

「これまでは、先の五輪を見据えてきたけど、今は本当に1試合1試合。それしか無理」

と現在の心境を語っています。

浅田真央選手はもともと、潔い性格の持ち主でもあり、世界選手権の結果がどうであれ、引退する可能性はかなりあるようです。

2のとにかく疲れたから休みたいというのは、当然の理由でしょう。

小学生の頃から、1年365日休まずに練習し続けてきたのですから、疲れない方がおかしいです。

それに、現在の日本フィギュアスケート界には、宮原知子(さとこ)選手という新星が現れています。

浅田真央選手が欠場した4大陸選手権で優勝、世界選手権でも2位と、このところ絶好調の選手なのです。

フィギュアスケートの選手のピークは、20代前半だそうです。

浅田真央選手はすでに、その20代前半を過ぎています。

良き後継者も出て来たことですし、このあたりで一休みしたいということは、十分引退の理由の1つになるでしょうね。

問題なのは、3の引退したいのだが、色々な事情で引退できなかったので、これで最後にしたい、これです。

色々な理由とはどのようなものなのでしょうか。

まず考えられるのは、お金の問題です。

スケート協会は、浅田真央選手の集客力や集金力が必要なため、引退には消極的な立場にいるようです。

それでは、引退して他の職業をする、またはプロとなった場合は、どのように変わるのでしょうか。

アマチュア扱いの浅田真央選手は、CM収入の20%をスケート連盟に納付しています。

浅田真央選手は、10社と1社あたり3千万円のスポンサー契約をしていて、3億円を得ていますが、浅田真央選手がプロ転向ということになれば、スケート連盟はその20%を失うことになります。

逆に、浅田真央選手側から見れば、その20%を丸々得ることができます。

また、人気のある浅田真央選手が出場しないとなると、テレビ局の放映権料を失うことにもなります。

アイスショーなどに出演するギャラも、アマチュア扱いの浅田真央選手は数十万程度、プロの荒川静香選手は100~150万円からと大差があり、しかもそのギャラの相当部分はスケート連盟に納付しなければならないそうです。

このあたりがスケート協会が引退には消極的な理由でしょう。

前回の引退問題の時には、引退後の浅田真央選手は、ニュースキャスターになるという噂がありました。

2015年7月から日本テレビのニュースZEROのキャスターとなる、と言われていたそうです。

年間契約額は10億円とのことで、キャスター経験のない浅田真央選手には破格の数字です。

しかし、この噂の真偽は全くわかりませんし、今回、もし引退した場合も、その話がまだ生きているのかも、これまた不明です。

しかし、国民的人気スポーツ選手である浅田真央選手を、テレビ界がほっておくわけがありませんから、あながち噂だけとは思えませんね。

 

浅田真央の世界フィギュア2016の曲は?

浅田 2 2a29cd9895d0cd1c29d030b3d43a76ae-o

浅田真央選手が世界フィギュアで使用する曲は、以下の2つとなっています。

浅田真央の世界フィギュアで使用する曲

ショートプログラム

使用曲『素敵なあなた』
振付 ローリー ニコル

フリースケーティング

使用曲『蝶々夫人』
振付 ローリー ニコル

『素敵なあなた』は、ジャズのスタンダードナンバーとして有名です。

原曲は『ドナドナ』のショロム・セクンダ作曲です。

『蝶々夫人』はイタリアの歌劇作曲家プッチーニの名作で、日本が舞台となっています。

アメリカ人の士官が日本の少女蝶々さんと結婚しますが、アメリカに帰ってしまいます。

彼はほんの一時の遊びのつもりだったのです。

しかし、蝶々さんは夫の帰りを何時までも待ちますが、やがて長崎に帰ってきた士官から、アメリカで結婚したことを知らされます。

絶望した蝶々さんは先祖伝来の短刀で喉を突き、自ら命を絶ってしまったのだとか…。 

その際に、唄われるアリアが、甘美で切ないメロディで有名な『ある晴れた日に』です。

日本が舞台で日本人が登場するため、日本人オペラ歌手の活躍が目立ちます。

引退を噂される浅田真央選手の伴奏曲としては、なにか象徴的な意味を感じてしまいますね。

 

まとめ

日本人にもっとも愛されるスポーツ選手、浅田真央選手。

彼女は本当に引退してしまうのでしょうか?

体調とモチベーションさえ維持できれば、まだまだ当分は、世界のトップスケーターとしてやれる実力の持ち主だと思うのですが、浅田真央選手ご本人の気持ちは他人にはわかりません。

最後の舞台となるかも知れない、2016世界フィギュアでの使用曲は、『蝶々夫人』です。

これは、浅田真央選手の気持ちと、何か関係あるのでしょうか?

浅田真央選手の活躍を、最後まで見守りたいものです。