多くはスギなどの花粉によるアレルギー性鼻炎や、目のかゆみなど、なにかとこの花粉が舞い散る季節になると、非常なストレスを感じるほど辛い症状に悩まされる花粉症。

既に、日本各地で花粉の飛散が始まり、アレルギー症状で多くの人が苦しんでいるようです。

さて、そんな厄介な花粉症対策に対して、有効な効果が期待されるモノとして、『花粉症の退治液』というものがあることをみなさんご存知でしょうか?

この『花粉症の退治液』とは、一体どのような効果をもたらすものなのでしょうか?

単純に花粉症対策の薬なのか?

花粉症対策の薬だとするならば、それは飲み薬なのか?それとも塗り薬?

などなど、数々の疑問がありますし、『花粉症の退治液』を使うと、どのような効果をもたらすのかとても気になりますので、本記事で探っていくことにします!

スポンサーリンク

 

花粉症の予防対策グッズである退治液とは?

liu

毎年、花粉アレルギーによって、鼻がつまったり、逆に鼻水が止まらなかったり、目がショボショボとして痒くなったりと、目や鼻に様々な症状が出てくるのが、花粉症です。

この花粉症の予防や対策として、マスクやメガネなどで、飛散した花粉が入ってこないように予防したり、花粉症用の目薬や飲み薬を飲んで初期症状を治療する…

といった一般的な花粉症対策の方法を実践している方も、多いかと思います。

また、花粉症に有効な効果をもたらす食品(ヨーグルトなど)を食べたりすることで、少しでも花粉症の症状を抑えようとする方も、いらっしゃることでしょう。

筆者は、春のみに関わらず、年中花粉症という非常に厄介な状態であるため、365日、かかりつけの医師からの薬が手放せない状態です。

さて、そんな中、ひとつの花粉症への特効薬として、花粉症の退治液というものが、ネット上で話題になっているそうです。

花粉症の退治液と言われても、

「虫か何かを退治するのか?」

と考えてしまうような名前で、日常生活では全く耳にしない単語ですし、ただの花粉症グッズなのか、それとも薬なのか、検討もつきません。

そこで、花粉症の退治液とは、一体どういうものなのか調べてみることにしました。

どうやら、花粉症の退治液というのは、アレルギー性鼻炎などの鼻の炎症に対して、強力に作用するステロイド剤なのだそうです。

基本的に退治液は、花粉症ではなく、ノロウイルスに対して使用するケースが多いようですね。

基本は、ノロウイルスに対してですが、鼻炎に対しても、有効な効果をもたらす点鼻薬らしく、効果がしっかりみられるには、数日間、用法を守って正しく使用しなければなりません。

花粉症の退治液には、かなりの効果がみられるらしく、花粉症の予防や対策方法の1つとして使用している方もいるそうですよ。

退治液といっても、そのような名称の薬と言うよりは、一般的な呼び名や通称のようなもので、薬の名前は、その種類によっていろいろあるみたいですね。

ちなみに有名な花粉症の退治液として、フルナーゼ点鼻液という薬があります。

主に医師に処方してもらうことで入手するか、ネット通販、またはドラッグストアで購入するかの2通りの方法で入手できるみたいです。

ただ、一般的な販売されている薬によっては、効果がきつすぎるものや、あまり効果を得られないものもあるそうですよ。

やはり、花粉症と言っても、症状にも個人差があるわけですし、いくら効果があると言って、それを鵜呑みにすると大変なことになるかもしれません。

出来ることならば、医師に相談した上で、しっかり用法を守り、使っていくことをオススメします。

 

花粉症予防対策の人気グッズ!退治液の形状や使用方法とは?

医者3

花粉症対策の特効薬として、大きな効果が期待されている退治液ですが、この薬の形状は筒状の形状をしています。

主に「点鼻して使うタイプ」「鼻の中で噴霧して使うタイプ」の2タイプの退治液が発売されているそうです。

基本的には、使用する前に静かに鼻をかみ、手を綺麗に洗ってから使いましょう。

点鼻薬の場合は、以下のような使用手順となっています。

上を見上げるように首を後ろに方に向け、鼻を上に向けた後、点鼻薬の先が鼻に当たらないように気をつけながら鼻腔内に滴下してください。

そして、そのままの姿勢で2~3分じっとして鼻の中に薬が行き届くようにします。

一方で、噴霧タイプの退治液はというと、以下の通りです。

頭を後ろに傾けながら、退治液のケースを鼻にさす。

入れ物を指で挟んで押し、霧状となった薬液を鼻全体に行き届かせる。

という手順です。

直接、鼻腔内に薬液を入れていくのか、噴霧上の薬液を鼻腔内に行き渡らせるのか、という違いはありますが、基本手的な使い方に、変わりはないようです。

細かい用法は、使用書などに明記してあるので、しっかり読んで使うようにしましょう。

 

花粉症の退治液の効果とは?

 

医者2

退治液の効果としては、ノロウイルスや花粉症などに見られる細菌類と、花粉とをしっかり除菌した上で退治してくれます。

花粉症に対しては、花粉アレルギーの炎症を抑えてくれる効果をもたらします。

他の花粉症の薬と比べても、副作用も重くなく、この時期の花粉症対策には効果抜群です!

ただし、副作用は重くないですが、副作用が起こることは起こるので、注意しましょう。

著名な退治液である『フルナーゼ点鼻液』であれば、鼻に刺激痛がしたり、乾燥しているように感じる、などです。

あくまでも花粉症の症状には個人差がありますし、退治液との相性が個人によっては悪く、使用することが危険であるというケースもありうるでしょう。

くれぐれも薬剤師、または医師に相談した上で使うようにしましょう!

 

まとめ

ノロウイルス・花粉症対策として、効果を発揮してくれるこの退治液は、メジャーではないものの、花粉症に効果があるとして、使用者からは人気があるようです。

また、”退治液”とは、通称のようなもので、厳密には、いくつか種類のあるステロイド剤らしく、それぞれに名前がついています。

様々な錠剤を、『錠剤』と一括りにしているようなものと『退治液』を認識していただければ、わかりやすいかと思います。

そんな退治液の中でも、特に人気があるのは『フルナーゼ点鼻液』で、目薬を点眼するように上を向いて鼻腔に直接入れるタイプの薬です。

ちなみにこの退治液には、噴霧するタイプのものも発売されているらしく、同じく上を向いて使用するのですが、点鼻液とは異なり、

「鼻に指して噴霧させることで、薬剤が全体に行き渡るように使う」

という使用方法の違いはあるものの、

「鼻腔に直接入れるタイプ」

「鼻の中で噴霧するタイプ」

で、それぞれの2タイプの効果として違いはないそうです。

あとは使い勝手のお好みで選択すればよいでしょう。

もちろん、薬と言っても医師に処方したものでなければ、効果には個人差も出ますし、絶対に効果があるとは断言できません。

基本的には、かかりつけの医師に相談するのが一番ですが、そういった時間的余裕がない場合などは、市販薬を利用して、少しでも花粉症の症状を抑えるようにしましょう!