2015年の年末に発売された、Falloutシリーズの最新作『Fallout4』は、Falloutファンの人々にとっては、長い間待ち望んでいたFalloutシリーズの新作として、大好評で迎えられました。

筆者も2ヶ月以上、毎日のように『Fallout4』をプレイし、大いに楽しませて貰いました。

そうなると、『Fallout4』の制作元である、ベセスダの次の新作が気になるのは当然ですよね。

そこで今回は、ベセスダの新作ゲームの噂や、最新ニュースなどを探ってみることにしました!

スポンサーリンク

 

ベセスダの新作ゲームの最新ニュース!

調べる男性

ベセスダ・ソフトワークスの制作ゲーム一覧を見ていて、気がついたことがあります。

それはベセスダの2枚看板、『ザ エルダースクロール(TES)』と『Fallout(FO)』シリーズの新作は、それぞれおよそ5年のサイクルで発表されていることです。

正確に5年ごとではありませんが、おおよそでは、その程度の間隔で発売されているのです。

ビッグタイトルの間には、DLC的な比較的小規模のタイトルも発売されています。

『The Elder Scrolls IV  オブリビオン』 (2006)

『Fallout3』(2008)

『Fallout: New Vegas』 (2010)

『The Elder Scrolls V  Skyrim』 (2011)

『Fallout4』(2015)

『Fallout3』と『New Vegas』は2年間隔ですが、オブリビオンとSkyrim、New VegasとFallout4は、ぴたり5年間隔となっています。

恐らくは、このクラスの規模のゲームを作るには、そのくらいの時間が必要だ、ということでしょう。

ベセスダの特徴として、できる限り外注には頼らず、社内制作を開発のメインにするというポリシーがあります。

それは実に素晴らしいことなのですが、その分、会社の負担や、スタッフの負担は増えてしまいますよね。

そこでスタッフの負担軽減のためというのが、ベセスダの制作サイクルが、間隔が空く理由なのでしょう。

このリストを見てすぐ気付くことは、

「次はTESだ!」

ということですね。

『Skyrim』は、2011年のリリースですから、順当にいけば、2016年か、2017年あたりにTESの新作が発売の可能性があります。

はたして『Skyrim』の次の、『ザ エルダースクロール』は、何という名称で、どんなゲームになるのでしょうか。

しかし、残念ながら現在の所は、筆者の予想だけで、『ザ エルダースクロール』新タイトルの話は全く出ていません。

そこで『Fallout 』、TES両シリーズ以外の、比較的小さいタイトルの話題を探ってみたところ、結構な数の新作がありました。

それらについても、ご紹介していきます。

 

ベセスダの新作ゲーム一覧のおすすめと発売日は?

黒板と男性

最初にお断りしておくことは、ご紹介するタイトルが全て発売されるとは限らないことです。

この一覧はあくまで噂の段階のものが大半なため、噂に留まるものもあるでしょう。

しかし、既に発売日が予告されているものもありますので、そのようなタイトルは、実際に発売される可能性は高いと思われます。

ベゼスタのおすすめゲームタイトル

1 DOOM

2 エルダースクロールズ レジェンズ

3 ディスオナード2

ベゼスタのおすすめゲームタイトル1 DOOM

ベセスダ e0ac0ced

これはアメリカのゲームの祭典『E3 2015』であった、ベセスダの発表からのニュースです。

ベセスダの公式サイトでは、発売日やプラットフォームも告知されていますので、『DOOM』新作の発売はまず間違いないでしょう。

『DOOM(ドゥーム)』は、1993年にid Softwareによって開発されたFPSで、発表当時は筆者もその動きの凄さに圧倒されました。

あくまで「その当時にしては」ですから、発表から20年以上後の現在のゲームとは、同列に比較はできませんが、それでもその印象は強烈でした。

今回、ベセスダが発表した『DOOM』は、そのリメイク的な作品のようです。

タイトル名 DOOM(ドゥーム)
ジャンル アクション
プレイ人数 1人以上 (マルチプレーあり)
発売日 2016年5月19日(木)
対応ハード PlayStation4/Xbox One/PC(ダウンロード版)
価格 ¥7,980(税抜)
対応言語 日本語音声/日本語字幕 、英語音声/英語字幕
対象年齢 18歳以上(CERO Z)

PCやPS4、Xboxなど、ほとんどのプラットフォームで発売されます。

内容は、群がる敵(デーモンなど)を蹴散らし、とっては投げち切っては投げ、という爽快極まりないものとなっています。(筆者の初代DOOMのプレイ経験では、です)

『DOOM』の大きな特徴としては、マップ製作が可能なことです。

『DOOM SnapMap』というマップエディターが付属していまして、カスタマイズや新マップの製作が可能です。

自身でカスタマイズが可能、そういう意味で、DOOMは、おすすめですね。

ベゼスタのおすすめゲームタイトル2 エルダースクロールズ レジェンズ

これも『E3 2015』でベセスダが発表したタイトルです。

なんと…

対戦型カードゲームになる模様だそうですよ。

ベセスダがカードゲーム?と聞いただけで、眉毛に唾をつけたくなりますが、PC、iPad用の戦略カードゲームで、発売日は2015年末リリースとあります。

しかし、その2015年末は過ぎていますが、今現在に至っても、リリースはされていません。

この情報はガセだったのでしょうか。

ベゼスタのおすすめゲームタイトル3 ディスオナード2

ディスオナ dishonored-2-announced-header

『Dishonored(ディスオナード)』の続編らしいです。

ステルス性を強調した緊張感溢れるゲームのようですね。

これもベセスダの公式サイトにトレーラーがありますので、発売は間違いないでしょう。

プラットフォームはPS4/XboxOne/PCで、発売日の予定は2016年春発売となっています。


 

これらの中で、筆者がおすすめしたいのは、新生『DOOM』です。

ベセスダの技術力とセンスで、あの『DOOM』の世界が再現されれば、相当すごいものが期待できそうです。

ただし、『Fallout』や『ザ エルダースクロール』のようなストーリー性は期待しない方がよさそうですね。

ベセスダ製『DOOM』が、どのようなものなるかはわかりませんが、少なくとも元祖『DOOM』では、ストーリーはあるといえばあるが、ないといえばない、というような微妙なものでした。

『DOOM』は、純粋にアクションを楽しむものという点を評価した方がよさそうてす。

 

まとめ

今回は、ベセスダの新作ゲームをテーマに見てきたのですが、こうして見てみると、

「ベセスダも結構色々なものに手を出しているのだな」

と感じました。

ベセスダというと、すぐ思い浮かぶのは『Fallout』と『ザ エルダースクロール』の2枚看板シリーズになってしまいます。

これは、やはり両シリーズが、それだけ良く出来たゲームということなのでしょう。

しかし、ベセスダには、それ以外にも、面白そうな新作ゲームを発売する予定がありますので、興味がある方は、ぜひこれを機に購入してみてはいかがでしょうか?