花粉症の症状に苦しむ方が、ステロイド、ヒスタミン、アレルゲンなどの注射薬をクリニックなどで処置してもらうことで、花粉症の予防対策、初期治療にあたっている人が最近増えている…

というような話を、よく耳にします。

また、ネット掲示板では、花粉症対策となる注射薬の効果や、その副作用について、質問される方もよく見かけるようになりました。

日本で花粉症で苦しんでいる方は、非常に多いので、少しでも花粉症対策に有効な注射を処置してもらい、

「花粉症の苦しみから楽になりたい」

と考える方も多いのだと思います。

しかし、これらの花粉症の対策用注射薬は、どんな成分が入っているのかイマイチわからず、副作用が怖いですよね。

そんな中、今注目されている花粉症治療法として、舌下免疫療法なるものがあることをみなさんはご存知でしょうか?

この舌下免疫療法について、当記事では、その内容を探っていきます!

スポンサーリンク

 

花粉症の予防対策・治療で注目される舌下免疫療法とは?

医者3

鼻の痒み、鼻水、目の痒み、涙など、鼻や目を中心に、あらゆる症状が発生し、多くの人々を困らせる花粉症。

2016年も、まだ2月中旬に入ったころだというのに、既に東京もスギ花粉が飛散しています。

花粉症の症状は、人によってバラバラらしく、常にティッシュを手放せないような人もいれば、たまにしか症状が出ないような人などがおり、完治するには難しい、厄介な病気と広く知られているでしょう。

花粉症をしっかりと予防対策・治療するのであれば、かかりつけの医師に診てもらい、治療するのが一番良いのですが、治療できたとしても、また急に花粉症を発症するケースもあります。

また、多忙な方の多い日本人に、日常生活で、そこまで病院に通う余裕がない、という話もしばしば…

そういう方達に、とっておきの対策の一つとして、いま注目されているのが、舌下免疫療法です。

舌下免疫療法とは、

原因となるアレルゲンの花粉エキスを少しずつ体内に投与し、継続していくことで、花粉症に対する免疫を作っていく

という方法・アレルゲン免疫療法のうちの1つです。

舌に花粉エキスを垂らし、2分間そのままの状態にし、その後、飲み込むというだけの作業を毎日1回行う、簡単な花粉症の治療方法です。

症状の緩和をする抗ヒスタミン剤や、ステロイド薬といった対症療法に対して、医療機関が唯一行える根治療法として、舌下免疫療法に注目が集まっているのです。

根治療法というのは、症状の緩和をするだけの対症療法と違い、症状の原因そのものを取り除き、完全治癒を目指すというものです。

舌下免疫療法の治療を受けた患者の約8割の方が、花粉症の治療効果を実感しているそうで、多くの人に対し、有効な治療手段だと言えそうですね。

 

舌下免疫療法の利点とデメリットを紹介!

指を指す男性

花粉症の予防対策・治療に効果が期待され、何かと注目されている舌下免疫療法ですが、他の治療法とは一体どのような利点・デメリットがあるのでしょうか?

まずは、舌下免疫療法の利点からご紹介していきたいと思います。

舌下免疫療法の利点は、舌下免疫療法にも保険が適用されるようになり、これまで、アレルゲン免疫療法で一般的だった皮下免疫療法よりも、手軽になったことです。

舌下免疫療法は、皮下免疫療法と違い、注射をする必要がありません。

そのため、注射の痛みがなくなり、さらには、皮下免疫療法に比べると、通院する回数が少なくなるのです。

さらに、皮下免疫療法では、アナフィラキシーショックといった、全身性の副作用が起きる確率がかなり低く、ヨーロッパでは、既にアレルギー性鼻炎の治療法として、一般的になっていることから、日本以外に目を向ければ安全性も保障されています。

副作用の起きる確率が激減し、さらには痛い思いをする必要もなくなる…

これは、非常にありがたいことですよね。

しかし、舌下免疫療法も万能というわけではなく、やはりというべきか、デメリットも存在します。

まず、一番のデメリットは、価格と時間です。

舌下免疫療法は、最低でも2年、推奨される期間は3年という、治療に長い期間を要します。

保険が適用されていても、1ヶ月に3,000~4,000円かかりますし、年に1、2回、治療前の検査で5,000円ほど必要となります。

また、舌下免疫療法は、その性質上、すぐに効果が出るわけではないので、治療中も症状軽減の薬を別途服用する必要があり、その負担も必要になるため、1年で5~6万円ほど、3年続けるとなると、20万円前後の金額を花粉症の治療に負担しなければなりません。

また、2週間ごとに経過の確認などで、通院しなければならないため、近くの病院でない場合は、移動の負担もかかります。

8割ほどの人は、花粉症の症状が軽くなるか、症状が全く出なくなるのですが、2割の方にはあまり効果がない、という結果も出ています。

これほどの金額を支払ってやってみて、効果の実感できない2割の人になってしまった…

ということになれば、まさに無駄金となってしまうため、金銭的な余裕がない限り、手が出しにくいということが、大きなデメリットと言えるでしょう。

 

花粉症の治療薬!舌下免疫療法の評判は?

調べる男性

舌下免疫療法には、優れた利点もあり、逆にデメリットもあるのですが、実際、舌下免疫療法を用いて、花粉症治療を受けている方からの評判は、どうなっているのでしょう?

1年間、舌下免疫療法の花粉症治療を受けた方に、効果の自覚について聞いたアンケートでは、

「効いた」

「やや効いた」

「とても効いた」

という順で、効いたという意見が多く、報告通り8割の方が治療効果を実感しているようです。

また、毎日エキスを服用しなければならないことについては、9割近い方が負担に感じていないようですね。

しかし、その一方で、2週間おきに通院しなければならないことについては、

「負担に感じる」

という意見が7割を占めています。

ただ、2年目も継続して行いたいか、という質問に対しては、99%、つまりほぼ全員が

「続けたい」

と答えていたそうなので、高額ながらも舌下免疫療法に対する評判そのものは、悪くなく、むしろ良いほうなのだという印象を受けた次第です。

 

まとめ

花粉症の予防対策として、今、大きく注目されている舌下免疫療法。

花粉症の症状を軽減するだけで、副作用まで引き起こすことがある抗ヒスタミン剤や、ステロイド注射などと比べ、副作用が少ないこと、花粉症に対する免疫を作り、症状そのものを根絶することができるという点が、高く評価されているようです。

しかし、舌下免疫療法は、費用がかなり高いことや、定期的な通院、そして長期間の治療という、患者側の負担もそれなりに大きいため、手を出しにくいのが現状となっています。

それでも実際に、舌下免疫療法で治療を受けている患者からの評判は、2週間おきの通院の負担以外では、かなりの高評判であるため、金銭的な余裕がある方は、一度くらいは治療を受けてみてもいいかもしれません。

ちなみに、舌下免疫療法をする場合は、スギ花粉のピークが過ぎた6月~12月あたりが適しているそうですよ!