ゲーム

Fallout4(フォールアウト4)の絶対おすすめ初期ステ振り(special)

更新日:

『Fallout4』日本語版が発売されてから、はや1年以上の月日が過ぎました。

既にクリアしている人もいるでしょうし、そんなに好評なゲームなら、これからやってみようかと、考える人もいるかと思います。

しかし、『Fallout4』というゲームは、膨大なデータ量でわかるように、初めてプレイする人には、

「なんだかわからない!」

という部分があります。

『Fallout4』をプレイして、まず最初に考え込むのは、ステータスの振り分け。

通称『ステ振り』でしょう。

序盤で、S.P.E.C.I.A.L.と呼ばれる7つの基本的能力(ステータス)を、設定する画面があります。

そこでどのようにステータスを割り振ったらよいのか、迷ってしまう人が多いのです。

今回は、『Fallout4』の序盤のステータス割り振り(ステ振り)の案内と、もう一つの重要要素のPerksの紹介をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

336x280




fallout4の初期ステ振りのおすすめ!

最序盤で、プレーヤーの各要素を設定する画面があります。

性別や人種、容姿などは、各自の好みで設定すればよいのですが、ゲームで重要となる能力の設定は迷う人が多いと思います。

これがステータス振り分け(ステ振り)なのです。

S.P.E.C.I.A.L.と呼ばれる7つの要素に、手持ちのポイントを振り分けるのですが、まずその7つの要素を紹介しましょう。

S.P.E.C.I.A.L.とは、

  • Strength
  • Perception
  • Endurance
  • Charisma
  • Intelligence
  • Agility
  • Luck

この7つの頭文字を取って「S.P.E.C.I.A.L.」というわけです。

全部で28ポイントを、以下の要素にステ振りします。

いずれも最大値は10です。

Strength

筋力 持ち運び重量と近接攻撃力に影響する

Perception

知覚・第六感 VATSでの命中率に影響する

Endurance

健康・耐久 HPの最大値に影響する

Charisma

カリスマ 説得力 会話チャレンジの成功率、取り引きの価格に影響する

Intelligence

知能 獲得する経験値量に影響する

Agility

敏捷性 ステルスの成功率と消費AP量に影響する

Luck

運の良さ クリティカルヒット率に影響

まずは、自分がプレーしたい主人公のタイプを考えるべきです。

銃撃戦がしたいのか。

素手の殴り合いが好みなのか。

スニークやカギ開けが趣味なのか。

技術的な問題解決が主なのか。

それらによって割り振るべきポイントは、自ずと決まってきます。

と言っても、実はこのステ振りは、それほど深刻に考える必要はありません。

レベルアップ、進行中の行動によっても、能力は変わります。

それに

Perks

というある意味S.P.E.C.I.A.L.より重要な能力もあります。

なので、最初に設定したS.P.E.C.I.A.L.では、Fallout4をクリアできないわけではありません。

あまり極端なステ振り設定をしないかぎり、それほど神経質になる必要はないでしょう。

 

