皆さんは、『パックマン』のことはご存知でしょうか?

ここでいうパックマンは、ゲームやコミックのキャラクターのパックマンではありません。

マニー・『パックマン』・パッキャオ選手のことなのです。

パッキャオ選手は、フィリピンのプロボクサーで、数々のタイトル奪取と、名試合により、フィリピンの国民的英雄と呼ばれています。

現在でもフィリピンで国会議員としてパッキャオ選手は、政治家を兼業をしており、未来のフィリピン大統領の最有力候補とまで言われているのです。

そこで今回は、そんなパッキャオ選手が、英雄とまで讃えられるのは、どれくらい凄いボクサーなのか。

そのボクシングスタイルと、パッキャオ選手の身体能力として有名な腹筋、そしてその筋トレ方法や、彼の年収などについて、迫っていきます!

スポンサーリンク

 

パッキャオのプロフィールや戦績を紹介!

パッキャオ

まずは、マニー・『パックマン』・パッキャオ選手の簡単なプロフィールからご紹介していきましょう。

本名 

エマヌエル・ダピドゥラン・パッキャオ

ニックネーム

パックマン

出身

1978年12月17日生まれ 国籍:フィリピン

階級

ライトフライ級でスタート~スーパーウェルター級まで

身長

169cm リーチが170cm

タイトル

史上2人目の6階級制覇王者

戦績

64試合 57勝(KO38)5敗2引き分け

と、これが、パッキャオ選手のプロフィールです。

一応、パッキャオ選手の戦績についても、ご紹介しましたが、ボクシングに詳しくない方には、この凄さがピンと来ないかも知れません。

ボクシングのルールでは、階級が体重別に細かく分かれ、その階級の中での戦いとなります。

なぜ細かく分かれているのかというと、ボクシングは他のスポーツに比べて、体重によるハンディキャップが非常に大きいからです。

ボクシングでは、一階級上がると、もはや別の世界などと言われています。 

1kgの違いでも、パワーやパンチ力、それにダメージへの耐久度に、大変な相違があるのです。

それほど体重差による総合力の違いがあるということですね。

そして、こちらがパッキャオ選手の取ってきた世界タイトルの一覧です。

第31代WBC世界フライ級チャンピオン 
第11代IBF世界スーパーバンタム級チャンピオン 
第28代WBC世界スーパーフェザー級チャンピオン 
第33代WBC世界ライト級チャンピオン 
第14代第16代WBO世界ウェルター級チャンピオン 
第42代WBC世界スーパーウェルター級チャンピオン

フライ級の体重リミットは50.8kg

スーパーバンタム級は55.34kg

スーパーフェザー級は58.97kg

ライト級は61.23kg

ウェルター級は66.68kg

スーパーウェルター級は69.85kg

となっています。

フライ級の50.8kgからスーパーウェルター級の69.85kgには、なんと19kg以上の体重差があるのです。

しかも、フライ級とスーパーウェルター級の間には、上記の取得タイトル以外の階級として、スーパーフライ、バンタム、フェザー、スーパーライトの4階級が存在します。

パッキャオ選手のスタートした階級は、ライトフライ級なので、ライトフライ級からスーパーウェルター級に上がるということは、『10階級上がる』ということになります。

日本のプロボクサーでは、3階級制覇で大騒ぎとなりますが、パッキャオ選手は、その3倍以上の階級を駆け上がったわけです。

それだけ見ても、いかにパッキャオ選手がモノ凄いボクサーなのか、おわかりいただけると思います。

パッキャオ選手が特にすごいのは、試合の内容や、そのボクシングスタイル。 

目にも止まらぬ動きで相手を翻弄し、信じられぬ程の速さの踏み込みから、迫力満点の豪腕の左ストレートで相手をなぎ倒すという、豪快かつ爽快な試合になるボクシングスタイルです。

パッキャオ選手の試合の観客の方々は、さぞすっきりした気持ちを味わい、試合を存分に楽しめたことでしょう。

さらに、パッキャオ選手が驚異的なのは、通常のボクサーの場合、階級を上げると、パワーはつくものの動きが鈍くなるという傾向があります。

しかし、パッキャオ選手には、それは当てはまりません。

階級を上げても、軽い階級の時と同様の俊敏な動きを保っていたのです。

 

パッキャオの身体能力の秘訣は異常な筋トレ?

