スポーツ

羽生結弦の愛用イヤホン・ヘッドホンの価格やスペックをチェック

更新日:

羽生結弦選手のこのところの活躍はめざましいものがありますが、その活躍は、海外にも知れ渡っているようです。

羽生結弦選手のライバルであるフィギュアスケートの選手からの賞賛の声も、ずいぶん多く聞かれます。

欧米や中国、韓国の人たちなど、海外からも大変好意的な反応のようですね。

そんな羽生結弦選手は、いつも愛用のイヤホン、もしくはヘッドホンをしています。

そのイヤホンはどんなイヤホンを使っているのでしょうか。

また、イヤホン・ヘッドホンの価格やスペックは、どのくらいなのでしょうか。

そして羽生結弦選手はどんな曲を聴いているのか、そのあたりにも迫ってみようと思います!

スポンサーリンク

336x280




羽生結弦がつけるイヤホン・ヘッドホンの価格やスペック

羽生 2 ba8b0436-l

羽生結弦選手は、いつもイヤホンをつけていますよね。

スケーティング前のウォーミングアップや、出番待ちをしている時にも、イヤホンで何か音楽を聞いているようです。

どうやらロック系の曲らしく、大音量で聞いてモチベーションを高めているそうです。

一種の儀式のような行動なのでしょう。

そして、羽生結弦選手のイヤホンは、かなり高価なイヤホンらしいとのこと。

どんなメーカーの、なんというイヤホンなのでしょうか?

 

羽生結弦選手は、なんと50本以上のイヤホンを持っているそうで、イヤホンマニアという側面も持っています。

現在最も愛用しているイヤホンは、

『FitEarカスタムIEMMH335DW』

というイヤホンで、通常価格は、

179,900円

です。

このイヤホンはプロ仕様とのことですが、それをさらにカスタムで作らせたのです。

カスタム費用は約4万円となるので、合計でおよそ22万円

となります。

これだと、かなり上級クラスの、オーディオセット一式が買える値段じゃないですか。

それを一つのイヤホン様に投資するとは、さすが羽生結弦選手です。

しかも、このイヤホン、ただものじゃありません。

カスタマイズでは、

ユーザーごとに耳型から作っていく

そうですよ。

さらには、羽生結弦オリジナルロゴまで入っているのです。

このFitEarというメーカーは、

「いかに気分良くアニソンを聞くか?」

を追求しているメーカーで、音楽鑑賞用イヤホン『萌音』なども発売しています。

なお、IEMとは、『イン・イヤー・モニター』の略です。

ミュージシャンやサウンドエンジニアがモニタリングするための、高忠実度、高遮音性を追求したモニター用イヤホンの事だそうです。

秋葉原のイヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』には、羽生結弦選手が時々訪れるそうです。

羽生結弦選手以外にも、

  • フィギュアスケーターの無良崇人選手
  • プロ野球選手の坂本勇人選手、松井稼頭央選手

も、たびたび来店しているとのことです。

このお店の特徴は、販売・展示の種類の豊富さだといいます。

なんと

2000種以上

のイヤホンが展示されていて、それらは全て試聴が可能だそうです。

実際のカスタム品の作り方は、まず階下の補聴器屋さんで耳型をとります。

次にイヤホンの機種や素材を指定、ロゴ等の装飾も可能で、発注後1~1.5ヵ月ほどで完成するとのこと。

なお、羽生結弦選手が持っているイヤホン・ヘッドホンは、このFitEarカスタムIEM『MH335DW』以外にも多数あります。

その中のいくつかのイヤホン・ヘッドホンの価格やスペックを紹介しましょう。 

羽生結弦選手のイヤホン・ヘッドホン

FitEar MH335DW 約18万円

  • 型式 密閉型
  • スピーカー構成 バランスドアマチュアドライバー
  • 3Way/3Unit/5Driver
  • Low-2/Low・Mid-2/ High-1
  • 入力コネクター 3.5mmステレオミニプラグ
  • 付属品 PELICAN製ハードケース・ソフトケース・クリーニングブラシ

final audio design Piano ForteVIII 89,870円

  • 型式 ダイナミック型密閉型
  • ケーブルの長さ 1.4 m
  • 形状 イヤホン カナル
  • ドライバーユニット 16mmφ
  • 質量 38g
  • 入力コネクター 3.5mmステレオミニプラグ

final audio design heavenVI FI-HE6BCC 3万6千円

  • 装着方式 カナル型
  • 駆動方式 バランスド・アーマチュア型
  • 音圧感度 112db 最大入力
  • コード長 1.2 m
  • 重量 17g

Jaybird BlueBuds X Bluetooth  2万1千円

  • 装着方式 カナル型
  • 再生周波数帯域 20Hz~20kHz
  • 構造 プラグ形状
  • 音圧感度 103 db
  • インピーダンス 16Ω
  • コード長 0.54 m
  • 重量 13.8g

audio-technica ATH-CKS90 2万5千円

  • 装着方式 カナル型
  • 構造 ミニプラグ形状
  • 再生周波数帯域 5Hz~25kHz
  • 音圧感度 106db
  • インピーダンス 16Ω
  • コード長 1.2m
  • 重量 9g