では実際に、『Fallout4』のステータスの、タイプ別のステ振り例をいくつか紹介しようと思います。

あくまで一例なので、数値が1つくらい違っても、さして大きな変化はありません。

ただし、『Fallout4』では、これまでのシリーズに比べて、戦闘が多くなっています。

よりFPSに近くなったわけですね。

なので、HPや攻撃力に関するS.P.E.C.I.A.L.は、ある程度は優先的に確保すべきだと思います。

また、Charismaはスピークチャレンジに影響するので、これもある程度は欲しいところです。

Fallout4のステ振りの例1 人間万事中庸型

各要素にほぼ均等に割り当てます。筆者おすすめです。

無難ですが、特殊な能力を伸ばしたい人には適さないでしょう。

Strength:5

Perception:4

Endurance:5

Charisma:5

Intelligence:3

Agility:3

Luck:3

Fallout4のステ振りの例2 脳筋殴り合いタイプ

近接戦を好む人向けです。

Strength:10

Perception:4

Endurance:7

Charisma:2

Intelligence:1 

Agility:3

Luck:1

Fallout4のステ振りの例3 スニークカギ開け主体

スニークとカギ開けに特化した振り分けです。

戦闘にはあまり向いていません。

Strength:3

Perception:3

Endurance:4

Charisma:4

Intelligence:3 

Agility:10

Luck:3

Fallout4のステ振りの例4 技術者タイプ

ワークショップでゴリゴリと製作に励みたい方向きです。

Strength:3

Perception:4

Endurance:5

Charisma:2

Intelligence:10

Agility:2

Luck:2

先ほど触れた、Perkについても紹介します。

Falloutシリーズでは、S.P.E.C.I.A.L.とは別に

『Perk』という特殊な能力があります。

実はこのPerkの方が、S.P.E.C.I.A.L.よりゲームに対する影響が大きいと筆者としては考えています。

しかし、PerkはS.P.E.C.I.A.L.のように初期設定でステ振りのように割り振ることはできません。

Perkは、レベルが上がるごとに1つずつ修得していくのです。

 

 

Perksとは?

前項でS.P.E.C.I.A.L.のことを紹介しました。

そこでは、Falloutシリーズではそれとは別に、『Perks』という重要な要素が有ります。

「ある意味、S.P.E.C.I.A.L.よりも重要かも」

とも書きました。

なぜそんなに重要なのか、その理由を説明しましょう。

S.P.E.C.I.A.L.は主として、身体的精神的な基本の能力です。

一方で、Perksは基本能力というより、

特定のジャンルに特化した特殊な能力

なのです。

そのPerksの数は膨大なもので、約70もあり、それにプラスPerksのランクがあるものもあります。

ここでは代表的なもの・重要なもの・特異なものなとに絞ってお話していきましょう。

まずPerksの定義ですが、「特定のジャンルに特化した特殊な能力」ということになります。

このPerksは、レベルが1上がるごとに一つだけ習得することができますが、Fallout4ではレベルの上限はありません。

なので、レベル70に到達すれば、全てのPerksを修得できるわけです。

また、Perksはいつでも修得できるものと、レベルやS.P.E.C.I.A.L.による制限があるものがあります。

それでは代表的な、あるいは変わったPerksのいくつかを紹介しましょう。

Fallout4のPerks

Animal Friend

自分のレベル以下の動物を、自分を攻撃しないように従わせます。

必要S.P.E.C.I.A.L.はCharismaで、3段階のレベルで2になると、敵を攻撃する命令を出すことができます。

同じくレベル3では、特殊な命令を出すことができます。

野生動物のドッグミート化というわけですね。

Pickpocket

これはスリの能力が向上します。

必要S.P.E.C.I.A.L.はPerceptionです。

ランクは1-4まであり、4になると相手が装備しているアイテムまで盗めます。

Steady Aim

これはStrength系のPerksで、腰だめ射撃の命中率が上がるというもので、案外便利なものですよ。

ランクが上がるほど命中率は上がりますが、4ではクリティカルヒットになる時もあります。

Canniba

Endurance系のPerksで、亡くなった人間の身体を食べると体力が回復するという、ブキミなものです。

あまり使いたくないPerksですね。

Hacker

Intelligence系のPerksですが、これは非常に便利ですので、ぜひ積極的に取得すべきです。

ターミナルなどをハッキングして開ける、というものですが、ランク3ではmasterも開けられます。

またレベル4になると、失敗してもターミナルから閉め出されることがなくなります。

Ninja

ニンジャもありますよ!

Agility系のPerksですが、スニーキングアタックが強力になります。

レベルは最大で3までですが、3では遠距離が3.5倍になり、近距離では10倍になるのです。

Idiot Savant

これはLuck系ですが、取得経験値が3-5倍になる『可能性』が、ランダムで得られます。

あくまで可能性で、いつも必ず数倍の経験値が得られるわけではありません。

面白いのは、このPerksではS.P.E.C.I.A.L.のIntelligenceが低いほど、確率が上がるのです。

おバカタレントという言葉がありますが、これはおバカウェイストランダーということでしょうか。

ここに挙げたもの以外にも、有用なPerksはたくさんあります。

PerksのCGを見比べながら、「どれにしようかな?」と悩むのも、また楽しいものですね!

 

まとめ

今回は、『Fallout4』のステータス割り振り(ステ振り)やPerksなどを紹介しました。

改めて『Fallout4』というゲームは奥が深く、人を魅了するものがあると感じさせられます。

ぜひ、いろいろステ振りして何回も『Fallout4』を遊んでみてください。

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-ゲーム

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.