2015年12月に発売された『Fallout4』は、特異な世界観と美しいグラフィックで大好評でした。

『Fallout4』の舞台は、アメリカ東部のボストン周辺で、Falloutシリーズでは「ウェイストランド(廃棄物又はくずの土地)」という言葉があります。

ウェイストランドは、『S.T.A.L.K.E.R.』(ウクライナ製FPS 熱狂的なファンが多いことで有名)での「ゾーン」にあたる、Falloutシリーズの舞台である土地を指す言葉です。

それが『Fallout4』では、ボストン周辺にて、繰り広げられる冒険が、『Fallout4』の物語なのです。

今回、当記事では、『Fallout4』の重要な要素である派閥について、ご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

 

fallout4攻略 各派閥の紹介!

Fallout4では「派閥」という要素が、ゲーム進行に重要となっています。

プレイヤー(主人公)は、必ずどこかの派閥に属して、プレイを進めることになります。

つまり、どの派閥に属するかで、fallout4の進行(ゲームの内容)が全く変わってきますし、それによって当然、攻略も変わってきます。

そして、派閥によってそれぞれのエンディングがありますので、全てのエンディングを見るためには、どの時点でどのように分岐するのか、それを知っておくことが重要になります。

それでは派閥をご紹介しましょう。

派閥にはMinutemen、BoS、railroad、Instituteの4つがありますが、これらは序盤から中盤までは、掛け持ちで所属することも可能です。

fallout4の派閥1 Minutemen

Minutemen WS000502

Minutemenという集団は、史実として歴史上に実在しています。 

もちろん、派閥としてではなく、独立戦争の時の民兵としてです。

「Minute men」という名前の由来は、助けを呼べば1分(Minute)で駆けつけるということからの命名だそうです。

ゲーム内では、2180年頃、Beckerを中心として結成され、自分達の生活を守ってくれるありがたい存在として、市民に信頼されていました。

しかし、その後はリーダーがダメ人間のため、次第に市民達の信頼を裏切るようになり、ついには敵との戦いで全滅寸前の状態となってしまいました。

最後に生き残ったリーダーの1人、プレストン・ガーベイは、ふとした縁で主人公と知り合い、主人公の助けにより次第に勢力を拡大するようになります。

fallout4の派閥2 BoS

BoS WS000056

Brotherhood of Steelが正式名称です。

こちらは完全に架空の組織ですが、モデルはアメリカ陸軍のようです。

武力とテクノロジーを重んじる武装集団で、たいへん戦闘的ですが、組織としては宗教的な階級となっています。

とくに市民を虐げるということではないのですが、敵対する組織には徹底した攻撃を加え、壊滅させた上で、テクノロジーなどを奪いとります。

ちなみに、『Fallout3』でのBoSは、BoSとしてはやや例外的な存在だったようで、理想主義的な指導者のエルダー・リオンズにより、テクノロジー取得よりも市民の保護に重きを置く存在として、市民からは支持を得ておりました。

『S.T.A.L.K.E.R.』では、militaryかDutyにあたります。

fallout4の派閥3 Railroad

Railroad WS000192

これも原型は史実として実際に存在していました。

19世紀のアメリカ南部で、黒人を逃亡させる手助けをしていた「Underground Railroad」がモデルです。

ゲーム内では、黒人ではなく「人造人間(Synth)」と呼ばれる、Instituteにより製造されたアンドロイドを、逃亡させる手伝いをする組織です。

当然、Instituteとは敵対関係になっていますが、人造人間を脅威とする市民にも、快くは思われていません。

そのため、アングラ的な雰囲気と、実際にアングラにある本部を持っています。

Institute以外にも、BoSと敵対関係になりますが、Minutemenとは最後まで敵対関係にはならないようです。

ちなみに、Railroadは『Fallout3』にも登場します。

リベットシティでは人造人間が登場しますが、その人造人間を助けるために、Railroadの一員が登場したりしているのです。

fallout4の派閥4 Institute

Institute WS000208

ゲーム内では、Instituteは「the Commonwealth Institute of Technology(CIT)」という、アメリカでトップクラスの大学にいた科学者達によって設立された組織、とされています。

モデルはMIT(マサチューセッツ工科大学)らしいですね。

BoSとは別な意味でテクノロジーを尊重し、核戦争以後、衰退した科学技術の再建と、それによるユートピアの確立が目的のようです。

目的を果たすための手段として、人造人間の製造を始めたのですが、自分達の理想の社会を作るめには、一般市民をさらって、その人そっくりの人造人間に置き換えたりもしています。

この人造人間は、当初のモデルは一見して人間ではないことが一目瞭然のものでしたが、現在の第三世代では人間とは全く見分けることができないほど、進歩しています。

当然、Railroadとは最初から敵対関係ですが、他の派閥からもあまり快くは思われていません。


この他にも加入することはできませんが、raidersという山賊集団なども登場します。

これは『S.T.A.L.K.E.R.』でいえばBanditにあたる集団で、乱暴極まりない連中ですから、近寄らない方が無難ですね。

さて、おすすめの派閥は何か、ということになりますが、正直に言って

「どれでもよい」

です。

実に無責任な言い方ですが、分岐点までは他の派閥と掛け持ちができますし、それにより特に大きな支障があるわけでもありません。

とはいえ、Falloutシリーズに慣れていない方には、いきなりBoSやInstituteはしんどい(というより、訳がわからなくなる)かもしれませんので、まず、最初の派閥加入はMinutemenあたりをおすすめします。

