170センチというJリーグ選手としては、決して高くない身長で、Jリーグ初の12年連続2桁得点を記録するというのは、凄い記録ですよね。

12年のうち、2回はJ2での記録ですが、J1だけに限定しても連続7年、合計で10年の2桁得点となっています。

それだけの実績のある選手なのに、なぜか日本代表には選ばれない…

そんな選手が、サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手なのです。

そこで今回は、その佐藤寿人選手が日本代表に選ばれない理由や、佐藤寿人選手の年棒や、怪我の状況、そしてお嫁さんと子供のことなど、あらゆる面を探ってみようと思います!

スポンサーリンク

 

佐藤寿人のプロフィール!性格は真面目?

寿人 12677_ext_04_0

まずは佐藤寿人選手のプロフィールから見てみましょう。

佐藤寿人(さとうひさと)

1982年3月12日 生まれ
埼玉県春日部市 出身

身長 170cm
体重 71kg
サンフレッチェ広島 在籍

ポジション FW
背番号 11
左利き

佐藤寿人選手について、よく言われることは、人柄がよいということでしょう。

ある年、佐藤寿人選手はステージ優勝が決まった試合で、終了後直ちに審判のもとに走り寄り、握手したそうです。

普通ならば、ステージ優勝の喜びで仲間とはしゃぎ回り、審判のことなど目にも入らないと思うのですが、このあたりに、佐藤寿人選手の人柄のよさが滲み出ていますね。

佐藤寿人選手の性格は、真面目で人の悪口を言わず、礼儀正しくて常に他人への感謝の気持ちを忘れない、と言われています。

また、あるサッカーの試合場での試合の時に、試合場の芝について、珍しく佐藤寿人選手が歯に衣着せぬ発言をしたこともあります。

「こんな状況の芝で試合していたら、選手生命に関わる怪我をします 今季大分が勝てていないのは、選手のせいでも監督のせいでもなく、この芝のせいですよ」

とのこと。

これはサンフレッチェ広島のサッカー場についてではなく、大分トリニータのサッカー場についてです。

かなりはっきりとした物言いではありますが、他のチームのことについて、このようなことを言えるのも、佐藤寿人選手の真面目な人柄を表す一例でしょう。

 

佐藤寿人が日本代表に選ばれない理由はプレースタイル?

寿人 img_6

さて、本題に入ろうと思います。

なぜ、これだけの実績を持つ佐藤寿人選手が、日本代表に選ばれないのか?ということです。

色々な理由が考えられますが、1つには、高さ(身長)が足りないということが言えます。

これについては、日本代表の歴代監督でも、FWに高さを求める監督と、必ずしも高さは必要でないと考える監督の、両方がいたようです。

ザッケローニ監督時代には、FWには高さが求められたようで、ハーフナー・マイク選手などが典型ですね。

アギーレ監督も、どちらかというと、高さは必要と考えていたようです。

しかし、アギーレ監督は攻撃面でのFWの高さというよりも、FWの選手が守備に回った場合、例えば相手のコーナーキックなどでの、競り合い時のFWの高さということを、考えていたのではないかと思います。

それに比べて、現在のハリル監督は、FWの高さには拘らないようです。

現在の日本代表での主力FW、岡崎選手は決して高身長ではありません。

また、ハリルジャパンでは、本田選手が1トップの位置に入ることもありますが、本田選手もとくに高身長というわけでもありません。

佐藤寿人選手のプレースタイルの特徴は、攻守の切替の早さ、DFとの駆け引きの技術、裏を取るうまさ、判断力の速さと正確さなど、数多くの優れたものがあります。

こう考えてみると、佐藤寿人選手が日本代表に呼ばれないのが、ますます不思議になりますよね。

やはり、守備面での不安からということと、佐藤寿人選手のプレースタイルが、これまでの日本代表にスタイルが合致していないからかもしれませんね。

佐藤寿人選手は、シュートの上手さには飛び抜けたものがありますが、ポストプレーや、ボールを保持して溜めを作ったりすることについては、あまり目立ったところがありません。

このような理由で、佐藤寿人選手は日本代表に召集されることが、あまりなかったのではないか?

