サガン鳥栖の正ゴールキーパーである林彰洋選手が、結婚することになりました。

お相手は日テレジェニック出身のモデルで女優の広村美つ美さんです。

林彰洋選手は、195センチという長身ゴールキーパーで、ハリルホジッチ日本代表監督によって、ハリルジャパンの一員として召集されています。

そこで今回は、そのサガン鳥栖の林彰洋選手の、結婚相手のお嫁さんである広村美つ美さんとの出会いやきっかけなどを、探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

サガン鳥栖の林彰洋とモデルの結婚相手との出会いのきっかけ

林選手

まずサガン鳥栖の林彰洋選手とは、どんな選手なのか、簡単にご紹介しましょう。

林彰洋(はやし あきひろ)

生年月日 1987年5月7日
出身 東京都
学歴 流通経済大学卒業
身長 195センチ
体重 89キロ

ポジション ゴールキーパー
背番号 33

林彰洋選手が所属したサッカーチームは、イングランド2部 プリマス・アーガイルFC、ベルギー3部 ROCシャルルロワ、清水エスパルス、と様々なチームに在籍、そしてサガン鳥栖に移籍し、現在に至っています。

林彰洋選手の特徴はなんといっても、195センチの長身GKということですね。

そのポテンシャルを見込まれ、日本代表ではアギーレジャパンで召集されたことがありましたが、現体制のハリルジャパンでも召集されています。

そんな林彰洋選手ですが、実は、過去には外国人の彼女がいたという噂もありました。

しかし、これは全くのデマで、突然、結婚前提のおつき合いをしている彼女が、浮上しました。

それが、今回ご紹介する林彰洋選手のお嫁さんとなったモデルで女優の広村美つ美さんです。

広村美つ美さんは、あの高須クリニックのCMに出演していた、羽が生える女の子です。

広村美つ美さんのブログでも、林彰洋選手との交際が公表されています。

広村美つ美さんは、

「サガン鳥栖の林彰洋さんとお付き合いさせて頂いております。 結婚を前提に考えておりますので皆様暖かく見守って頂けると 嬉しいです」

とコメントしており、

 林彰洋選手も、

「女優の広村美つ美さんと以前から結婚を前提にお付き合いさせていただいています。力強い決断力を持ち、真っ直ぐに自分の気持ちを伝えられる方でそういうしっかりした一面に惹かれました。そして話をしていくうちに色んな悩みを分かち合える仲になりました」

とコメントしているという、大変な熱愛ぶりです。

さて、林彰洋選手と広村美つ美さんという、全く出会う機会がないように思われるお2人の、気になる出会いのきっかけですが、これがまた異色なのです。

お二人は、三年程前に共通の知人を通じて知り合い、ただの友人としての関係だったそうです。

その後、広村美つ美さんが膝の手術を受けた後のリハビリ中のことです。

林彰洋選手がサッカーのサガン鳥栖対FC東京の試合を見に行くよう、広村美つ美さんを誘ったそうですよ。

長いリハビリ期間にうんざりしていた広村美つ美さんは、よい気晴らしになると、喜んでサッカー観戦に出かけました。

そして、広村美つ美さんは、林彰洋選手の優しさと気遣いにひかれようになり、そこから交際するようになったとのことです。

また、林彰洋選手によりますと、今回の結婚に至るためにイタリアに旅行中にプロポーズしたそうです。

イタリアと言えばサッカーの本場、プロポーズするならここしかないと、前々から決めていたそうですよ。

帰国前日にホテルの部屋で

「これから大変なこともたくさんあると思うけど、一緒にいてくれますか?」

というのが、広村美つ美さんへの愛の告白のセリフだったとのことです。

広村美つ美さんは、

「すぐに『うん!』と答えて指輪をはめてもらいました。落ちついたらジワジワうれしくなって、最終的には泣いてました」

と言ったそうです。

なんとも感動的で、泣かせるシーンだったのでしょうね。

挙式については、現在では未定ですが、

「子供はできれば3人以上」

と広村美つ美さんは言っているそうですよ。

お二人には、今後幸せな家庭を築いてほしいと願っています。

 

林彰洋のお嫁さん・広村美つ美のプロフィールは?

広村美つ美

さて、林彰洋選手の結婚相手となる広村美つ美さんの、プロフィールなどを少しご紹介します。

広村美つ美(ひろむら みつみ)

愛称 みつみん みっちゃん

生年月日 1989年7月16日
出身 大分県
血液型 A型

身長 166センチ
靴のサイズ 23.5 センチ

学歴 大分県立日田林工高校卒業
所属 エヴァーグリーン・エンタテイメント

広村美つ美さんは、『セーラームーンミュージカル』に、「エスメロード」役として出演、その他『GO!JET.GO!GO!vol.3』など、舞台での活躍が多くなっています。

広村美つ美さん、実はかなり変わった経歴の持ち主だったりします。

上記のように、学歴が工業高校卒なのです。

工業高校といえば、まず、むさ苦しい男の世界というのが、一般的なイメージにあるのではないでしょうか。

工業高校における女子生徒は、全学年で数人いればいい方ですからね。

それなのに、なぜ広村美つ美さんのような美人が工業高校に…と、誰もが思いますが、その理由は明らかにされていません。

その工業高校で学んだために、広村美つ美さんには溶接やユンボ経験もあるとのことです。

そして、さらに異色の経歴ぶりを示すエピソードとして、2008年には、広村美つ美さんがパラオ共和国の親善大使に任命されているというところ。

実際に広村美つ美さんがパラオ共和国へ行き、大統領に花束贈呈、式典のパレードへの出席などの仕事をされたそうですよ。

また、経歴だけがすごいのではありません。

広村美つ美さんは、取得している資格も凄いのです。

その資格を見てみると…

計算技術検定3級
情報技術検定3級
建築CAD検定3級
硬筆準二段
毛筆準二段
弓道初段

と、まさに文武両道。

さらには絵も得意で、学校の絵の大会では、毎回のように賞をもらっていたそうです。

広村美つ美さんは、まさにマルチな技能を持ったスーパーガールと言うにふさわしい方だと思います。

 

まとめ

サガン鳥栖の林彰洋選手と、結婚相手の広村美つ美さんの出会いのきっかけなどをご紹介しました。

お2人に共通している特徴は、若いにもかかわらず、多様多彩な経験をされていること、そして色々と苦労もされていることですね。

いわば、大人の苦労人ということになります。

このような大人同士の結婚ならば、お互いに相手のことを思いあって、幸せな家庭を築き上げていかれることかと思います。

林彰洋選手と広村美つ美さんが、末永く幸せな生活を育まれますよう、筆者としても祈っています。