SHURE SE535LTD 4万5千円

  • スピーカータイプ 3基の高精度MicroDriver
  • 構造 ミニプラグ形状
  • 再生周波数帯域 18Hz~19.5kHz
  • 感度: 119dB
  • インピーダンス 36Ω

Victor HA-WD100(コードレスヘッドフォン) 6300円(オープン価格)

受信機部

  • 型式 密閉タイプダイナミック型
  • 電源 専用充電式ニッケル水素電池
  • 電池持続時間 約10時間(専用充電池使用時)
  • 重量 約250g
  • 再生周波数特性 30Hz~22,000Hz
  • 受信距離 約30m

送信機部

  • 電源 DC5V(専用のACアダプター使用)
  • 横幅×高さ×奥行き 200mm×62mm×132mm
  • 電池持続時間 約10時間(専用充電池使用時)
  • 重量 約250g

iriver AK120(ポータブルプレーヤー) 9万7千円

  • 記憶媒体 フラッシュメモリ
  • 記憶容量 64GB
  • インターフェイス USB2.0
  • Bluetooth 3.0
  • 対応外部メモリ microSDカード
  • 再生時間 14時間
  • 幅x高さx奥行 59.2x89.1x14.4 mm
  • 重量 144 g

iriver AK120II(ポータブルプレーヤー) 17万円

  • 記憶媒体 フラッシュメモリ
  • 記憶容量 128GB
  • 対応外部メモリ microSDカード
  • 再生時間 9時間
  • 幅x高さx奥行 W55×H118×D14.9mm
  • 重量 約177g

上記の価格は、オープン価格となっている製品が多く、実売価格は常時変動しています。

したがって、価格についてはあくまで目安と考えてください。

 

羽生結弦が試合前に聞く曲は?

羽生結弦選手がよく聞く曲は、ロックが多いと前項で書きました。

実際に、金メダルに輝いたソチ五輪では

The Sketchbookの『Colors』

などを聞いていたそうですよ。

この曲は、TVアニメ『SKET DANCE』のエンディングテーマです。

ソチ五輪で羽生結弦選手が金メダルを獲得した時に、試合の直前に聞いていた曲ということで、大きな話題になりました。

そのためかヒットチャートにもランクインしたのです。

同じくThe Sketchbookの『覚醒』という曲は、羽生結弦選手が自分で『勝負曲』と語っていただけに、威勢の良いアップテンポの曲です。

ソチ五輪の競技前に彼が聞いていた曲は、まだあります。

back numberの『fish』という曲ですが、失恋の歌らしいですね。

back numberの曲は、『スーパースターになったら』も羽生結弦選手はよく聞くとのことでした。

そして最近は試合前に聴く曲、いわゆる『勝負曲』は、ロックバンドONE OK ROCKの

  • 『キミシダイ列車』
  • 『完全感覚Dreamer』

の2曲が多いようですよ。

羽生結弦選手の話では、

歌詞の中でも、

過去の自分が今僕の土台となる。

という所に、強いインスパイアを感じたそうです。

歌詞もそうだし、モチベーションが上がっていく曲。

過去があるからこそ今があると感じられる。

勇気づけられました。

とのことでした。

また、試合前とは限らず、普段からHi-Fi CAMPというロックバンドを好んでいました。

これは羽生結弦選手の出身地と同じ、仙台生まれのバンドということもあるようです。

羽生結弦選手は、東日本大震災の際には被災地であり、出身地でもある仙台にいたのです。

そして大震災の時には、Hi-Fi CAMPの曲を聞き、力としていたそうです。

それが『キズナ』や『R』という曲でした。

このHi-Fi CAMPは後に解散してしまいますが、そのメンバーが中心となり結成したのが『パンダライオン』というバンドです。

そしてそのパンダライオンは、後に羽生結弦選手の応援歌『夢に描くキセキ』を発表したりしています。

郷土の誇りを応援しようというわけですね。

 

まとめ

今回は羽生結弦選手の、愛用イヤホン・ヘッドホンへのこだわりや、よく聞く曲などを紹介しました。

こうしてみると、羽生結弦選手という人は、凝り性というか、マニアックな面が強いようですね。

凝り性やマニアックであることは、決して悪いことではありません。

一芸に秀でた人にはありがちなことですし、そうでなければ、芸を極めることなどできないでしょう。

また、羽生結弦選手は大震災の被災地仙台の出身なのですが、その地元バンドとの交流など、心温まるものがあります。

羽生結弦選手には、ぜひソチオリンピックでも活躍して欲しいと期待しています。

そしてそれは、夢に描く『キセキ』ではなく、実際に連続金メダルは実現すると確信しています!

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.