と、筆者は考えます。

佐藤寿人の年俸や怪我の状態は?

お金

佐藤寿人選手の年俸について見ていきましょう。

佐藤寿人選手の年棒は、ここ数年では、4500万円から6000万円で推移しているようです。

以下は、いずれもサンフレッチェ広島での年俸です。

2011年 5500万円
2012年 4700万円
2013年 5500万円
2014年 6000万円
2015年 6000万円
2016年 4500万円

Jリーグで1、2を争う選手の年俸として、これを高いと見るか低いと見るかは、微妙な所ですが、中村俊輔選手の1億3000万円から1億5000万円、遠藤保仁選手の1億3000万円からみると、かなり安いのではないかと思います。

チームに対する貢献度から見れば、佐藤寿人選手は、中村俊輔選手や遠藤保仁選手の半分以下とは、到底考えられませんからね。

怪我については、佐藤寿人選手はかなり多い方ではないでしょうか。

2010年の右肩脱臼、2013年の右内転筋痛、2014年のFC東京との練習試合での怪我、そして今度は、2016年のゼロックススーパーカップでの筋肉痛で途中退場など、かなりの頻度で怪我をしています。

幸いにも、ゼロックススーパーカップでの怪我は、大きな怪我ではなく、既に試合に復帰しているとのことです。

佐藤寿人の嫁と子供(息子)は?

指を指す男性

佐藤寿人選手には、双子の兄がいます。

その双子の兄というのが、ジェフユナイテッド市原の佐藤勇人選手なのです。

兄弟でサッカー選手というのは、割とあるのですが、双子となると、さすがに少ないですよね。

双子のプロサッカー選手といえば、同じサンフレッチェ広島の森崎兄弟と、この佐藤兄弟くらいではないでしょうか?

双子の兄以外に特筆すべき、佐藤寿人選手の家族は、お嫁さんと二人の息子さんと3匹のペットの愛犬たちです。

お嫁さんは、一般人女性の佐藤奈央さんという方で、結婚したのは佐藤寿人選手が、まだ21歳の時でした。

佐藤寿人選手とお嫁さんとの間に生まれた2人の子供(息子)さんは、 長男が玲央人くん、次男が里吏人くんと言い、かなり変わった名前ですね。

それぞれ玲央人(れおと)くん、里吏人(りりと)と読みますが、この名前を読める人はあまりいないのではないでしょうか。

お嫁さんの奈央さんは、栄養面のバランスを考えて食事を作るなど、佐藤寿人選手の体調管理には気を配っているそうです。

また、家族との心温まるエピソードとして、佐藤寿人選手は、自分のスパイクに家族の名前を刺繍しているとのことで、いつでも家族のことを考えているという、とても家族想いのいい話です。

そして、最後に、佐藤寿人選手の残りの家族である3匹の愛犬についても、触れようと思います。

佐藤寿人選手は大の犬好きということで、「ピッポ」「ゴン」「ムサシ」の3匹の犬を飼っています。

「ピッポ」は尊敬するインザーギ選手の愛称から、「ゴン」はインザーギ選手同様に尊敬するFWの中山雅史選手の愛称から、「ムサシ」は好きな漫画の主人公、宮本武蔵から名付けたそうですよ。

 

まとめ

こうして、サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手について、ご紹介してきましたが、やはり一番不思議なのは、

『なぜ佐藤寿人選手が日本代表に選ばれないのか?』

という点でしょうね。

佐藤寿人選手は、実力も実績も申し分ないのですが、その時の日本代表監督とプレースタイルが合わなかったりで、日本代表には選ばれないことが多いというのが、なんとも悲しいことです。

これが巡り合わせの運というものなのでしょうか。

しかし、今回のハリルジャパンになってからは、また少し風向きが変わってきたようなので、これまで日本代表には縁がなかった佐藤寿人選手や、大久保選手にも、大きな舞台での出番が回ってくるかもしれません。

日本代表に招集されることがあれば、佐藤寿人選手の持ち味を活かし、得点を量産し、大活躍を期待したいです!