比較的戦闘が少なく、クエストも容易なものが多いからです。

 

fallout4攻略!派閥へ加入する方法を紹介

黒板と男性

まず、『Fallout4』での派閥ですが、先ほども述べたように、Minutemen、BoS、Railroad、Instituteの4つがあります。

これらのは派閥は、ある時点までは複数の派閥に加入して、掛け持ちで進行させることが可能ですが、最終的には特定の派閥を支持しなければなりません。

派閥に加入する方法と条件は、以下のようになります。

fallout4の派閥:Minutemenに加入する方法

自由博物館でプレストン・ガーベイと会い、彼のクエストを進めます。

そしてガーベイ達と共にサンクチュアリを目指すのですが、この状態でMinutemenに加入していることになっているようです。

この他にも加入の方法はあるようで、要するに、どこかの地点でプレストン・ガーベイと会い、彼のクエストを進めれば、Minutemen加入ということになるようです。

fallout4の派閥:BoSへ加入する方法

ケンブリッジ警察署に行き、グールと戦っている男(パラディン・ダンス)を助けて会話して、BoSに助力をし、クエストをクリアすれば、参加可能となります。

fallout4の派閥:Railroadへ加入する方法

Railroadへの参加の方法は、やや複雑です。

まず、ボストンコモンに行き、パーク・ストリート駅近くにいたツァーボット(案内ロボット)と話すと、ボストン・コモンの歴史やフリーダムロードについて話してくれます。

このフリーダムロードを調べることが、Railroad加入の条件なのです。

パーク・ストリート駅近くで、Freedomの看板と丸いプレートを探します。

その看板が見つけてそれを調べると、「7 A」というヒントが出ます。

その近くには道に赤い線が続いていますので、これを辿って行きます。

途中、要所要所に似たようなヒントがありますので、全て調べてメモしておきます。

(注 メモしなくても大丈夫です。 謎解きは至極簡単ですので)

こうして赤い線を辿ると、「オールド・ノース・チャーチ」に着きます。

広間から右手の通路に入り、少し進むと地下への階段があるので、これを下ります。

さらに進むと、壁にあのプレートがかかっている所につきます。

このプレートは、右側の縁にフォーカスを合わせ、Fキーを押すと時計回りに、左側の縁に合わせてFキーを押すと、反時計回りに回ります。 

こうして、これまで取得したヒントの順で入力するのですが、この奥には『Railroad』の本部があります、と書けば、「メモしなくても大丈夫」と前に書いた意味がおわかりですよね。

回し方ですが、赤い矢の位置に所定の文字が合致するように回し、そして中央のボタンを押します。 

これをヒントの通りに8回繰り返すと、重々しい音が響いて今まで壁だった所が開きます。 

この奥がRailroadの本部で、デスデモーナという美人と話して、クエストをクリアすれば、無事Railroad加入となります。

fallout4の派閥:Instituteへ加入する方法

Instituteについては、他の派閥に加入して、ある程度クエストを進めないと加入できません

他の派閥ではどこかの時点で、Instituteに潜入するクエストがありますが、おおむね、終盤か終盤近くの時点となっています。

ダイヤモンドシティマーケットで、ジャーナリストのパイパーからインタビューを受けるクエストを受け、私立探偵のニック・バレンタインを探すことになります。

Vault114でニックと会い、ニックと共にケロッグを探すことになります。

ドッグミートに臭いを追わせ、ヘーゲン砦に入ります。

そしてケロッグを倒すと、Institute潜入となりますが、この例はBoS加入時のものです。

そして、Institute内でメインクエスト「Institutionalized」をクリアすれば、Institute加入となりますが、この時点でも他の派閥との掛け持ちは、まだ可能です。

 

