フィギュアスケートファンには待ち遠しかった、フィギュアスケートの祭典『世界フィギュアスケート選手権』(以下世界フィギュア)が間近となりました。

国際スケート連盟主催のメインイベントとして、2016年には106回目の開催となります。

選手にとっては、五輪と同等のポイントが得られる重要な大会ですが、フィギュアスケートファンにとってもオリンピックと並ぶ関心の的ですね。

当記事は、華麗なフィギュアスケートの祭典、世界フィギュア2016の日程と代表メンバーなどを中心に、まとめてみました!

スポンサーリンク

 

世界フィギュア2016の日程と採点ルール!

調べる男性

基本的に、世界フィギュアでの競技種目は、男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの4種目です。

それでは、2016年に開催される『世界フィギュア2016』の会場から、まずは確認してきましょう。

『世界フィギュア2016』の開催地となるのは、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンです。

NBA(バスケットボール)やNHL(アイスホッケー)の本拠地でもある屋内競技場で、全米フィギュアスケート選手権なども、ここで行われました。

収容能力は最大で18624名と、屋内競技場としては非常に大きいですね。

『世界フィギュア2016』の日程は、以下の通りですが、アメリカと日本との時差は13時間ほどあるため、わかりやすいように時間は全て日本時間で表記します。

世界フィギュア2016の日程

2016年3月30日(水)

18:00~23:17 アイスダンスSD
31日 1:00~1:45 開会式
31日 2:00~6:56 男子SP

2016年3月31日(木)

20:15~4月1日(金) 1:53 女子SP
4月1日(金) 3:30~6:49 アイスダンスFD

2016年4月1日(金)

21:15~4月2日(土) 0:46 ペアSP
4月2日(土) 2:45~6:52 男子FS

2016年4月2日(土)

20:54~23:53 ペアFS
4月3日(日) 3:00~6:55 女子FS

2016年4月3日(日)

22:00~4月4日(月) 0:15 エキシビジョン 

ここで、フィギュアスケートの採点基準などを、簡単にご紹介しましょう。

用具は、専用のフィギュア用のスケート靴を着用します。

先端にトウピックと呼ばれるギザギザがついているのが特徴で、これでスピンやジャンプをします。

これは、スピードスケート用のスケート靴にはないものですね。

そして次に、フィギュアスケートでよく問題になる点数ですが、この点数基準というのが、非常に複雑難解です。

基本的には技術点演技構成点の合計となります。

技術点は、演技中に行った技に対して与えられるものです。

ジャンプや回転などの技には、それぞれ基礎点があり、難易度によって基礎点が決められるわけです。

それに各審判が、出来栄え点をプラスマイナスして、技術点が決まります。

難しい技を多数取り入れれば、点数は高くなりますが、失敗すれば減点の対象となり、点数が出ない場合もあります。

逆に、平凡な技が多くても、全て成功すれば高い得点になることもありえるのです。

このあたりで、毎回のように、

「難しい技が多かったのに点数が低い」

とか、

「あんな低難度の技ばかりなのに、高得点だ」

とか、採点で揉めるわけですね。

もう1つの採点要素が演技構成点で、これは演技の芸術性などの点数です。

こちらは1つ1つの技に対してではなく、演技全体を通しての採点となります。

 

世界フィギュア2016の日本代表メンバーを紹介!

指を指す男性

2015年12月27日に、日本スケート連盟から、世界フィギュア2016の代表メンバーが発表されました。

フィギュアスケートの世界選手権では、前年の成績により、その国の出場枠が決まります。

2016年度の日本の出場枠は、以下の人数です。

男子シングル 2名
女子シングル 3名
ペア     1組
アイスダンス 未定(ミニマムスコアが取れた場合1組)

この出場枠は、今回の出場選手の上位2名の順位が13位以上ならば、次回の大会に3名が出場できるようになります。

続いては、現在判明している代表メンバーです。

世界フィギュア2016 男子シングル

羽生結弦 最早説明は不要でしょう。優勝候補の筆頭です。
宇野昌磨

世界フィギュア2016 女子シングル

宮原知子 前大会の銀メダリストです。
浅田真央 これまた説明は不要ですね。どこまで復調しているのか注目です。
本郷理華

世界フィギュア2016 ペア

須藤澄玲/フランシス・ブドローオデ(カナダ)組

世界フィギュア2016 アイスダンス

未定(ミニマムスコアが取れた場合1組)

また、日本だけでなく、海外でも世界フィギュア2016の代表メンバーが決まりつつあります。

世界フィギュア2016 アメリカ代表

男子シングル

Max Aaron
Nathan Chen
Adam Rippon
Grant Hochstein

女子シングル

Polina Edmunds
Gracie Gold
Ashley Wagner

ペア

Tarah Kayne/Daniel O’Shea
Alexa Scimeca/Chris Knierim

アイスダンス

Madison Chock/Evan Bates
Madison Hubbell/Zachary Donohue
Maia Shibutani/Alex Shibutani

世界フィギュア2016 カナダ代表

男子シングル

Patrick Chan
Liam Firus

女子シングル

Alaine Chartrand
Gabrielle Daleman

ペア

Meagan Duhamel/Eric Radford
Julianne Seguin/Charlie Bilodeau
Lubov Ilyushechkina/Dylan Moscovitch

アイスダンス

Kaitlyn Weaver/Andrew Poje
Piper Gilles/Paul Poirier
Elisabeth Paradis/Francois-Xavier Ouellette

これらの強豪選手たちと戦う日本の選手ですが、羽生結弦選手、宮原知子選手には、優勝や上位入賞のチャンスは十分にあると思います。

浅田真央選手に関しては、ブランクが長かっただけに、コンディションと試合勘は戻っているのかが心配です。

彼女に関しては、それが世界フィギュア2016での上位入賞のポイントになりそうですね。

前回は羽生選手と宮原選手が銀メダルでしたので、今回は金メダルを期待したいところですね。

世界フィギュア2016のテレビ放送の予定ですが、現状では未定です。

例年通りであれば、フジテレビ系列で、大会の当日または翌日に放送があると思われます。

 

まとめ

2016年3月30日から4月3日にかけて行われる『世界フィギュア2016』ですが、日本からは羽生選手、宮原選手という優勝候補の二人が出場します。

そして、もう一人、浅田真央選手も注目の的です。

はたして復調の状態はどの程度なのでしょうか。

往年のフィギュアスケートのキレは戻っているのでしょうか。

そういった意味も込めて、世界フィギュア2016は、色々と見所の多い大会ではありますし、日本代表にぜひとも頑張ってもらいたいところですね。

以上、世界フィギュア2016の日程と代表メンバーについてでした!