あるお菓子メーカーが、チョコレート商戦の一つとして制定したバレンタインデー。

その狙い通りに、現在も、女性が男性にチョコを贈る日として、毎年2月14日にバレンタイン商戦が、スーパーや百貨店などで繰り広げられています。

本来ならば、女性が愛の告白をするきっかけとなる日として、好きな男性にチョコを贈るイベント行事であるはずなのですが、いつの間にか、本命だけでなく義理チョコを渡す日という風な習慣になっているような気もしますね。

さて、そんな中、毎年のようにバレンタインデーがやってきますが、可愛い後輩に喜ばれるにはどんなチョコを贈ってあげたら良いのでしょうか?

本記事では、その参考となる義理チョコとその渡し方をご提案していきます!

スポンサーリンク

 

【バレンタインデー】後輩に贈る義理チョコは市販でOK!

女性1

男性、女性ともに、ついそわそわとするのが、バレンタインデーですよね。

毎年、義理チョコであっても、一体どんなチョコを男性に贈ってあげればいいのかと、多くの女性が頭を悩ませている光景をよく目にします。

それもそのはずで、バレンタイン商戦には、ありとあらゆる趣向を凝らしたチョコが販売されますし、その中からひとつを選んで贈ることは、贈る相手の好みの問題などを考慮すると非常に選択肢が多く、悩ましいからです。

とくに、日頃から会社や学校などで愛がっている後輩に贈るとなると、あまり変なチョコを贈ってしまって、気まずくなっても嫌ですし、だからといって高級すぎるものを贈ってしまうと、変な誤解を与えかねません。

チョコを贈る後輩が、恋の対象となっているのであれば別ですが、そうでなければ、義理チョコは市販のものでも十分気持ちが伝わります。

後輩を持つ先輩のバレンタインの予定としても、義理チョコは市販で済ませようと考えている方が多いようですし、あえて手の込んだ手作りにする必要はなく、市販で購入したチョコを贈ってあげれば、後輩も十分に喜んでもらえるでしょう!

 

【バレンタインデー】後輩に贈る義理チョコの予算は一人いくら?

考える女性

あくまで後輩に渡す義理チョコなので、あまり気を使う必要はないのかもしれませんが、やはり可愛い後輩に贈るチョコですし、その平均的なチョコ相場が気になりますよね。

では、実際にバレンタインデーで後輩に贈る義理チョコの平均相場価格は、1人あたり平均いくらなのでしょうか。

義理チョコの平均相場価格は、アンケートによると、501円~1,000円という方が1番多く、2位は101円~500円でした。

ちなみに、お気に入りの後輩の場合は、もう少し奮発し、1,001円~1,500円になるか、プラスでメッセージカードを添えるなどの工夫を行ったりしているそうですよ。

景気が良くなった(?)のか、近年は義理チョコの平均相場価格も上昇傾向にあるようですね。

とは言え、あくまでこれは平均相場価格という、1つの指標です。

あまりお財布に無理をしてまでチョコを渡してしまうと、後輩も何かと気をつかう羽目になります。

あくまで大人の女性として、後輩を可愛がってあげる行為の一つとして、バレンタインデーにちょっと奮発したチョコを贈ってあげるというのが、大人の女性としてのマナーなのかもしれませんね。

 

【バレンタインデー】可愛い後輩に贈るチョコのトレンドは?

女性4

可愛い後輩に贈るバレンタインチョコの相場は、1,000円~1,500円ほど、と先ほどお話しました。

そのため、みなさんもそれに近い金額のチョコレートを購入すれば、まず大丈夫でしょう。

では、具体的にどんなバレンタインデーの義理チョコが、後輩に喜ばれるのでしょうか?

そこで、バレンタインデーの義理チョコにおすすめな商品を、いくつかここでご紹介します。

後輩におすすめチョコ1 プレミアムチョコカステラ

プレミアムチョコカステラ

バレンタインデーの義理チョコには持ってこい、なのが、この長崎心泉堂の『プレミアムチョコカステラ』です。

甘すぎない濃厚なチョコレート、そして上品なパッケージが、職場用のバレンタインデーの義理チョコとして人気なのだとか。

複数個入り1つで1,000円前後のチョコレートと違い、このカステラは、1個で税込み1180円と、比較的高めです。

しかし、メッセージカードや専用の手提げもついており、バレンタインのプレゼントには、まさにうってつけのサービスがついているというわけです。

どちらかと言うと、目上の上司や先輩向けにも思えますが、お気に入りの後輩に対しては、

「このチョコカステラが似合うような大人になってね」

というような意味合いをこめて、渡すのにも向いていると思います。

 

後輩におすすめチョコ2 リンドールギフトボックス

リンドールギフトボックス

こちらも定番と言える、リンツの『リンドールギフトボックス』。

7種類入り、6種類入りなど、さまざまなタイプがあり、また、メッセージカードにも対応しているのが嬉しいところです。

一見、飴のようにも見える包装は、非常に食べやすく、どこでも食べられるのが喜ばれそうですよね。

6種類入りであれば、1,200円前後で購入できるため、後輩への義理チョコの平均相場に近いですし、お財布にも優しいので、おすすめです!

後輩におすすめチョコ3 チョコファイトゴールド

チョコファイトゴールド

「ちょっと変わったチョコをあげたい…」

そんな方におすすめしたいのは、このチョコレートスタジアムの『チョコファイトゴールド』です。

一瞬、某栄養ドリンクかと思ってしまうような見た目ですが、中身はカラフルなマーブルチョコとなっています。

困惑した後に、

「なるほど!」

と思わせる、ネタに走りながらも、ウケのいいチョコレートとなっています。

「いつも頑張ってるね、お疲れ様!」

という想いをこめて、机に何気なく置いたりすると、気遣いのできる先輩というイメージもあり、後輩側も、嬉しいのではないでしょうか?

こんな見た目をしていますが、実は、職場の義理チョコには非常に最適な要素を満たしており、価格も、300~400円ほどなので、リーズナブルです。

これ以外にも、チョコレートスタジアムには、面白いユーモア溢れるチョコレートが豊富なので、ぜひ、見てみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会社の後輩や、学校の部活動などの後輩など、先輩女性から可愛い後輩たちにバレンタインデーのチョコを送る場合、あまり激安のチョコや、高級なチョコを贈ってしまうと、勘違いされてしまうきっかけを与えてしまいかねないので、その時代の流行や相場は気になるところですよね。

あくまでも義理チョコなので、市販のものを贈れば十分に後輩に気持ちは伝わりますが。

近年の義理チョコの平均相場価格が、1,000円~1,500円ほどですので、これをひとつの目安としてチョコ購入の予算を考えると良いでしょう。

また、記事でもご紹介したチョコレートなどは、義理チョコとしてもおすすめです。

とくに、チョコレートスタジアムのチョコレートは、ユーモア溢れるものが多く、ネタに走ることもできるので、可愛い後輩をちょっとからかったりすることもできますし、特別な好意は持っていないことを伝えるにも最適なチョコレートとなっています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。