トム・クランシーというアメリカの有名な作家がいます。

『レッド・オクトーバーを追え』や『愛国者のゲーム』など、数々のスリリングな名作が有名ですね。

そんなトム・クランシー原作のゲームが、ユービーアイソフトからいくつか発売されています。

今回ご紹介する『ディビジョン』というPCゲームもその一つで、ユービーアイソフトから2016年3月10日に発売となりました。

そこで今回は、『ディビジョン』のレビュー評価はどうなのか?

また、『ディビジョン』のゲームシステムはどのようなものか、など操作方法も含めて、まとめてみました!

スポンサーリンク

 

ディビジョンとはどんなゲーム?

ディビジョン2

『ディビジョン』は、フランスのユービーアイソフト(Ubisoft Entertainment)によって開発されたPCゲームです。

ジャンルとしては、RPGに入るのかシューティングゲームに入るのか、微妙なところで、両方の要素を持っています。

シューティングゲームとしての側面は、TPS(サードパースンシューティング)として、第三者視点のシューティングゲームとなっています。

また、RPGとしての要素は、職業の変更こそありませんが、装備とスキルの向上があります。

これはRPG特有の要素なので、やはりゲームシステムとしては、TPS・RPGの両方にまたがるゲームなのでしょうね。

なお、ユービーアイソフト自身では、『ディビジョン』を

「オンラインRPG」

と銘打っています。

『ディビジョン』の舞台は、アメリカのニューヨークなのですが、『ディビジョン』世界のニューヨークは、謎のウイルス事件によってパンデミック状態となっています。

そのため、『ディビジョン』では、世界中の文明は崩壊状態なのです。

プレーヤーは、秩序を取り戻すための組織『ディビジョン』の一員となり,ニューヨークの崩壊した秩序を取り戻すのが、このゲームの目的です。

『ディビジョン』のゲームとしての売りの一つは、崩壊したニューヨークの描写でしょう。

崩れ落ちたビル、途中で折れ曲がった高速道路、そして道端に倒れている人々…

リアルでは考えられないニューヨークの実情をゲームを通してみることができるのです。

『S.T.A.L.K.E.R.』や『Fallout』にも似ており、廃墟の美や破壊の艶美も感じますね。

『ディビジョン』のPC版では、ひとつ大事なことがあります。

要求されるスペックが非常に高いということです。

『ディビジョン』PC版の推奨動作環境は、完全にハイエンドマシンの環境が必要です。

最低環境でさえ、かなりのスペックとなっています。

ちなみに、『ディビジョン』を制作しているユービーアイソフトは、珍しいことにフランスの会社です。

本社所在地はフランスの セーヌ・サン・ドニ県、モントルイユという地域です。

設立は1986年で、代表作としては、『プリンス・オブ・ペルシャ』シリーズやトム・クランシー原作の『アサシン クリード』シリーズなどがあり、アクションゲームの制作が得意ジャンルのようですね。

ディビジョンのゲームシステムを紹介!

男性

『ディビジョン』のゲームシステムは、第三者視点のシューティングゲーム(TPS)とRPGのフュージョンという位置づけです。

プレイヤーは、崩壊し、破壊され尽くしたニューヨークの街を歩き回り、各所にあるミッション(クエスト)を受けて進むことになります。

ミッションには、メインミッションとサブミッションがあり、メインミッションはゲームを進める上に必須のミッション、サブミッションは任意、という割り振りのようです。

拠点などの一部のポイントへは、ファストトラベル(瞬間移動)も可能です。

『ディビジョン』では、RPG要素として、スキルの向上による能力の上昇と、装備強化による攻撃力と防御力の強化があります。

『ディビジョン』の拠点である建物には、「医療棟」「技術棟」「防衛棟」などの施設があり、ここでプレイヤーの治療や強化、さらにはスキルアップができます。

この拠点は、ニューヨークの中央郵便局で、外観は現実のものと大差ないのですが、内部は軍事拠点のようになっています。

装備などのアイテムは、敵が落とすもの、特定・不特定の地点に隠されたチェスト(スタッシュ)で見つかるものなど、さまざまですが、内容はランダムに設定されていて、不定のようです。

武器は拳銃からアサルトライフルまで各種あり、アーマーも部位ごとに選択できます。

マップはシームレスで、移動については、原則として自分の脚に頼ることになります。

なにしろ、乗り物は破壊し尽くされていて、利用できないからです。

『ディビジョン』では、ゲームシステムとして装備強化による能力アップ(攻撃力、防御力のアップ)は、他のゲームに比べてかなり大きいようですので、アイテム集めには力を入れるべきでしょう。

拠点にはクラフトステーション(Fallout4でのワークショップにあたる)があり、ここで装備の強化などができるようです。

最後に、『ディビジョン』で最も大事なことをご紹介しておきますね。

『ディビジョン』は、オンライン専用ゲームです。

つまり、シングルプレイをする場合でもネット接続は必須で、プレイヤーのデータは基本的には全てサーバーで管理されることになっています。

セーフゾーンでは、他のプレイヤーは、

「ディビジョンのエージェントの一人」

という設定となっていて、画面にも表示されるようです。

 

ディビジョンのゲームレビュー評価は?