驚く男性

では、パッキャオ選手の驚異的な身体能力は、どのようにして培われたのでしょうか?

名コーチと言われたフレディ・ローチさんの元で、専門フィジカルトレーナーが作製した、プライオメトリックエクササイズという方法で、パッキャオ選手は筋トレを行っているそうです。

これがなんと、筋トレの腹筋1400回です! 

決してタイプミスではなく、正真正銘の腹筋1400回です。 

筆者であれば、何十日とかけて行う腹筋回数を、わずか1日でこなしてしまうのですから、パッキャオ選手が驚異的な身体能力を持っていても、当然ですよね。

もちろん、その他のトレーニングとしてランニングや、ジムでのミット撃ち、シャドーボクシング、スパーリングもあります。

その効果のほどがどうなのかは、パッキャオ選手の写真や動画をみれば一目瞭然です。

思わずため息が漏れるような、見事な肉体美ですよね。

 

パッキャオの年収はいくら?

では、ボクシングで伝説の英雄となったパッキャオ選手は、一体どれくらいの年収となっているのでしょう?

まず、参考までに、2015年度のスポーツ選手の年収上位10名のリストをご紹介しましょう。

1 フロイド・メイウェザー・ジュニア ボクシング 3億ドル
2 マニー・パッキャオ  ボクシング 1億6000万ドル
3 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 7960万ドル
4 リオネル・メッシ  サッカー 7380万ドル
5 ロジャー・フェデラー  テニス 6700万ドル
6 レブロン・ジェームズ  バスケットボール 6480万ドル
7 ケビン・デュラント  バスケットボール 5410万ドル
8 フィル・ミケルソン ゴルフ 5080万ドル
9 タイガー・ウッズ  ゴルフ 5060万ドル
10 コービー・ブライアント バスケットボール 4950万ドル

いかがでしょうか。

ロナウド、メッシ、フェデラー、ウッズと言った、お馴染みのスポーツ選手の名前がずらりと勢揃いしていますが、パッキャオ選手は、その中での堂々の2位です。

同じくボクシングのメイウェザー選手は別格ですが、それでもパッキャオ選手の年収は、約180億円ということになります。

メッシやロナウドの2倍以上、あのタイガー・ウッズの3倍です。

年収の面を見ても、もう凄すぎますよね。

もっとも、ボクサーの場合は、その年の対戦相手により、年収は大きく上下しますので、ここ数年のパッキャオ選手の平均年収は、およそ40億円と言われています。

日本のサラリーマンが、一生かけて稼ぐお金が、平均として2億円から2億5千万円と言われていますので、パッキャオ選手は日本のサラリーマンの数十年分を、たった1年で数十倍も稼いでしまうわけです。

いやぁ、筆者のような貧乏人には、もう想像もできず言葉もない数字です…

 

まとめ

こうしてマニー・『パックマン』・パッキャオ選手のボクシングスタイルや、腹筋などの筋トレ、そして年収などをまとめてみましたが、筆者としては、ただ凄すぎるとしか言いようがありません。

これならパッキャオ選手が、フィリピンの大統領候補の最有力と言われるのも、もっともなことですね。

ただ残念なことに、パッキャオ選手は2016年限りでボクシングの現役を引退する意向のようです。

以前行われたメイウェザー戦でも、パッキャオ選手の引退という話がありましたが、その試合内容がパッキャオ選手本人としては、とても納得できなかったようで、ラストにもう一試合ということになったらしいです。

ともあれ、これでパッキャオ選手の雄姿ともお別れかと思うと、名残惜しい限りですね…。

パッキャオ選手の最後の雄姿は、ぜひこの目に焼き付けておきたいと思います!