fallout4攻略!派閥とエンディングの分岐点について

エンディングWS000342

これらの派閥は、ある時点までは複数の派閥に加入して、掛け持ちで進行させることが可能ですが、特定の時点でどの派閥を優先するかの決定を、しなければなりません

該当する分岐点前には、確実に複数のセーブデータを残しておき、必要なら分かりやすいセーブデータ名に、リネームコピーしておくことを、お勧めいたします。

セーブデータの例

Institute

Save426_9AED6317_68616C_Commonwealth_030609_20160117142832_30_2.fos

railroad

Save406_9AED6317_68616C_PrydwenHull02_030225_20160113140740_28_2.fos

などなどです。

それでは、敵対する派閥についても、まとめておきましょう。

fallout4の派閥:自身と敵対する派閥

・Minutemen  最終シーンでのInstitute以外はありません。

・BoS     Railroad Institute

・Railroad  BoS Institute

・Institute  BoS Railroad Minutemen

ただ、ゲームの進め方によっては、上記と異なる場合もありえます。

続いては、分岐点のまとめです。

fallout4の派閥:分岐点 Minutemen

Minutemenでの分岐点は、クエスト「Banished from the Institute」ですが、実際にはその1つ前のクエストが分岐点です。

それが「Inside Job」で、Institute潜入のクエストです。

これを進めると、一時的にInstituteに加入し、クエストを行うことになります。

そしてInstituteクエストを進めると、ファーザー(Instituteの頭目・主人公の○○)から会議があるので出席せよと言われます。

この会議がMinutemenルートとInstituteルートの分岐点になるので、会議に出席する前に、Minutemenルートに戻らなければなりません。

それが「Banished from the Institute」であり、要するに、Instituteと敵対するということです。

その方法は色々とあるようですが、筆者の場合は、Instituteの幹部を倒すなどの方法を試してみたのですが、全てだめでした。

Institute内部で倒してしまうと、敵(Institute)が押し寄せてきて、ファストトラベルができず外に出られないからです。

結局は、自分の○○であるファーザーを、MITのビルの上で倒すことで、そこからMinutemenの本部サンクチュアリにファストトラベルしました。

これで無事、「Banished from the Institute」が出て、Minutemenルートを進行できました。

fallout4の派閥:分岐点 BoS

いくつかの分岐点があるので、1つずつご紹介しますね。 

1 Railroadとの分岐点

クエスト「Tactical Thinking」で、キャプテン(船長)と話すと、Railroad殲滅となり、Railroadと敵対します。

Railroad関係のクエストがある場合は、キャプテン(船長)と話す前にやっておくべきでしょう。

2 Instituteとの分岐点

「Spoils of War」では、「ヘリリウム)撹拌機を入手する」クエストで、インスティチュートに通報するか、それともイングラムとともにベルチバードに乗ってマス・フュージョンビルに飛ぶかの選択が、分岐点です。

ここでも選択の前に確実にセーブしておくことをお勧めいたします。

fallout4の派閥:分岐点 Railroad

こちらもいくつかあるので、まとめてご紹介します。

1 BoSとの分岐点

BoSでの分岐点と同じです。 

BoSのクエスト「Tactical Thinking」で、キャプテン(船長)と話すと、Railroad殲滅となり、Railroadと敵対しますので、船長と話す前にRailroad本部に通報すると、Railroadルートとなります。

2 Instituteとの分岐点

クエスト「The Nuclear Option(Railroad)」を進めると、Institute殲滅となります。

fallout4の派閥:分岐点 Institute

こちらも、いくつかの分岐点があるので、まとめてご紹介します。

1 BoSとの分岐点

Mass Fusionでアリーと話すと選択肢となります。

話す前にセーブは必須です。

Relay to Mass Fusionを選ぶとBrotherhoodと敵対します。

2 Railroadとの分岐点

Powering Upで、リアクターにいるファーザーと話すと、Railroadとの分岐点になりますので、必ず話す前に、またはリアクターに入る前にセーブデータを残しておきましょう。

3 Minutemenとの分岐点

クエスト「Pinned」で、グレイガーデンでのMinutemenとの会話があります。

その際にInstituteを裏切るような選択肢を選択すると、Minutemenルートになってしまいます

常識的な選択肢を選べば、特に問題はありません。

 


以上が各派閥の分岐点ですが、ゲームの進め方によっては、若干の相違がある場合もありえます。

セーブはなるべく頻繁に行うことをお勧めいたします。

続いては、『Fallout4』のエンディングについてご紹介しますね。

『Fallout4』のエンディングに至る道のりは、各派閥で異なりますが、エンディングシーンそのものは、Instituteルート以外はほとんど同じです。

エンディングの後は、エンディングムービーとなり、ドッグミートを連れた主人公が、廃墟の彼方に歩み去っていくシーンで終わりとなります。

このシーンには、ぐっとくるものがありますね。

ただし、Instituteルートだけは独自のエンディングとなります。

生命維持装置に繋がれたファーザーとの切ない会話。

なんといっても、ファーザーは実の○○なのです。(詳細はゲーム内でご確認ください)

やがてファーザーは眠りに落ちます。

これも別な意味で、胸にしみるエンディングですね。

ちなみに、通常のゲームであれば、エンディングムービーの後はクレジットとなりますが、『Fallout4』ではクレジットはなく、そのままゲームが継続します。

つまり、フリープレイ状態になるわけです。

この時点でやり残しているサブタスクがあれば、それをすることも可能ですよ。

 

まとめ

『Fallout4』で筆者が感心したことは、『Fallout3』などで多かったCTDが殆ど無く、スクリプトエラーもほとんどなかったことです。

8GBメモリのマシンでの、Out of Memoryが時々出たくらいであり、安定したプレイが楽しめました。

このくらい安定していれば、安心してゲームを楽しめますね。

筆者としては全てのゲームがこのようになってくれれば、嬉しいのですが…

まぁ、パソコンでのゲームをしようと考えている方にとっては、スペック不足のパソコンを選ぶということはないと思うので、いらぬ心配かとは思いますが、念のため、パソコンのスペックには、お気をつけください。