話し合う3人

2016年の2月に実施された『ディビジョン』のオープンβテストでは、全世界で640万人が参加したと言われていますので、『ディビジョン』への期待の大きさがわかりますね。

実際にプレイした方の意見とレビュー評価としては、

「面白い!」

というものが圧倒的に多かったようです。

ダークゾーンと言われる無法地帯では、いつ襲われるかわからない不安感と恐怖と、逆にこちらが他の人を襲ってアイテムなどを奪っていくという、スリリングな要素があることも、レビュー評価を押し上げる要因のようです。

このダークゾーンでは、レアなアイテムがあったり、通りがかりの他のプレイヤーとチームを組んだり、その他様々な行動が可能なので、ダークゾーンにはまってしまう人も多いようですね。

しかし、ヘッドショットを受けた人間が、平気で走り回るということについては、

「不自然だ」

という声もあるようです。

その他の『ディビジョン』に対するレビュー評価や意見としては、

・武器が豊富なのがよい

・ミッションも種類が多いので、飽きずにプレイできる

・RPGとしての要素が強いので、純粋なシューティングゲーム(TPS)としては、銃撃戦などはやや物足りない

・音響面ではやや不満が残る

・オンライン専用なので、万一サーバーにトラブルが起きると、シングルプレイでも支障がおきる。

と、良い点・悪い点が、はっきりとレビュー評価としてコメントされていました。

 

ディビジョンの操作方法を紹介!

男性2

『ディビジョン』操作方法を簡単にまとめてみますね。

これからご紹介するのは、PS4版『ディビジョン』の操作方法です。

『ディビジョン』PS4版の操作方法

ボタン ボタン機能

メインとサブの武器交換

(ダブルタップ)持ち替え

乗り越え ロープを使う グレネードをしまう

(長押し)障害物を乗り越える

×

カバー

(ダブルタップ)ローリング

(長押し)カバー状態から別のカバーポイントへ移動

リロード

(長押し)

アイテムを拾う(全て) NPCにアイテムを渡す

ヘリを呼ぶ 汚染アイテムをロープにセットする

十字キー 機能
落ちているアイテム表示 拾うアイテムを選択可能
回復アイテムを使用  長押し 消費アイテムの選択ホイールを表示
グレネードを持つ 長押し グレネードの選択ホイールを表示

長押し エモートの選択ホイールの表示
(エモートとは、マルチプレイ時のボディランゲージ)

L1 任意のアビリティの使用 操作はメニュー画面で確認可能
L2

銃を構える 一定時間、照準を合わせ(エイム)続けるとロックできる

照準を合わせ続けるとローグのDZランクも表示される

R2 射撃 グレネードを持っているとき グレネードを投げる
L3 ダッシュ 照準時のカメラ位置切り替え
R3

格闘攻撃 (ダウンしたローグ、エージェントへのとどめ)

近くのプレイヤーの詳細を表示

エイム中のズーム倍率変更 SRスコープならFPS視点になる

(長押し)他のグループに加入する

まとめ

『ディビジョン』というゲームは、かなり多様な面白さを持っていると感じました。

シューティング要素とRPG要素、シングルプレイでもマルチプレイ的感覚が味わえる、ダークゾーンという魅力的な存在など、様々な要素が入り交じって、『ディビジョン』を盛り上げています。

一つ心配な点を挙げるとすれば、『ディビジョン』は、オンライン専用ゲームなので、万が一サーバーが落ちた場合には、例えシングルプレイでもプレイできなくなることでしょう。

しかも、ユーザーデータもサーバーで管理しているので、その保全も心配ですね。

ダウンロード販売のSTEAMは、以前はオンライン専用で、オフラインプレイはできませんでした。

しかし、かなり前のことですが、アメリカ東部で大停電がおき、数日間STEAMのゲームがプレイできなくなったこともあります。

当然、ユーザーから大きな批判の声が挙がり、現在では、ほとんどのゲームがオフラインでもプレイ可能になっています。

これらのことも参考にして、ユービーアイソフトには、ぜひ、オフラインでのプレイ機能についても、考えておいて欲しいと、筆者としては願うばかりです。