人気オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms(AVA)』は、高画質と武器や兵種の多様さで、好評を得ています。

しかし、高画質のゲームをプレイするには、それなりの高性能PCとなるスペックが必要です。

では、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』は、どの程度のPC必要スペックなのでしょうか。

今回は、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』のPC必要スペックと、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』の意味、それに対する評価レビューなどを調べてみました。

スポンサーリンク

 

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』のPC必要スペックは?

AVA

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』とは、韓国のゲーム会社であるRedduckが開発したオンラインゲームで、日本では、ゲームオンがサービス提供しています。

『AVA』の略称で有名ですね。

そんな『Alliance of Valiant Arms(AVA)』を遊ぶために、必要とされるPCスペックを調べてみました。

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』のPC必要スペック最小環境

OS

Windows Vista 以上

CPU

Intel Core2 Duo 以上

メモリー

2GB以上

グラフィックカード

NVIDIA GeForce 9800 GT以上 

または上記と同等以上のグラフィックボード

ハードディスクの空き容量

20GB以上

Direct X

Direct X 9.0c以上

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』のPC必要スペック推奨環境

OS

Windows Vista 以上

Windows 7 以上

CPU

Intel Core2 Duo 以上

Intel Core i7 以上

メモリー

4GB以上

グラフィックカード

NVIDIA GeForce GTS 450以上

または上記と同等以上のグラフィックボード

ハードディスクの空き容量

20GB以上

Direct X

Direct X 9.0c以上

こうして見てみると、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』のPC必要スペックは、意外に高くないですね。

『GeForce 9800 GT』は6、7年前のグラフィックボードですし、『GTX450』も、2、3年以上前のものです。

これなら、必要なPCスペックの面では、あまり心配する必要はなさそうですね。

しかし、オンラインゲームではもう1つ、大事な要素があります。

それは回線速度の問題です。

ADSLなどの回線速度が遅い環境では、自分が楽しくないだけでなく、他のプレーヤーにも、反応の遅れなどで迷惑をかける場合もあります。

オンラインゲームをしようと思うと、光回線はやはり必需品なのかもしれませんね。

オンラインゲームの中でも、FPSの場合は、回線速度が特に重要になってくる要素です。

無線での通信などは、もってのほかです。

 

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』の評価レビューは?

調べる男性
まず、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』というタイトルの意味についてから説明していきましょう。

これはどうやら、『アライアンス オブ バリアント アームズ』と読み、訳すと、勇敢な兵士達の同盟(連合)ということになるようです。

そして、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』というゲーム自体の評価レビューについては、ゲームユーザーからは好意的なものが多いようで、ひどい批判レビューというものはないみたいですね。

実際に、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』をプレイしている方々のレビューなどもまとめてみました。

・ゲーム自体爆破は競技性があって面白いです

・時間はかかりますが、無課金でもできるよ

・結論から言えば、課金武器に走りすぎて未来を失ったゲーム

・防具もどうかしてる。

・武器も基本課金武器以外存在価値なしレベル。

・無課金でもPMはX95R、ARはAK47、SRはDSR辺りあれば十分戦えます。

・武器の数が多すぎて、選択の仕方がわからん

・2週間ほど前から1日30分程度プレイをしているけど、とにかく酷い

・ゲーム自体はとても良く出来ていましたね

・チートがいない

・とにかくまず課金ありきのゲームバランスです。

・以前は無課金でもおもしろかったけど、最近はシステム改変でひどくなった

・運営がしっかりしているが、一方で民度の方はお察しの通り…

・ゲームは面白いのだが、課金要素が…

・直ぐやられぬ なんとかしろ

・課金に始まり課金に終わる

・『Alliance of Valiant Arms(AVA)』は実力差が半端じゃないので、初心者部屋で十分に練習することをお勧めします。

・民度の低さがやばい。CODよりひどいぞ

・人が多い

・とにかくプレイはおすすめできない 他ゲーに移るのが一番いいね。

・終わってるなこのゲーム。やる価値0

・課金課金のクソゲー

・ 少しでも撃ちあいに負ければやられる。 1発でも当たればどんな防具でも6、7割削られてしまう。

といった具合です。

見ていて思うのは、ゲームシステムそのものの評価自体は悪くないようですが、最近は課金制度への批判が多いようですね。

まぁ、基本無料のゲームは、どうしても課金要素が運営するうえでも重要になってきます。

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』が、サービス開始当初から課金ゲーだったらよいのですが、途中から路線をガラッと変えて、課金ありきのゲームにしてしまうと、それに幻滅して去っていくユーザーが増えるだけです。

つまるところ、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』は、途中の舵取りに失敗して、現在、評価レビューとしては降下真っ最中…

というところにあるようです。

 

まとめ

『Alliance of Valiant Arms(AVA)』の必要PCスペックは、意外に低いので驚きました。

Unreal Engine3を使用とのことで、もう少し高い要求なのかと思っていましたが、この程度ならば、殆どのPCで快適にプレーできそうですね。

それと、『Alliance of Valiant Arms(AVA)』の評価レビューの面で気になるのは、

「最近は課金が多くなり、不愉快だ」

という声が多かったことです。

これは最初の頃の『Alliance of Valiant Arms(AVA)』の評価レビューにはあまりないようなので、最近のシステム改変によるものなのでしょう。

いずれにしても、オンラインゲームの課金には、充分な注意が必要といえそうですね。

それでは、以上で『Alliance of Valiant Arms(AVA)』のPC必要スペックと評価レビューについてを終わります。